名言DB

9413 人 / 110706 名言

大倉和親の名言

twitter Facebook はてブ

大倉和親のプロフィール

大倉和親、おおくら・かずちか。明治時代の経営者。東京出身。慶應義塾本科卒業、イーストマン・ビジネスカレッジ修了。東洋陶器(のちのTOTO)、日本陶器(のちのノリタケカンパニーリミテド)、日本碍子(日本ガイシ)、伊奈製陶(のちのLIXIL)などを設立。大倉孫兵衛の長男。

大倉和親の名言 一覧

良品の供給、需要家の満足がつかむべき実体。利益という影を追えば一生実体を捕らえずして終わる。


大倉和親の経歴・略歴

大倉和親、おおくら・かずちか。明治時代の経営者。東京出身。慶應義塾本科卒業、イーストマン・ビジネスカレッジ修了。東洋陶器(のちのTOTO)、日本陶器(のちのノリタケカンパニーリミテド)、日本碍子(日本ガイシ)、伊奈製陶(のちのLIXIL)などを設立。大倉孫兵衛の長男。

他の記事も読んでみる

進藤孝生

新興国企業の追い上げはあるが、我々には優れた顧客がおり、共に技術を磨いていける。そうすることで、技術力の差を維持する。


佐々木常夫

大変なことをやるから人は成長する。


江崎利一

新店舗ができたり、新工場ができると、どうしても気の緩みが出る。自分ばかりではない。従業員にもその危険は十分にある。「敵国外患なきは滅ぶ」という言葉もある。ここで過去の苦労を忘れてはそれこそあぶない。そこで私は、創業時代の強い勇気と創造の熱意を忘れないためには、どうしても第二の創業を体験するのが最有効と考えた。私は新しくビスコの発売を思いついた。


西村貴好

褒めることはトレーニングで誰でもできるようになります。相手の悪い面は見ないようにしてプラスの面を探して褒めるクセをつけてください。本当に小さなことでいい。いつも注意して観察していれば、相手のよいところがどんどん見えてくるようになります。


三好俊夫

情熱だけでは説得力は生まれません。様々な尺度や角度で自分を分析しながら、国際的か競争に負けない経営体質をつくり上げていくことも大切です。しかし、単に計算ずくで説明するだけの経営者は経営者ではない。ただの専門家にすぎない。


関家憲一

当社の創業以来の技術は「切る、削る、磨く」です。新規事業もこれら技術をベースにした分野しかやりません。かつては、お客様からの要望や社内から上がってきた提案に片っ端から挑戦し、失敗したものです。何でもできると錯覚していたからでしょう。いまはもう、余分な投資はしなくなりました。


安田佳生

指示されたことを完ぺきにこなす社員が何人いても、仕事を生み出す人間がいないと会社は成長できません。働きがいのある場を与えて、優秀な人材の力を見事に引き出す。これこそが人を集める決め手なのです。


宮内義彦

「経営者人生で最も誇れることは何か」と問われれば、利益を上げ続けたことと、雇用を増やし続けたことの2つを挙げます。


北島康介

「水泳の練習ほどつまらないものはない」というのが、デーブ(サロ)の持論。だから、飽きさせないバラエティー豊かな練習メニューを用意してくれます。でも、何に驚いたかって、彼は練習メニューを選手に渡さないこと。1つの練習が終わると、口頭で次のメニューを伝えるんです。不安に思う? いや、僕は面白いと思った。日本なら事前に練習メニューを渡されるので、ここは力を入れる、抜くなど、自分で勝手に調整してしまう。でも、次に何が出てくるか分からない中で、デーブは全力で泳ぐことを求めるんです。おかげで集中して練習に取り組めたし、力が抜けないからタフになった。こんな練習は初めてだから、新鮮な気持ちで泳げています。


吉澤和弘

私たちだけでできることは限られています。パートナーのアセットと当社のアセットを組み合わせて新たなサービスやビジネスをともに創出し、社会課題の解決に貢献していく、それが協創の取り組みです。


ピーター・ドラッカー

我々は今いる人間をもって組織をマネジメントしなければならない。


吉川美代子

緊張し過ぎた声では、相手も緊張してしまいます。リラックスしている声の出し方は、肩や喉の力を抜いて話すこと。自分も落ち着き、相手も安心して聞く気持ちになります。


錣山矩幸(元関脇・寺尾)

指導においては、稽古場にいる一人一人に目を配り、気づいた点を指摘します。


安部修仁

最終判断を下すのは上位者ですから、提案なんていくらでもやってもかまいません。採用されなければゼロ、採用されればプラスですから。会社にとってマイナスになることは絶対にありません。


山田敏夫

OEMのみをしている工場は、たとえフルラインが回っていても利益が出ないという状況です。しかも、OEMは発注元の一存でなくなるかもしれない仕事。工場を持って固定費を抱えながら、誰かの一存をあてにせざるを得ないのではとても不安定です。そう考えると、これから日本の工場が生き残るためには、自社ブランドを作っていくことが重要。そのためのお手伝いをするのが当社の仕事だと私は考えています。