名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大内厚の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大内厚のプロフィール

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

大内厚の名言 一覧

お客様と直接向き合うことで、先方の意向を誤解することなく取り入れることができるし、状況の変化にもすぐ対応できる。そして直接お会いすれば、会わないでいるよりも真意が通じやすい。


マナー教本の付け焼き刃のマナーではなく、もっと深いところから自然に出てくる振る舞いが、結局は相手に伝わる。


積極的に外へ出れば、受注に結びつく出会いもあるし、そうでなくても人脈の幅が広がる。そうした姿を見せることで、部下にはアクションを起こすことの大切さと、仕事のやり方に工夫を凝らすことの大切さを学んでもらった。


トラブルが発生したら、遠方であろうと昼夜を問わず現地へ駆けつけ、お客様の不安を取り除き、事態の改善に注力する。協力企業に対しては、やり直しの必要のないきっちりとした計画で指示を出す。様々な失敗の中から、こういった姿勢で取り組むことが信頼につながり、次の仕事につながっていくことを学びました。


古くから交流のある経営者が私を評価してくださるので、「なぜ気に入ってくれたのですか?」とうかがったことがあります。その答えは、何かの行事の後片付けの際、私が椅子を運んでいる姿に感銘を受けたというのです。会社での立場とは一切関係なく、私は手があいていたから何も考えずに手伝っただけです。しかし、そういう些細な行為をしっかりと見ている人がいて、評価してくれることがあるのです。


営業ではこんな工夫をしました。たとえば新規の投資を手控えているお客様には、予算範囲内の設備改善を行うことで年間のランニングコストが下がり、短い期間で投資回収ができるというプランを提案しました。新規プロジェクトの受注には至らなくても、客先の設備リニューアルのお手伝いをすることで、先方の利益になり、当社の業績にもつながるというやり方です。


副支店長として赴任した当時の大阪は、東京など国内の他都市と比べて経済環境が優れず、客先である企業の設備投資も活発ではありませんでした。そうした諸々の環境があるために、当時の大阪支店の営業部門には、諦めムードが漂っていました。しかし、状況はどうあれ、諦めるわけにはいきせん。赴任後すぐに、自らが範を示すつもりで積極的に外へ出ることにしました。


大内厚の経歴・略歴

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

柴田ヨクサル

3人がアイドルを目指し挫折しながらも一生懸命頑張る、というのが基本の筋ではあるんですが、それをそのまま描いたら予定調和になってしまう。だから『プリマックス』はものすごく蛇行するんです。自分でもどうなるのか予想できない時があって。2巻に、ツバメ(登場人物)が突然観客に殴り掛かるシーンがあるんです。せっかく自分たちの踊りを見て盛り上がってくれているのに。読者もこんな展開、嬉しくないよなって思うんですけど、なぜか描いてしまう。「俺の好きなパターンじゃない」って離れていく読者もいると思います。でも「今まで見たことないものを見せます!」と思って描いているので……ファールになったとしても、ホームラン目指してブンブン大振りしていきます(笑)。


植木義晴

我々が正しいと思っていたことも、実は古い慣習にとらわれた時代遅れの考えだったと気づかされたこともたくさんありました。


長尾裕

大事なことは、きちんとビジネスになっていないと続けられないということ。これがCSV(共有価値の創造)の本来の目指すべき姿。


村田昭治

何か潔い、清らかな夢をもつことをやめたとき、人の青春は終わる。


金澤悦子

実は勉強会も、学習目的から派生して人脈が広がりやすい。数か月の間、同じ空間で勉学に励んでいると、同じ釜の飯を食べたという同志の感覚が湧いて、同級生として長くつきあえる。そうした勉強会の条件は、ある程度まとまった金額を支払い、ゴールの設定が明確で、本気度が高いこと。少ない金額で一度だけ開催されるようなセミナーは、ハードルが低い分、やはりハイエナの群れになりやすい。


伊坂幸太郎

僕は新作の度に試行錯誤をしているんですけど、その末にゴールがあるとも思われている節もあって。いつか伊坂幸太郎にとっての完全な小説ができるんだろうと思われると、けっこうつらい。毎回、今度は赤色で塗ってみよう、次はこういうふうに切ってみよう、と。その試行錯誤自体が、僕の仕事であり、作品で、小説を書く喜びでもあるから。その末になにか大きな到達点があると思われてしまうと、申し訳ない気がしてしまいます。


ニエンハ・シェ

思考のフレームワークを構築するためには、多くのビジネスの事例に触れることが欠かせない。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

個人的なアドバイザーのような資格であればあるほど、自分と共通点や接点のある人に親和性を感じるという心理法則を利用しましょう。フェイスブックなどを使って、自分のプロフィールや趣味など個人的な情報を積極的に公開するのです。「出身校が一緒だし、趣味も似ている」というだけで、仕事の依頼が舞い込みやすくなります。地道なクチコミも大切ですが、いまの時代はネットの使い方が集客の成否を分けますから、そこに力を入れましょう。


橋本雅博

売上競争やシェア争いで勝つことは、お客様とマーケットに向き合うこととは違います。そんな、全く関係のないことに力を注ぐから足を踏み外すのです。


似鳥昭雄

大事なことはロマンとビジョン。便利な生活のために働くという志を持てば、どこに行っても通用します。


橋田壽賀子

ドラマを書くのに苦しいと思ったことはありません。自分の好きなことを書かせてもらったし、自分が秀吉になったり、ねねになったり、この時代にこんなことが言えたら楽しいなと思って書いてるから楽しいんです。のんきな性格なのと、一流になろうと思ったことがないから。一流はしんどいから大嫌い。


吉越浩一郎

大きな志を持ち、それを周りと共有すれば、人の目などあまり気にならなくなるもの。ぜひチームで、大きな志を共有してみましょう。