名言DB

9412 人 / 110637 名言

大久保薫(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

大久保薫(経営者)のプロフィール

大久保薫、おおくぼ・かおる。日本の経営者。「カインドエステート」社長。埼玉県出身。不動産デベロッパー勤務を経て大久保地所(のちのカインドエステート)を設立。

大久保薫(経営者)の名言 一覧

私自身、人間力の高い人材を作っていきたいと思っていますし、会社を通じて地域に還元できることがあれはしていきたいと思っています。大宮はいつ来ても楽しい街で活気があります。そんな「人が飽きない街」であり続けるために、当社ではこれからも地域に根差した経営をしていきたい。


お客さんも同じ物件を仲介してもらえるなら、より質の高い仲介の人に案内してもらいたいと思うのです。誰でもいいわけではない。やっぱり人柄の良く、勉強もしていて頼りになるような営業マンからモノは買いたいでしょうし、営業マンも自分の実力をどんどん開花させられる環境の方が楽しいはずですから。


地域の特徴や癖などもしっかりと把握した上でしっかりとお勧めします。もちろん法律など、仕事に必要な知識などを得ることも重要ですが、それを踏まえた上で、「大宮は昔からこういう街だよ」というように言えるようにならないといけない。ある意味で不動産の営業職は技術職だと思うんですよ。


会社設立後も2~3年はまだ土地の仕入れや販売をメインに行っていましたが、カインドエステートという会社名にしたことで、賃貸仲介のお客さんが来店するようになったのです。最初は事務の女性を一雇用したのですが、それでもどんどん忙しくなってきて社員を増やしていくうちに徐々に事業も賃貸へシフトしていきました。そこで気付いたのが、「売買よりも賃貸の方が堅い」ということ。基本的に商談したその日のうちに成約することが多いですし、売り上げや利益といた数字も見通すことができます。売買はなかなかそれが分からない。


1991年、バブルが崩壊した年に起業しました。私はむしろそれがチャンスだと思って起業に踏み切りました。ものは考えようですが、市場が一番冷え込んでいる時期を知っておけば、将来同じことがあった時にも対応できるのではないかと思ったのです。いい時しか知らないと、かえって悪い時に対応ができなくなる。善し悪しを知っておくという意味で、スタートの時に苦労をしておこうと考えたのです。


大久保薫(経営者)の経歴・略歴

大久保薫、おおくぼ・かおる。日本の経営者。「カインドエステート」社長。埼玉県出身。不動産デベロッパー勤務を経て大久保地所(のちのカインドエステート)を設立。

他の記事も読んでみる

眞保智絵(鳥海智絵)

古賀(信行会長、当時社長)の秘書を務めていた時期が、ターニング・ポイントになったと思います。当時の社長秘書の役割は、社長がスムーズに仕事ができるように段取りを整えることが中心。経営に直接関与するわけではありません。しかし、それでも、のちに野村ホールディングスの経営企画部長や野村信託銀行の社長になったときに役に立った、グループ全体を見渡す視点を身につけることができました。社長秘書は社長から指示を受けて動くわけではなく、社長の立場に立って、自分で考えながら行動しなくてはならないからです。


トーマス・J・ワトソン

IBMのセールスマンには、妻子に敬われる人物になってもらいたい。母親が息子の職業を職業を尋ねられたとき、言葉を濁したりしなければならないようでは困る。


三浦展

人びとが直して使うことが楽しいと思えるようになってきています。そもそも、まだ使えるのにどんどん新品に買い替えさせようというシステムが反エコでしょう。もう、消費者に長く使われるような産業のサイクルではまずいわけです。そういう分野は中国に任せてしまって、日本はリペア(修理)やメンテナンス産業をもっと伸ばしたほうがいい。それが当然だという世の中になれば、そこに雇用が生まれるし、技術も伝承されます。それが消費拡大につながっていくと思います。


藤原秀次郎

会社はまず社員の幸せのためにある。


今森光彦

心が現地に同化して住みついてしまったら、写真も内側から楽しく撮るだけで客観性が失われます。田舎って、怖いんですよ。出会ったおじいちゃんが昆布を持ってきてくれたりと人も優しいし、空気もきれいで気持ちがいいから、つい同化したくなるんです。でも、写真を撮るという行為は緊張そのものであると僕は思っています。だから、よそ者としての緊張感がなければ、きっとダメになってしまうんじゃないかな。


井川幸広

一人の天才のアイデアは組織になると埋没してしまいますが、世の中に一人のアイデアが浸透すれば、もっと豊かになると思います。個人の持っている才能をいかに見出して世の中に広めるか、または社会に貢献させるかという役割を当社は成し遂げたい。


田川博己

私はいつもいうんですが、旅行会社の仕事というのは、海に浮かんだ氷山のように見え得るのは全体の3~4割程度で、6~7割は海の中にあって目には見えません。水鳥のように毎日、足をかきながら進んでいる。それが地域開発であったり、観光斡旋の仕事であったりするわけです。


近藤史朗

鉄壁を誇ったビジネスモデルも、いずれは大きく方向が変わることも考えながら進まなければいけません。


大橋徹二

景気はよくならないだろうという前提で、みんなでこれだけのことをやっていこう、自助努力でやっていくことが大事。景気が回復しようがどうしようが、それはもう別だということ。


松井弘之(経営者)

品質が良いのは当たり前。お客様は価値と価格がきちんと見合っているかを見ています。


阿部俊則

一番大事なのは、上司と部下の人間関係。我が社でも、頭ごなしに強引にやって失敗する社員はいます。しかし、人は心で動くということを見失わないようにしていくことが大切だと思います。


梛野憲克

サービスの種類だけでなく、実績や社内の経験・ノウハウを積み上げ、ストック型のビジネスモデルでサービスを進化させています。


津田大介

日本は既存のものを守ろうとするので、ラディカルには変わらない。たとえばアメリカにおいて、CDの販売は、ずっと販売店経由でした。でも、デジタルの時代になって一気にCDが消えて、音楽をネット経由のデータで買うようになった。一方、日本はCDの流通の仕組みを守りながらデジタル時代に対応しようとする。だから、CDの売上は落ちているものの、減り方が緩やかで、ここ数年、アメリカを抜いてCDの売上が世界一位になっちゃった。おそらく新聞も同じです。宅配する販売店を守りながらやろうとしているので、緩やかにしか電子化していかないと思います。


森下洋一

天命を悟って、その上で、みずからの人事を尽くすことが大事。


楊元慶(ヤン・ユアンチン)

強調したいのはハードはあくまでも顧客にサービスを提供する際の一つのインターフェース、入り口である、ということです。我々のハードを入り口にして、役立つサービスを顧客が享受できる世界を作っていきたい。