大儀見浩介の名言

大儀見浩介のプロフィール

大儀見浩介、おおぎみ・こうすけ。日本のメンタルトレーニングコーチ。「メンタリスタ」社長。静岡県出身。東海大学卒業。メンタリスタを設立。様々な分野でメンタルトレーニングを指導した。

大儀見浩介の名言 一覧

仕事のモチベーションを高めるには、叶えたい目標を明確にし、そこに近づくための道のりを具体的に考えるのが効果的。


目標をどう捉えるかで、成長、やる気、パフォーマンスが大きく変わる。


自らの目標と近づくプランを考えて内発的動機を高めることが重要。すると、仕事が楽しい、事業を良くしたいなどのモチベーションが自然に生まれ、継続的な努力が可能になる。


やる気とは最終目標に向かってプランを立て、具体的なプロセスをつくることで、湧き上がってくる「いけそうだ」「できそうだ」という気持ちのこと。


あまりに高い目標を立てると、実現の可能性が低くやる気は出ません。一方、現状維持や目標のない状態では内発的動機が湧かないのです。最もやる気を引き出せる「現状より10%高い目標」を立て、ビジネス力を伸ばしましょう。


目標に至るまでの道のりを、1年、半年、3ヶ月、1ヶ月と細かく分けて具体化する。そうすることで、「いま何をやればいいのか」がハッキリわかり、それに向けて努力しようとする気持ちが強まる。


夢を実現する過程が明確化すると、自然と「やれそうだな」という気持ちになります。これは心理学用語で「内発的動機」と呼ばれ、人に強制される「外発的動機」より練習の効果を高めることが分かっています。


上司には部下との信頼関係を構築し、失敗や成功を受け止める環境づくりが求められる。一番ダメなのは、選手や部下がミスを隠そうとしたり、失敗をとりつくろおうとするような環境です。失敗に気づき、経験、成長、進化のきっかけと捉えると、ミスを次に生かしていけます。こうしたミスを受け止められる環境づくりが、職場の上司の重要な役割なのです。


外発的動機付けはよくないとされてきましたが、最近の「自己決定理論」という新しい考え方では、内発的動機付けと外発的動機付けの両方を組み合わせています。初めはムリヤリでも嫌々でも構わないのでやり始め、その状態から徐々に内発的動機付けに変えていくものです。


孤独感を解消するためにお勧めしたいのが、自分の仕事のペースや、ビジネスのフォーム(=進め方)を確立すること。例えば、マラソンは孤独なスポーツですが、自分のペースとフォームをきちんとつかんでいる選手ほど、「自分で決め、そのやり方で実行することの楽しさ」を知っています。そして、やりがいが孤独感を上回るため、孤独感に負けることなく練習に取り組むことができるのです。


大儀見浩介の経歴・略歴

大儀見浩介、おおぎみ・こうすけ。日本のメンタルトレーニングコーチ。「メンタリスタ」社長。静岡県出身。東海大学卒業。メンタリスタを設立。様々な分野でメンタルトレーニングを指導した。

他の記事も読んでみる

増田宗昭

あまり目立つところでやると真似されてしまう。話題になって大きな資本の企業が入ってきたら、お金がまったくないので、競争に勝てない。だから蔦屋書店一号店は目立たない場所ではじめたんです。


岩崎夏海

もし自分の企画に絶対の自信があり、どうしてもそれを通したいのであれば、万全の準備を整えたうえで向こうから依頼されるのを待ちましょう。私は30歳のとき、自分の小説を本にできないかと出版社をさんざん回ったあげく、すべて断られた経験があります。そのときわかったのは、「向こうから依頼されないとダメだ」ということです。だから『もしドラ』の企画は、自分のブログに書いて、出版社から声がかかるのを待ちました。


江上治

強力なライバルがいたら、その人のプロフィールを徹底的に調べ、彼の強みと全く違うことで、勝つ方法を考える必要がある。


御手洗冨士夫

人生100年と言われる時代です。したがって、職業人生の中で複数の専門性を持つべきですし、それを推進しようと考えています。今、本社内でソフトウエアの技術者を育成しようというプロジェクトを進めており、そのための場所を構築しています。もう一つは、生産設備を担当する技術者の育成を進めています。


堀場雅夫

人間が本当にパニックに陥る状況は2つしかありません。ひとつは食べるものがないとき。もうひとつは命の危険にさらされるときです。靴下が破れていたってパニックにならないでしょう。


佐藤天彦

将棋では指し手が悪いと劣勢になりますが、それ以上に危険なのがその一手を後悔する感情が湧き起こり、集中力やモチベーションが下がることです。そういうときに決定的なミスを犯し、負けに直結するケースが多い。


古森重隆

我々は今日、怒涛のように流れ込む情報の渦の中に生きている。押し寄せる情報をまともに取り込もうとしていたら、意思決定など創造的な仕事をする時間を失ってしまう。大切なのは、膨大な情報の海からキラリと輝くものをいかに見いだすか。


太田彩子

イライラの原因を整理するために、紙に書き出して可視化してみるのも良い方法です。イライラしたときには、気持ちを上手に切り替えて発散することも大切ですが、原因を解きほぐして発展的なものにすることができれば、ビジネスマンとしての未来が変わってくるはずです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

結果だけにフォーカスするのではなく、そこに至る前の粘り強い取り組みを認め、励ますことが大切。そうすることで、彼らの上昇志向は刺激され、「人材」として大きく成長していくでしょう。


菊原智明

生活リズムや環境によって集中できる時間帯は人それぞれなので、「昼食後の1時間」などでもいい。自分にとってのプラチナタイムを決めて、その時間帯に重要な仕事をすることが大切。


佐々木蔵之介(俳優)

リーダーの役割って、方向性を示すことだと思うんですよ。それがないと、何も始まらない。


平康慶浩

オーナー系企業で出世する条件は、オーナー一族と家族ぐるみで付き合えるかどうか。中小企業では縁故で採用した人を、仕事ができるかどうかを問わず役員に取り立てる例も多い。役員にしてから、オーナー自らが育てるという考えです。


藤堂高虎

寝屋を出るより、その日を死番と心得るべし。かように覚悟をきわまるゆえに、ものに動ずることなし。


成毛眞

急速な変化を遂げる今日、昨日の常識が今日は通じないということもあり得ます。また、東京の常識でしかないことを日本の常識だと思い込んで視野が狭くなっている人も多い。それまで常識ととされていたことを覆すプロセスを追うことは、経営やマーケティングの常識を疑う心を育み、視野を広げてくれます。


安田佳生

「考える」には、ふたつのポイントがあります。ひとつめは、「何を考えるかを考える」ということです。ふたつめは、考えると決めたことを長く、深く、たくさん考える、つまり「どのくらい考えるか」ということです。


ページの先頭へ