名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大内厚の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大内厚のプロフィール

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

大内厚の名言 一覧

お客様と直接向き合うことで、先方の意向を誤解することなく取り入れることができるし、状況の変化にもすぐ対応できる。そして直接お会いすれば、会わないでいるよりも真意が通じやすい。


マナー教本の付け焼き刃のマナーではなく、もっと深いところから自然に出てくる振る舞いが、結局は相手に伝わる。


積極的に外へ出れば、受注に結びつく出会いもあるし、そうでなくても人脈の幅が広がる。そうした姿を見せることで、部下にはアクションを起こすことの大切さと、仕事のやり方に工夫を凝らすことの大切さを学んでもらった。


トラブルが発生したら、遠方であろうと昼夜を問わず現地へ駆けつけ、お客様の不安を取り除き、事態の改善に注力する。協力企業に対しては、やり直しの必要のないきっちりとした計画で指示を出す。様々な失敗の中から、こういった姿勢で取り組むことが信頼につながり、次の仕事につながっていくことを学びました。


古くから交流のある経営者が私を評価してくださるので、「なぜ気に入ってくれたのですか?」とうかがったことがあります。その答えは、何かの行事の後片付けの際、私が椅子を運んでいる姿に感銘を受けたというのです。会社での立場とは一切関係なく、私は手があいていたから何も考えずに手伝っただけです。しかし、そういう些細な行為をしっかりと見ている人がいて、評価してくれることがあるのです。


営業ではこんな工夫をしました。たとえば新規の投資を手控えているお客様には、予算範囲内の設備改善を行うことで年間のランニングコストが下がり、短い期間で投資回収ができるというプランを提案しました。新規プロジェクトの受注には至らなくても、客先の設備リニューアルのお手伝いをすることで、先方の利益になり、当社の業績にもつながるというやり方です。


副支店長として赴任した当時の大阪は、東京など国内の他都市と比べて経済環境が優れず、客先である企業の設備投資も活発ではありませんでした。そうした諸々の環境があるために、当時の大阪支店の営業部門には、諦めムードが漂っていました。しかし、状況はどうあれ、諦めるわけにはいきせん。赴任後すぐに、自らが範を示すつもりで積極的に外へ出ることにしました。


大内厚の経歴・略歴

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

田中雅子(経営学者)

上司の方々に念頭に置いていただきたいことは、自分の行動に自信が持てない若手初期のころは、周囲の期待や支援(フィード謙ハックやアドバイス、協力等)が、気づきや勇気をもたらし、それが理想的な行動に結びついていくという点です。


田島貴男

レナード・コーエンという人がいて、彼は82歳で亡くなったんだけど、その前月に新しいアルバムを出したんです。亡くなる直前まで曲を作っていた。憧れますね。デヴィッド・ボウイもそう。ボウイは自分が死んでいくことをアルバムにした。すごいです。


瀧本哲史

自分にしかできない付加価値の高い案件に集中し、誰がやっても大差ない仕事、ほかの人がやったほうがいい仕事は周囲に振る。こうしてチーム全体の効率を上げられる人が、生産性の高い人なのだ。こうした人は仕事を抱え込まないので、デスクワークも速く済ませているようにみえるだろう。


岡野原大輔

お客様から要望を伺った上でどのような技術を利用できるのかを考えて提供すると同時に、どういった製品を作ればこうした要望を広く解決できるかについて検討し開発を行います。研究していた時とは違って、問題設定や、課題の解決方法を考える上での自由度がとても大きいことが魅力的であり、楽しい。


山下哲生(経営者)

会社の成長と社会の幸せは一致しうる。


福沢諭吉

事を行うには、時機の善し悪しがあります。チャンスに恵まれなければ、どんなに有能な人でもその力を発揮することはできません。


嶋田毅

そもそもの根拠が、主張している人の勝手な思い込みや妄想、誰かから吹き込まれた間違った情報であったら、どれだけ論理展開がしっかりしていても結論がおかしくなってしまう。


蛭子能収

好きなことしなかったら、生きている意味なんてないじゃないですか。


山田昇(ヤマダ電機)

家電専門店としての究極のサービスは、住宅を丸ごと提供することだと常々思っていました。究極のサービスの実現に向けてチャンスだと思っています。
【覚書き|住宅市場に参入したときの発言】


西岡喬

原点となるのはお客様です。ものづくりの再生も、その原点に立ち返ることでしか成し遂げられません。


勝海舟

西郷は実に漠然たる男だった。この難局を俺の肩に投げかけておいて行ってしまった。「どうかよろしくお頼み申します。後の処理は勝さんが何とかなさるだろう」と言って、江戸を去ってしまった。この漠然たる「だろう」には俺も閉口した。実に閉口したよ。西郷の天分が極めて高い所以は、実にここにあるのだよ。【覚書き|大政奉還直後、幕府から新政府へ政治が引き継がれる途中、一時的に無政府状態になったときの話。西郷隆盛は旧幕派の海舟に事後処理を任せ薩摩へ帰った。信頼した人物に仕事を一任するという、西郷の仕事のやり方を良くあらわしたエピソード】


森川亮

一般的に、若いうちは給与が低く、貯めてもたかが知れていますから、(自己)投資した方がいい。お金よりも時間の方がずっと大事です。極端なことを言えば、お金はどうでもいい。なぜなら、お金を投資して「時間の価値」を高めることで「自分の価値」が上がれば、お金は後から必ずついてくるからです。例えば、ダラダラ残業するのをやめて、未来への目標のために英会話やプログラミングの勉強にお金を投資すると、「時間の価値」が高まり、「自分の価値」が高まっていきます。そうすれば、プロジェクトを任されたり、志望する会社に転職して能力を発揮しやすくなったりして、結果的に年収が上がる。