名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大倉治彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大倉治彦のプロフィール

大倉治彦、おおくら・はるひこ。日本の経営者。酒造メーカー「月桂冠」社長。京都出身。一橋大学経済学部卒業後、第一勧業銀行に入行。本店国際資金部で為替ディーラーを務める。その後、家業の月桂冠に戻り、副社長を経て社長に就任。そのほか京都経済同友会常任幹事、京都経営者協会常任理事、京都工業会常任理事、京都府酒造組合連合会会長などを務めた。

大倉治彦の名言 一覧

極端にいえば、メディアの情報をどれだけ遮断し、余計な情報を入れないかが重要。そんな時間があるのなら問屋さんなどお客さんを訪ね、新聞やネットには載らない本音の話を収集することに努めています。


今の時代は単なる情報や事件であればネットで十分です。情報をどれだけ集めるかよりも整理するほうが大切でしょう。私に言わせれば、新聞でもこの情報はそもそも伝える必要があるのだろうかと疑問に思うものが多い。


大倉治彦の経歴・略歴

大倉治彦、おおくら・はるひこ。日本の経営者。酒造メーカー「月桂冠」社長。京都出身。一橋大学経済学部卒業後、第一勧業銀行に入行。本店国際資金部で為替ディーラーを務める。その後、家業の月桂冠に戻り、副社長を経て社長に就任。そのほか京都経済同友会常任幹事、京都経営者協会常任理事、京都工業会常任理事、京都府酒造組合連合会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉松徹郎

自分たちが作ったビジネスモデルは間違っていないという自信があり、「お金がない」というのは事業を止める理由になりませんでした。


村上吉弘(経営者)

革新の本質というのは技術的な目新しさではなく、いかに社会やお客様のもとに新たな価値を提供できるかどうかにある。最先端技術とお客様を知り抜いた現場スタッフの声。これらが融合し一つになることで、新たな革新が産声をあげる。


寺内大吉(成田有恒)

私自身、僧侶と作家という二つの世界を持っています。もともと寺に生まれたので、いつか寺を継がなければなりませんでした。しかし、これからの坊さんはどこか一芸に秀でていないといけないという考えが強くあったんです。そこで、自分が一番好きだった小説の世界に入りました。小説では直木賞も受賞しましたが、それ以外に競輪の解説なんてのもやりました。すると、ギャンブルに狂って苦しんでいる人の気持ちもわかります。宗教というのはそういう人の心もわからないといけないんです。


江見朗

複数のブランドをひとつの店舗で展開することにより、ノウハウやインフラ、食材、人材の共有が可能になり、収益力の向上にもつながる。


熊谷正寿

成長する事業と成長出来ない事業は最初から決まっています。そこに気付くのも社長の素質で、その後は経営者の手腕です。たとえば、どんなに良い内容のビジネスでも、スポット型とストック型の事業を比べると、スポット型はなかなか成長しません。また、良い商売は限られていて、誰もがそこに群がりますが、誰よりも良いサービスをつくらなければなりません。見つける能力と、一番お客さんに喜んでもらう能力、この両方が経営者には必要です。


川上量生

ネタを探す時に重要なのはポジション取りという発想です。明確に定義できる場所には、必ず誰かが既にいるというのが僕の持論。だから自分でも明確に定義できない、人間の想像力の限界という場所を勘で探そうとしています。


清水宏保

トレーニングをする人は、体重が減ったり、お腹が割れるといった見た目の変化を体験します。すると、自然に運動量も増え負荷が上がります。そういった時こそ、気を付けなくてはならない。


桑原豊(経営者)

相手に自分の言うことを理解してほしいなら、一方的に自分の思いを押し付けてはいけない。


古森重隆

優秀な人がある地点で成長が止まってしまうことがよくある。体力が続かなかったり、その地位で安住してしまうからだろう。経営幹部には大局観がないとスケール感に欠け、それ以上の成長がない。こればかりは数字や情報を超越した世界なのかもしれない。


藤田晋

日頃から誠実に振る舞い、公平な態度で接するリーダーの言葉こそが、チームを1つにする力を持つ。


ピーター・ドラッカー

集中するための第一の原則は、もはや生産的でなくなった過去のものを捨てることである。そのためには、自らの仕事と部下の仕事を定期的に見直し、「まだ行っていなかったとして、いまこれに手を付けるか」と問わなければならない。


森雅弘

おもてなしのできる人材になって欲しい。目の前にいるお客様、親、友人におもてなしができなければ、ネットでおもてなしはできない。