名言DB

9419 人 / 110788 名言

大儀見浩介の名言

twitter Facebook はてブ

大儀見浩介のプロフィール

大儀見浩介、おおぎみ・こうすけ。日本のメンタルトレーニングコーチ。「メンタリスタ」社長。静岡県出身。東海大学卒業。メンタリスタを設立。様々な分野でメンタルトレーニングを指導した。

大儀見浩介の名言 一覧

仕事のモチベーションを高めるには、叶えたい目標を明確にし、そこに近づくための道のりを具体的に考えるのが効果的。


目標をどう捉えるかで、成長、やる気、パフォーマンスが大きく変わる。


自らの目標と近づくプランを考えて内発的動機を高めることが重要。すると、仕事が楽しい、事業を良くしたいなどのモチベーションが自然に生まれ、継続的な努力が可能になる。


やる気とは最終目標に向かってプランを立て、具体的なプロセスをつくることで、湧き上がってくる「いけそうだ」「できそうだ」という気持ちのこと。


あまりに高い目標を立てると、実現の可能性が低くやる気は出ません。一方、現状維持や目標のない状態では内発的動機が湧かないのです。最もやる気を引き出せる「現状より10%高い目標」を立て、ビジネス力を伸ばしましょう。


目標に至るまでの道のりを、1年、半年、3ヶ月、1ヶ月と細かく分けて具体化する。そうすることで、「いま何をやればいいのか」がハッキリわかり、それに向けて努力しようとする気持ちが強まる。


夢を実現する過程が明確化すると、自然と「やれそうだな」という気持ちになります。これは心理学用語で「内発的動機」と呼ばれ、人に強制される「外発的動機」より練習の効果を高めることが分かっています。


上司には部下との信頼関係を構築し、失敗や成功を受け止める環境づくりが求められる。一番ダメなのは、選手や部下がミスを隠そうとしたり、失敗をとりつくろおうとするような環境です。失敗に気づき、経験、成長、進化のきっかけと捉えると、ミスを次に生かしていけます。こうしたミスを受け止められる環境づくりが、職場の上司の重要な役割なのです。


外発的動機付けはよくないとされてきましたが、最近の「自己決定理論」という新しい考え方では、内発的動機付けと外発的動機付けの両方を組み合わせています。初めはムリヤリでも嫌々でも構わないのでやり始め、その状態から徐々に内発的動機付けに変えていくものです。


孤独感を解消するためにお勧めしたいのが、自分の仕事のペースや、ビジネスのフォーム(=進め方)を確立すること。例えば、マラソンは孤独なスポーツですが、自分のペースとフォームをきちんとつかんでいる選手ほど、「自分で決め、そのやり方で実行することの楽しさ」を知っています。そして、やりがいが孤独感を上回るため、孤独感に負けることなく練習に取り組むことができるのです。


大儀見浩介の経歴・略歴

大儀見浩介、おおぎみ・こうすけ。日本のメンタルトレーニングコーチ。「メンタリスタ」社長。静岡県出身。東海大学卒業。メンタリスタを設立。様々な分野でメンタルトレーニングを指導した。

他の記事も読んでみる

藤沢久美

自分はリーダーに向いていないと感じる内向的な人ほどリーダーに向いている。


立花陽三

選手、球団職員、ファンがお互いに尊敬し合い、本気で挑めば絶対に勝てる。


近藤太香巳

ユーザーにとって、クライアントにとって理想的な形は何なのかということを徹底的に研究、科学してきた。


野口孝広

社内と社外で使う言葉を同じにすることが大切です。仕事やお客様に対する姿勢は会話の中の「言葉」に現われます。どんなスタンスで仕事をしているかということが、言葉ひとつににじみ出てしまう。


松尾スズキ

僕にとっての仕事の動機というのは、笑わせたいというだけだと思う。ベタな笑いもわかりにくい笑いも時事ネタも、どこから来るのかわからないのが好きなんです。不幸もコメディに見えますし。不幸を嘆くだけでは退屈だから笑いとして光を当て、つらいことにリアリティを見つける。僕は自分のことをそういうコメディアンと捉えているので、仕事のひとつひとつの要素だけで判断をされたくはないんですよね。笑いは、世界の多重性の中に、いくらでも見つかるものですから。


横河正三

そんなに今の仕事に力を入れたいのなら、君が社長になったときにやればいい。でも、私が社長のうちは今のままでいく。


前田新造

BC(美容部員)は、一人一日数十名のお客様を接客しているわけですから、年間で見れば何千名、何万名というお客様に接しているわけです。彼女たちは誰よりもお客様が求めているものを肌で感じ取っています。この宝の山を掘り起こし、商品開発や販売促進、広告宣伝といった具体的な施策として実現することが私たちの仕事です。


和田裕美

メールを書くときに大切なのは、ポジション・ライティング。自分と相手の立ち位置を考えてから打ち始めることです。自分自身の立ち位置を考えて、お客さまや上司、同僚の立場を上げる書き方をする。これをすることで非常識な文面で相手をムッとさせることはなくなります。


原田曜平

若い世代に対して、企業の経営者や上司はどう接したらよいのでしょうか。基本的に私は、若者たちに歩み寄ること、場合によっては迎合することも必要だと考えています。現実的に考えると、経営者側が若者に歩み寄るしかないと思います。そうしないと、「人手不足倒産」も起こりかねない。資金繰りも事業自体も順調なのに、従業員が足りなくなるために倒産する事態が、今とても増えています。経営者としては当然、絶対に避けたい事態です。であるなら、若者の考えや特徴を理解するよう努めて、時にはある意味で「迎合する」ことも求められているといえます。


谷所健一郎

何を優先に転職先を決めるかなどを考えて転職活動に取り組めば、生き生きと働ける職場に出合いやすくなる。