名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大喜多寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大喜多寛のプロフィール

大喜多寛、おおきた・ひろし。日本の経営者。アウディジャパン社長。関西学院大学経済学部卒業後、マツダに入社。国内営業、経営企画、販売会社社長、BMW MINIの日本での責任者、アウディジャパン営業責任者などを経て、アウディジャパン社長に就任。

大喜多寛の名言 一覧

アウディは目に見えない部分にもお金をかけて徹底してこだわります。そんなエンジニアの魂を感じてもらえるのは本当に嬉しいですね。


アウディの哲学のベースには100年を超える歴史と伝統があります。ただ単に時間軸が長いのではなく、日々の仕事のスタイルやカルチャーとして、「新しい技術の開発に挑み、クルマの楽しい走りや感覚を大事にする」という信念が隅々にまで浸透しています。それが持続するからこその伝統・歴史であり、それがアウディの付加価値です。


アウディはレザーシートやオーディオのクオリティーの高さにも定評があります。「におい」を専門に研究するチームもあるほどです。そうした付加価値を理解して「良いものはいい」と選んでいただけるファンが多いのも特長です。


知識だけでなく、アウディの世界観やクオリティーの高さをリアルに感じてもらうためにも、実車に接していただけるような努力と工夫を今後も積極的に行っていくつもりです。


ユニークなことにアウディのオーナーには技術系の方も多いんです。ある機械系企業のオーナー経営者は、「エンジンルームのレイアウトが素晴らしい。パイプのネジはこんなに良いものを使っているのか」と感心されました。またカーレースが趣味の方は「ボディの下回りのカバーがいい。こういうふうに仕上げたんだ」と惚れ込んで購入を決められました。私は販売店に行くと、営業スタッフからこうした商談の裏話を聞くようにしているのですが、お客様の声を聞くのは面白いし、とても参考になります。


私たちメーカーができることは、クルマ本来の走る楽しさを実感してもらえるようなモデルを積極的に投入していくことです。日本ではワンボックスやSUVなどの実用的なクルマがとても増えてきました。だからこそ、アウディを含めて輸入車の役割は、ワクワクするような走りのクルマ、魅力的なデザインのセダンやクーペを提供し続けることです。そうすれば「輸入車っていいなぁ」「いつかは輸入車に乗りたいなぁ」という気持ちを喚起できるし、ユーザーを取り戻すチャンスはあると思っています。


大喜多寛の経歴・略歴

大喜多寛、おおきた・ひろし。日本の経営者。アウディジャパン社長。関西学院大学経済学部卒業後、マツダに入社。国内営業、経営企画、販売会社社長、BMW MINIの日本での責任者、アウディジャパン営業責任者などを経て、アウディジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

和地孝

社員と直接対話するのは大事なことです。


関根勤

僕はMなんだよ。いじめられると、どんどんパワーが出てくる。


紺野健太郎

不動産を買うときは、誰もが物件にどれだけの資産価値があるのかを気にしますよね。でも投資として見た場合は、月々いくらが手元に残るのか。すなわちキャッシュフローが大事。


樋口武男

過去を語っていても飯は食えない。


レジェンド松下

商品の短所も、早い段階で伝えますね。「私は正直者なので、先に弱点を言っちゃいますが」と話した後、すぐに弱点を打ち消すだけの強みを並べます。良いことばかり言われると、「何か隠しているのでは」と疑心暗鬼になる。あえてデメリットを見せたほうが、相手はこちらを信用してくれます。


南部靖之

IQとEQが経営上とても必要だと思う。そして、もうひとつSQが必要だと思う。スピリチュアルのSです。前向きでヤル気があって、向上心があることが重要です。


高橋弘樹

転機が訪れたのは、『空から日本を見てみよう』という番組に携わった時です。他局のようにタレントやスタジオ、ロケに大金をかけられるわけではありません。なら、タレントは入れず空撮のみに絞れば問題は解決するのではと。すべてを欲しがるのではなく、制約があるなら逆手にとりそれを個性にすればいいと上司から学びました。


大須賀正孝

「今年は1000万円利益を増やす」という目標を立てるとする。この不況ですから、現場の長は「とても無理だ」と反対します。そんな時、私はこんな言い方をするんです。「1日で利益を1000万円増やすわけじゃない。1年だ。1カ月なら90万円。1日なら3万円。パートさんが100人いれば1日1人300円節約すればいい。コーヒー1杯分じゃないか」と。詭弁と感じる方もいるかもしれません。でも人間は不思議なもので、どんな大きな問題も細分化すると「何とかなるかも」と思えてきます。その結果、気持ちが前向きになり、最初は絶対無理だと思ったことができてしまうことも多い。


杉野正

しなの鉄道の社長に就任してすぐに、社員には「赤字を出す会社であれば、潰れた方がいい」と言いました。運営費のほとんどを長野県と沿線の自治体からの税金で賄っている会社です。その会社が赤字ということは、血税を垂れ流し、ドブに捨てているようなものです。このままなら、会社を潰して、社員はみんなハローワークに言った方がいいと伝えました。だから社員には嫌われていたと思います。


澤上篤人

企業なんてものは、売上がコンスタントに増えていれば、よほどのことがない限り潰れっこない。業績だって、少しずつ追っ掛けてくる。


三木谷浩史

すべてはお客様のために。もしこのコンセプトをビジネスの中で100%実現することができたら、そのビジネスは100%成功するだろう。誰もがそれを知っているはずなのだが、あまりにも当然すぎて、しばしば忘れられてしまうコンセプトでもある。それがただの掛け声になっている企業はあまりにも多い。


田中達也(経営者)

富士通は、自社の環境技術を製品やサービスとして活用するだけではなく、オープンイノベーションを進め、様々な形で活用可能にしていくことが重要であると考えています。世界知的所有権機関が運営する環境技術の移転マッチングの枠組みである「WIPO GREEN」へのパートナーとしての参画もその一環です。200件以上の環境関連知的財産を登録し、積極的な技術移転をグローバルに進めることで、環境技術の普及とイノベーションの促進に寄与していきます。