大倉治彦の名言

大倉治彦のプロフィール

大倉治彦、おおくら・はるひこ。日本の経営者。酒造メーカー「月桂冠」社長。京都出身。一橋大学経済学部卒業後、第一勧業銀行に入行。本店国際資金部で為替ディーラーを務める。その後、家業の月桂冠に戻り、副社長を経て社長に就任。そのほか京都経済同友会常任幹事、京都経営者協会常任理事、京都工業会常任理事、京都府酒造組合連合会会長などを務めた。

大倉治彦の名言 一覧

極端にいえば、メディアの情報をどれだけ遮断し、余計な情報を入れないかが重要。そんな時間があるのなら問屋さんなどお客さんを訪ね、新聞やネットには載らない本音の話を収集することに努めています。


今の時代は単なる情報や事件であればネットで十分です。情報をどれだけ集めるかよりも整理するほうが大切でしょう。私に言わせれば、新聞でもこの情報はそもそも伝える必要があるのだろうかと疑問に思うものが多い。


大倉治彦の経歴・略歴

大倉治彦、おおくら・はるひこ。日本の経営者。酒造メーカー「月桂冠」社長。京都出身。一橋大学経済学部卒業後、第一勧業銀行に入行。本店国際資金部で為替ディーラーを務める。その後、家業の月桂冠に戻り、副社長を経て社長に就任。そのほか京都経済同友会常任幹事、京都経営者協会常任理事、京都工業会常任理事、京都府酒造組合連合会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

古森重隆

適切な方法であっても、実行のスケールが小さすぎては勝負に勝てない。戦線が膠着(こうちゃく)し、敵に包囲されたとき、戦力を小出しにする「戦力の逐次(ちくじ)投入」は、遅かれ早かれ敵に各個撃破されてしまう戦略・戦術の禁じ手だ。だから勝つため、生き延びるために何をするかをよく考えたうえで、思い切ってやるしかない。


弘兼憲史

夢があれば、前に進む力が生まれる。


辻野晃一郎

経営者から見て頼れる幹部、あるいは部下から見て頼れるリーダーの条件にはいろいろな要素がありますが、嘘をつかない、悪いことをしないといった基本的な要素がまず必要になります。グーグルの中には「Don’t be evil.(邪悪になるな)」という言葉があります。悪事を働かなくてもお金は稼げるということです。


長谷川武彦

私は中国から学んだことがあります。彼らはバイクをコピーして半値以下で作ります。最初、私はこんな半値以下の製品はバイクとは呼べない、そのうち駄目になると思っていました。ところが一向に駄目にならないんですね。なぜか。我々が考えているCS(顧客満足)と中国のCSは異なるからです。安いコピーバイクは品質が良くないから簡単に壊れます。日本人だったら不良品だと文句を言うでしょう。ところが中国では最初から高品質の壊れないバイクなど期待していない。壊れたら直せばいいと考えている。


中山讓治(中山譲治)

ナンバーツーのポジションにいると、どうしてもナンバーワンに追随していこうという意識を持ちがちです。これでは駄目です。常に、自分がナンバーワンのつもりで環境の変化を先読みし、課題を洗い出し、それを解決していかなければいけません。ナンバーワンをベンチマークするのではなく、自分たちはどうするのかを、自分たちの頭で考える必要があります。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

商売や経営について学ぶのは、歴史に教訓を求める気持ちを持ちつつ、本当に、実際に自分でやってみて経験しながら会得するしかありません。


佐々木常夫

指示を出しても部下が言うことを聞かないと嘆く上司は多い。このような場合、原因は2つ考えられる。ひとつはこちらの指示の出し方が下手なこと。もうひとつは部下との信頼関係が築けていない場合。


上野和典

自分が主体となってトライ&エラーを繰り返すことは、自分の実力値を知ることにもつながります。「自分の企画した商品がこれだけ売れた」「結構儲かるものだな」といったように、自分が稼げる範囲がわかるのです。自分の実力値を知ることで、「これくらいの失敗だったら、次で挽回できそうだ」といったリスクヘッジの能力も身につきます。


本多均

2週間ないし4週間おきの定期訪問が基本の当社は、営業マンが取引先へこまめに顔を出す、都度の名刺交換が不要の営業スタイルで信頼関係を築いています。そのため、カタログを渡すだけで、「あなたが勧めるなら使ってみる」というお客様が多かったことが、新規事業の結果を生みました。


鳥居勝幸

プロのセールスは、一発屋では通用しません。一定のアベレージを保ち続けてこそ、力量が認められるものです。運や時勢に頼るのではなく、期末が近づいたら来期に向けて計画を立てる、計画に基づいて早め早めに行動を開始するといった流れをつくり、しっかりとビジネスの手綱を握っていく心構えが必要です。


本庄八郎

セールスの基本は、自分を売り込むこと。では、自分の何を売り込むのかというと、信用、誠実さ、真面目さです。あいつは誠実だと思われれば、何でも売れるんです。


泉谷直木

お客様は節約する部分、贅沢する部分を分けて消費している。これは変化ではなく、お客様の消費が進化していると見るべきで、その意味でも、適正価格の商品を創り出すことが重要。


鎌田富久

通常、経営者は怒られる、ということがありません。会社では自分が一番偉いので。ただ、人は怒られないと成長しません。普通に就職して会社で働いていれば上司に怒られて鍛えられるのですが、学生から起業する経営者は怒られる機会があまりありません。僕は、経営者に対して怒る役割です。


関原健夫

がんを患うと人生は有限であることを実感させられます。ならば生きている間にその時々でやりたいことを精いっぱいやっていこう。これが私の発想。


ホルスト・シュルツ

マネジメントにおいて、従業員は命令のもとに仕事を「しなければならない」環境におかれます。テイラーシステム(フレデリック・テイラーが提唱した科学的管理法)がよい例です。トップが細部まで考え、指示を下し、従業員はそれを忠実に遂行する機能とみなされます。しかし、現場を誰よりも熟しているのは従業員です。彼らの考えは尊重されなければなりません。


ページの先頭へ