名言DB

9429 人 / 110879 名言

大内厚の名言

twitter Facebook はてブ

大内厚のプロフィール

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

大内厚の名言 一覧

お客様と直接向き合うことで、先方の意向を誤解することなく取り入れることができるし、状況の変化にもすぐ対応できる。そして直接お会いすれば、会わないでいるよりも真意が通じやすい。


マナー教本の付け焼き刃のマナーではなく、もっと深いところから自然に出てくる振る舞いが、結局は相手に伝わる。


積極的に外へ出れば、受注に結びつく出会いもあるし、そうでなくても人脈の幅が広がる。そうした姿を見せることで、部下にはアクションを起こすことの大切さと、仕事のやり方に工夫を凝らすことの大切さを学んでもらった。


トラブルが発生したら、遠方であろうと昼夜を問わず現地へ駆けつけ、お客様の不安を取り除き、事態の改善に注力する。協力企業に対しては、やり直しの必要のないきっちりとした計画で指示を出す。様々な失敗の中から、こういった姿勢で取り組むことが信頼につながり、次の仕事につながっていくことを学びました。


古くから交流のある経営者が私を評価してくださるので、「なぜ気に入ってくれたのですか?」とうかがったことがあります。その答えは、何かの行事の後片付けの際、私が椅子を運んでいる姿に感銘を受けたというのです。会社での立場とは一切関係なく、私は手があいていたから何も考えずに手伝っただけです。しかし、そういう些細な行為をしっかりと見ている人がいて、評価してくれることがあるのです。


営業ではこんな工夫をしました。たとえば新規の投資を手控えているお客様には、予算範囲内の設備改善を行うことで年間のランニングコストが下がり、短い期間で投資回収ができるというプランを提案しました。新規プロジェクトの受注には至らなくても、客先の設備リニューアルのお手伝いをすることで、先方の利益になり、当社の業績にもつながるというやり方です。


副支店長として赴任した当時の大阪は、東京など国内の他都市と比べて経済環境が優れず、客先である企業の設備投資も活発ではありませんでした。そうした諸々の環境があるために、当時の大阪支店の営業部門には、諦めムードが漂っていました。しかし、状況はどうあれ、諦めるわけにはいきせん。赴任後すぐに、自らが範を示すつもりで積極的に外へ出ることにしました。


大内厚の経歴・略歴

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松井忠三

時代とのズレが生じてブランドが棄損され始めると、企業はブランドの本質と違うことに取り組み始めます。当社もコンセプトと違う色彩を入れたり、急速な拡大政策をとったりしていました。こういうことを始めると、ブランドの力はどんどん弱くなります。


松井利夫

社長がトイレ掃除をやらずして社員にやらせようとしても、それはうまくいきません。私自身、社長時代にトイレ掃除をしたし、いまもし私が社長であれば、社員が週1回だとしたら、役員には「週3回しろ」と指示しますね。トイレ掃除も、その奥にある意味を見つけることが大事なのです。ある銀行出身者が涙を流しながら、トイレ掃除がこんなに勉強になるとは思わなかったと私に語ったことがあります。銀行勤務のときは業者がしていたそうで、「いままで自分は人に掃除をしてもらいながら、こんなにありがたいものだと気づいていなかった。人のためにしている掃除だと実感した」と言っていました。


豊田圭一

受信したメールは、読む前に返信ボタンを押しています。「あとで返信しよう」と思っているうちにメールは溜まってしまうものです。するとますます面倒になったり、メールが埋もれてしまい、存在を忘れてしまったりします。そこで、すぐに返さざるを得ない状況をわざとつくるのです。受信したメールを次々に返していくときには、一人ずつ敵をやっつけて先に進んでいくゲームのような感覚も味わえます。


田中耕一郎

ウェブサイトはテレビCMと違い、流すだけで見てもらえるものではありません。だから消費者にとって「面白い」とか、「使える」といった目的になり得るかどうかが非常に大切です。消費者の目的に合うサイトをつくれば、その評判はネット上にあっという間に広まり、紹介され、使ってもらえます。24時間365日、全世界の人々から自社の広告が発信され続けることになります。これがテレビCMとは異なるウェブの面白いところでしょう。


又吉直樹

目の前のその人が好き・嫌いで立ち止まるのはもったいない。価値観が合わない。関係性を築きたくない。そうやって斜に構えていたら、チャンスを棒に振る。


野部剛

営業では相手に配慮しないでとる行動は、小さなことでも避けるべきです。たとえばホームページで資料請求をしてくれた相手に、郵送ではなくいきなり直接押し掛けるなどはNGです。相手の関心がまだ熟していない中、こちらの押しの強さだけが際立ってしまいます。


天野ひろゆき

コンビ結成以来のマネージャー、矢島さんの存在はとても大きいものでした。あるとき、水泳大会の仕事があったんです。ウドちゃんには個人の出演コーナーがあったのに、僕の役割は発泡スチロールの板をプールの中で支え、その上を芸能人が走るみたいな裏方の仕事ばかり。僕は自分の実力不足を棚に上げ、「僕はこんなことをやるためにお笑いの世界を目指したんじゃない!」と口走ってしまいました。それでも矢島さんは怒らず、「じゃあ、何がやりたいんだ?」と聞いてくれたんですね。「嫌なら売れろ!」と叱られても仕方ない状況で。その姿勢はずっと変わらず、コンビの方向性、仕事のこと、なんでも相談できる存在でした。


本田健

家庭は人生の基盤。ここが安定していないとビジネスにも影響が出てうまくいかなくなる。


亀山敬司

新しい事業を探してどんどん「変態」していけば、会社の寿命は延びます。俺が死んだあとDMMはたくあんを売っていてもロケットを売っていてもいいわけです。


野中正人

買い物が楽しいと思っていただけるお店になる。それがしまむらの目指すブランド化です。