名言DB

9412 人 / 110637 名言

大友啓史の名言

twitter Facebook はてブ

大友啓史のプロフィール

大友啓史、おおとも・けいし。日本の映画監督、演出家。岩手県出身。慶應義塾大学法学部卒業、南カリフォルニア大学留学。NHKに入局。様々な番組を担当したのち、ドラマ番組局に異動。NHK連続テレビ小説、大河ドラマなどの演出を経て『ハゲタカ』で映画監督デビュー。その後、独立し大友啓史事務所を設立。イタリア賞シリーズドラマ部門、文化庁芸術祭優秀賞、東京ドラマアウォード優秀賞、放送文化基金賞個人賞を受賞。

大友啓史の名言 一覧

「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもので、人間は時に、想像を超える行動を取るんです。世の中、こんなにうまく話が進むはずがないと思い返して、脚本を書き直すこともしばしばあります。


充実した毎日を送ってください。それがすべて芝居につながっていくし、一生の助けになるから。


プロとは、孤独を引き受けて、自分で自分の人生を切り拓いていかなければならないもの。


僕の場合、良い作品を作るという目的はもちろんですが、それと同時に、良い作品へと向かうプロセスを楽しむことに興味があるのだと思う。


本との出会いは、まさに一期一会。書店をぶらぶらして、面白そうな本は購入します。買ってから3年ほど読まない本もありますが、必ずいつか手に取る。だから、読みたいと思った時に、その本の在りかがすぐに分かることが大事。


日々の仕事が忙しく、時間に追われている時ほど本を読んでしまう。ある種の逃避かもしれないけれど、僕には必要な時間なんです。


発想のベースは、スタッフやキャストを自分の思いどおりに動かすのではなく、細かい指示を出さずに、どう主体的に動いてもらうのか、ということに尽きる。たとえば、カメラマンには「好きなように撮ってください」と伝えます。皆、プロなので、僕が期待していたよりも良い仕事をしてくれると信じていますから。


思いどおりに作ったからといって、良い映画になるとは限らない。撮影中に予想外の雨が降ってきたために、もともと持っていたものよりももっと良いアイデアが生まれた、というような経験を重ねてきていますから。


監督とスタッフやキャストは、ヒエラルキーの関係にあるわけではない。それぞれがプロで、役割が違うだけです。彼らの提案にはできるだけ耳を傾け、常に優れたアイデアを求め続ける。それが僕にとって大切。


映画制作といえば撮影をイメージする人が多いでしょうが、脚本を書いたり、予算やスケジュールを決めたり、ロケハンをしたりといった、撮影に入る前の準備のほうが重要なんです。準備をきちんとしておけば、撮影に入ってから現場が自然と動くようになり、より仕事に集中できますから。


思いついたアイデアはiPhoneのメモ帳アプリに打ち込んでいます。電車やタクシーの中で、演出やキャスティングのアイデアがよく浮かぶんです。ノートを出すのは面倒だけど、携帯ならいつも手に持っている。それで書き始めたのがきっかけです。


スタッフやキャストに提案を促すには、結論を言わないこと、決めないこと。もちろん「こうしたいな」というプランはあるのですが、それを言ってしまうと、皆、考えることをやめ、中には媚びる人も現われます。「大友さんはこういうのが好きだから」という判断をするようになるんですよ。もちろん、監督の意図に沿ってもらうことも重要ですが、それだけでは強い表現にはならない。だから、簡単に手の内を明かさないことも重要。


デジタルメモの利点はアイデアを客観視できること。手書きの文字にはどうしても「我」が入ってしまうんですよ。夜中のラブレターと一緒で、客観的に読もうとしても難しい。でも、iPhoneのフォントに置き換えると、一定の距離を置ける。思い入れを持って書いたことでもiPhoneで読んだ途端、「何でこんなことにこだわってんの?」と思えたりする。自分が面白いと思ったことが、本当に面白いのか、冷静に判断したい時、デジタル化は有効。僕にとって、iPhoneはいわば思考の冷却装置のようなものなんです。


大友啓史の経歴・略歴

大友啓史、おおとも・けいし。日本の映画監督、演出家。岩手県出身。慶應義塾大学法学部卒業、南カリフォルニア大学留学。NHKに入局。様々な番組を担当したのち、ドラマ番組局に異動。NHK連続テレビ小説、大河ドラマなどの演出を経て『ハゲタカ』で映画監督デビュー。その後、独立し大友啓史事務所を設立。イタリア賞シリーズドラマ部門、文化庁芸術祭優秀賞、東京ドラマアウォード優秀賞、放送文化基金賞個人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

調べると、ホテルの一番のコストは人件費、光熱費であることが分かった。世界一生産性の高いホテルを作ろうと考えた時に、この人件費と光熱費をどう削減させるか。それにはロボットや自動化されたシステムが必要なのではないか。そう考えたのです。最初からロボットホテルありきだったわけではありません。しかしロボットホテルを作ったことで世界から注目されるようになり、集客を後押しする結果になりました。


アルバート・アインシュタイン

この世界を個人的な願望を実現する場とせず、感嘆し、求め、観察する自由な存在としてそこに向かい合うとき、我々は芸術と科学の領域に入る。


了徳寺健二

新しい法則は常に科学に立脚したものであること。そして限りない再現性を有し、更に批判や検証に晒されなければならないものだ。


尾山基

私が米国にいた1980年代、現地で「スリーピングタイガー(眠れる獅子)」と呼ばれて侮られたことがありましたが、実際に商品を使った人からは「すごくいい」と言われていました。不思議なことに、アルゼンチン、オランダ、南アブリカなど色々な国に行くたびに、まったく同じ内容の話を聞くんです。現地の協会幹部やアスリートが「俺もオニツカ(現アシックス)のシューズを履いていたよ」と。我々の知らない間に、アシックスの商品を面白いと思って買ってくれた方が世界中にいます。広告塔に頼りきるのではなく、こうした人々を地道に増やしていきたいです。


宋文洲

日本の若者にハングリー精神がなくなったと言うのは嘘。中国で活躍する日本人の若者はたくさんいる。環境が問題なんです。日本人の良さは失われていないけど、価値を引き出すには新しい環境が必要。


中西浩太

当社の研修のポイントはコンテンツと講師のレベルです。コンテンツに関しては、一般的には定型のものをそのまま使うか、または、それをベースにしてクライアント企業ごとにカスタマイズすることが多いですが、当社の場合、すべての研修が完全オリジナルです。クライアント企業の現状、課題、経営戦略、目標を入念にお伺いして、コンテンツをゼロからオリジナルで作っていきます。同じ営業職でも、業界ごとに違いはあります。また同じ業界でも会社が違えば、取り扱い商材、企業の意図など、違って当たり前です。それらの違いに応じたオリジナルコンテンツを独自のノウハウで作り上げます。


本間宗久

米段々下げ、上方相場替わること無く、諸国並びに最上払い物沢山の風聞、人気も揃い弱く、何程下がるも知れ難く、我が考えも弱かるべしと思う節、 心を転じ買いに入るべきなり、この思い切り、海中へ飛び入る心持ち、はなはだ成りにくきものなれども、其の節疑いの気を生ぜず買うべし、極めて利運なり。 下げと見込む時、思い入れの通り下がるものなれば心易きものなれども、人気下がると片寄る時、かえって上げるもの故、考えに及ばざるなり。上げも同断、す なわち海中に飛び込む心待ち、極意なり。


柳井正

店長より、現場のスタッフの方がよく知っている。やらせて、やって、シェアして勉強する。店長はスタッフを守り、スタッフは仲間を信じ店長を支えてもらいたい。


石浦章一

世の中には、なかなか変われない人と、サッと変われる人がいます。そして、変われない人が前例を踏襲しやすいのです。


依田宣夫

退職金をもらってしまえば、その後の定期収入は年金だけ。多くの人は、それで自分の老後の消費生活がひどく限定されてしまったと感じる。しかし、家庭の経済活動の主体は消費活動だ。その消費をいかにマネジメントするかによって、老後の生活はいかようにも豊かにしていくことが可能だ。


樋口武男

企業経営において、感謝という気持ちは大変大事で、会社が伸びる大きな武器になりえます。


最上悠

叱られる部下の側の問題として多いのは、極端な考え方をすることです。未熟な人は白か黒かの二分法で考えがちで、成熟した人のようにグレーな思考ができません。いきなり出社拒否する人は上司に自分の人格を全否定されたと極端に受け止めて、過剰反応した結果とも考えられます。


山田雅裕

世の中にはミスをした部下に「反省しろ!」と怒鳴る上司がいたりしますが、あれはダメですね。「人の失敗を叱れるほど、おまえは偉いんか」と言いたい。部下がミスをしたら、「そうか、ミスしたか。次からどうする?」でいい。叱る行為そのものが、エネルギーと時間のムダです。


堺屋太一

個人も組織も、ひとつのことが成功すると、同じことばかりを手がけたがる。イギリスのことわざに「競馬のやりはじめに大穴を当てた者は破産する」というのがある。万馬券に味を占め、大穴狙いがやめられないからだ。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

幸福な人生を送るのに必要不可欠なものなどほとんどない。それはすべてあなたの内部、あなたのものの考え方の中にある。(マルクス・アウレリウス・アントニヌス、第16代ローマ帝国皇帝、ストア派学者)