名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大倉和親の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大倉和親のプロフィール

大倉和親、おおくら・かずちか。明治時代の経営者。東京出身。慶應義塾本科卒業、イーストマン・ビジネスカレッジ修了。東洋陶器(のちのTOTO)、日本陶器(のちのノリタケカンパニーリミテド)、日本碍子(日本ガイシ)、伊奈製陶(のちのLIXIL)などを設立。大倉孫兵衛の長男。

大倉和親の名言 一覧

良品の供給、需要家の満足がつかむべき実体。利益という影を追えば一生実体を捕らえずして終わる。


大倉和親の経歴・略歴

大倉和親、おおくら・かずちか。明治時代の経営者。東京出身。慶應義塾本科卒業、イーストマン・ビジネスカレッジ修了。東洋陶器(のちのTOTO)、日本陶器(のちのノリタケカンパニーリミテド)、日本碍子(日本ガイシ)、伊奈製陶(のちのLIXIL)などを設立。大倉孫兵衛の長男。

他の記事も読んでみる

上田渉

いつでもどこでも仕事ができるようにするために。以前は多くの物を持ち歩いていましたが、今は「ノートパソコン」「スマートフォン」「充電器」の三種の神器だけで十分。以前はタブレットも持ち歩いていましたが、今はスマートフォンで大抵のことは事足りるので、持ち物リストから外しました。


入沢元

弟の友人がラーメン屋で働いていて、彼が職人気質の名人でした。そこで、彼に自分の夢をかけることにしました。僕ら博多生まれの人間にとってラーメンは特別なんです。金持ちになったら自分が食べたいラーメン屋をやりたい。しかも、ラーメンの行列店を作るのが夢だったんです。


松本晃(経営者)

どんなことでも、考えて実行するのはそう難しくはありません。しかし、そこに工夫がなければ成功しないし、儲からない。


栗木契

理論とは失敗をしないためのツールだということであって、成功を保証するツールだということではないことに注意しなければならない。


鈴木博毅

上司から裏切られないようにするためにも、別の部署の上司や役員とも親しい関係を築いておくなど、会社の中に横断的な人間関係を持つことを心がけることが大切。上司にしてみれば、切ると他の部署からクレームがくる可能性のある人間を無下にするのは難しい。逆に自分にだけ尻尾を振っているような部下のほうが、いざとなったら切りやすいもの。


星野佳路

完璧な英語で対応しても、お客様に十分なサービスを提供できるとは限らない。不完全な英語でも満足頂けるサービスが提供できれば、仕事の成果につながるうえに、自らの英語力も磨かれる。


羽生善治

ミスには2種類あります。1つは「自分が認識できるミス」、もう1つは「認識できないミス」です。正しいことをやっているつもりでも、「後から見れば間違っていた」というケースはよくあります。とすれば、少なくとも今の時点で「ミスに気づいている」ということは、それほど深刻な状況ではない、ということでもある。むしろ、気づかずミスすることの方が怖い。


篠原興道

患者さんの期待に応える治療ができないと分かり、全国修業に行くことにしました。いい先生がいると聞けば、全国どこへでも行きました。その際、リハビリのすごい先生に出会い影響を受けました。修業のお陰で他の整骨院にはない看板商品が作れたのが大きかったです。


笠倉健司

真面目な人ほど、仕事のため家族や愛する人のために悩み苦しむ時があることでしょう。そのように苦しむのはとても尊いこと。その苦しみを乗り越えてこそ人間は大きく成長していくことができる。


小林陽太郎

会社にTQC(全社的品質管理)を導入した際、朝香先生(東大名誉教授、朝香鐵一氏)にまず指摘されたのは「あなた方、経営幹部の言っていることは、社員の働きが悪いという愚痴ばかりだ」ということでした。これは私にとって強烈な言葉でした。確かに私の心の中にも、こんな強力なライバルの出現をなぜ現場の人間が見過ごしていたんだという気持ちがありましたから。先生の叱責を受けて「まず組織の上に立つ者が頭を切り替えなければ、競争に勝てる戦略は生まれてこない」と痛感しました。


川内正直

結論だけを示すのではなく、結論に至る思考のプロセスや裏づけとなった知識・情報を説明する習慣をつけてください。自分たちを取り巻く環境に精通しており、経験豊富であることを示せば、部下にも「この人が言うことは間違いない」という心理が生じます。


小瀬昉

社長時代に失敗したことがありました。ある日の朝、JR四ツ谷駅から当社まで通勤している問に、「ウチの会社は大丈夫なんですか?」と部下から心配そうに声をかけられたことがありました。その時の私は、考えごとでもしていたんでしょう。朝からうな垂れ、猫背のままトボトボと歩いていたそうです。そんな社長の様子を見たら社員が不安を抱くのも無理はありません。その日から、四ツ谷の駅に着いたら背中をシャキッと伸ばして、さっそうと歩くことを心がけました。社員はどこから社長を見ているか分かりませんからね。