名言DB

9412 人 / 110637 名言

大内厚の名言

twitter Facebook はてブ

大内厚のプロフィール

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

大内厚の名言 一覧

お客様と直接向き合うことで、先方の意向を誤解することなく取り入れることができるし、状況の変化にもすぐ対応できる。そして直接お会いすれば、会わないでいるよりも真意が通じやすい。


マナー教本の付け焼き刃のマナーではなく、もっと深いところから自然に出てくる振る舞いが、結局は相手に伝わる。


積極的に外へ出れば、受注に結びつく出会いもあるし、そうでなくても人脈の幅が広がる。そうした姿を見せることで、部下にはアクションを起こすことの大切さと、仕事のやり方に工夫を凝らすことの大切さを学んでもらった。


トラブルが発生したら、遠方であろうと昼夜を問わず現地へ駆けつけ、お客様の不安を取り除き、事態の改善に注力する。協力企業に対しては、やり直しの必要のないきっちりとした計画で指示を出す。様々な失敗の中から、こういった姿勢で取り組むことが信頼につながり、次の仕事につながっていくことを学びました。


古くから交流のある経営者が私を評価してくださるので、「なぜ気に入ってくれたのですか?」とうかがったことがあります。その答えは、何かの行事の後片付けの際、私が椅子を運んでいる姿に感銘を受けたというのです。会社での立場とは一切関係なく、私は手があいていたから何も考えずに手伝っただけです。しかし、そういう些細な行為をしっかりと見ている人がいて、評価してくれることがあるのです。


営業ではこんな工夫をしました。たとえば新規の投資を手控えているお客様には、予算範囲内の設備改善を行うことで年間のランニングコストが下がり、短い期間で投資回収ができるというプランを提案しました。新規プロジェクトの受注には至らなくても、客先の設備リニューアルのお手伝いをすることで、先方の利益になり、当社の業績にもつながるというやり方です。


副支店長として赴任した当時の大阪は、東京など国内の他都市と比べて経済環境が優れず、客先である企業の設備投資も活発ではありませんでした。そうした諸々の環境があるために、当時の大阪支店の営業部門には、諦めムードが漂っていました。しかし、状況はどうあれ、諦めるわけにはいきせん。赴任後すぐに、自らが範を示すつもりで積極的に外へ出ることにしました。


大内厚の経歴・略歴

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

野村克也

運は、すべて「準備を怠らなかった」から引き寄せられたとも思っている。いつかチャンスが来るから、と信じて練習を続けたからな。準備さえできていれば、突然、目の前に現れるチャンスを逃がさずつかめる。努力なき者はこれができない。それこそが幸運・不運を分ける正体じゃないかな。


瀬戸欣哉

現時点で経営者としての能力を比べると自分の方が圧倒的に高いし、10年後も抜かれない自信がある。だが、20年後のモノタロウを考えると、今、交代した方がいい。
【覚え書き|モノタロウの社長から退いたときの発言】


新宅祐太郎

以前、米国のマイクロベンションという会社を買収して、研究開発における日米のスピードの違いに非常に驚きました。マイクロベンションを買収した後、私は同社とテルモ側がそれぞれ得意な技術を使い、共同してやれば、開発を加速できると考えました。しかし、やってみると、テルモ側のプロジェクトが遅延することが目立つようになりました。仕方ありません。思い切ってマイクロベンションに開発をすべて任せてみると、次々とうまくいきます。買収相手側の良さを認めるというのは、やはり大事なことですね。本当にそう思いました。


原田純子(経営者)

あくまで全て自然体で無理をせず、呑気にやっていこうと思っています。


島田裕巳

しきたりに伝統的なものなどなく、そう思い込まされているだけ。生活にそぐわないものは廃れ、新しいしきたりができていく。


福井威夫

安易な間違いはしないよう厳しく伝えてはいますが、必死に考えてもどうしようもない間違いはある。だから、思い切ってやってほしい。お客様に迷惑をかけなければ、会社に多少の損害があっても、それは将来のための投資だと思っています。


石川直樹

あらかじめ持っている先入観や情報を全部捨てて、正面からその対象に向き合うことが大切です。


大野暉

以前は自分中心でした。でも、会社を成長させるには自分だけではダメで、メンバーの力をグッと引き出さなくてはいけないということを学びました。


小松政夫

片手間に働きながら自分が好きなことを成し遂げるなんて絶対にできない。その場から片時も離れずアンテナを張り巡らして、チャンスをつかむ。あらゆることで身を立てるには、それくらいのめり込みが欠かせない。


松井忠三

人員削減をして何の問題も発生していない。というのはこれまで3から4時間でやれる仕事を微に入り細をうがち、8時間でやっていたからです。


瀬戸雄三

私が駆け出しのころ、営業の会議中に当社の初代社長だった山本為三郎さんがふらりと入ってきたことがありました。当時の山本さんも第一線の現場の声を直接聞きたかったのでしょう。


湯浅和夫

経営者に考えて欲しいのは、貸借対照表の棚卸資産(在庫)を削減すれば、投下資本の効率化につながるというメリット。また損益計算書の観点からも、無駄な供給をなくせば販売管理費の圧縮になり、利益は増大するということです。


鈴木修

皆の話を聞いていたら、動きが鈍くなって仕方がない。時代の流れを見極め、機敏な対応で生き残るしかない。大事なのは、独りよがりの経営にならないよう、社内外の情報がきちんと集まってくる仕組みをつくることだ。


酒井英之

ただ「力を貸してください」だけでは難しい。それをすることが会社にとってどんな風にためになるのか、相手にビジョンをきちんと語れる力、相手を巻き込む情熱が大切。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

お金の使い方を知らずに貯めるだけでは、心はどんどん貧しくなる。