名言DB

9429 人 / 110879 名言

大井川和彦の名言

twitter Facebook はてブ

大井川和彦のプロフィール

大井川和彦、おおいがわ・かずひこ。日本の政治家。茨城県知事。茨城県出身。東京大学法学部卒業、ワシントン大学ロースクール修了。通商産業省初代シンガポール事務所長、マイクロソフトアジア執行役員、マイクロソフト執行役常務、シスコシステムズ専務執行役員、ドワンゴ取締役などを経て茨城県知事選挙に当選。

大井川和彦の名言 一覧

もちろんトップを目指します。トップを目指さないかぎり、順位なんて上がりませんから。


国内市場が縮小する中では農産物輸出を本格化させなければいけませんが、海外で売るにはトップブランドでなければ相手にしてもらえないという事情もあります。「この程度でいいや」ではなく、「もっと上を目指す」「世界に出る」という意識に変えていくことが重要なんですよ。


茨城県には最高級というより、そこそこの品質のものを大量に売るというビジネスモデルに安住しているところがあった。それは今後の人口減少社会では通用しません。まず高級ブランドという「高い山」をつくり、そこから裾野を広げていくという考え方に切り替えていかなければならない。


「(魅力度が)下から何番目の位置に、ちょっとだけ上がればいいや」という意識があるとしたら、それこそが茨城県の魅力を一番損ねている。茨城県民のいいところであり悪いところでもあるのですが、現状に満足してしまう気持ちがある。そうではなく、常にトップを目指すという気迫と行動力と挑戦意欲を持たなければいけないと思っています。


「魅力」はどこから生じるのか。それは観光面の魅力、住みやすさ、所得の高さ、食べ物のおいしさなど様々な側面から来ています。こうしたことすべてについて、よりよくしていく努力を重ねることが魅力度アップにつながると考えています。


この調査(ブランド総合研究所の都道府県魅力度ランキング)だけをもって「茨城県に魅力がない」と認めるのは短絡的です。しかし、結果は結果として真摯に受け止めるべき。そのうえで「茨城県はとても魅力のあるところだ」と、いろんな人から言ってもらうことが私の仕事です。


小手先の対策では駄目だと思います。昨年の茨城県は、県北を舞台にしたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」がヒットし、県南生まれの稀勢の里関が横綱に昇進、私の同級生でもある水戸一高出身の恩田陸さんが直木賞と本屋大賞をダブル受賞して大いに盛り上がった。それでもなお(都道府県魅力度ランキングは)最下位です。意識を変える必要があるんです。


茨城県は工業、農業ともに産出額は全国でも上位に付置し、とりわけ農業は北海道に次ぐ規模を誇ります。しかし、子細に見ると市場で高く売れるトップブランドの農産物は意外と少ない。たとえば茨城県のメロンの出荷額は多いが、高級メロンの代名詞は北海道の夕張メロンです。これからはメロンでも栗でもイチゴでも、有名産地に負けない高級品をつくる努力をし、そのことをどんどんアピールしていきたい。


つくば市の高いブランド力、潜在力を生かして、今後は「つくばバレー」と呼ばれ、世界中の起業家があこがれて集まってくるような場所に育てたい。ひたちなか市も元気のいい企業が多く、新しいことにチャレンジしようという起業家マインドの旺盛な人が多いと思う。茨城から新しい産業が興るように仕掛けたい。たとえばマイクロソフト時代に知り合ったインドのベンチャーキャピタリストと連携できないかと考えています。県内の企業とインドの企業を結びつけるとか、最初から世界市場をにらんで研究開発を進めるとか。


大井川和彦の経歴・略歴

大井川和彦、おおいがわ・かずひこ。日本の政治家。茨城県知事。茨城県出身。東京大学法学部卒業、ワシントン大学ロースクール修了。通商産業省初代シンガポール事務所長、マイクロソフトアジア執行役員、マイクロソフト執行役常務、シスコシステムズ専務執行役員、ドワンゴ取締役などを経て茨城県知事選挙に当選。

他の記事も読んでみる

山本憲明

年に一度などたまにしかやらないけれど、確実に定期的に発生する仕事こそ、マニュアルを作っておく必要がある。


捧賢一

「おい、これくれよ」と泥靴を履き、仕事着でぷらっと寄ってもらえる店です。田舎の頑固者でいいと思ってきたのが良かったのかもしれません。


田中良和(GREE)

これからも日々より良いサービスを作って、より多くの人々へ提供することに尽きます。ソニー、アップル、任天堂などが、それぞれの領域の中で何十年も続けてきた様に、我々もインターネット業界で繰り返し挑戦し続けたい。


藤井孝一

人が寝ている時間から活動していると、「俺って、人より先に行っている」という優越感に浸れるんですよ。それを積み重ねていくと、「できる自分」が頭に刷り込まれていき、自信がつくのです。反対に、夜に残業をしていると、皆が遊んでいる中、自分だけが取り残されたようで、「ダメな自分」が頭に刷り込まれていく。朝やるか夜やるかの違いなのに、精神的な影響は180度違うわけです。小さなことかもしれませんが、毎日のことですから、あなどれません。


井上智治(コンサルタント)

どんなに優秀な人でも、すべての分野でプロ並みの知識や技量があるわけではありません。また、斬新なアイデアを提案できるセンスも、一朝一夕に身に付くものではありません。以上のようなことを自覚させ、トータルなプランを顧客に提示できるように教育していくとどうなるか。超一流の釣り書きを持ち、最初はプライドばかりが目立った人たちも、やがては周囲と謙虚に向かい合う、真の意味で「仕事のできる部下」に育っていくのです。


井上達彦

研究者は学術論文で独自性を打ち出そうとしますが、それは既存の論文との対比によって出すしかありません。そのパターンは3つしかありません。ひとつ目は先行研究へのアンチテーゼ。ふたつ目は先行研究をベースとしつつ、違いを出すこと。三つ目はいくつかの先行研究を組み合わせて新たな知見を提示することです。いずれのパターンにおいても模倣は欠かせません。アンチテーゼも「反転模倣」という一種の模倣です。


小宮山宏

まずは、現在のリーダーが、ビジョンを持って、そこに向かうアクションを起こすことではないでしょうか。そこから次世代のリーダーが育ってきます。要は「隗より始めよ」です。


アマーティア・セン

マハトマ・ガンジーが言っているのですが、「仕事の変化は一種のレジャーである」と。若いころは、この意味がよくわかりませんでした。仕事は何であれ厳しいもので、どう変わろうとそれが楽しみだとは思えませんでした。年をとったいまではこう思っています。疲れたなと思うのは、必ずしも肉体的に消耗したときとばかりは限らない。むしろ同じことの反復に飽きて、打込めなくなったときにこそ疲労するのです。


亀田啓一郎

プロジェクトが動き出し、少しずつ成果が出てきたら、そのプロセスを振り返り、活動の精度を上げていこう。リーダーがすべきことは、振り返り方をルール化し、さらに大きな成果につなげていくことだ。


岩田松雄

今でも私は講演や執筆の仕事は基本的に断わりません。もちろんハードですが、忙しい時こそ頭がフル回転する。たとえば、空き時間の30分で原稿を書かなければいけない、といったときですね。余裕があるときに書いた原稿とくらべても、不思議とこういう時に書いた原稿はクオリティが高い。これも、負荷をかけることで本質にフォーカスせざるを得なくなるからでしょう。