名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大久保真一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保真一のプロフィール

大久保真一、おおくぼ・しんいち。日本の経営者。「ダイオーズ」社長。東京都出身。中央大学卒業後、読売広告社勤務、家業の米屋経営などを経てダイオーズを設立。

大久保真一の名言 一覧

現場を見ることを一番の信条としています。ゼロから新しいものを作って、事業としての見通しが立つまでが自分の仕事です。ある程度できてきた段階からは幹部社員に任せています。


私どもは世の中にないようなものは行っていません。米国で成功した事例を、いち早く日本に持ってくるので、失敗がないのです。


いい会社の条件は多々ありますが、なんだかんだ言って社員が元気であること、そしてトップが元気であることが一番。


お客さまのニーズに寄り添い、満足してもらえる仕組みをつくって、日々提案しています。それはコーヒーだけではない、あらゆるサービスに結実しています。


これまでもM&A積極的に取り組んできましたが、他社から持ち掛けられる形でM&Aをするのでなく、自社で研究して経営方針などが合致するかどうかを検討します。M&Aが成功するかどうは、買収後の運営が最も大事なことです。


当社の商品は一度限りの販売ではなく、継続反復販売が可能なものしか扱いません。ワンウェイではなく、お貸し出しする機器を定期的にメンテナンスし、もし故障が発生したらすぐに対応します。これらのサービスをBtoBに特化して行っています。


今も私は年間200日は海外出張に行きますが、歩くことは世界中どこでもできます。歩くことは全ての基本。今後も歩くことで健康維持につとめたいと思います。


健康にはとくに気をつけています。早寝早起き、コンスタントに1日1万歩以上は歩く、そして朝昼晩と1日3度の食事をしっかりとる。これらのことを長年続けてきました。


私は、26歳の頃から2年間欧米の流通業で働きながら当時最先端のチェーンビジネスモデルを学びました。クリーンケア事業が軌道に乗った後に、これからダイオーズ独自の事業で、どのように発展していくかを考えていた時に、米国での従業員休憩室に置いてあったコーヒーサーバーを思い出しました。いずれ日本でもこういう時代がくるだろうと、当時の日本にいち早く取り入れたのです。欧米で過ごした20代の経験がなければこの発想は生まれなかったでしょうね。


年に3回全社員を対象に勉強会を実施しています。5月の全国大会では、海外の優秀な社員も招いて、それぞれの成功事例を発表してもらいます。成功事例をきちんと社員間で共有することは何よりも重要です。また、営業成績は部署ごとのデータが毎月発表され、貢献した人の努力がきちんと目に見えるような仕組みを整えています。


赤字を出していない理由は、景気による影響を受けにくい構造だからです。当社が継続したサービスを提供しているお客様は20万社以上ありますが、平均顧客単価は月1万円程度です。このように少額取引で不特定多数のお客様に対して、継続して複数年の契約を積み重ねています。求められるオフィスの必需品を必要な分だけ提供しています。創業以来赤字を出したことがないのは、このような理由からだと思います。


当社は事業所の継続サービスニーズをワンストップで、トータルに提供することができます。また、お客様とは長期の契約を結び定期的に訪問し、フォローする仕組みが出来上がっているため、継続率が非常に高いのが特長です。


大久保真一の経歴・略歴

大久保真一、おおくぼ・しんいち。日本の経営者。「ダイオーズ」社長。東京都出身。中央大学卒業後、読売広告社勤務、家業の米屋経営などを経てダイオーズを設立。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

やる気をオフにする大切さも忘れないでください。自分のキャパを超える仕事量を頼まれたとき、ものすごく評価される見込みがあるなら挑戦してもいい。でも、ツラいだけなら、ここまでしかできませんでしたと正直に申告していいんです。自分を追い込んで、ムリを重ねると、さらにドンドン押しつけられてオーバーワークになります。大事なのは、やる気をコントロールすること。出し続けるだけでも、不足してもダメ。


ブライアン・マーティーニ

当社の研修では、パラダイムシフト、つまり視点を変えることによって、より生産的で効果的な行動、考え方ができるよう変化を促します。例えば第1の習慣「主体的である」は、どんな環境でも成果を上げるための基本といえるでしょう。


青野慶久

今後は間違いなく個性のない企業は劣勢に立たされるでしょう。だから我々は「グループウェア」1本に絞って、ますます磨きを掛けていきます。


齋藤孝(教育学者)

問いが具体的になっていれば、それに対する答えも自然と具体的になります。


ダン・ケネディー

最も有能で高給取りの広告マンは、実にきちんとした人たちで、膨大なデータを集めて検討し、じっくり考えて結論を導き出していた。いまでは、私もこのやり方の良さがよくわかっている。「新しい」「オリジナル」なアイデアは敬遠する。どうせ魚を釣るなら、いけすの中に居る魚を釣りたい。それも小さないけすで、水を張ってない方がいい。大きい魚に越したことはないし、できれば機関銃を使って仕留めたい。


松井道夫

自ら変化の幕を開け、変化をくぐり抜けてきた人間でないと、今後来る大変化は予測できない。


野木森雅郁

自分の仕事やキャリアに直接関係のある勉強をするのは大事なことですが、それ以外のことは無駄だと切り捨ててしまうのは賢明な態度とは言えません。


ガー・レイノルズ

プレゼンの中身についてのアイデアを書き出すとき、質より量を重視します。クレイジーなアイデアが、素晴らしいアイデアに結びつく可能性もあるのです。


徳重徹

日本とシリコンバレーの違いはセーフティネットの有無です。アメリカのベンチャー企業の間には、濃いネットワークがあります。事業やそこで働く人材の情報が企業同士で交換されていて、たとえ経営する企業や属する企業が潰れても、優秀な人材であれば次を見つけることができる。企業同士のつながりがセーフティネットとなり、それが失敗を恐れずにベンチャーの世界に飛び込める土壌となっているのです。


岡野雅行(岡野工業)

「痛くない注射針」は、もう特許は切れたけど、いまだ誰も真似できない。俺しか作ることができないからさ。これが本当の特許なんだ。


高橋淳(パイロット)

毎日起きたことを反省し、明日は今日より良くしようと考える。一生、成長。そう思えば、老後は楽しいよ。


石橋信夫

天下の国鉄といえど、昔は駕籠(かご)かきだったではないか。今も日立から部品が入ってこなければ何もできない。日立だって社員40名からスタートしたと聞いている。どんな大きな会社も、小さな時代はあったではないか。
【覚書き|大和ハウス工業を創業したてのころ、国鉄にセールスに行ったときに「そんな小さな会社に天下の国鉄が発注できるか」と言われたときの発言】