大内厚の名言

大内厚のプロフィール

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

大内厚の名言 一覧

お客様と直接向き合うことで、先方の意向を誤解することなく取り入れることができるし、状況の変化にもすぐ対応できる。そして直接お会いすれば、会わないでいるよりも真意が通じやすい。

大内厚の名言|直接お会いすれば、会わないでいるよりも真意が通じやすい

マナー教本の付け焼き刃のマナーではなく、もっと深いところから自然に出てくる振る舞いが、結局は相手に伝わる。

大内厚の名言|深いところから自然に出てくる振る舞いが、結局は相手に伝わる

積極的に外へ出れば、受注に結びつく出会いもあるし、そうでなくても人脈の幅が広がる。そうした姿を見せることで、部下にはアクションを起こすことの大切さと、仕事のやり方に工夫を凝らすことの大切さを学んでもらった。

大内厚の名言|積極的に行動する姿を部下に見せる

トラブルが発生したら、遠方であろうと昼夜を問わず現地へ駆けつけ、お客様の不安を取り除き、事態の改善に注力する。協力企業に対しては、やり直しの必要のないきっちりとした計画で指示を出す。様々な失敗の中から、こういった姿勢で取り組むことが信頼につながり、次の仕事につながっていくことを学びました。

大内厚の名言|失敗の中から学ぶ

営業ではこんな工夫をしました。たとえば新規の投資を手控えているお客様には、予算範囲内の設備改善を行うことで年間のランニングコストが下がり、短い期間で投資回収ができるというプランを提案しました。新規プロジェクトの受注には至らなくても、客先の設備リニューアルのお手伝いをすることで、先方の利益になり、当社の業績にもつながるというやり方です。

大内厚の名言|客先の設備リニューアルのお手伝いをすることで、先方の利益になり、当社の業績にもつながる

古くから交流のある経営者が私を評価してくださるので、「なぜ気に入ってくれたのですか?」とうかがったことがあります。その答えは、何かの行事の後片付けの際、私が椅子を運んでいる姿に感銘を受けたというのです。会社での立場とは一切関係なく、私は手があいていたから何も考えずに手伝っただけです。しかし、そういう些細な行為をしっかりと見ている人がいて、評価してくれることがあるのです。

大内厚の名言|些細な行為をしっかりと見ている人がいて、評価してくれることがある

副支店長として赴任した当時の大阪は、東京など国内の他都市と比べて経済環境が優れず、客先である企業の設備投資も活発ではありませんでした。そうした諸々の環境があるために、当時の大阪支店の営業部門には、諦めムードが漂っていました。しかし、状況はどうあれ、諦めるわけにはいきせん。赴任後すぐに、自らが範を示すつもりで積極的に外へ出ることにしました。

大内厚の名言|赴任後すぐに、自らが範を示すつもりで積極的に外へ出た

大内厚の経歴・略歴

大内厚、おおうち・あつし。日本の経営者。「高砂熱学工業」社長・会長。茨城県出身。東北大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。高砂熱学工業に入社。東京本店技術1部長、東京本店副本店長、大阪支店副支店長、執行役員、取締役常務執行役員大阪支店長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ