名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大久保薫(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保薫(経営者)のプロフィール

大久保薫、おおくぼ・かおる。日本の経営者。「カインドエステート」社長。埼玉県出身。不動産デベロッパー勤務を経て大久保地所(のちのカインドエステート)を設立。

大久保薫(経営者)の名言 一覧

私自身、人間力の高い人材を作っていきたいと思っていますし、会社を通じて地域に還元できることがあれはしていきたいと思っています。大宮はいつ来ても楽しい街で活気があります。そんな「人が飽きない街」であり続けるために、当社ではこれからも地域に根差した経営をしていきたい。


お客さんも同じ物件を仲介してもらえるなら、より質の高い仲介の人に案内してもらいたいと思うのです。誰でもいいわけではない。やっぱり人柄の良く、勉強もしていて頼りになるような営業マンからモノは買いたいでしょうし、営業マンも自分の実力をどんどん開花させられる環境の方が楽しいはずですから。


地域の特徴や癖などもしっかりと把握した上でしっかりとお勧めします。もちろん法律など、仕事に必要な知識などを得ることも重要ですが、それを踏まえた上で、「大宮は昔からこういう街だよ」というように言えるようにならないといけない。ある意味で不動産の営業職は技術職だと思うんですよ。


会社設立後も2~3年はまだ土地の仕入れや販売をメインに行っていましたが、カインドエステートという会社名にしたことで、賃貸仲介のお客さんが来店するようになったのです。最初は事務の女性を一雇用したのですが、それでもどんどん忙しくなってきて社員を増やしていくうちに徐々に事業も賃貸へシフトしていきました。そこで気付いたのが、「売買よりも賃貸の方が堅い」ということ。基本的に商談したその日のうちに成約することが多いですし、売り上げや利益といた数字も見通すことができます。売買はなかなかそれが分からない。


1991年、バブルが崩壊した年に起業しました。私はむしろそれがチャンスだと思って起業に踏み切りました。ものは考えようですが、市場が一番冷え込んでいる時期を知っておけば、将来同じことがあった時にも対応できるのではないかと思ったのです。いい時しか知らないと、かえって悪い時に対応ができなくなる。善し悪しを知っておくという意味で、スタートの時に苦労をしておこうと考えたのです。


大久保薫(経営者)の経歴・略歴

大久保薫、おおくぼ・かおる。日本の経営者。「カインドエステート」社長。埼玉県出身。不動産デベロッパー勤務を経て大久保地所(のちのカインドエステート)を設立。

他の記事も読んでみる

河原成美

飲食店を始めたいという人から相談を受けることがありますが、「月いくら稼ぎたいのか」「どんな店にしたいのか」がハッキリしていない人はまず続きません。成功したいと思うなら、その「成功の形」をハッキリさせることが肝心です。何より明確な目標を持つことです。


長谷川武彦

ヒット商品になっている当社の電動ハイブリッド自転車「パス」は、94年の発売まで10年以上もかかりました。最初は補助動力としてエンジンを使ったのですが、快適な自転車にはとてもならなかった。モーターに切り替えてからも、ギクシャクとした感覚を解消し、違和感のない乗り物にするのはとても困難な仕事でした。それでも製品化でき、ヒット作に育ったのは、人力をアシストする乗り物、との発想には自信があり、そこにこだわり続けたからです。


出口治明

人生には波がある。天気と一緒で、晴れの日もあれば雨の日もある。その方が自然ですよね。鷹揚に構えていればいい。


坂根正弘

事業というのは必ず苦しい時があるわけです。経営者の判断能力を問われるのは「一時耐えることで再び上昇に向かうのか?」の判断です。「3年で雇用を増やせたのだったら、頑張って人数を減らさずにしておけばよかったじゃないか」とおっしゃる人がいると思うんです。でもそれでは危機感が生まれないんです。危機感を持ったから、会社が再スタートして、雇用を増やせるところまで来たんです。危機感がなければ再生はあり得なかったんです。


ジム・ロジャーズ

私は人生を楽しむ自由を手に入れたかった。人生は短い。遠くまで行け。そして深く考えよ。まず最も大事なことは、殺されないようにすること、二番目が人生を楽しむこと、三番目は世界を知ること。それがわたしのプライオリティです。


唐池恒二

手間を掛けていないものをお客様は見抜きます。そんなものにお金を払おうとは思いません。


出口治明

仕事とプライベートの比重を間違えないということも重要です。人生で過ごす時間において、働いているのは3割に達しません。大切なのは仕事ではなく、食べて寝て、家族や友人と楽しく過ごす時間です。仕事なんてどうでもいいと割り切れたら、八方美人になったり上司にゴマをすることがバカバカしくなります。絶対に譲れないと思うときは上司を打ち負かすつもりで臨めます。本当にいい仕事ができるのです。


飯尾慶介

僕はゴールをデジタルフルハイビジョン並みに妄想してみます。鮮明にイメージすればするほど足りていないところがわかってくる。その点を「いつまでにこれをやる」という時間軸に落とし込んでいくと、達成した姿が見えてきます。


中田敦彦

学校では稼ぐための教育は行なわれず、お金のことを考えるのは卑しいという潜在意識は、成長しても日本人の中にしっかり浸透しています。たとえば、「クオリティの高い成果物さえ出していればいい」という思い込み。とくに、こだわりの強い職人気質の方によく見られる傾向です。実は「面白いのに売れない芸人さん」もこの傾向が強いのです。「もっと面白くなる方法」ばかり追求して、それが即ち「売れる方法」だと誤解しているのです。そこはもう磨かなくていい、上手に稼ぐならこんな方法があるよ、とアドバイスしても全然ピンとこない様子。「お金を追い求めると芸が鈍る」と考える人も大勢います。これまた「稼ぎ vs やりがい」のジレンマに陥っています。「やりたいことをやって稼ぐ」方法を考えない、探らない。とても歯がゆいことです。働く皆さん、もうそろそろこんな思い込みは捨てませんか? 妙な清貧思想にこだわっても、時間と可能性を空費するだけです。「楽しく、かつお金になる仕事ってなんだろう?」と一人ひとりが考えて実践したら、日本の将来はもっと明るくなりますよ。稼ぐことは良いことであり、最高に楽しいことなのですから。


坂信弥

あるとき、私は木村14世名人に素人と玄人の違いを訪ねてみたことがあった。木村さんは「素人とは白紙に字を稽古している人、玄人とは真っ黒になった紙に習字をしている人だ」と言った。素人の方がいつも反省する機会がある。私は素人で結構だと思う。素人はまだ上達の余地がある。


樋口武男

私は「かきくけこが大事や!」とよく言います。「感動」「興味」「工夫」「健康管理」「恋」の頭文字。恋ってのは別に異性を好きになれじゃない。したり顔でわかったふりをするのではなく、純粋に前のめりに「ときめけ!」ということ。


西山敷

商品をやり取りする上で、お客様と私たちは川を挟んで対岸に立っているような状態です。ですが私はその川を渡って、お客様の傍に行きたい。お客様の立場で考えることの大切さを忘れないようにしたい。