名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大内厚の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大内厚のプロフィール

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

大内厚の名言 一覧

お客様と直接向き合うことで、先方の意向を誤解することなく取り入れることができるし、状況の変化にもすぐ対応できる。そして直接お会いすれば、会わないでいるよりも真意が通じやすい。


マナー教本の付け焼き刃のマナーではなく、もっと深いところから自然に出てくる振る舞いが、結局は相手に伝わる。


積極的に外へ出れば、受注に結びつく出会いもあるし、そうでなくても人脈の幅が広がる。そうした姿を見せることで、部下にはアクションを起こすことの大切さと、仕事のやり方に工夫を凝らすことの大切さを学んでもらった。


トラブルが発生したら、遠方であろうと昼夜を問わず現地へ駆けつけ、お客様の不安を取り除き、事態の改善に注力する。協力企業に対しては、やり直しの必要のないきっちりとした計画で指示を出す。様々な失敗の中から、こういった姿勢で取り組むことが信頼につながり、次の仕事につながっていくことを学びました。


古くから交流のある経営者が私を評価してくださるので、「なぜ気に入ってくれたのですか?」とうかがったことがあります。その答えは、何かの行事の後片付けの際、私が椅子を運んでいる姿に感銘を受けたというのです。会社での立場とは一切関係なく、私は手があいていたから何も考えずに手伝っただけです。しかし、そういう些細な行為をしっかりと見ている人がいて、評価してくれることがあるのです。


営業ではこんな工夫をしました。たとえば新規の投資を手控えているお客様には、予算範囲内の設備改善を行うことで年間のランニングコストが下がり、短い期間で投資回収ができるというプランを提案しました。新規プロジェクトの受注には至らなくても、客先の設備リニューアルのお手伝いをすることで、先方の利益になり、当社の業績にもつながるというやり方です。


副支店長として赴任した当時の大阪は、東京など国内の他都市と比べて経済環境が優れず、客先である企業の設備投資も活発ではありませんでした。そうした諸々の環境があるために、当時の大阪支店の営業部門には、諦めムードが漂っていました。しかし、状況はどうあれ、諦めるわけにはいきせん。赴任後すぐに、自らが範を示すつもりで積極的に外へ出ることにしました。


大内厚の経歴・略歴

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

いぬかいはづき

英語は今や「身につけていて当然」の語学。他の人とキャリアの差をつけるにはプラスアルファの語学スキルが必要。アジア圏で通用する中国語の習得を目指すと心強い武器になるでしょう。


久瑠あさ美

私のクライアントの営業マンSさんは、新エリアに異動し、以前よりも成績に苦戦していました。私は彼との対話で「異動はマイナスではなく、ステップアップするためのチャンス」と意識に働きかけました。その結果、すぐに彼の接客のパフォーマンスは変わりました。それまでは目標の数字に縛られ、心をすり減らしながらの接客。そのため無意識のうちに、売れない営業マンを演じてしまっていたんです。しかし、ステップアップして売れている営業マンという未来のビジョンを持った。今度は自信のある営業マンを演じるようになったんです。


吉永賢一

新しいことを学ぶときは、同じテーマや領域の本を少なくとも5~6冊、できれば10冊程度まとめ買いすることをお勧めします。書籍代というコストはかさみますが、10冊買っても2万円程度です。1冊だけだと、その本が間違っているかもしれませんし、難しすぎて理解できなかったり、初歩的すぎて役に立たなかったりするかもしれません。1冊だけ買うよりも、コストに対するリターンは大きいはずです。


岡田充弘(経営者)

たとえばチームのバリュー(価値観)を「お客様へのホスピタリティ(おもてなし)」と定義したとします。しかし、「お客様には丁寧に接しましょう」といったところで、部下が何をどうすればよいのかは伝わりません。そこで、「相手の目を見て傾聴する」「会話の最後に、相手の言ったことを復唱して確認をとる」「その日のうちにお礼のメールを出す」など、部下に求める行動目標を具体的に書きだし、文章化して示すことが必要になります。


後田良輔

社会人として先を行く者の役割は、次の走者に自分が持つ知恵のエッセンスを渡すこと。次代を担う存在を育てることです。


吉越浩一郎

会社に経営理念はいらない。こう述べると顔をしかめる経営者は多いが、私はあえてそう明言しています。とくに日本の会社は、経営者が自分で考えたものではなく、何かの本を読んで拾ってきたような言葉を理念として掲げている場合が多い。学校の作文の宿題ではあるまいし、私に言わせれば、そんな理念はもう最初から落第です。会社において肝心なことは、作文の出来不出来ではない。現に行われている経営の出来不出来が問題なのです。


陰山英男

ゼネラリストを突き詰めると、スペシャリストにもなれる。


土井香苗

日本の人権外交を変える活動をしています。日本は潜在的な外交力を持っているのに、とくに人権はほとんど何も主張していません。そこを変えてほしいと政府に働きかけています。日本はさまざまな国に経済支援をしているので、たとえば、「自国民を殺すような政府にはODAは出せない」と言えばいいんです。これは非常に大きな圧力になる。でも、最大4万人の市民が殺されたというスリランカの虐殺において、国際調査さえ求めないなど、いまはそこまでいっていません。


佐藤優

40代でやっておくべきこと。それは健康管理です。周りを見ていると50歳を過ぎると急速に体調が悪くなる。なかでも歯の健康。虫歯や歯周病は放って置いても絶対に良くならない。60歳になってから治療すると大変です。40代、50代でしっかりケアしておけば、60代ではそれほどひどくなりません。おすすめするのは3か月に一度くらい、医者に行って歯石を取ってもらうこと。歯を健康に保つということが、トータルな健康管理においても、余計な治療費を取られないという意味でも大切です。


矢野博丈

私は、会社というものは、いつかは駄目になるものと考えています。だからしばらく前までは、入社式で新入社員に「大創産業はあと5年でつぶれます」とスピーチしていました。もちろん、意図的に倒産させるつもりはありませんが、本気でそう思っていました。


鎌田浩毅

大きな企画を立ち上げる時は、ゼロから仕組みを作るため多大な労力を伴います。でも、いったんその仕事が成功すれば、同じ仕組みや同じメンバーで次の仕事をしやすくなる。私はこれを「仕事のシリーズ化」と呼んでいるのですが、最小限の労力でアウトプットできるようになるので非常に効率的です。


谷所健一郎

面接でいくらお客様扱いしても、内定後に釣った魚に餌をやらないような態度では、騙されたと感じてしまいます。新しい環境では、誰でもストレスを感じやすいものです。すぐに言い訳をつくって「ここは思っていたような会社じゃない」と結論付け、早々に辞めてしまいます。採用担当者はそんな応募者のハートを動かすことに専念し続けなければいけません。いい人が来ないと嘆く人は、往々にして応募者側の心理を理解していないのです。