名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保直子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保直子のプロフィール

大久保直子、おおくぼ・なおこ。日本のマナーコンサルタント。東京出身。学習院大学法学部卒業後、BMW東京に入社。同社で6年半営業を経験したのち、スペインの陶磁器メーカー日本法人「リヤドロ・ジャパン」、人材派遣会社、社員教育・研修会社を経て独立。ビジネスマナーなどについて教えている。著書に『オトナのたしなみ接待・おつきあい入門』ほか。

大久保直子の名言 一覧

接待では、日常のビジネスを越えた人間同士のつき合いとして、相手への敬意を忘れずにもてなし役に徹しましょう。それがゆくゆくは発展的な関係を生み出す礎となっていくはずです。


接待という非日常のビジネスシーンは、日頃の仕事では見えてこない、お互いのセンスや人間性まで垣間見えてしまう場です。そのぶん、接待する側は緊張しますが、これをきっかけに相手に好感や親しみを持ってもらえれば、ビジネスの利害関係を超えた、人と人のつながりが生まれてきます。


会食などでの会話の内容は、双方がリラックスして楽しめる話題を中心にしましょう。また、会話を盛り上げるには、ある程度の知識や教養が必要となってきます。相手の言っていることがまったくわからないという事態にならないよう、日頃から新聞や本に目を通し、さまざまなジャンルのことに関心を広げておくように心がけましょう。たとえ知らないことでも相手に質問をしたり、話を広げたりして、会話を上手につなげていくコミュニケーションのセンスは持ちたいものです。


テーブルマナークラスで「相手が話している間は、食事の手を休めるべきか」という質問がよくありますが、基本は食べながら会話を進めるのがマナーです。話に夢中になり料理がどんどん冷めていくのはお店に対して失礼で、食事のマナーにも適っていません。


お店選びは、接待の成否の大きな決め手となります。つき合いのある店があればそれに越したことはありませんが、相手によって変わる料理のタイプやアクセスを考えると、必ずしも条件に当てはまるとは限りません。そんなときは、下見を兼ねて一度食事に出かけてみることをお勧めします。


接待は、コミュニケーションの場ですから、相応の「教養力」も求められます。会話で必要なのは、単なる聞き役になることではなく、相手の話を受けてコメントや質問をする反応の良さです。それには日頃から自分の関心分野だけにとどまらず、いろいろなことに興味を持ち、吸収しようという姿勢を持つことです。それは中堅ビジネスマンとして備えていたい、視野の広さや度量にもつながっていくはずです。


あらかじめ相手の好みをリサーチしておくことも、相手を喜ばせる接待の重要なポイントです。日頃から接待や食事会などが生じる可能性がありそうな相手には、会話の中でさりげなく引き出しておく、先を読んだ行動が肝要です。


ときには自己投資として、接待向きの上等な店に足を運び、料理の盛り付けや食器のあしらい、お店の雰囲気、サービス、そして、周りのお客さんの様子や会話、服装などを意識して観察することが必要です。良いものを知ることで、正しい判断基準は養われていくのです。こうした場に慣れることで、テーブルマナーを守りながら、ゆったりと会話を楽しむ余裕も備わってきます。


接待のために使うお店を判断するうえで、内装や立地、価格、人気度などは、ごく表面的な要素と考えてください。これだけでは、お店の格までは判断できません。それよりももっとさりげない部分――たとえば、フレンチやイタリアンならば、よく磨かれたシルバーのカトラリー(ナイフやフォークなどの食卓用金物)やクリスタル製のグラスを使い、日本料理ならば掛け軸や生け花にも季節を感じさせるあしらいがなされている――など細部に至るまで配慮の行き届いた店を見分ける目が必要です。


相手に喜ばれるいい接待をするには、それなりの用意周到さが必要です。その準備段階として、「場慣れ力」と「リサーチカ」、そして「教養力」を日頃から鍛えておきましょう。


接待は日常の仕事の枠を越えた場で「ともにいい時間を過ごす」ことに意義があります。それによって相手と心を通わせて、仕事を円滑に進めるための地ならしができるのです。


接待を終わらせるタイミングは、相手にゆだねず、こちらが仕切り役となってさりげなく締めていきましょう。


大久保直子の経歴・略歴

大久保直子、おおくぼ・なおこ。日本のマナーコンサルタント。東京出身。学習院大学法学部卒業後、BMW東京に入社。同社で6年半営業を経験したのち、スペインの陶磁器メーカー日本法人「リヤドロ・ジャパン」、人材派遣会社、社員教育・研修会社を経て独立。ビジネスマナーなどについて教えている。著書に『オトナのたしなみ接待・おつきあい入門』ほか。

他の記事も読んでみる

坪田信貴

人には様々なタイプがあり、適職もそれによって異なります。親が子供を指導する際は、タイプごとに異なるアプローチが必要です。たとえば「慶應に受かったら、友達がいっぱいできるしアナウンサーになれるかも」と声をかけても、「それはいい。頑張ろう」と考える子も、「世の中そんなに甘くない」と考える子もいますから、効果はまちまちです。まずは、子供のタイプを知ることが大切。


三枝匡

どんな組織にも、どの世代にも必ず「血の騒ぐヤツ」がいるものです。こういう人材を探して、抜擢することが重要です。リーダーには向き不向きがありますから、血の騒がない人には、地道な作業を着実に積み重ねる仕事を担当してもらうのがいい。それが人を生かす道だと思います。


宮内大介

松山で5名の従業員からスタートした三浦工業のビジネスが、今では世界へと広がり始めています。それは「世界のお客様に省エネルギーと環境保全でお役に立つ」という経営理念のもと、私たちの製品がお客様のお役に立つなら、日本だけじゃなく世界にも通用するのではないか。そういう自然な流れで世界へと歩みを進めているわけです。


リンダ・グラットン

起業家を育成するのは教育の問題だけでなく、社会風潮の問題もあります。たとえばシンガポールの優秀な若者の多くは政府に就職します。一方、インドでは優秀な若者ほど起業家になる傾向が強い。インド発の優良企業が増えているのも、そういう土壌があるからだと思います。


ルイス・ガースナー

IBMのお客様が、IBMを経営していると思ってほしい。


高島郁夫

読み終わった本や雑誌はどんどん捨てます。自宅にある本は20冊くらいかな。情報は使い終わったら捨ててしまってもいいものなんです。


大室正志

仕事がどれだけつらくても、土日に趣味を楽しめるうちは大丈夫です。ところが、それすらも面倒な気分になったら黄色信号。このシグナルが出たら、産業医や上司に相談したほうがいいでしょう。


藤井孝一

どんな小さいネタでもいい。自分がやれること、やりたいことを既存のビジネスモデルと組み合わせる。それだけで単なる会社員を脱皮し、新しい働き方の世界に足を踏み入れることができるでしょう。


アルバート・アインシュタイン

たとえ国家が要求したとしても良心に反することは決してしてはならない。


大田正文

初対面では仕事に紐づかない、利害関係のない趣味の集まりだからこそ仲良くなれ、人間関係が築かれるからこそ、話せることもあるのです。


小山信康

ストレスを抱えこむことなく、カンタンに節約が達成できてしまう。一度(加入)手続きしただけで、節約効果が毎月、自動的に持続していく。これは節約成功の大鉄則。


瀧靖之

何かを続けたいと思ったら、まずは、その習慣化したいことの先にある夢や目標を明確化すること。