名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大和田哲男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大和田哲男のプロフィール

大和田哲男、おおわだ・のりお。日本の経営者、冷凍技術開発者。冷凍装置メーカーのアビーの創業者。東京出身。22歳で父の経営する菓子製造機械メーカー大和田製作所に入社。その後独立しアビーインダストリー(のちのアビー)を創業。以降冷凍技術の開発に尽力し、細胞を壊さず限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術(CAS)を発明。米国経済誌『フォーブス』にミスター・フリーズの名でその高い技術を紹介された。発明大賞日刊工業新聞社賞、農水省農商工連携88選、経済産業省元気なモノ作り中小企業300社、日本クリエイション大賞開発賞などを受賞した。

大和田哲男の名言 一覧

父から「ものづくりの原料は科学だ。しかしものづくりは学問じゃない。原理原則を理解したら、あとは現場で工夫し、失敗を重ねながら根気よくやるしかない」と教えられました。


食料問題は深刻です。いまは野菜や魚が取れすぎると捨てていますが、CAS(細胞を壊さずに限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術)で保存すれば、捨てる必要がなくなります。


素材を知らなければ、良い機械はできません。
【覚書き|父の機械工場で営業として働き、営業先の会社が取り扱っている食材や素材について熱心に聞いて回った理由について語った言葉】


大和田哲男の経歴・略歴

大和田哲男、おおわだ・のりお。日本の経営者、冷凍技術開発者。冷凍装置メーカーのアビーの創業者。東京出身。22歳で父の経営する菓子製造機械メーカー大和田製作所に入社。その後独立しアビーインダストリー(のちのアビー)を創業。以降冷凍技術の開発に尽力し、細胞を壊さず限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術(CAS)を発明。米国経済誌『フォーブス』にミスター・フリーズの名でその高い技術を紹介された。発明大賞日刊工業新聞社賞、農水省農商工連携88選、経済産業省元気なモノ作り中小企業300社、日本クリエイション大賞開発賞などを受賞した。

他の記事も読んでみる

安倍昭恵

ちょっとした工夫が女性には嬉しいんですよ。


米山維斗

自分の能力を一番効率的に発揮するにはどうすればいいか、これから模索したいと思っています。それに、社会に出て実際に働き始めてみてからも、「これはおかしい」と感じる部分があれば、積極的に動いて、変えられるところは変えていこうと思っています。


江越弘一

開発担当者の取引先に対する強い思いを運営側まで持っていくため、一人の人間が開発から運営まで責任を持ってやるようにしています。その思いの部分ではライバル企業に負けません。


松本晃(経営者)

リーダーは人前でうまく話す必要がありますが、最初から上手な人は少ない。やはり場数を踏むのが一番。最初は及び腰だった人も、今では皆、堂々と上手に話せるようになりました。このように、社員に人前で話す訓練ができる場を与えることも、会社の重要な役目だと考えています。


田村哲夫

「それが必要だ」と自分で気づける環境と、独自に確立した勉強法があれば、自ずと力はつく。


岸隆司

大切なのは、何をどこまでやれば合格することができるかを指導すること。


山田政弘

数字の役割とは「大きさや距離を測ること」です。勘や経験に頼ってきたことも数字で測れば明確になり、「何をすればどれだけの効果があがるか」が読めるので、仕事も楽になります。


村上太一

重要だと思うことは、一流の人と会うこと。これが大きかったかもしれません。


諌山敏明

怒りっぽい人はグリップ力が弱い。部下や同僚の心をつかむ力が小さい、ということです。グリップ力が弱い人には、みんな、心をさらけ出して話そうとしません。知らないうちにお山の大将になっていることが多いんです。みんなが知っている情報を一人だけ知らないということが起こります。ある企業の係長が、部下が消費者金融に借金をしているのを把握しておらず、大問題になったという事例もあります。


樋口泰行

正直、タブレットの競争の第一幕では出遅れました。でもマイクロソフトが出遅れるのは今に始まったことではない。「後出しじゃんけん」と呼ぶのであればその通りですが、後で何とかつじつまを合わせにいくのがマイクロソフトの強さでもあります。


瀬戸内寂聴

お釈迦様は「この世は苦である」とおっしゃいました。生きることは苦しいと。しかし、この世は苦であると最初から思っていれば、どんな苦しみにも耐えられます。苦だと決まっているのだから、じたばたしたって仕方がないのです。


村田昭治

危地から甦った企業はたくさんある。その復元力は、どこもコアコンピタンスを再強化したことによって生み出されたのではなかろうか。新しい時代にマッチし、リードしていくようなアイデア、挑戦のテーマをしっかりもって前進してほしい。