名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大井川和彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大井川和彦のプロフィール

大井川和彦、おおいがわ・かずひこ。日本の政治家。茨城県知事。茨城県出身。東京大学法学部卒業、ワシントン大学ロースクール修了。通商産業省初代シンガポール事務所長、マイクロソフトアジア執行役員、マイクロソフト執行役常務、シスコシステムズ専務執行役員、ドワンゴ取締役などを経て茨城県知事選挙に当選。

大井川和彦の名言 一覧

もちろんトップを目指します。トップを目指さないかぎり、順位なんて上がりませんから。


国内市場が縮小する中では農産物輸出を本格化させなければいけませんが、海外で売るにはトップブランドでなければ相手にしてもらえないという事情もあります。「この程度でいいや」ではなく、「もっと上を目指す」「世界に出る」という意識に変えていくことが重要なんですよ。


茨城県には最高級というより、そこそこの品質のものを大量に売るというビジネスモデルに安住しているところがあった。それは今後の人口減少社会では通用しません。まず高級ブランドという「高い山」をつくり、そこから裾野を広げていくという考え方に切り替えていかなければならない。


「(魅力度が)下から何番目の位置に、ちょっとだけ上がればいいや」という意識があるとしたら、それこそが茨城県の魅力を一番損ねている。茨城県民のいいところであり悪いところでもあるのですが、現状に満足してしまう気持ちがある。そうではなく、常にトップを目指すという気迫と行動力と挑戦意欲を持たなければいけないと思っています。


「魅力」はどこから生じるのか。それは観光面の魅力、住みやすさ、所得の高さ、食べ物のおいしさなど様々な側面から来ています。こうしたことすべてについて、よりよくしていく努力を重ねることが魅力度アップにつながると考えています。


この調査(ブランド総合研究所の都道府県魅力度ランキング)だけをもって「茨城県に魅力がない」と認めるのは短絡的です。しかし、結果は結果として真摯に受け止めるべき。そのうえで「茨城県はとても魅力のあるところだ」と、いろんな人から言ってもらうことが私の仕事です。


小手先の対策では駄目だと思います。昨年の茨城県は、県北を舞台にしたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」がヒットし、県南生まれの稀勢の里関が横綱に昇進、私の同級生でもある水戸一高出身の恩田陸さんが直木賞と本屋大賞をダブル受賞して大いに盛り上がった。それでもなお(都道府県魅力度ランキングは)最下位です。意識を変える必要があるんです。


茨城県は工業、農業ともに産出額は全国でも上位に付置し、とりわけ農業は北海道に次ぐ規模を誇ります。しかし、子細に見ると市場で高く売れるトップブランドの農産物は意外と少ない。たとえば茨城県のメロンの出荷額は多いが、高級メロンの代名詞は北海道の夕張メロンです。これからはメロンでも栗でもイチゴでも、有名産地に負けない高級品をつくる努力をし、そのことをどんどんアピールしていきたい。


つくば市の高いブランド力、潜在力を生かして、今後は「つくばバレー」と呼ばれ、世界中の起業家があこがれて集まってくるような場所に育てたい。ひたちなか市も元気のいい企業が多く、新しいことにチャレンジしようという起業家マインドの旺盛な人が多いと思う。茨城から新しい産業が興るように仕掛けたい。たとえばマイクロソフト時代に知り合ったインドのベンチャーキャピタリストと連携できないかと考えています。県内の企業とインドの企業を結びつけるとか、最初から世界市場をにらんで研究開発を進めるとか。


大井川和彦の経歴・略歴

大井川和彦、おおいがわ・かずひこ。日本の政治家。茨城県知事。茨城県出身。東京大学法学部卒業、ワシントン大学ロースクール修了。通商産業省初代シンガポール事務所長、マイクロソフトアジア執行役員、マイクロソフト執行役常務、シスコシステムズ専務執行役員、ドワンゴ取締役などを経て茨城県知事選挙に当選。

他の記事も読んでみる

久野康成

人間は、最も大切な基本をおろそかにしがちです。しかし、基本をおろそかにした人が大成することはありません。


塚越寛

社員を幸せにする。顧客を幸せにする。地域社会を幸せにする。これらを貫いていれば、会社は周囲から尊敬される存在になる。これが一流の証。一流になった会社は、放っておいても成長していく。


木村皓一

若い人が具体的な夢を持って努力するのは、素晴らしいことです。その努力に対して、企業がすべきことは、経済的なバックアップだと思っています。私は、企業が何かひとつ社会貢献をすればいいと思うんです。できることをできる範囲で支援する。そういう企業がたくさん集まれば、大きな力になります。


山﨑敦義(山崎敦義)

20代の終わり頃。ロンドンでIT系の会社を経営している知り合いの社長に誘っていただき、初めてヨーロッパに行きました。ロンドンからローマに渡り、そこでバチカンを見て衝撃を受けました。僕が大工のときに建てていた建物はスクラップ&ビルドで、新しいものほど評価されました。ところがバチカンでは、つくるのに何百年もかけて、さらにそこでは昔と変わらない暮らしがいまも行われている。この景色に比べると、人一人の人生はあまりにも短い。そのことに気づいて、自分が死んだ後にも引き継がれて完成していくような大きな仕事に人生を懸けようと決心しました。


森辺一樹

人材のグローバル化なくして、企業のグローバル化はあり得ない。


高田明(ジャパネットたかた)

今を一生懸命、300%の力で頑張ってきましたから、結果が良くても悪くても受け入れられる。受け止めたら、いつのまにか乗り越えている。


加藤俊徳

もう若くないから脳を鍛えるのも限界があると思っているとしたら、それは単なる「思い込み」にすぎません。確かに脳細胞は年齢とともに減少しますが、成人後も脳内には未熟な細胞が豊富にあります。必要な栄養成分が供給されるかぎり、脳の未熟な細胞は成長し続けるのです。


石川康晴

新しい事業を考えたり、次に進むべき方向が漠然としていたりする場合、アウトプットは先に決めにくい。僕は「現場主義」なので、何度も現場に通いインプットを増やします。理想のアウトプットを引き出すには最適な策だと考えています。


山下哲生(経営者)

会社の成長と社会の幸せは一致しうる。


虚淵玄

世間の流れを見て、泣きゲー(感動的なシナリオでユーザーを「泣かせる」ゲーム)がいいらしいな、と見込んで最初の企画書を書いたんですが、その手ごたえがイマイチで。ならば開き直って自分の趣味を出したほうがいいのかなと思って出したのが(デビュー作の)『Phantom -PHANTOM OF INFERNO-』の企画書でした。それが社長や副社長にウケたんです。


山久瀬洋二

言葉遣いや、ジェスチャー、話し方、すべて文化なんですよ。念のために言うと、日本のことを悪く言っているわけではないですよ。日本人もとても素晴らしい、大事にしたい文化を持っている。でも、英語圏でビジネスする時はスタイルを変えないと自分が損をするということです。


芳川裕誠

ソフトウェアの世界では「コモディティ化」する分野が有望だ。「コモディティ化」には悪いイメージがあるかもしれないが、ITでは利用者が爆発的に増え、一般的になるほど、そのサービスは収益を生む。