名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大和賢一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大和賢一郎のプロフィール

大和賢一郎、やまと・けんいちろう。日本のITエンジニア。京都府出身。日立製作所に14年間勤務後に独立し東京ウェブ制作を設立。日立製作所在籍中はITシステムのプログラミングだけでなく、プロジェクトマネジメント、クライアントとの価格・納期交渉などを担当。その経験を活かし、ウェブ関連事業の傍ら、仕事術や自己啓発などについての執筆活動を行っている。著書に『会社を辞めるということ』『ハイペース仕事術 「時短テク」より「時間戦略」で生産性を上げる!』『入社3年で仕事のおもしろさに目覚める瞬間』『辞めるなんてもったいない!  入社3年たったら読む本』ほか。

大和賢一郎の名言 一覧

とくに若手の人たちは、何でもメールで伝えようとしがちな傾向があります。まずは会話から入るべきところをメールで済まそうとしてしまうのです。メールの文面だけだと相手の感情が読み取りにくいので、不毛な議論やケンカが発生しやすいのも問題です。一方、メールを送る前に、一度でもお互いが顔を合わせて会話をすれば、「ああ、そういうことね」と、たった3分で理解し合えることはよくあります。議論する内容が複雑で難しい場合こそ、まずは会話をすることが大切です。


私のような組織で働くサラリーマンの場合、上司や部下といった「人」によって、自分の仕事時間が大きく左右されてしまうのです。そのことに気づいてからは、「仕事を速くするには、道具やツールにこだわる前に、まず人との関係性を意識すべきだ」と考えるようになりました。


コミュニケーションにおいて「文書(メールや配布資料)」と「会話」を適切に使い分けることも重要です。両者には、一長一短があります。たとえば、相手の熱意や本気度といった「気分的なもの」を探るには、メールは適しません。言葉の裏に隠された感情や真意を読み取るには、相手の表情や口調を見聞きしながら、直接会話をするのが手っ取り早いのです。


「火曜の午前中に会議があるから、資料をまとめておいて」といわれると、たいていの人は「じゃあ、月曜中につくればいいな」と考えます。しかし、月曜の夕方に資料を提出して、上司から「いや、こういうのがほしいんじゃないんだよ」といわれたら、あなたは残業をして翌朝までに資料をつくり直さなくてはいけなくなります。このように、締め切り間際になって初めて完成物をみせると、すべてをひっくり返される危険性があります。それを回避するには、途中の段階で「来週出す予定の資料ですが、こんな感じでいいですか」と確認すればよいのです。上司の求めるものとギャップがあれば、早い時点で修正できますし、こちらも最小限の労力で相手のニーズを満たすことができます。


上司とのあいだで無駄な作業を増やさないためには「中間報告」も欠かせません。最初に指示を出されたときに、相手のニーズを確認しても、双方に認識のズレがあったり、途中で上司が求めるものが変わってしまうことがあります。ですから、作業の過程で、相手の意思をこまめに確認する必要があります。


上司の出す指示は、「この資料やっておいて」といった曖昧な表現が多いものです。ところが多くの人は、曖昧な部分をそのままにして、作業にとりかかってしまう。その結果、上司が求めてもいないことを、勝手に「やらなくてはいけないこと」と推測し、余計な仕事を増やしているのです。曖昧な指示を出されたら、まず確認すべきは「いつまでに」という期限です。さらに、「どんな体裁がいいのか」「どの程度の詳細なデータが欲しいのか」といったことを具体的に聞きだすのです。


仕事を速くするためのコミュニケーションのポイントは、「相手の求めているもの=ニーズ」をしっかりと把握することです。たとえば、あなたが上司から資料の作成を指示されたとします。そこでパワーポイントを駆使して何十枚も資料をつくり込み、そのために残業までして頑張ります。ところが、いざ上司に提出したら、「ここまで詳しい資料はいらないのに」といわれてしまった……。こうした事態が起こるのは、相手のニーズを把握していないから。「相手のニーズを知る」ということは、「自分がやらなくていいことを知る」ということです。それさえわかれば、自分の時間をムダな作業に費やすこともなくなります。


私自身は、会議や打ち合わせで上司に口頭で確認をとったら、あとで必ず「念押しメール」を送るようにしています。話し合いで結論が出たとしても、あえて「先ほど口頭でも確認いたしましたが、下記の条件で進めます」と念を押すメールを送っておくのです。これには、会話を記録として残し、お互いに勘違いや思い込みがないかを確認する目的があります。会議で上司に「この携帯電話は100gでつくればいいんですね」と確認したのに、「たぶん大丈夫」という曖昧な言葉で返されたとします。その場合、メールで「先ほど口頭でもお伝えたしたとおり、100gで設計を進めます。問題があればお知らせください」と念を押すのです。こうしておけば、あとになって「100gと断言はしていない」などといわれて、また初めからやり世し、といった最悪の事態は回避できます。話したことをいちいちメールで念押しするなんて面倒だと思うかもしれませんが、このひと手間が、結果的に大幅な時間のロスを未然に防いでくれるのです。


数字を確認したり、多くの人と情報を同時に共有したりする場合には、文書が適しています。とくに、会話によるコミュニケーションをより確実なものにするために使うと、非常に有効です。


大和賢一郎の経歴・略歴

大和賢一郎、やまと・けんいちろう。日本のITエンジニア。京都府出身。日立製作所に14年間勤務後に独立し東京ウェブ制作を設立。日立製作所在籍中はITシステムのプログラミングだけでなく、プロジェクトマネジメント、クライアントとの価格・納期交渉などを担当。その経験を活かし、ウェブ関連事業の傍ら、仕事術や自己啓発などについての執筆活動を行っている。著書に『会社を辞めるということ』『ハイペース仕事術 「時短テク」より「時間戦略」で生産性を上げる!』『入社3年で仕事のおもしろさに目覚める瞬間』『辞めるなんてもったいない!  入社3年たったら読む本』ほか。

他の記事も読んでみる

鈴木慶

世の中のかなりの部分はカネがモノをいいます。もちろん買えないものもありますが。


鈴木孝博

インターネット接続・通信業界は、次の大きなステージへの局面にある。業の本質を突き詰め、時代を捉え、自らの立ち位置を見つけ、果敢に実行する時だ。


高橋克徳

「感情日記」を書くことで、素直な感情を取り戻すことができます。感情日記とは「仕事が遅いと言われ、ムカついた(雨)」などと、今日の印象的な出来事と共に、感情を天気で書く日記。1か月後に見返すと、自分を客観視でき、冷静な心を取り戻せます。また楽しかった日のことを振り返ることで、自分の気持ちを盛り上げる方法論もわかってきますよ。


犬丸徹三

帝国ホテルをはじめ、各ホテルが接収された。進駐軍のホテル接収はその後7年間にわたったが、この間に私は進駐軍将兵の日本に対する認識を深めることに力を注いだ。ホテル内外の清掃を怠らず、日本人は清潔好きな国民であるとの観念を彼らに植え付け、高度の味覚を認識してもらうために料理にはとくに心を砕き、そのほかにも、日本の文化を彼らに紹介し、日本固有の美術品や工芸品を通じて日本への愛着を抱かせる方法を企画し実行した。


石田淳(コンサルタント)

頑張らなければできない目標を、1年間も追い続けられるはずがない。これは行動科学の原理原則です。目標は、意思や精神力で達成できるものでもありません。目標は、自分の正直な願望であってこそ努力も続けられるもの。挫折する人の大半は、最初から「燃えない目標」を設定しているんですよ。


松沢幸一

会社に言われた目標ではなく、自分自信で目標をつくることが重要です。いわゆる出世とか儲けといった目標ではなく、自分の存在価値とは何かといった本質的な問いから生まれてくる目標です。


金指潔

企業経営で大事なのは双方向。経営としてものを決めるときには「トップダウン」です。これだけスピードを要求され、世の中が変革する時期では、上の立場に立った人が物事を決めて引っ張っていくことが大事だと思います。ただし、そのときに下からの意見に対して聞く耳を持つ風土をつくっておかないといけません。それはある意味では「ボトムアップ」の要素ですね。


セオドア・ルーズベルト

真に賞賛しなければならないのは、泥と汗と血で顔を汚し、実際に現場に立つ者です。勇敢に努力する者であり、努力の結果としての過ちや、至らなさをも持ち合わせた者です。


田中孝雄

持ち株会社化の狙いは意識改革です。既存事業を持ち株会社の下で「船舶・艦艇事業」「機械・システム事業」「エンジニアリング事業」に分割するだけで、会社の事業領域そのものは変わるわけではありません。ただし、今後は各事業に損益だけでなく、バランスシートを強く認識させます。そうなれば、債務超過になって悠然と生活することはできないはずです。


吉永泰之

規模が小さい企業が生き残るために何をなすべきか――。この問いかけこそが当社の出発点です。


辻井隆行

部下に対して「会社全体の利益を考えろ」と言いながら、経営に関する情報を十分に出していないのは矛盾している。


小山昇

どうすればお客さんが関心を持っていることや、何に困っているかを知ることができるのでしょうか。それには、相手の話をよく聞けばいいのです。営業に行ったら最初からうまく話そうなどという気持ちは捨てて、ひたすらお客さんに気持ちよくしゃべってもらう。そうすれば、お客さんが本当に聞きたいことがわかるから「それはこうしたら改善できますよ」と教えてあげられる。聞き上手じゃなければ話し上手にはなれないのです。