大原総一郎の名言

大原総一郎のプロフィール

大原総一郎、おおはら・そういちろう。倉敷絹織(のちのクラレ)社長。東京帝国大学卒。30歳で社長に就任。松下幸之助に「美しい経済人」と呼ばせるほど清廉潔白だった経営者。父は大原美術館を創設した倉敷紡績社長の大原孫三郎。

大原総一郎の名言 一覧

企業のあり方の中で、官僚主義ほど発展を毒するものはない。


大原総一郎の経歴・略歴

大原総一郎、おおはら・そういちろう。倉敷絹織(のちのクラレ)社長。東京帝国大学卒。30歳で社長に就任。松下幸之助に「美しい経済人」と呼ばせるほど清廉潔白だった経営者。父は大原美術館を創設した倉敷紡績社長の大原孫三郎。

他の記事も読んでみる

蜂谷二郎

信用金庫でも私はリテール部門で個人のお客様とのビジネスを担当していました。そのときに感じていたのは、お客様の奥の奥まで見ていない限り、お客様にとっての最大のメリットを引き出すプレゼンはできないということでした。


ネルソン・マンデラ

後ろの牢にこれまでの恨につらみを捨てていこう、そうしなかったらこれからも牢にいるのと同じことになる。
【覚え書き|釈放されたときを振り返っての発言】


澤上篤人

相場を読もうとしても当たったり当たらなかったりで、そうビシッとは決まらない。そんなことに神経をすり減らすよりも、大きな下げ相場でさっさと買ってしまうことだ。安く買っておけば、後はどうにでも料理できる。


鈴木英敬

経産省が目立つことは日本にとって決してプラスだとは思わない。医療産業全体を発展させるには、所管する厚生労働省を立てながら、医療機関や大手企業、ベンチャーと厚労省をつなぐ必要がある。農業だったら農家や農業団体と農林水産省を結びつける。経産省は前面に出て俺たちの手柄だと言わず、民間と官庁をつなぐ「触媒」であるべきだと思う。


河原成美

大きな目標を持つこともまた、運動を続けていくモチベーションになる。


濱逸夫

まだマスマーケティングが主体ですが、考え方はかなり変わってきました。例えば、これまでは洗剤などの日用品に対する消費者の無関心は甚だしかった。何を使ってもあまり変わらないだろうと。しかし、より「自分ごと化」してもらえるように、様々なアプローチを始めています。ボディーソープの「hadakara(ハダカラ)」の詰め替えパックに消費者の声を印刷して、共感を呼ぶようなマーケティングをしているのは、その一例です。


牧野正幸

恐れるべきはスランプではなく、調子がいい時。スランプが来たら、「ヨシ、来たな」と歓迎すればいい。


楠木建

初めから「これはいいに違いない」という「そのまんま魅力的な戦略」は、みんなが同じことをやるから、結局のところ違いを作ることができない。差をつけるならば、同業他社が「そんなバカな」と思い込んでいることをやるしかない。


松村不二夫

製造の末端で働く一人ひとりの能力を高めて生産性を向上するためには、どんな教育をすればいいかと考えてきました。全員が長嶋茂雄のようなスーパースターにはなれない。しかし、普通の人でも平均点はとれる。60点以上をとれる社員がたくさんいたほうが、会社は強くなれる。


スティーブ・M・スミス

当社の文化の1つとして、意見を積極的に聞き、合意をとっていくというものがある。価値観や文化を浸透させようとしたら、軍の司令官的な頭ごなしのやり方は通用しない。


田中稔一

社長に就任した当時、それまでの好業績も手伝って、社員一人一人はスマートで優秀なのだが、スピード感と荒っぽさに欠けていました。いわば「お公家さん」の体質になってしまっていたのです。赤字体質脱却のため、我々は「高い志を持った戦う野武士軍団」を目指しました。


国部毅(國部毅)

今年の金融界全体のテーマは、「いかに日本経済の活性化に寄与するか」に尽きます。成長産業を育てる、企業を育てる、こうしたことを金融界としてどうお手伝いできるのか。


白洲次郎

僕は政治家じゃないし、人に何言われても一向に平気なんだ。僕はそういう所、わりに旧式なのよ。自分の良心はきれいだと思ってるから、人が何言おうと平気なんだ。


秦信行

今や時代は「ポスト産業資本主義の時代」である。「産業資本主義の時代」のように、大きな資本で大きな工場を作り、現場の人々が協力することで優れた品質の製品を均一に大量に作ることの意味・意義は薄れている。「ポスト産業資本主義の時代」に求められるのは、人間の独創性でありそれによって生まれる差別化された製品やサービスだ。


井上慎一(経営者)

目指すのは「空飛ぶ電車」モデルです。改札も、「Suica」のようにかざすだけで済めば快適です。それで最速5秒で終わるチェックイン機を開発し、バーコードをかざすだけでチェックインが完了するようにしました。


ページの先頭へ