大和田哲男の名言

大和田哲男のプロフィール

大和田哲男、おおわだ・のりお。日本の経営者、冷凍技術開発者。冷凍装置メーカーのアビーの創業者。東京出身。22歳で父の経営する菓子製造機械メーカー大和田製作所に入社。その後独立しアビーインダストリー(のちのアビー)を創業。以降冷凍技術の開発に尽力し、細胞を壊さず限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術(CAS)を発明。米国経済誌『フォーブス』にミスター・フリーズの名でその高い技術を紹介された。発明大賞日刊工業新聞社賞、農水省農商工連携88選、経済産業省元気なモノ作り中小企業300社、日本クリエイション大賞開発賞などを受賞した。

大和田哲男の名言 一覧

父から「ものづくりの原料は科学だ。しかしものづくりは学問じゃない。原理原則を理解したら、あとは現場で工夫し、失敗を重ねながら根気よくやるしかない」と教えられました。


食料問題は深刻です。いまは野菜や魚が取れすぎると捨てていますが、CAS(細胞を壊さずに限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術)で保存すれば、捨てる必要がなくなります。


素材を知らなければ、良い機械はできません。
【覚書き|父の機械工場で営業として働き、営業先の会社が取り扱っている食材や素材について熱心に聞いて回った理由について語った言葉】


大和田哲男の経歴・略歴

大和田哲男、おおわだ・のりお。日本の経営者、冷凍技術開発者。冷凍装置メーカーのアビーの創業者。東京出身。22歳で父の経営する菓子製造機械メーカー大和田製作所に入社。その後独立しアビーインダストリー(のちのアビー)を創業。以降冷凍技術の開発に尽力し、細胞を壊さず限りなく生に近い状態で凍結・解凍する技術(CAS)を発明。米国経済誌『フォーブス』にミスター・フリーズの名でその高い技術を紹介された。発明大賞日刊工業新聞社賞、農水省農商工連携88選、経済産業省元気なモノ作り中小企業300社、日本クリエイション大賞開発賞などを受賞した。

他の記事も読んでみる

岡崎太郎

大抵の人はひらめいたことをいちいち口にはしません。だから思いつきやアイデアを発信し続けるだけで、発想が豊かだとか、企画力があるとリスペクト(尊敬)してくれるようになるんです。ぼくは思いついたアイデアは人に話さないと気がすまない性格。何度も話を聞いているうちに、周囲が「岡崎=アイデアマン」と刷り込まれていっただけなんです(笑)。


藤井清孝(経営者)

知りたくない世界を知らずにすませるのもひとつの生き方だとは思います。でも、成長意欲のある人ならば、自分の知らない世界について覗いてみたくなるものではないでしょうか。


村上憲郎

「iPod nano」や「wii」の発売日。グーグルに来社した人はさぞびっくりすることでしょう。なにしろオフィスに人がいないからです。社員はどこに行ったのかと思ったら、みな朝から販売店の行列に並んでいる(笑)。我々は、どうしたら人を楽しませることができるかを年中考えている集団なので、自分たちがワクワクするものが世に出ると聞いたら、居ても立ってもいられないのです。そういう人じゃないと、務まらないでしょうね。


野村克也

日本シリーズのような大舞台を経験すると、選手はガラッと変わる。一球もおろそかにできない。そんな緊張感が人を、リーダーをつくっていくんだよ。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

雄弁とは、君が話す相手に真実を完全に、わかりやすい言語に翻訳する能力である。


木村尚敬

「会社を導くのは、経営者や管理職の仕事では?」と思われるかもしれませんが、今の管理職や経営者層のほとんどは5年後、10年後には引退し、会社からいなくなるので、20年先、30年先まで考えが及ばない場合が多い。将来を踏まえて会社を変えていくのは、ミドル世代の役割です。会社をあるべき方向に導いた時、それを主導した人間は重責を担う可能性が高い。結果として出世するでしょう。


村田昭治

いま経営が取り組まねばならないのは、必ずしも格好のいい、大きなプロジェクトに限らない。むしろ勉強会、ワークショップをどんどん立ち上げることだ。社内で手を挙げ、俺がやるんだという意欲に満ち、好奇心と起業家精神に燃え、へこたれず、あきらめず、突き進み「何か」を創りあげていく集団だ。


成毛眞

「運鈍根」という言葉がありますよね。成功するためには、「幸運」と、「鈍さ」と、「根気」の3つが必要であるという意味の言葉です。「運」と「根気」が必要なのはわかりますが、なぜ「鈍」くなければいけないか。それは、鈍くない人は、成功すると有頂天になってしまって、それ以上考えなくなってしまうからです。一方で失敗すると、落ち込んだ気持ちを引きずって、嫌になってしまう。どちらにしても、仕事を続けられなくなってしまう。でも、鈍ければ、成功しても有頂天にまではなっていないから、もっと成功できるんじゃないかと考えるし、失敗しても引きずらない。そういう意味で、僕は幸い、「鈍い人」なんです。


山本真司

よく寝ないとダメですね。徹夜しなければいけないような状況だと、思考の効率は極めて悪くなります。


茂木健一郎

笑うと創造力が高まり、良いアイデアも出やすくなります。これはおそらく、笑うとうれしいときなどに出る神経伝達物質のひとつであるドーパミンが分泌され、脳の司令塔の機能を持つ前頭前野を刺激し、フロー状態に入りやすくするためです。


宮本慎也

「ダメだったら変えてみる」のは、簡単そうに見えてとても勇気が要ることです。みんな、自分のスタイルにこだわりがあるから。私の場合は変化する勇気を持てたことで、プロで19年間やれたのだと思います。


海老一宏

中高年の転職市場では「書類さえも通らない」という声をよく聞きます。その多くは、案件ごとに書き換えていないのが原因。応募するのがどんな会社で何を求めているのかにより、書類は調整する必要があるのです。


坂根正弘

多言をもって語るよりも、客観的な数字を示して伝えた方が、相手にすぐ伝わる。


ジェフリー・フェファー

日本には「出る杭は打たれる」という言葉があると聞いたが、では本田宗一郎はどうか。生前の本田は、決して礼儀正しく誰にでも優しい人物ではなかった。ホンダを世界的自動車ブランドにすることのみに集中し、それを達成した。ソニーの盛田昭夫も同じだ。『「NO」と言える日本』という極めて刺激的で反米的ともいえる本を出してベストセラーにしながら、一方では時代を先取りして子供を米国に留学させ、自身も非常に目立つタイプだった。この二人を見ただけでも、日本においてさえ目立たない壁の花でいることは決して良策ではないことがよくわかる。


津田久資

日頃から、自分が興味のない分野からも幅広く情報を入れておくことは、仮説や検証の質と精度を高めるために必要。


ページの先頭へ