名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

大久保真一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保真一のプロフィール

大久保真一、おおくぼ・しんいち。日本の経営者。「ダイオーズ」社長。東京都出身。中央大学卒業後、読売広告社勤務、家業の米屋経営などを経てダイオーズを設立。

大久保真一の名言 一覧

現場を見ることを一番の信条としています。ゼロから新しいものを作って、事業としての見通しが立つまでが自分の仕事です。ある程度できてきた段階からは幹部社員に任せています。


私どもは世の中にないようなものは行っていません。米国で成功した事例を、いち早く日本に持ってくるので、失敗がないのです。


いい会社の条件は多々ありますが、なんだかんだ言って社員が元気であること、そしてトップが元気であることが一番。


お客さまのニーズに寄り添い、満足してもらえる仕組みをつくって、日々提案しています。それはコーヒーだけではない、あらゆるサービスに結実しています。


これまでもM&A積極的に取り組んできましたが、他社から持ち掛けられる形でM&Aをするのでなく、自社で研究して経営方針などが合致するかどうかを検討します。M&Aが成功するかどうは、買収後の運営が最も大事なことです。


当社の商品は一度限りの販売ではなく、継続反復販売が可能なものしか扱いません。ワンウェイではなく、お貸し出しする機器を定期的にメンテナンスし、もし故障が発生したらすぐに対応します。これらのサービスをBtoBに特化して行っています。


今も私は年間200日は海外出張に行きますが、歩くことは世界中どこでもできます。歩くことは全ての基本。今後も歩くことで健康維持につとめたいと思います。


健康にはとくに気をつけています。早寝早起き、コンスタントに1日1万歩以上は歩く、そして朝昼晩と1日3度の食事をしっかりとる。これらのことを長年続けてきました。


私は、26歳の頃から2年間欧米の流通業で働きながら当時最先端のチェーンビジネスモデルを学びました。クリーンケア事業が軌道に乗った後に、これからダイオーズ独自の事業で、どのように発展していくかを考えていた時に、米国での従業員休憩室に置いてあったコーヒーサーバーを思い出しました。いずれ日本でもこういう時代がくるだろうと、当時の日本にいち早く取り入れたのです。欧米で過ごした20代の経験がなければこの発想は生まれなかったでしょうね。


年に3回全社員を対象に勉強会を実施しています。5月の全国大会では、海外の優秀な社員も招いて、それぞれの成功事例を発表してもらいます。成功事例をきちんと社員間で共有することは何よりも重要です。また、営業成績は部署ごとのデータが毎月発表され、貢献した人の努力がきちんと目に見えるような仕組みを整えています。


赤字を出していない理由は、景気による影響を受けにくい構造だからです。当社が継続したサービスを提供しているお客様は20万社以上ありますが、平均顧客単価は月1万円程度です。このように少額取引で不特定多数のお客様に対して、継続して複数年の契約を積み重ねています。求められるオフィスの必需品を必要な分だけ提供しています。創業以来赤字を出したことがないのは、このような理由からだと思います。


当社は事業所の継続サービスニーズをワンストップで、トータルに提供することができます。また、お客様とは長期の契約を結び定期的に訪問し、フォローする仕組みが出来上がっているため、継続率が非常に高いのが特長です。


大久保真一の経歴・略歴

大久保真一、おおくぼ・しんいち。日本の経営者。「ダイオーズ」社長。東京都出身。中央大学卒業後、読売広告社勤務、家業の米屋経営などを経てダイオーズを設立。

他の記事も読んでみる

兼元謙任

人間はお互い、問いと答えを投げ交わすことで、分かり合えるし、知恵も出せます。でも私は他人に対して問いを投げかけていなかったんです。そこで、「どんなことでも誰かに気軽に質問でき、それに詳しい人が丁寧に答えてくれたらいいな」という考えが芽生えました。そうした頭の中のイメージが、インターネットと結びついて現在の「Q&Aサイト」の構想につながりました。


植木義晴

どれだけ準備をしても、想定外のことは起こります。そのとき、それまでに何度も思考を重ね、問題を解決してきたプロセスが役に立つ。何千回、何万回も繰り返してきたからこそ、想定外の事態が起こっても、ごく短時間で最善の判断を下すことができる。


宋文洲

リーマン・ショックで、私もビジネスと投資の両方で大きな痛手を受けました。もちろん、不愉快で嫌だった。でも、いまでもハイリスクの投資は続けてます。失敗したときに、お金を失うのは、まだいい。リスクを取る気持ちをなくしてしまうのは、向上心をなくすのと一緒だよ。


荒木三郎(経営者)

当社の強みは米モルガン・スタンレーが40%出資する証券会社だという強みも生かしたい。今後、国境や業種を超えたM&A(合併・買収)や提携はますます活発になるでしょう。モルガン・スタンレーはグローバルな業種に関する知見は世界トップクラス。どの企業と組むべきかといったアドバイスができる上、各国の税制や規制などのハードルについても、豊富な経験を駆使して顧客をサポートできます。


長谷川宏

労働には本来、喜びの要素が十分に備わっています。問題は私たちがそのような労働本来の喜びに対して、目を向けることが少なくなっていることでしょう。


おかざき真里

(『阿・吽』は)チャレンジできる原作はないかと探していたところにいただいたお話だったんです。できることなら普段自分が描きがちなものからは遠い、広い視野をもった作品を手がけたいと思っていた私には渡りに船に見えてしまいました。


北尾吉孝

「野心」ではなく「志」を持っていることが、経営者に一番求められるんではないでしょうか。


加来耕三

歴史学は答えを求める学問でありません。プロセスを幾重にも考えることが重要。その思考の反復で、困難に対する解決策を思いつく力が養われる。


ケインズ

経済学は論理学の一分野であり、思考の一方法です。経済学は本質的にモラル・サイエンスであって自然科学ではありません。


石川和男(税理士)

多忙なビジネスマンにとっては、「スキマ時間」をいかに活用できるかも勝負どころ。その極意は、3つあります。

  1. 事前にやることを決めておくこと。今日は何を覚えようか、どのテキストを開こうかと悩んでいたら、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
  2. スマホの電源はオフにするか、音が出ないようにしておくこと。着信音が鳴るたびに注意をそがれてしまい、これまた時間のムダになります。
  3. オーディオブックをフル活用すること。「耳で覚える」学習は、通勤電車内や移動中に最適です。

出口治明

目標がなければ仮の目標をつくって、何歳までにそれを実現するかも決めて頑張ってみましょう。そうしているうちに、本当にやりたいことが見えてくるかもしれません。


黒木幸代

大切にしているのは、数多くの店の中で当店を選んでいただいていることへの感謝。そして人の輪を大切にするということ。あとはチャレンジする勇気です。