名言DB

9419 人 / 110788 名言

大久保薫(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

大久保薫(経営者)のプロフィール

大久保薫、おおくぼ・かおる。日本の経営者。「カインドエステート」社長。埼玉県出身。不動産デベロッパー勤務を経て大久保地所(のちのカインドエステート)を設立。

大久保薫(経営者)の名言 一覧

私自身、人間力の高い人材を作っていきたいと思っていますし、会社を通じて地域に還元できることがあれはしていきたいと思っています。大宮はいつ来ても楽しい街で活気があります。そんな「人が飽きない街」であり続けるために、当社ではこれからも地域に根差した経営をしていきたい。


お客さんも同じ物件を仲介してもらえるなら、より質の高い仲介の人に案内してもらいたいと思うのです。誰でもいいわけではない。やっぱり人柄の良く、勉強もしていて頼りになるような営業マンからモノは買いたいでしょうし、営業マンも自分の実力をどんどん開花させられる環境の方が楽しいはずですから。


地域の特徴や癖などもしっかりと把握した上でしっかりとお勧めします。もちろん法律など、仕事に必要な知識などを得ることも重要ですが、それを踏まえた上で、「大宮は昔からこういう街だよ」というように言えるようにならないといけない。ある意味で不動産の営業職は技術職だと思うんですよ。


会社設立後も2~3年はまだ土地の仕入れや販売をメインに行っていましたが、カインドエステートという会社名にしたことで、賃貸仲介のお客さんが来店するようになったのです。最初は事務の女性を一雇用したのですが、それでもどんどん忙しくなってきて社員を増やしていくうちに徐々に事業も賃貸へシフトしていきました。そこで気付いたのが、「売買よりも賃貸の方が堅い」ということ。基本的に商談したその日のうちに成約することが多いですし、売り上げや利益といた数字も見通すことができます。売買はなかなかそれが分からない。


1991年、バブルが崩壊した年に起業しました。私はむしろそれがチャンスだと思って起業に踏み切りました。ものは考えようですが、市場が一番冷え込んでいる時期を知っておけば、将来同じことがあった時にも対応できるのではないかと思ったのです。いい時しか知らないと、かえって悪い時に対応ができなくなる。善し悪しを知っておくという意味で、スタートの時に苦労をしておこうと考えたのです。


大久保薫(経営者)の経歴・略歴

大久保薫、おおくぼ・かおる。日本の経営者。「カインドエステート」社長。埼玉県出身。不動産デベロッパー勤務を経て大久保地所(のちのカインドエステート)を設立。

他の記事も読んでみる

高橋尚子

新しいものを手に入れるためには、今データが手に入ることをやっていたのでは打ち破ることはできません。「非常識の領域に行ってみよう」。その決断を下す度胸を持てたことがよかったわけです。


野村克也

監督は広報担当も兼任しなきゃいかんと思っています。なぜかというと、プロ野球は人気商売だからです。いまのファンは試合を見るだけでは満足しません。新聞を読んだり、テレビを観たりして、球団の裏側を覗きたがるわけだから、そういうものをファンに提供する義務が監督としてあると思います。マスコミとうまく付き合わなければ、プロ野球は成り立ちません。最近、マスコミ嫌いで通している監督がいますが、あれはプロ意識が足りないと思います。


大宮英明

船舶は、以前は受注のたび、設計を行う一品注文でした。しかし顧客が違っても、共通する部分はかなりあります。そこで、中量生産品と同様に設計の標準化・共通化を導入し、繰り返し型生産に近づける大改革を断行しました。結果、リードタイムが大幅に短縮され、品質も向上し、納品後のトラブルに対応する時間も減少しました。標準化・共通化は、いま全社で進めています。


工藤公康

入口はマネでも、その本質を知り、習得し、自分のモノにした時点で、その技術は自分のオリジナルになる。反復や練習を積み重ね、オリジナルを作り上げた時点で、初めて「盗んだ」といえる。


板橋悟

私は情報の読み取り方に3つのステップがあると考えます。

  1. Fact(事実)を知る。
  2. Opinion(意見)を持つ。
    得た情報を理解しただけでは単なる知識ですが、自分なりの意見が加味されれば、知恵になります。上司や取引先との会話のネタにもなるでしょう。
  3. Idea(アイデア)を持つ。
    得た情報をヒントに、新しいビジネスを発想する。ミドルマネジメントであれば、ここまで到達しなければなりません。

清水信次

僕が主張をするのは、公平性を欠くなど問題があるからです。僕が損をするとか得をするというのは関係ないのです。


森本千賀子

会社に出勤する前に、前日の仕事をチェックして、そこで自分のやるべき仕事とアシスタントに任せる仕事を振り分けたり、その日に自分がやらなければならない「TODO」をリストアップしたりしています。それをするのとしないのとでは、1日の仕事の効率がまったく違ってきます。


テリー伊藤

凡人は昔の自慢話をする。しかし、天才は昔の自分に興味がない。


森永雄太

仕事を見直すといっても、いきなり大きなことをやろうとすると、なかなか前に進みません。例えば、「普段話さない上司に少し話をして感触を探る」「仕事をする際に現場の人の声を少し聞いてみる」「この業務に詳しい人から情報収集してみる」など、小さなことの積み重ねが、やがて大きなジョブ・クラフティング(仕事の作り替え)につながっていくと考えられます。


鈴木修

いろいろな失敗をしたから、例えばインドは成功したのだろう。その分集中できたから。