名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大原光秦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大原光秦のプロフィール

大原光秦、おおはら・こうしん。日本の経営者。「ビスタワークス研究所」社長。関西大学法学部卒業後、トヨタビスタ高知(ネッツトヨタ南国)に入社。人財開発室室長などを経て、ビクターワークス研究所社長に就任。

大原光秦の名言 一覧

ノルマはムダの根源。ノルマの問題は、「他人に協力をしないこと」。今は市場が縮んでいる時ですから社員が一丸となって、しっかりとお客様の信頼を得なければ選んでもらえない。


マニュアルを用意していないのは、社員がその場その場で自分で考えてお客様に真摯に対応してほしいから。真正面から付き合わないと、信頼なんて生まれませんから。


マニュアルがないと当然うまくいかないことが増えますが、それでいいんです。「どうすればいいんだろう」と自分で考えて行動することが大事。悩んだり先輩に相談したりしていく中で人間性が磨かれます。結果として、仲間やお客様といい人間関係を築く力が養われ、成果にもつながっていきます。


ノルマがあると協力する気持ちは生まれない。担当営業マンが不在の時にサービスが行き届かないでは非効率。でも、ノルマがないとみんなが協力するため、いつ誰が接してもお客様は心地よい。だから来たくなるし、買いたくなるんです。


全員が協力し合うには、1人で飛び込み営業する販売スタイルではムリ。お客様が来たくなるショールームをみんなで追求してきました。クルマを置くより、くつろいで過ごせる空間を増やしたほうがいい。それもスタッフが繰り返し話し合って決めたことです。みんなで決めるからこそ、スタッフ自身が工夫を凝らし、少しずつ楽しい場になっていきます。ショールームではパーティーやイベントもよく開催します。


大原光秦の経歴・略歴

大原光秦、おおはら・こうしん。日本の経営者。「ビスタワークス研究所」社長。関西大学法学部卒業後、トヨタビスタ高知(ネッツトヨタ南国)に入社。人財開発室室長などを経て、ビクターワークス研究所社長に就任。

他の記事も読んでみる

臼井由妃

好感はメール一行で盛り上げることもできるし、落とすこともできる。


鈴木敏文

顧客はつねに100点満点のレベルを求めます。売り手側がそれを上回る120点の商品を出せば十分満足してもらえます。しかし、顧客の欲望はつねに増幅するため、求める100点満点のレベルは、次は売り手にとって120点の水準に上がります。そこで、140点の商品が提供されて満足するようになるのです。


ケリー・マクゴニガル

大事なのは、何かが起きた時に、「なぜ私にこんなことが起きたのか」と考えるのではなく、「何のために起きたのか」と考えるのです。「なぜ」ではなく「何のために」と考える。これこそが、「成長思考」です。逆境は起きてほしくないと思っても、実際には起きてしまっているわけですから、それをいったんは受け入れる。そしてその経験から、自分自身がより良好な状態になるためにどうしていくのか。あるいは、その自分の経験が、他人を助けるためにどう役立つか。そうやって考えていく方法です。


相澤賢二

上司が部下を気にかけ、「叱る」「褒める」の二つを適切に行っていれば、どんな会社でもお客様と末永い良好な関係を築く営業マンを育てることができると思います。


池森賢二

ガス会社を脱サラして始めた会社が倒産し、借金を返してファンケルを創業したのが42歳のときです。無添加の化粧品をつくろうと思ったのは、当時化粧品による皮膚トラブルが問題化していたからです。私の妻もある日、肌荒れやかぶれがひどくなり化粧ができなくなりました。何とかしてやりたい、というのが起業の動機でした。


鈴木喬(経営者)

心意気と算盤。私が常に意識してきた言葉です。経営者は常に、心意気と算盤の間で揺れ動いています。社長に心意気がないと、社員はついてきてくれません。経営者がぶれたらダメなんです。数字感覚を失ってしまっては立ち行かなくなりますが、かといって算盤勘定ばかりでは社員も私も精神的に参ってしまいます。バランスが重要です。


宮本亜門

一作ごとに命がけというか、いつも綱渡りですよ。念願のブロードウェイでのデビューも果たしましたが、まだまだでかい夢があります。


十倉雅和

化学産業の中で、規模のメリットが最も働くのは、石油化学や基礎化学といった「バルクケミカル」の分野です。そうした大量牛産による価格競争力がモノをいう「規模の戦い」に、売上高2兆円余りの当社が挑んでも勝てる見込みはありません。そこで我々は、資本力ではなく、「技術力」と「マーケティング力」で勝負できる分野に資金を集中的に投入することにしました。健康・農業関連事業、有機ELパネル素材などの情報電子化学事業、リチウムイオン電池用部材などのエネルギー・機能材料事業、医薬品事業の4つです。それぞれの領域の世界大手とも競争できる「勝てる土俵」を作ってきたわけです。それが徐々に実を結び、過去最高の営業利益を見込むところまで来ました。


柴山政行

数年前、私は「たい焼きが焼ける会計士」という風変わりな肩書を持っていた。会計士として独立すべく、5年間務めた監査法人を退職。しかし経営者の実体験を積まないままの独立には自分自身、万全ではないという思いがあった。帳簿を見て判断する会計士の仕事はできても、事業についての体系的な経験がないため、どこか腰が据わっていない。単なる帳簿屋にはなりたくないという思いが強かった。また、撤退の経験もしておきたかった。そこでたい焼き屋を開業した。


丸山茂樹(プロゴルファー)

あきらめなかったことが悪いのではなく、「あきらめずにやり続けるにはどうすればいいか」、客観的に考えるべきだった。


小飼弾

量が積み重なって質的な変化を起こす臨界点のことを、クリティカルマスと言います。たとえば、スポーツや楽器のクリティカルマスは1万時間だとよく言われます。最初は練習しても大して上達しないが、1万時間を突破すれば、突然技術が飛躍的に伸びるというわけです。1万時間というと、毎日三時間弱でも約10年かかります。


小笹芳央

「おまえ、いつも怒ってるみたいだけど職場に不満でもあるのか」。若手時代、先輩からそう言われて驚いたことがあります。私自身は自分を、職場では常に快活な男だと思っていた。でも、よくよく聞いてみると黙っている時の私の顔は、不機嫌そうに見えるようなのです。自分では一生懸命、考え事をしているだけだったので、ショックでした。それに、そう見えるとしたら顔立ちのせいでもあるので、マイナスのイメージを持たれてしまうことへの、理不尽な思いもありました。他人の目に映った「不機嫌そうな小笹」も、その人にとっての事実なのですから。そこで私が思ったのは、「たかが顔のことで、近寄りがたいイメージを持たれるのは損だ」ということでした。普段からにこやかな顔でいよう。そう思い、実行に移したことで「不機嫌そうなやつ」というイメージは、徐々に薄れていきました。