名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大儀見浩介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大儀見浩介のプロフィール

大儀見浩介、おおぎみ・こうすけ。日本のメンタルトレーニングコーチ。「メンタリスタ」社長。静岡県出身。東海大学卒業。メンタリスタを設立。様々な分野でメンタルトレーニングを指導した。

大儀見浩介の名言 一覧

仕事のモチベーションを高めるには、叶えたい目標を明確にし、そこに近づくための道のりを具体的に考えるのが効果的。


目標をどう捉えるかで、成長、やる気、パフォーマンスが大きく変わる。


自らの目標と近づくプランを考えて内発的動機を高めることが重要。すると、仕事が楽しい、事業を良くしたいなどのモチベーションが自然に生まれ、継続的な努力が可能になる。


やる気とは最終目標に向かってプランを立て、具体的なプロセスをつくることで、湧き上がってくる「いけそうだ」「できそうだ」という気持ちのこと。


あまりに高い目標を立てると、実現の可能性が低くやる気は出ません。一方、現状維持や目標のない状態では内発的動機が湧かないのです。最もやる気を引き出せる「現状より10%高い目標」を立て、ビジネス力を伸ばしましょう。


目標に至るまでの道のりを、1年、半年、3ヶ月、1ヶ月と細かく分けて具体化する。そうすることで、「いま何をやればいいのか」がハッキリわかり、それに向けて努力しようとする気持ちが強まる。


夢を実現する過程が明確化すると、自然と「やれそうだな」という気持ちになります。これは心理学用語で「内発的動機」と呼ばれ、人に強制される「外発的動機」より練習の効果を高めることが分かっています。


上司には部下との信頼関係を構築し、失敗や成功を受け止める環境づくりが求められる。一番ダメなのは、選手や部下がミスを隠そうとしたり、失敗をとりつくろおうとするような環境です。失敗に気づき、経験、成長、進化のきっかけと捉えると、ミスを次に生かしていけます。こうしたミスを受け止められる環境づくりが、職場の上司の重要な役割なのです。


外発的動機付けはよくないとされてきましたが、最近の「自己決定理論」という新しい考え方では、内発的動機付けと外発的動機付けの両方を組み合わせています。初めはムリヤリでも嫌々でも構わないのでやり始め、その状態から徐々に内発的動機付けに変えていくものです。


孤独感を解消するためにお勧めしたいのが、自分の仕事のペースや、ビジネスのフォーム(=進め方)を確立すること。例えば、マラソンは孤独なスポーツですが、自分のペースとフォームをきちんとつかんでいる選手ほど、「自分で決め、そのやり方で実行することの楽しさ」を知っています。そして、やりがいが孤独感を上回るため、孤独感に負けることなく練習に取り組むことができるのです。


大儀見浩介の経歴・略歴

大儀見浩介、おおぎみ・こうすけ。日本のメンタルトレーニングコーチ。「メンタリスタ」社長。静岡県出身。東海大学卒業。メンタリスタを設立。様々な分野でメンタルトレーニングを指導した。

他の記事も読んでみる

牛島信

リーダーは黙っていても行動する。そのリーダーが行動してかそこから多くのフォロワーが生きていく意義を見つけることができる。


泉谷直木

報・連・相をはじめとする上司と部下のコミュニケーションは信頼関係があって初めて成り立つもの。


宇野康秀

世の中に対する新しい価値をつくっていかなければ、企業の存在意義もなければ、自分の存在意義もない。


松井忠三

人は何に適性があるか分からないものです。たまたま入ったのが人事でも、宣伝、販促を任せてみたら適性があるかもしれない。狭い範囲に閉じこもって自分の可能性を摘んではいけません。


小杉友巳

いささか厳しい言い方になりますが、平等を求める人というのは自分からは何もせずにただ与えられるのを待つ姿勢にあるように感じます。学生のうちであればそれでもいいと思います。学校はある意味では学生からお金をもらっているサービス業なので、手取り足取り教育してくれるでしょうし、実際に若いうちは何をしていいのかわからないものでしょう。しかし、社会人になっても同じ態度でいるのはどうでしょうか。社会人は会社からお金をもらっているのです。何もしないでただお金をもらう、というのでは虫がよすぎます。


後藤忠治

五輪に出場できなかった選手は強いですよ。選考にもれた日も練習を続けますから。苦しさを乗り越えた選手は、その後の人生も自分で道を切り開く力が備わっているのです。


柴田励司

目標設定する際に気をつけなくてはならないのは、目標が最終的な目的にすり替わらないようにすることです。「売上を2倍にする」「年収を2000万円にする」といった目標の背景には、「それで○○したい」という本来の目的があるはずですが、そこが抜け落ちて「とにかく年収を2000万円にする」という話になると、本来の趣旨からズレてしまいます。


盛田正明

唯一言えることは、海外に住む経験が必ずプラスになるということです。つらい目にも遭いながらも、その環境を楽しめるようになって初めて、世界の舞台で100%実力を発揮できる。しかし、日本に閉じこもっていてはその経験はできません。


富山忠一

見る人が限られる実店舗には、安くしてでも売りたい商品がある。でもネット市場には、定価やプレミア価格でもいいからそれをネットで便利に買いたい人がいる。その差額が利益になります。いわばネット転売の利益は、実店舗の商品をネット市場に移す作業分の、手数料のようなものなんです。


成毛眞

5年後10年後に自分はこうしたいと願っても、世の中は激しく変わる。予想もしない出来事が起こることは十分にありえます。それなのに過去に立てた目標にとらわれていれば、時代遅れの人間になるだけ。


小山田浩定

「自らに恥じない」とは結局、正しいことを踏み行おうとしているかどうかかもしれません。そうしていれば、必ずお客様のためになり、周りのためになります。それは、結果的にですが、自分のためにもなっていくのです。


森下篤史

ベンチャー企業とは単純で馬鹿っぽく行動派が失敗し続ける企業の事を言う。滅多に成功はしないがそれでもトライしたくなるというエネルギーを持っている会社とその人たちを言う。