名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大原聡の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大原聡のプロフィール

大原聡、おおはら・さとし。日本の戦略コンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業後、戦略コンサルティングファームに勤務。シカゴ大学にてMBAを取得。投資銀行、ベンチャー経営などを経てシグマクシスに入社。同社パートナーを務めた。

大原聡の名言 一覧

新規事業は特に、やってみなければ分からないことが多い。トライ&エラーを繰り返しながら、とにかく前進し続けることを重視しています。


当社では社内の戦略、業務、ITのプロフェッショナルはもちろん、社外のエキスパートとのコラボレーションにも注力しています。事業のコンセプトづくりから実行までをやり遂げる体制が必須だからです。


昨今の市場変化により、企業は戦い方そのものが変わってきています。お客様の多くは、ベストプラクティスに合わせた改善ではなく、全く新しいビジネスモデルを必要としています。


大原聡の経歴・略歴

大原聡、おおはら・さとし。日本の戦略コンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業後、戦略コンサルティングファームに勤務。シカゴ大学にてMBAを取得。投資銀行、ベンチャー経営などを経てシグマクシスに入社。同社パートナーを務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

一番良くないのが、過去の成功体験で物事を考えるということです。実際、おにぎりやカップラーメンなど、新しくて付加価値の高い商品は、既存の商品よりも高い価格設定でも売れました。


橋本和恵

心の底から顧客のためを考えている営業マンに対しては、顧客も何かのリターンを返してあげたいと思うもの。契約率やリピート率の高い営業マンは、必ず折に触れて「お客様に喜んでもらいたい」というメッセージを伝えているのです。


須田健太郎(経営者)

ある種のイノベーションのジレンマに陥っている競争相手に奇襲攻撃を仕掛けることが大切。


本田有明

「現状をなんとかしなくては」と問題意識を持ちながら、社内で意見を述べる場がなく、陰で方針批判をしているような部下に対しては、本人の意識が建設的な方向に向かうよう導きます。たとえば「このプロジェクトはこのままだと失敗する」と陰で言っている部下がいたら、呼び出して「どこに問題があるのか、君の意見を聞かせてほしい」と尋ねるのです。「批判する以上、何か改善案を持っているはず」という前提で、陰口を表に出してしまう。もし建設的な意見があれば参考にするし、聞いた意見が役に立たなかったとしても、真摯に部下の意見を聞く姿勢を見せるだけで、「今度の課長は下の意見に耳を傾けてくれる」と評判になります。


岸田一郎

37歳で、雑誌『Begin』の創刊編集長になったんですが、当時、世界文化社は女性誌が主力の出版社でした。したがって、男性誌に商品の情報を提供してくれるクライアントとのネットワークもなかったんです。こうした後発の雑誌が地位を確立するためには、やはり自分たちの価値を高めるしかないわけです。『Begin』が商品を紹介すれば、記事を読んだ読者の少なからぬ人が、実際にその商品を購入する。さらにヒット商品になるところまで結びつける。雑誌の質を高めて、こうした結果にコンスタントに結び付けていけば、クライアントも「あの雑誌ならば」ということで、情報をいち早く提供してくれるようになるのです。


鎌田薫

自分で問題の本質を見抜き、積極的に問題解決の方策を考えて、チャレンジングにその方策を提案できるようにしなければならない。


守安功

上の立場にいる人の場合、自分が話すことよりむしろ、部下が話しやすい環境をつくる方が重要です。サービスに関する情報が部下から上がってこなければ、有効な戦略を立てることもできません。


ダン・ケネディー

自分にとってどういう顧客層が理想的かわかっているし、そうした顧客を獲得したいと思っている。そしてそれと同じくらい、それ以外の顧客にはお引き取り願いたいと思っている。どんなビジネスに携わる人も、自分のビジネスに最も適した顧客を選び、そうでない顧客を避けた方がいい。


篠原雅直

時流や環境に合わせて最適な形で運営していくためには、見極める能力が必要です。つまり、物件をしっかり理解するための目利きが必要です。


竹田和平

自分を否定しようとする人が現れたら、そんなとき、これはきっと何か自分を発奮させるための意味があるんだろうと、僕は考えるようにしています。いまはまだその意味が分からなくても、いつか良い意味があったことに気がつくはずだと考えるのです。だから、どんなに嫌だと思ったことでも、自分の受け取り方を変えて、そのまま手を広げて受け入れようと努力する。世の中を変えることはできません。自分で変えることができるのは自分自身だけなのですからね。


森澤篤

突拍子もないアイデアを誰かが突然ひらめいて、会社が丸ごと変わってしまうこともあるだろう。だが、ビジネスパーソンが目指すべき創造性のレベルは、必ずしも大それたものである必要はない。むしろ、大それたことを狙わない方がいい。ポテンヒットでいいからつなぎ、次のヒットで点が入る、それを繰り返していくぐらいの感覚で構わないのだ。そして、繰り返していくうちに、気がついたら長打力が身についていくという形だ。


岩田松雄

仕事がスムーズに進まない人は、本来必要のない仕事をしていることが多いと思います。必要のない仕事というのは、要するに異常事態の処理のこと。ミスをしてお客さんに謝りに行くとか、納品が遅れて製品を航空便で送る手配をするとかいったことですね。これは、最初からきちんと仕事をしていればそもそもしなくていいはずのこと。でも、やっている本人は「今日も夜中まで一所懸命仕事をしている」と思っているわけです。