名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大原光秦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大原光秦のプロフィール

大原光秦、おおはら・こうしん。日本の経営者。「ビスタワークス研究所」社長。関西大学法学部卒業後、トヨタビスタ高知(ネッツトヨタ南国)に入社。人財開発室室長などを経て、ビクターワークス研究所社長に就任。

大原光秦の名言 一覧

ノルマはムダの根源。ノルマの問題は、「他人に協力をしないこと」。今は市場が縮んでいる時ですから社員が一丸となって、しっかりとお客様の信頼を得なければ選んでもらえない。


マニュアルを用意していないのは、社員がその場その場で自分で考えてお客様に真摯に対応してほしいから。真正面から付き合わないと、信頼なんて生まれませんから。


マニュアルがないと当然うまくいかないことが増えますが、それでいいんです。「どうすればいいんだろう」と自分で考えて行動することが大事。悩んだり先輩に相談したりしていく中で人間性が磨かれます。結果として、仲間やお客様といい人間関係を築く力が養われ、成果にもつながっていきます。


ノルマがあると協力する気持ちは生まれない。担当営業マンが不在の時にサービスが行き届かないでは非効率。でも、ノルマがないとみんなが協力するため、いつ誰が接してもお客様は心地よい。だから来たくなるし、買いたくなるんです。


全員が協力し合うには、1人で飛び込み営業する販売スタイルではムリ。お客様が来たくなるショールームをみんなで追求してきました。クルマを置くより、くつろいで過ごせる空間を増やしたほうがいい。それもスタッフが繰り返し話し合って決めたことです。みんなで決めるからこそ、スタッフ自身が工夫を凝らし、少しずつ楽しい場になっていきます。ショールームではパーティーやイベントもよく開催します。


大原光秦の経歴・略歴

大原光秦、おおはら・こうしん。日本の経営者。「ビスタワークス研究所」社長。関西大学法学部卒業後、トヨタビスタ高知(ネッツトヨタ南国)に入社。人財開発室室長などを経て、ビクターワークス研究所社長に就任。

他の記事も読んでみる

宮田孝一

組織での報告のラインは短いほどいい。ハンコが7つも8つも押してある紙はいりません。


小口孝司

会議で積極的に議論を引っ張っていこうとする人がいる一方、最後に「あの人の意見を聴きたい」と思わせる人がいるものですが、そんな人がドンになっていく。


今瀬ヤスオ

友人でも第三者でも相談に乗ってくれる人がひとりいれば、落ち込み過ぎずに済む。ただし、そういう人は日頃から自分が心を開いてキズを見せないと、見つからない。


桐山一憲

消費者自身が気付いていなかったニーズを上手く掘り起こすことができたなら、新しい市場を開拓できます。消臭剤のファブリーズスプレーはまさにその典型で、液体を噴きかけてにおいをとる発想は、消費者の側にはなかったと思います。


川上哲治

無駄になる努力はない。


西秀訓

会長退任の時に相談役を廃止して、今は無役になり、暇になって音楽を再開できました。昔はギターやベースでしたが、今度はチェロを始めたんです。まだまだ先が見えませんが、やっぱり簡単に諦めちゃ駄目ですね。


安藤百福

ぼくはタクシーでも構わない。ベンツでなくてはいけないと誰が言ったか。新幹線のグリーンに乗ることに何の意味があるのか。どこに乗ろうと目的地に着く時間は一緒じゃないか。


フィリップ・フィッシャー

よい銘柄について1回1回いいタイミングを計りつつも、いちどきに買ってしまうのではなくて、時間を分散しながら徐々に買い増していくべき。あくまでも企業の状態を分析して、『買ってよい株価水準』として判断されれば、どんなに景気後退期でも買うべきだ。


久保田浩也(メンタルヘルス)

よく課長や部長に昇進し、上からの期待下からの不満の板挟みになってノイローゼなんて新聞ネタになります。でも昇進してノイローゼになる人より、昇進できないためになる人の方が圧倒的に多いんですよ。昇進した人の健康度は心身ともに高い。


田原総一朗

経営者の中で印象深かったのは松下幸之助さん。松下政経塾を作られるときに話を聞きに行ったら、「あんた、どう思う?」と逆に僕の考えを聞かれるわけ。1時間ばかり話したけれど、ずっと熱心に聞いてくれた。そして家に帰ってきたら、「またぜひ話をしに来てほしい」と連絡をもらって改めて話をしに行った。こんな人は他にはいなかったね。


古川裕倫

困った上司は反面教師です。自分はこんな上司になるまいと誓いつつ接するのです。「恵まれない上司に恵まれている」と考えればすごく楽になります。


川島永嗣

僕はこれまで、せっかく才能があるのに、言葉の壁に邪魔されて実力を発揮できずに帰国する選手を何人も見てきました。やはり語学ができる人こそが、海外でも能力を最大限に発揮できると思う。これはアスリート以外でも同じではないでしょうか。日本人の技術や能力は、海外でも十分通用するはずだと信じています。一人でも多くの人に、語学の壁を越えて、その可能性をぜひ試してほしいと思います。