名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大北春男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大北春男のプロフィール

大北春男、おおきた・はるお。日本の経営者。アデランス創業者。東洋商業高等学校卒業。26歳でアデランスを創業。同社を大きく成長させた。

大北春男の名言 一覧

わが身を立てんとせば、まず人を立てよ。


大北春男の経歴・略歴

大北春男、おおきた・はるお。日本の経営者。アデランス創業者。東洋商業高等学校卒業。26歳でアデランスを創業。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

小林達夫(経営者)

当社の特徴を一言で言ったら真面目な仕事ぶりです。それは父の残した社風だと思います。父は常に「手抜きをしてはダメだ。準備を万端にし、後は状況判断を的確にすることが生き残りの道だ」と口酸っぱく言っていました。


藤沢武夫

ホンダはものをつくる会社なんです。ですから、どんなに儲かる話があっても、その話には乗らない。儲けるならみんなの働きで儲けるんだということを、ホンダの金科玉条にした。


栗山年弘

技術屋のモチベーションは、未開拓、未踏の分野へのチャレンジにあると思います。


田中通泰

ブランドを強くすることが企業の生き残る道。


近藤太香巳

形式的にこなすのではなく、しっかりと心を込めなければ、せっかくの行動も意味がない。


虚淵玄

「吸血鬼もの」と言ったときに営業さんが机に突っ伏したのを今でも覚えてます。当時、吸血鬼ものは売れないというジンクスがあったそうで。でも、まあ(前作が)当たったからやってみましょうと最終的に言われました。

【覚え書き|『吸血殲鬼ヴェドゴニア』について】


長谷川和廣

ビジネスは戦争だ。よく部下に対して言ってきた言葉です。だから、味方は多いほうがいい。しかし、そんな簡単なことにも気づかず、淡々と上司に命じられた仕事をこなしている人があまりにもたくさんいます。しかし、現代の日本ではほとんどの企業の経営者はダウンサイジングする機会をうかがっています。そして、味方がいない人、敵が多い人がまず先に、会社からはじき出される危険性があります。


山田洋次

喜劇の基本は王様や貴族、お金持ちがバナナの皮を踏んで滑るところにある。これがスラップスティック・コメディで、昔はね、威張っている人がぱっと転ぶとお客さんが笑った。でもね、落語のいいところは殿様も転ぶんだけれど、八っつぁん、熊さんが転ぶんだ。だから、おもしろいんだ。身近な笑いなんだ。落語の魅力はそこなんだよ。


藤田晋

答えが存在しないビジネスの世界では、ひとつずつコツコツ試していく方がむしろ効果的。


村井満

「相手の目を見て、その場で感じていることを伝え、本気でコミュニケーションする」。これだけで、相手の心に響く。


鈴木敏文

なぜ商品の絞り込みが大切かといえば、絞り込みによって商品のアピール力がまったく違ってくるからです。本来注目されるべき商品は10個置いたら10個売れるのに、3個ぐらいしか置かないと顧客は見落としていまい、あまり売れません。この商品はぜひ売っていこうと思ったら、しっかりフェース(陳列面)をとることでベストセラーにしていく。それが絞り込みです。


柳弘之

厳しい状況では、社員は「将来会社はどうなるだろう?」と不安を持ったと思います。そうした思いに応えて、会社の将来像を示すことができなければ経営者として失格。