大久保真一の名言

大久保真一のプロフィール

大久保真一、おおくぼ・しんいち。日本の経営者。「ダイオーズ」社長。東京都出身。中央大学卒業後、読売広告社勤務、家業の米屋経営などを経てダイオーズを設立。

大久保真一の名言 一覧

現場を見ることを一番の信条としています。ゼロから新しいものを作って、事業としての見通しが立つまでが自分の仕事です。ある程度できてきた段階からは幹部社員に任せています。


私どもは世の中にないようなものは行っていません。米国で成功した事例を、いち早く日本に持ってくるので、失敗がないのです。


いい会社の条件は多々ありますが、なんだかんだ言って社員が元気であること、そしてトップが元気であることが一番。


お客さまのニーズに寄り添い、満足してもらえる仕組みをつくって、日々提案しています。それはコーヒーだけではない、あらゆるサービスに結実しています。


これまでもM&A積極的に取り組んできましたが、他社から持ち掛けられる形でM&Aをするのでなく、自社で研究して経営方針などが合致するかどうかを検討します。M&Aが成功するかどうは、買収後の運営が最も大事なことです。


当社の商品は一度限りの販売ではなく、継続反復販売が可能なものしか扱いません。ワンウェイではなく、お貸し出しする機器を定期的にメンテナンスし、もし故障が発生したらすぐに対応します。これらのサービスをBtoBに特化して行っています。


今も私は年間200日は海外出張に行きますが、歩くことは世界中どこでもできます。歩くことは全ての基本。今後も歩くことで健康維持につとめたいと思います。


健康にはとくに気をつけています。早寝早起き、コンスタントに1日1万歩以上は歩く、そして朝昼晩と1日3度の食事をしっかりとる。これらのことを長年続けてきました。


私は、26歳の頃から2年間欧米の流通業で働きながら当時最先端のチェーンビジネスモデルを学びました。クリーンケア事業が軌道に乗った後に、これからダイオーズ独自の事業で、どのように発展していくかを考えていた時に、米国での従業員休憩室に置いてあったコーヒーサーバーを思い出しました。いずれ日本でもこういう時代がくるだろうと、当時の日本にいち早く取り入れたのです。欧米で過ごした20代の経験がなければこの発想は生まれなかったでしょうね。


年に3回全社員を対象に勉強会を実施しています。5月の全国大会では、海外の優秀な社員も招いて、それぞれの成功事例を発表してもらいます。成功事例をきちんと社員間で共有することは何よりも重要です。また、営業成績は部署ごとのデータが毎月発表され、貢献した人の努力がきちんと目に見えるような仕組みを整えています。


赤字を出していない理由は、景気による影響を受けにくい構造だからです。当社が継続したサービスを提供しているお客様は20万社以上ありますが、平均顧客単価は月1万円程度です。このように少額取引で不特定多数のお客様に対して、継続して複数年の契約を積み重ねています。求められるオフィスの必需品を必要な分だけ提供しています。創業以来赤字を出したことがないのは、このような理由からだと思います。


当社は事業所の継続サービスニーズをワンストップで、トータルに提供することができます。また、お客様とは長期の契約を結び定期的に訪問し、フォローする仕組みが出来上がっているため、継続率が非常に高いのが特長です。


大久保真一の経歴・略歴

大久保真一、おおくぼ・しんいち。日本の経営者。「ダイオーズ」社長。東京都出身。中央大学卒業後、読売広告社勤務、家業の米屋経営などを経てダイオーズを設立。

他の記事も読んでみる

庵野秀明

世間を相手にやろうと思ったら、世間が認めるような形にしなきゃまずいですよね。


及川智正

人間的成長の部分は、農作物と向き合うだけなく、他人との交流が必要です。そこで、他の生産者他の農業以外の業界の人とも情報交換ができるようなプラットフォームを今後作っていきたい。農家は弱い立場で守るべき立場の人ではありません。他の産業と同じだと思います。人間との対話が成長に一番大事なので、そういう場や機会を作っていきます。


西藤彰

イニシャルコスト(初期費用)は価格を下げればいいわけですから簡単。しかし、ランニングコストを下げる機械は、ものすごい努力をしなければ開発できない。


永田豊志

仕事でのノートやメモは、一字一句記録する「議事録」ではないと意識変換をすべきです。一字一句記録したいなら、レコーダーを使えばいいだけの話。書き留めるのはあくまで「エッセンス」のみ。私は一時間程度の商談ならば、メモを取るのは2つか3つくらいです。


高橋英樹(俳優)

人生、難しく考えることも大事だけど、シンプルに捉えることもできる。人は、物を食べると口角がクイッと上がって、笑顔になるし、落ち込んでも空腹のときよりは気分がよくなっていく。


小林雅

いい人材が採用できないと嘆く経営者がいるが、すべて自分を反映している鏡だと考えた方がいい。


小出伸一

利益追求型モデルではなく、社会に貢献するために何をしなければいけないか、本気で議論する時間も設けています。


小林栄三

我々はいつもガツガツしていました。伊藤忠の人間が通った後にはぺんぺん草も生えていないと言われた時期もあった。生き残るためにリスクのある商売をしなければならなかったのです。


大葉ナナコ

精子と卵子が無事に出会い、私たちが生まれてくる確率は700兆分の1と言われています。これって、奇跡だと思いませんか?なのに、テレビドラマの出産シーンでは、血だらけの赤ちゃんやお母さんの叫び声ばかり。赤ちゃん、つまり遠き日の自分が頑張って生まれてきたということに気づく機会はあまりないのです。


沢渡あまね

自分の強みをお金に変えるにはストーリー力が不可欠。自分が何者で、いま何をしていて、これから何を目指したいか、時間軸の中で一貫した自分の物語を作っている人は強いですね。


鍵山秀三郎

社会のルールに反しなければ事業が成立しないのであれば、そんな会社はないほうがいい。私は自分の子供にしても、有名大学を出てエリートになって欲しいとは思っていません。その社会のルールに反したような生き方はしてもらいたくない、ただそれだけですね。有能であって人に迷惑をかけるくらいなら、無能で人に迷惑をかけない人になって欲しい。これが私の基本的な考え方です。


田中ウルヴェ京

思考のクセを知るにはセルフトークノートをつけること。その日あった様々な出来事と、それに対して自分がどう感じたかを率直に書く。私自身、以前は本当の意味での感謝などほとんどできていない人間でした。むしろメダル獲得後、もっと自分は注目されていいのにと、不平不満が募っていたのです。セルフトークノートをつけ、後から読み返して、バカじゃないのと思えるくらい、自分の思考が偏っているのを感じましたそこから少しずつ、思考のクセに気づき、直していきました。


北条早雲

人の行ないの善悪などというものは、皆その友人によるといっても過言ではない。昔から「人が二人集まれば、その中に何かの点でわが手本とする者がいる。すなわち、善い行ないをする者には自己もこれに見習い、悪い点をもっている者には従わぬようにする」というような言葉も残っているのである。


宮坂学

ヤフーを辞めた人は累計で数千人いると思います。しかし、考え方を変えれば、辞めた人を活用すればいいのです。最近は「ヤフーをやめた人材は”ヤ僑(ヤフー版華僑)”だよね」なんて言い方もしています。実際に、第一回目の「ヤ僑ナイト」を先日やり、いろいろ情報交換をしました。ポジティブに考えれば、これほど心強いネットワークはありません。


高原慶一朗

企業はリーダーの器以上に成長しない。


ページの先頭へ