名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大口駿一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大口駿一のプロフィール

大口駿一、おおぐち・しゅんいち。日本の官僚、経営者。東京帝国大学法学部政治学科卒業。農林水産省事務次官、日本水産(のちのニッスイ)社長などを務めた。

大口駿一の名言 一覧

仕事、勉強、スポーツすべてに共通して言えることとして、勝負の決め手は集中力。私は即断即決が原則。


大口駿一の経歴・略歴

大口駿一、おおぐち・しゅんいち。日本の官僚、経営者。東京帝国大学法学部政治学科卒業。農林水産省事務次官、日本水産(のちのニッスイ)社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

男女問わず恥も外聞も捨てて、自分をさらけ出し「好きです」と伝える。自分がよほど魅力的な人間じゃない限り、告白もせずに相手から好きになってもらうなんて無理な話。好きなら好きとはっきり伝えて、相手にも自分のことを好きになってもらえばいいんです。素の自分をさらけ出せるかどうかが、愛される人になれるかどうかの分かれ目なんです。


熊谷正寿

同じ目的を共有し、心のつながりがあるから、一緒に働けるんです。その目的とは、たとえば「インターネットでナンバーワンになろう」といったことです。だから当社では、仕事を押し付けることはしません。その仕事を本当にやりたい人が、自分で手を挙げてやるシステムになっています。


成沢正胡

手帳には、その年に達成したいこと、将来の計画を24項目リストアップしています。そのページを週に1回は見返しています。実行できているかどうかをチェックするとともに、目標を常に意識できるので、今何をすべきかを考えるための羅針盤になります。


鈴木眞理

地域づくりに貢献するには二つの方法があります。一つは公務員やNPO職員などの専門家として活動する道。そしてもう一つは企業と地域、学校と地域の連携などの担い手として市民の立場で貢献する道。この二つの道でコミュニティの形成を支え、青山学院のスクール・モットー「地の塩、世の光」を体現するような人づくりを目指したいと考えています。


加藤俊徳

普段から間違った方向を選択していると、いざというときに正しい選択ができなくなる確率が高くなる。右脳は周囲の環境に対して感受性が高いから、ウソ偽りやうまくいかないことが続くと、右脳の感度を下げ、正しい情報を感知できなくなってしまう。脳に正しい情報が入れば正しく成長するし、誤った情報ばかりだとバグの回路が出来上がってしまう。


福地茂雄

一番大切な経営資源は時間。経営資源である人、モノ、カネはいくらでも増やせますが、時間は1日24時間に限られています。ですから、時間を大切に使っていただきたい。


草野顕之

自分とは何かを問い続け、他者としての相手を尊重し理解しようとする姿勢がなければ、本当のコミュニケーションを切り結ぶことはできません。


手倉森誠

選手には、負けることを恐れるな、という話をしました。でも、そのなかで勝てたらすごいことだぞ、と。


久野康成

未来を語ろうとしない経営者は、基本的に投資をしようとは思いません。経営者に投資の意思決定をさせるためには、未来志向に話を転換させなければなりません。


菅井敏之

信用がないとお金も寄ってこないし、人も集まらない。


大八木成男

大企業にいながら、ずっとベンチャー企業みたいなことをやっていました。上司から常に言われていた言葉は、「人につくな、仕事につけ」でした。上司の言うとおりに動いても新規事業は駄目です。自分の知識とアイデアと行動力がすべてなんです。


大西洋

多くの人に当てはまることだと思いますが、入社当初は現場にいて、その仕事の面白さを肌で実感していたはずです。だからこそ、いまの会社、いまの仕事でこれまで続けてこられた。しかし年数を重ねて、中間管理職の立場になってくると、次第に現場から遠ざかってしまう。百貨店の場合なら、店頭よりも事務やマネジメントの仕事が増えて、お客様の顔を直接みることが少なくなってしまうのです。そうすると、自分がなぜこれまでこの会社で働いてきたのか、だんだんみえなくなってくる。その結果、毎日雑務に追われるばかりで、仕事がつまらないと感じてしまうのです。そんなときこそ、原点に返って新人に戻ったような気持ちで、現場に立ってみるのがいいと思います。