名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大和田哲男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大和田哲男のプロフィール

大和田哲男、おおわだ・のりお。日本の経営者、冷凍技術開発者。冷凍装置メーカーのアビーの創業者。東京出身。22歳で父の経営する菓子製造機械メーカー大和田製作所に入社。その後独立しアビーインダストリー(のちのアビー)を創業。以降冷凍技術の開発に尽力し、細胞を壊さず限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術(CAS)を発明。米国経済誌『フォーブス』にミスター・フリーズの名でその高い技術を紹介された。発明大賞日刊工業新聞社賞、農水省農商工連携88選、経済産業省元気なモノ作り中小企業300社、日本クリエイション大賞開発賞などを受賞した。

大和田哲男の名言 一覧

父から「ものづくりの原料は科学だ。しかしものづくりは学問じゃない。原理原則を理解したら、あとは現場で工夫し、失敗を重ねながら根気よくやるしかない」と教えられました。


食料問題は深刻です。いまは野菜や魚が取れすぎると捨てていますが、CAS(細胞を壊さずに限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術)で保存すれば、捨てる必要がなくなります。


素材を知らなければ、良い機械はできません。
【覚書き|父の機械工場で営業として働き、営業先の会社が取り扱っている食材や素材について熱心に聞いて回った理由について語った言葉】


大和田哲男の経歴・略歴

大和田哲男、おおわだ・のりお。日本の経営者、冷凍技術開発者。冷凍装置メーカーのアビーの創業者。東京出身。22歳で父の経営する菓子製造機械メーカー大和田製作所に入社。その後独立しアビーインダストリー(のちのアビー)を創業。以降冷凍技術の開発に尽力し、細胞を壊さず限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術(CAS)を発明。米国経済誌『フォーブス』にミスター・フリーズの名でその高い技術を紹介された。発明大賞日刊工業新聞社賞、農水省農商工連携88選、経済産業省元気なモノ作り中小企業300社、日本クリエイション大賞開発賞などを受賞した。

他の記事も読んでみる

御手洗毅

会社を繁栄させるには、皆も一人一人が誠意を持ってやるしかない。私も皆を信じる。


星野佳路

星野リゾートはいまのところチャンピオンではありません。チャレンジするプロセスこそが自分たちの成長ですから。


新浪剛史

人が生まれた時に与えられる運の量は同じですが、諦めずにしぶとく頑張った人は、神様からご褒美をもらえる。


深野康彦

「好きこそものの上手なれ」で、自分の興味や関心に近い投資をした方が情報を集めやすいし、また勉強を続けやすい。


松本晃(経営者)

ビジネスマンの究極的なゴールは、大きく分けて二つしかない。一つは、社長、CEOですね。いわゆるジェネラリスト。もう一つは、CIOやCFOといった特殊な技能を持った存在。いわゆるエキスパート。どちらを選ぶかによって、学ぶことはまったく違ってきます。


大西賢

今回の経営破たんによって、「JALの将来のため」という理由で会社を去っていった方が大勢いました。このことは、絶対に忘れてはならないと思います。彼らのためにもJALの再生をやりきることを約束しなければならない。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

欠点の中には、上手に活かせば美点そのものよりもっと光るものがある。


富野由悠季

「興味のない本でも読まなければならないのですか」当たり前です!興味がないから本を読んで、興味がもてないなりに勉強をして知るという行為をしなくてはいけません。知らないことを学習することが、自分の得につながるのです。その得が、その先の人徳というところにまでつながっていくのです。


木村皓一

人を採用して、私自身が一番変わりました。4年制大学を出た前途ある若者たち。どこの色にも染まっていない純白の若者たち。私には、彼らに対して責任が生じる。これまでに述べたように、私の事業の目標は一流ブランドをつくること。うちの名刺を出したときに、彼らが胸を張れる会社にしたい。私は心底そう思いました。


神尾友信

礼を尽くして「煩わしい」と思われることはまずないので、万が一相手が自分より目上かどうかがわからないときでも、基本的には礼を尽くします。相手に「やらなくていい」と言われたり、恐縮されてしまったりした場合は、望まれた距離感で接することもまた礼儀。


パク・ジョアン・スックチャ

同じワーキングマザーだからといって、全員が仕事量をセーブしたいとか、早く帰りたいと考えているわけじゃない。もしあなたが上司なら、相手を先入観でひとくくりにしたりせず、どんな環境を整えたり、どんな葉をかけてあげたら相手やりがいを感じるかを模索しながら、個別に対応する必要があります。


本田宗一郎

誰か口の悪いのが俺のことを、亭主関白の恐妻家だって言いやがったのが、言いえて妙だねえ。俺は外じゃ誰にも迷惑をかけないが、家じゃ女房に厄介をかけてばかりいる。だから頭が上がらないわけだ。俺にとって女房は昔からセーフティ・バルブの役目だった。