大倉和親の名言

大倉和親のプロフィール

大倉和親、おおくら・かずちか。明治時代の経営者。東京出身。慶應義塾本科卒業、イーストマン・ビジネスカレッジ修了。東洋陶器(のちのTOTO)、日本陶器(のちのノリタケカンパニーリミテド)、日本碍子(日本ガイシ)、伊奈製陶(のちのLIXIL)などを設立。大倉孫兵衛の長男。

大倉和親の名言 一覧

良品の供給、需要家の満足がつかむべき実体。利益という影を追えば一生実体を捕らえずして終わる。

大倉和親の名言|利益という影を追えば一生実体を捕らえずして終わる

大倉和親の経歴・略歴

大倉和親、おおくら・かずちか。明治時代の経営者。東京出身。慶應義塾本科卒業、イーストマン・ビジネスカレッジ修了。東洋陶器(のちのTOTO)、日本陶器(のちのノリタケカンパニーリミテド)、日本碍子(日本ガイシ)、伊奈製陶(のちのLIXIL)などを設立。大倉孫兵衛の長男。

ページの先頭へ