名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保薫(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保薫(経営者)のプロフィール

大久保薫、おおくぼ・かおる。日本の経営者。「カインドエステート」社長。埼玉県出身。不動産デベロッパー勤務を経て大久保地所(のちのカインドエステート)を設立。

大久保薫(経営者)の名言 一覧

私自身、人間力の高い人材を作っていきたいと思っていますし、会社を通じて地域に還元できることがあれはしていきたいと思っています。大宮はいつ来ても楽しい街で活気があります。そんな「人が飽きない街」であり続けるために、当社ではこれからも地域に根差した経営をしていきたい。


お客さんも同じ物件を仲介してもらえるなら、より質の高い仲介の人に案内してもらいたいと思うのです。誰でもいいわけではない。やっぱり人柄の良く、勉強もしていて頼りになるような営業マンからモノは買いたいでしょうし、営業マンも自分の実力をどんどん開花させられる環境の方が楽しいはずですから。


地域の特徴や癖などもしっかりと把握した上でしっかりとお勧めします。もちろん法律など、仕事に必要な知識などを得ることも重要ですが、それを踏まえた上で、「大宮は昔からこういう街だよ」というように言えるようにならないといけない。ある意味で不動産の営業職は技術職だと思うんですよ。


会社設立後も2~3年はまだ土地の仕入れや販売をメインに行っていましたが、カインドエステートという会社名にしたことで、賃貸仲介のお客さんが来店するようになったのです。最初は事務の女性を一雇用したのですが、それでもどんどん忙しくなってきて社員を増やしていくうちに徐々に事業も賃貸へシフトしていきました。そこで気付いたのが、「売買よりも賃貸の方が堅い」ということ。基本的に商談したその日のうちに成約することが多いですし、売り上げや利益といた数字も見通すことができます。売買はなかなかそれが分からない。


1991年、バブルが崩壊した年に起業しました。私はむしろそれがチャンスだと思って起業に踏み切りました。ものは考えようですが、市場が一番冷え込んでいる時期を知っておけば、将来同じことがあった時にも対応できるのではないかと思ったのです。いい時しか知らないと、かえって悪い時に対応ができなくなる。善し悪しを知っておくという意味で、スタートの時に苦労をしておこうと考えたのです。


大久保薫(経営者)の経歴・略歴

大久保薫、おおくぼ・かおる。日本の経営者。「カインドエステート」社長。埼玉県出身。不動産デベロッパー勤務を経て大久保地所(のちのカインドエステート)を設立。

他の記事も読んでみる

高野登

普段からコミュニケーションを楽しもうとする姿勢が大事ではないでしょうか。米国にいた頃は、同僚へのカードに1ペニー硬貨を貼り、「これで好きなものを買ってくれ」と書いて渡したこともあります。当然、「1ペニーじゃ何も買えないよ!」というリアクションが返ってきます。そういうやり取りが楽しいんですよね。日本で1円玉を使ってやったときは、反応がいまいちでしたが(笑)。そうやって、自分の中の感性を鈍らせないようにしています。


上野和典

アイデアを2本出せと言われて、2本しか考えない人の案が良かったということはほとんどありません。良い案を出す人は、その良い案1、2本の裏で100本は考えているはず。その作業を通して、発想力そのものが鍛えられていく。


一戸明美

プライベートでマッサージをよく受けるのですが、私はサービスにとてもわがまま。自分が満足できるマッサージをすれば、お客さまが必ず喜んでくれるという自信があります。


塚本昌彦

自分が好きだ、楽しいと思えることを研究テーマにしなさい。


坂下英樹

企業の理念や考え方は、細か過ぎても伝わりにくい。シンプル過ぎても概念的になってしまって伝わらない。どれだけ特徴的でエッジが効いた言葉で表現するか。


石上芳男

売上げからコストを差し引いた者が利益。つまり、コストを知らないと利益が把握できません。サラリーマン個人でも、コスト意識を持つことが重要。


枡野俊明

心が穏やかな状態だからこそ、集中して能力が出し切れる。


鍵山秀三郎

経営とは進めるほどに、さまざまな副作用や副産物が必ずついて回るようになります。むしろそれらのマイナス面のほうが大きくなってくる。成功という目標だけを考えていると、表面上の達成に気を取られて、新たに見ていなければいけないことが分からずに、大きな誤算が生じるのです。ですから私は出世や成功を目標とすることを否定するわけではありませんが、それしかないということが問題だと申し上げたいのです。


コシノジュンコ

やったことがない仕事に取り組む時、私は「もしかしたら、それ得意かも」と思ってやってみます。TBSラジオで「MASACA」という番組を始めたのも、新たな挑戦です。毎週、「まさかこの人が」という著名人にご登場をいただいています。


本田有明

女性部下の訴えに対してなにより大事なのは、時間を取ってきちんと相手をし、訴える言葉に共感を示すこと。真剣に話を聞こうとする上司の姿勢が、結論にかかわらず部下のモチベーションを高めるのです。


佐々木圭一

相手には相手の都合がある。自分が思ったことや考えたことをそのまま言葉にしても伝わらない。まずは自分の都合で話さないことを意識していくことが、意見を通す際の第一段階。


村井美月

紙に書き出さなければアイデアは出てこないと思って、どんどん書くことをお勧めします。日ごろからアイデアノートをつけていれば、いざ明日は企画会議だ、という場合も、もう慌てることはなくなるはずです。