名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大友啓史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大友啓史のプロフィール

大友啓史、おおとも・けいし。日本の映画監督、演出家。岩手県出身。慶應義塾大学法学部卒業、南カリフォルニア大学留学。NHKに入局。様々な番組を担当したのち、ドラマ番組局に異動。NHK連続テレビ小説、大河ドラマなどの演出を経て『ハゲタカ』で映画監督デビュー。その後、独立し大友啓史事務所を設立。イタリア賞シリーズドラマ部門、文化庁芸術祭優秀賞、東京ドラマアウォード優秀賞、放送文化基金賞個人賞を受賞。

大友啓史の名言 一覧

「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもので、人間は時に、想像を超える行動を取るんです。世の中、こんなにうまく話が進むはずがないと思い返して、脚本を書き直すこともしばしばあります。


充実した毎日を送ってください。それがすべて芝居につながっていくし、一生の助けになるから。


プロとは、孤独を引き受けて、自分で自分の人生を切り拓いていかなければならないもの。


僕の場合、良い作品を作るという目的はもちろんですが、それと同時に、良い作品へと向かうプロセスを楽しむことに興味があるのだと思う。


本との出会いは、まさに一期一会。書店をぶらぶらして、面白そうな本は購入します。買ってから3年ほど読まない本もありますが、必ずいつか手に取る。だから、読みたいと思った時に、その本の在りかがすぐに分かることが大事。


日々の仕事が忙しく、時間に追われている時ほど本を読んでしまう。ある種の逃避かもしれないけれど、僕には必要な時間なんです。


発想のベースは、スタッフやキャストを自分の思いどおりに動かすのではなく、細かい指示を出さずに、どう主体的に動いてもらうのか、ということに尽きる。たとえば、カメラマンには「好きなように撮ってください」と伝えます。皆、プロなので、僕が期待していたよりも良い仕事をしてくれると信じていますから。


思いどおりに作ったからといって、良い映画になるとは限らない。撮影中に予想外の雨が降ってきたために、もともと持っていたものよりももっと良いアイデアが生まれた、というような経験を重ねてきていますから。


監督とスタッフやキャストは、ヒエラルキーの関係にあるわけではない。それぞれがプロで、役割が違うだけです。彼らの提案にはできるだけ耳を傾け、常に優れたアイデアを求め続ける。それが僕にとって大切。


映画制作といえば撮影をイメージする人が多いでしょうが、脚本を書いたり、予算やスケジュールを決めたり、ロケハンをしたりといった、撮影に入る前の準備のほうが重要なんです。準備をきちんとしておけば、撮影に入ってから現場が自然と動くようになり、より仕事に集中できますから。


思いついたアイデアはiPhoneのメモ帳アプリに打ち込んでいます。電車やタクシーの中で、演出やキャスティングのアイデアがよく浮かぶんです。ノートを出すのは面倒だけど、携帯ならいつも手に持っている。それで書き始めたのがきっかけです。


スタッフやキャストに提案を促すには、結論を言わないこと、決めないこと。もちろん「こうしたいな」というプランはあるのですが、それを言ってしまうと、皆、考えることをやめ、中には媚びる人も現われます。「大友さんはこういうのが好きだから」という判断をするようになるんですよ。もちろん、監督の意図に沿ってもらうことも重要ですが、それだけでは強い表現にはならない。だから、簡単に手の内を明かさないことも重要。


デジタルメモの利点はアイデアを客観視できること。手書きの文字にはどうしても「我」が入ってしまうんですよ。夜中のラブレターと一緒で、客観的に読もうとしても難しい。でも、iPhoneのフォントに置き換えると、一定の距離を置ける。思い入れを持って書いたことでもiPhoneで読んだ途端、「何でこんなことにこだわってんの?」と思えたりする。自分が面白いと思ったことが、本当に面白いのか、冷静に判断したい時、デジタル化は有効。僕にとって、iPhoneはいわば思考の冷却装置のようなものなんです。


大友啓史の経歴・略歴

大友啓史、おおとも・けいし。日本の映画監督、演出家。岩手県出身。慶應義塾大学法学部卒業、南カリフォルニア大学留学。NHKに入局。様々な番組を担当したのち、ドラマ番組局に異動。NHK連続テレビ小説、大河ドラマなどの演出を経て『ハゲタカ』で映画監督デビュー。その後、独立し大友啓史事務所を設立。イタリア賞シリーズドラマ部門、文化庁芸術祭優秀賞、東京ドラマアウォード優秀賞、放送文化基金賞個人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

森田英一

上司が部下のチャレンジを評価してやる、仕事ぶりを認めて新たなチャンスを与えてやるといった行動を起こしていなければ、部下が会社の中に自分の存在価値を見いだせなくなってしまうのは当然のことです。


福嶋康博

再挑戦する時、同じ失敗を繰り返してはいけません。失敗すると、そこには必ず失敗の原因となる問題点があります。その問題点を解決した上で、改めて挑戦するのです。それでも上手くいかなければ、別の問題点を探りだして再び行動します。3回も失敗すると「これはまずい」と本質的な間違いに気づくはずです。


川又克二

私の経験では、なにか小さなジャンプがいいヒントになることがある。だから小さなジャンプも、私は大事にして経営に活かすようにしている。


ドナルド・トランプ

一夜にして実現することなどめったにない。一夜にして成功を手に入れたといわれる話もたいてい、内実は違うものだ。最近あなたが耳にした一夜のサクセス・ストーリーも、その陰には20年、30年以上の努力があったのかもしれない。


大八木成男

ビジネスマンに求められているのは単一の能力や専門性だけではありません。専門分野の枠を軽々と越えられるようなスキルがなければ、仕事にダイナミズムは生まれません。そして、そのような働き方を実現するためには、あらゆるジャンルの、せめて基本には通じていなければならないのです。


ジェフリー・フェファー

あなたが周囲の注目を集め、存在を認められる存在ならわざわざ怒る必要はない。あなたの訴えや主張を相手に真剣に考えさせたいときこそ怒りを示すのだ。


森下一喜

「つらい」「苦しい」と感じながら、ゲームを作っていると、必ずアウトプットに表われます。たとえば、遊び心がなくなり、既存のゲームと似通った無難な作りになる。そんなゲームが面白いはずがありませんよね。


林信秀

当行では「全社員が活躍する」「絶えず成長する」「能力を100%発揮する」「長く活躍する」という4つのキーワードを核に、雇用形態や国籍、年齢に関係なく、社員一人ひとりが能力を発揮し、年を重ねても活躍できる体制を構築すべく、人事運営の抜本的改革を進めているところです。


鍵山秀三郎

毎朝、立派な経営理念や社訓を唱和させている会社がありますが、では会社がその通りになっているかといえば、全然そうなっていない。むしろ掲げている理念とは違うことをやっている会社の方が多い。私は立派な理念を掲げるよりも、毎日の仕事、社員の生活を通しての行いが、社会の規範やルールに反しない、社会に迷惑をかけない、ということの方が大事だし、またそういうことに気をつけて仕事をやってきたわけです。社会には規則にはなってないが、やってはならないことがたくさんあります。立派な経営理念を守るよりも、社会のルール、規範を自然に守れる人間、社員であって欲しいというのが私の願いです。


野口聡一

自信のあることは照れずに表現しないと、周りに評価されないばかりかチームのためにもならない。NASAにはそういう雰囲気がある。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

不況だ不況だと言っても、昭和二年の不況からすればまだまだ経済に余力はありますし、終戦のときのことを思えば、いまの生活がどれだけ豊かになったかがわかるでしょう。むしろ豊かになりすぎてしまい、その豊かな生活からモノの価値を考えるようになってしまった点にも問題があるんです。


清水勝彦

組織の中には異なる立場の人がいます。たとえば総務部が営業経費をうるさく注意するのは、それが総務部の仕事だからです。機能している組織の中では、人間同士の衝突は必ず起き、正論だけでは決して解決できません。