名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大倉和親の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大倉和親のプロフィール

大倉和親、おおくら・かずちか。明治時代の経営者。東京出身。慶應義塾本科卒業、イーストマン・ビジネスカレッジ修了。東洋陶器(のちのTOTO)、日本陶器(のちのノリタケカンパニーリミテド)、日本碍子(日本ガイシ)、伊奈製陶(のちのLIXIL)などを設立。大倉孫兵衛の長男。

大倉和親の名言 一覧

良品の供給、需要家の満足がつかむべき実体。利益という影を追えば一生実体を捕らえずして終わる。


大倉和親の経歴・略歴

大倉和親、おおくら・かずちか。明治時代の経営者。東京出身。慶應義塾本科卒業、イーストマン・ビジネスカレッジ修了。東洋陶器(のちのTOTO)、日本陶器(のちのノリタケカンパニーリミテド)、日本碍子(日本ガイシ)、伊奈製陶(のちのLIXIL)などを設立。大倉孫兵衛の長男。

他の記事も読んでみる

李誠晋(リ・ソンジン)

医師として大事なことは患者の病気予防です。当時、病院にはアレルギー患者が急増していました。アレルギーの原因として一番多いダニを除去できれば、アレルギー患者の生活の質は向上します。そこで布団のケアができる製品がないかネットで調べてみると、当時はありませんでした。ならば私がその製品をつくろうと思ったのです。
【覚え書き|大ヒットした布団クリーナー「レイコップ」を開発したきっかけについて語った言葉】


南部靖之

社会のニーズに応えるのが目的ではなく、働く側の立場で世の中の問題点を発見し、いかにそれを解決するかを考え続けました。「なぜ、子育てを終えた女性の働く場所がないのか」「なぜ、定年退職者の豊かな知識と経験を企業で活用できないのか」といったことです。正社員での採用があるなら、採用しやすい仕組みをつくればいい。そのひとつが人材派遣でした。


村岡恵理

自分が思う自分と、人が思っている自分は、往々にして違います。どんなに単純そうな人でも、ひと色でできているわけではありませんし、「本当の私」なんて、自分にもよく分かりません。


ゲーテ

何事につけても、希望するのは絶望するより良い。可能なものの限界をはかることは、誰にもできないのだから。


デービッド・アーカー

商品やサービスだけでなく、その会社で働いている社員の態度も含め、企業に関わる全てがタッチポイント(ブランドと顧客との接点)になりえます。そこでの対応が、触れた者に蓄積し、企業ブランドになっていくのです。


フィリップ・コトラー

企業には、有能な社員の才能を引き出す責任がある。


溝部正太

東京オリンピック以降、市場は景気後退で少ししぼむと思います。そこで競合は諦めて市場から退出するところも出るでしょうから、逆に当社にはチャンスです。それまでに事業基盤をしっかりさせて、効率的なシニア活用を企業に提案したい。


末田真

6年間会社員でいて30歳で初めて起業をするのと、24歳で起業して3年ごとに2回会社を潰して30歳で3回目の企業を立ち上げるのでは、成功確率が全然違うと思ったから。
【覚え書き|大学卒業後にすぐ起業した理由について語った言葉】


笠原久芳

中国で恐ろしいのが、最もローエンドなものを安価な人件費で大量に生産して、超低価格で売るというやり方です。うちも、そこで勝負をしようとしたらきっと負けます。だから、中国でマネができない、あるいは中国の人がマネしたくない領域で価値を作るということです。


笠原健治

まだ社員数名の規模だったころ、我々からお願いして当社の転職サイト「Find Job!」の求人情報をヤフーの求人コーナーに提供させていただいたことがあります。まず、ニュースやIR情報を収集して同社の戦略を理解するとともに、いま、ヤフーにどのような魅力が足りないか、どうすればより収益を拡大できるかを考え抜きました。そのうえで、当時はまだなかったアルバイト求人コーナーの立ち上げを提案しました。零細企業だった当社の依頼が受け入れられたのは、「一緒に価値を提供したい」というこちら側の純粋な熱意が伝わったからだと思います。


陰山英男

より自分の力を伸ばそうとするなら、高い目標を掲げること。私の場合、何かを学ぶと決めたら、「その分野のプロになること」を目標とします。自分にとって本当に大事なことなら、トップレベルを目指すべきだし、そうしないと学習しても面白くないからです。


宋文洲

やるかどうかは別にして、現在の会社を出る可能性を意識した働き方をしてほしいですね。何かの統計で見たのですが、中国の若者の4割は「いつか起業したい」と思っているそうです。実際に起業できる人はごくわずかでしょうが、とにかくそういった気概を持っている。だから、中国の若者はスキルを身につけるために転職する。そして、どこの会社に行っても「そのプロジェクトをやってみたい」「あのお客さんに会わせてほしい」などと、仕事に積極的に関与しようとします。いい意味で、人のふんどしで相撲を取ろうとするのです。失敗? 全然気にしないよ、どうせ辞めるから。日本はどうですか。ずっと同じ会社にいると心底思っているから、先輩・同僚・後輩という固定化した人間関係の中に縛られて、思い切ったことをしようとしない。「おかしいな」「これは間違っている」と思っても我慢する。そんな状態でいたら、せっかくの才能が生かされません。皆さんには、どんどんリスクを取って、経験を積んでほしい。