名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大倉治彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大倉治彦のプロフィール

大倉治彦、おおくら・はるひこ。日本の経営者。酒造メーカー「月桂冠」社長。京都出身。一橋大学経済学部卒業後、第一勧業銀行に入行。本店国際資金部で為替ディーラーを務める。その後、家業の月桂冠に戻り、副社長を経て社長に就任。そのほか京都経済同友会常任幹事、京都経営者協会常任理事、京都工業会常任理事、京都府酒造組合連合会会長などを務めた。

大倉治彦の名言 一覧

極端にいえば、メディアの情報をどれだけ遮断し、余計な情報を入れないかが重要。そんな時間があるのなら問屋さんなどお客さんを訪ね、新聞やネットには載らない本音の話を収集することに努めています。


今の時代は単なる情報や事件であればネットで十分です。情報をどれだけ集めるかよりも整理するほうが大切でしょう。私に言わせれば、新聞でもこの情報はそもそも伝える必要があるのだろうかと疑問に思うものが多い。


大倉治彦の経歴・略歴

大倉治彦、おおくら・はるひこ。日本の経営者。酒造メーカー「月桂冠」社長。京都出身。一橋大学経済学部卒業後、第一勧業銀行に入行。本店国際資金部で為替ディーラーを務める。その後、家業の月桂冠に戻り、副社長を経て社長に就任。そのほか京都経済同友会常任幹事、京都経営者協会常任理事、京都工業会常任理事、京都府酒造組合連合会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

蜂谷二郎

(信用金庫勤務時代)珍しく支店異動もなく9年半、本店に在籍していたのですが、不動産の融資を担当するなど、不動産に関わる機会は多かったですね。いろいろな業種の方々にも出会えましたし、業種によって経営も違うということが分かりました。それに伴って安定的な所得を得られる手段として不動産があり、不動産投資をすることの留意点も学ぶことができました。


大泉洋

やっぱりずっと北海道をベースに仕事しているので、東京の仕事は今でも緊張しますね。それは変わりません。東京に向かうために千歳空港に来ると、「よし、やるか」という気持ちに切り替えます。やっぱり自分の街ではないですよ。いまだに、どこになにがあるかわからない場所も多い。やっぱり、東京は仕事をする場所であり、ある意味戦う場所って気持ちはいつまでも拭い去れません。


磯崎功典

部下に権限を委譲しても全部成功するとは限らず、失敗することもあるでしょう。しかし見逃せる失敗だってあるわけで、そこに人を育てるコツがあります。


湯﨑英彦(湯崎英彦)

アメリカのベンチャーキャピタルでの仕事は、よい経験になりました。まず、ベンチャーの振興とかアメリカの仕組みがどうなっているかがよく分かりました。今につながることで言えば、ワークライフバランスみたいなところの感覚も分かりましたし。いろんな面で参考になりました。


竹田陽一

テーラーが考えたマニュアルを作る方法と、マニュアルを使って教育と訓練をする本当の狙いは、仕事の内容を標準化することでした。その仕事に熟練していない人でも、早く平均的な技能を身につけさせ、平均的な仕事ができるようにすることでした。つまり、マニュアルは普通の人よりもズバ抜けてよい仕事をする名人や達人を育成するためのものではないのです。
【覚書き:テーラーとは、米国の生産性向上の専門家フレデリック・テーラーのこと】


谷口恒

今までなかったロボット技術を生み出すには新たな価値観を取り込むことが重要と考え、エンジニアの半分を海外から採用しています。東京本社には世界12カ国から多様な教育を受けて多様な価値観を持った社員が集まっています。彼らが化学反応を起こしながらイノベーションを創出することを期待しています。


平井一夫

やはり商品。商品が強くないとダメです。魅力的な商品を作り、迅速に投入することが大事です。


大嶋啓介

ぼくは店舗数を競うことにはモチベーションが上がらないんですよ。それよりも、メンバーの中から経営者が育っていくとか、やる気を持てずにいる人が変わるためのきっかけを提供するとか、自分の可能性に気づいて希望を持ってもらうためにぼくに何かできることをしたい。そういうことにすごくやりがいを感じるんです。目がキラキラ輝いていく人の顔を見るのが好きなんですね。


栗原博

当社のドキュメント管理アプリをiPadに入れて活用しています。場所を選ばずに、複数の書類に目を通すことができるため、確認や判断のスピードが上がります。書類をデジタルで管理すれば、紙のムダも省けます。


竹中平蔵

チャレンジするという言葉が経営の全て。とにかく批判せずにやってみる事が重要。


小松節子

技術を上手にこなすには練習しかありません。何度も失敗しながらも繰り返し練習する中で、初めて何が悪いかが見えてくる。そうした鍛錬を経て技術が身についてくる。


西澤ロイ

英語学習に挫折する人によくみられるのが、「頑張って英語を勉強しよう」と意気込んでしまうことです。しかしよく考えてみれば、お茶を飲むのに頑張る人がいないように、「頑張る」という行為は普通の状態ではありません。そして普通ではない状態は、長くは続かないもの。英語を身につけたいなら、まずは継続をめざすことです。そのためには、英語を日常に取り入れて、楽しみながら学ぶのが一番です。