名言DB

9412 人 / 110637 名言

大久保秀夫の名言

twitter Facebook はてブ

大久保秀夫のプロフィール

大久保秀夫、おおくぼ・ひでお。日本の経営者。「フォーバル」会長。東京出身。國學院大學法学部卒業後、アパレル関連企業勤務を経て新日本工販(のちのフォーバル)を設立。同社を急成長させた。そのほか公益財団法人CIESF理事長などを務めた。

大久保秀夫の名言 一覧

コミュニケーションとは、安くなれば安くなっただけ増える。


セキュリティ事業は常に戦いです。こちらが考えても、相手もさらに考えるので、常に技術進歩したサービスを提供することが最も重要です。


フォーバルは社員全員に、営業マンと名乗るのをやめさせました。我々は「モノ」を売るのではなく、「コト」を売るコンサルタントに名前を変更しました。「このパソコンを使うことによって、事業はこのように変わります」、「このインターネットを使うことによって、このような対価があります」といった「コト」、つまりノウハウを売るのです。


実は普通の泥棒より、ネットワークの泥棒のほうが恐いのです。こちらの方が一回で大きなお金を持っていかれますからね。さらに恐いのが、お客様の個人情報の漏洩です。これは下手すれば、桁違いの損害賠償になります。視点を変えて考えてみると、ハッカーにとってはブロードバンド化は天国です。彼らはつけいる隙をねらって、苦労せず昼間に堂々と盗んでいきます。


社内全体で資格の取得を推進しています。コンサルタントとしてお客様に会ったとき、名刺をしっかりと見せ、自分はこういったプロであるとお客様もわかるほうが、安心して接することができます。それがこれからの時代で一番価値があると思っています。5年ほど徹底し、かなり高い取得率になりました。今では情報通信のコンサルタントとしてだけではなく、経営にも関与する総合コンサルタント部門もできました。


大久保秀夫の経歴・略歴

大久保秀夫、おおくぼ・ひでお。日本の経営者。「フォーバル」会長。東京出身。國學院大學法学部卒業後、アパレル関連企業勤務を経て新日本工販(のちのフォーバル)を設立。同社を急成長させた。そのほか公益財団法人CIESF理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤沢武夫

ホンダにコンピューターを入れたのは、日本の自動車会社の中で一番遅かったんじゃないかと思います。なぜかというと、自分たちの能力がまだ未熟のうちにコンピューターを入れてしまうと、人間がコンピューターを頼りにしてしまうからです。コンピューターに何を入力すればいいのかもわからないうちに買ってしまうとそうなります。


橋本孝之

人事評価の仕組も重要ですが、より重要なのは「求める社員像」を明確にすること。しかもその社員像を5~6年ごとに描きなおしていることです。


新田祥子

生まれつき「あがり症」の人などいません。必ず過去のどこかで自尊心が傷ついた体験があったはずです。小学校での朗読で失敗した、人から発声を笑われたなど、自分でも忘れているようなことかもしれません。それでも人間は常に過去の体験に基づいて未来を予測していますから、「過去もこうだったから未来もこうなるだろう」と予測してしまうのです。


佐々木正

未来を考える性分の私としては、デジタルの次に来る技術を見極めることが、死ぬまでの目標です。ポストデジタルを見極めるためには、デジタル技術の源になっている情報理論(シャノンの理論)をゼロから見直し、新理論を発見しなければなりません。もちろんいまの自分には、体力的にとてもできる話ではありません。だから自分の考えに共鳴し、自分の代わりに新理論を発見してもらえそうな科学者を探す旅を続けています。


高岡浩三

僕は最初、一番弱小の「マギー」というブイヨンを担当させられました。だから、社員にも、弱小で売りにくいと思われている商品を売ることができて初めて、一人前だと言い続けています。主力ブランドの担当だからエリートだという考えは違うよと。


木村昌平

当社では「現状を何も変えない社員は仕事をしていない」と見なしているのです。なぜなら、制度や仕組みではイノベーションは起きないからです。私はイノベーションを歓迎する企業風土が重要だと考えています。何度も「現状打破キャンペーン」を繰り返しています。


中谷彰宏

褒めるというのは、表現の問題ではありません。仕事の結果としてはまだ出ていないけれど、「こいつはこういうところで頑張っている」という点を見抜けるかどうか、つまり観察力があるかどうかの問題なのです。


宮沢俊哉

大体において、世の中の皆さんは失敗したからといってダメージを受け過ぎです。失敗大いに結構、むしろ積極的に経験すべきだと思います。何度もトライして、いくつも失敗すれば、それだけスキルが上がる。そのような見方をすれば、やる気がなくなることはありません。


小田和正

お客さんを前にして演奏するのは、とても大事なことで。実際にみんなの顔を見ないと、ズレていってしまう部分もありますね。逆にお客さんが楽しんでくれて、嬉しそうにしている顔を見ると、「そんなに喜んでくれるなら、もう何でもやっちゃうから!」という気持ちにもなります。


鈴木敏文

常に問題意識を持っていれば、大切な情報や必要な情報が頭の中に引っかかり、それをもとに意識を集中して仮説を立てていけば、ミスや失敗はかなり防げるはず。


岡本太郎

僕だってしょっちゅう行き詰っている。行き詰った方が面白い。それを突破してやろうと挑むんだ。もし、行き詰らないでいたら、ちっとも面白くない。


杉之原冨士子

モノであふれている家が急増しています。理由の一つは家の中には簡単にモノが入ってきますが、いったん入ると家から出にくくなっているから。また、親子、夫婦間でも自分のモノは干渉されたくないこともモノがあふれる理由です。


細谷功

私が意識しているのは、「失敗の反意語は成功である」とは考えないこと。普通は道が分かれた先に成功と失敗があり、成功に進めば○、失敗に進めば×と考えます。しかし、考え方を少し変えると、実は「成功・失敗」の分岐の前に、「チャレンジする・しない」という分岐があることに気づきます。今の自分がプレッシャーを感じる状況にいるということは、その時点で「チャレンジする」という道を選んだということです。そして失敗も成功も、チャレンジした先にしか存在しない。つまり、本当に×がつけられるべきは、「チャレンジしない」という選択をした場合であり、失敗の反意語は「何もしないこと」なのです。


中山秀征

重要なのはバスでの移動時間やロケの待ち時間。そこでの世間話からゲストの魅力が浮かび上がってくることもあります。会議室や机の上で考え、準備してきたデータよりも、違う話で盛り上がったのなら台本は思いきって変えてしまう。用意してきたものは、保険として役立ったと思えばいいんです。


ロバート・ルイス・スティーブンソン

希望は永遠の喜びである。人間の所有している土地のようなものである。年ごとに収益が上がって、決して使い尽くすことのできない確実な財産である。