大口駿一の名言

大口駿一のプロフィール

大口駿一、おおぐち・しゅんいち。日本の官僚、経営者。東京帝国大学法学部政治学科卒業。農林水産省事務次官、日本水産(のちのニッスイ)社長などを務めた。

大口駿一の名言 一覧

仕事、勉強、スポーツすべてに共通して言えることとして、勝負の決め手は集中力。私は即断即決が原則。


大口駿一の経歴・略歴

大口駿一、おおぐち・しゅんいち。日本の官僚、経営者。東京帝国大学法学部政治学科卒業。農林水産省事務次官、日本水産(のちのニッスイ)社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

稲永修

商いはすべての人に仕えること。


酒巻久

凡人の私たちが努力をしないのであれば、競争に負けて当然。


村上憲郎

リスクをとって失敗し、最悪の場合会社を追われることになったとしても、その人は貴重な失敗の経験を手に入れています。悪戦苦闘する中で、できることリストには新しい項目がたくさん増えていることでしょう。こういう財産を手に入れて放り出されるのは、ただおとなしくしながら「うちの会社が傾きませんように」と祈っているよりよほどましだと私は考えます。


クラウゼヴィッツ

勝者には、勝敗の決定が迅速であればあるほど都合がいい。敗者には、持続時間がどんなに長くても長すぎるということはない。


山口彰(日本深層心理研究会)

権威主義は、権威に従っていれば失敗を叱責されることがないから、生き方としては楽なのです。権威主義的性格の対極に位置するのは創造的な性格ですが、どちらを選択すればいい人生を送れるかは一概には言えません。ただし、権威主義的な傾向を捨てない限り、心の躍るような冒険や感動を体験できないことだけは確かです。


中田康雄

店頭における製品の鮮度が常に高いということは、製品の回転が速いということを意味します。単に売れているだけでなく、製品に魅力があり、お客様に満足していただけているということまでわかります。商品力のある製品をつくれているから、お客様が喜んで買っていく。その結果、店頭における製品の回転が速まり、売上も増える。こうした良い流れができているかどうかを、製品の鮮度に着目するだけで判定できるというわけです。


西田厚聰

今後はますますグローバル化が進む中では、それにふさわしい人材育成、個々人の視点に立てば勉強が必要になってきます。その基礎として西洋の古典を含めたリベラルアーツ(教養)を勉強していかないと、相手と同じ土俵で議論できない恐れもあります。
【覚書き|海外の経営者と商談するときに、哲学や政治、歴史などの話題がよく話題となった経験から語った言葉】


河合滉二

私の好きな豊臣秀吉も努力の人である。彼は自分に与えられた仕事の中で、常に最善を尽くして一歩一歩のし上がり、ついには天下人にまでなった。現代のサラリーマンは、自分は何も努力せずに上司が認めてくれないと嘆く。あるいは、給料や待遇といった目先のことばかり考えている若い人も多い。自分本位の甘ったれなのだ。総じて現代人は賢くなったようだ。そつのない平均点人間が多すぎる。だから人生も平板で、ひとたび乱があると動揺して対処できなくなる。


中本晃

お客様のその先のお客様まで思いをはせる。そして多様な分野に興味をもつ姿勢と意識。これが最も大事。


梅田望夫

人間力は、「未来は楽しい」と思うことからしか生まれないと思います。きっと今日より明日は楽しくなるはずだということをみんなが実感できれば、生身のコミュニケーションが減っている時代であっても、それほど悲観的になる必要はありません。


富田浩安

自動車産業を巡る環境が激変する中でも、タクシーやバス、リムジン事業などを展開する当社は革新的なビジネスで生き抜いてきました。


藤沢晃治

書く前に、報告書で伝えたいポイントを書き出しておくことも大切です。とにかく気が焦って、伝えたい内容を頭のなかでまとめる前に書きはじめてしまう人がいます。しかし、自分でも伝えたい内容がまとまっていないのに、相手に全体像をみせることは不可能です。また、書き進めるたびに立ち止まって考えていたら、結局は書くのに時間がかかってしまいます。書き出すタイミングが多少遅くなってもかまわないので、まずは伝えたいことを明確にして、全体の構成をきちんと立ててから書き出すべきです。


吉永泰之

一般的には、商品数の少なさは弱点です。ただ、少ないからこそひとつひとつをどこにも負けないほど作り込んでいけば、それは長所に変わります。


伊藤洋一(エコノミスト)

僕が人事担当者なら、「この人はどこに使えるか」を考えます。企業にはファンクションがあって、非常に合目的的。多くの企業の人事部は、どのファンクションから新人要請が来るかを把握していて、どこに配属するかまで何となく考えています。まだそこまで考えるのは難しいかもしれませんが、自分の能力と経験がその企業のどこに当てはまるか、考えてみるといいと思います。相手の立場に立ってみるということです。


エピクロス

快こそ第一の生得的な善であり、快が浄福なる生の始めであり、終わりなり。


ページの先頭へ