名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保直子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保直子のプロフィール

大久保直子、おおくぼ・なおこ。日本のマナーコンサルタント。東京出身。学習院大学法学部卒業後、BMW東京に入社。同社で6年半営業を経験したのち、スペインの陶磁器メーカー日本法人「リヤドロ・ジャパン」、人材派遣会社、社員教育・研修会社を経て独立。ビジネスマナーなどについて教えている。著書に『オトナのたしなみ接待・おつきあい入門』ほか。

大久保直子の名言 一覧

接待では、日常のビジネスを越えた人間同士のつき合いとして、相手への敬意を忘れずにもてなし役に徹しましょう。それがゆくゆくは発展的な関係を生み出す礎となっていくはずです。


接待という非日常のビジネスシーンは、日頃の仕事では見えてこない、お互いのセンスや人間性まで垣間見えてしまう場です。そのぶん、接待する側は緊張しますが、これをきっかけに相手に好感や親しみを持ってもらえれば、ビジネスの利害関係を超えた、人と人のつながりが生まれてきます。


会食などでの会話の内容は、双方がリラックスして楽しめる話題を中心にしましょう。また、会話を盛り上げるには、ある程度の知識や教養が必要となってきます。相手の言っていることがまったくわからないという事態にならないよう、日頃から新聞や本に目を通し、さまざまなジャンルのことに関心を広げておくように心がけましょう。たとえ知らないことでも相手に質問をしたり、話を広げたりして、会話を上手につなげていくコミュニケーションのセンスは持ちたいものです。


テーブルマナークラスで「相手が話している間は、食事の手を休めるべきか」という質問がよくありますが、基本は食べながら会話を進めるのがマナーです。話に夢中になり料理がどんどん冷めていくのはお店に対して失礼で、食事のマナーにも適っていません。


お店選びは、接待の成否の大きな決め手となります。つき合いのある店があればそれに越したことはありませんが、相手によって変わる料理のタイプやアクセスを考えると、必ずしも条件に当てはまるとは限りません。そんなときは、下見を兼ねて一度食事に出かけてみることをお勧めします。


接待は、コミュニケーションの場ですから、相応の「教養力」も求められます。会話で必要なのは、単なる聞き役になることではなく、相手の話を受けてコメントや質問をする反応の良さです。それには日頃から自分の関心分野だけにとどまらず、いろいろなことに興味を持ち、吸収しようという姿勢を持つことです。それは中堅ビジネスマンとして備えていたい、視野の広さや度量にもつながっていくはずです。


あらかじめ相手の好みをリサーチしておくことも、相手を喜ばせる接待の重要なポイントです。日頃から接待や食事会などが生じる可能性がありそうな相手には、会話の中でさりげなく引き出しておく、先を読んだ行動が肝要です。


ときには自己投資として、接待向きの上等な店に足を運び、料理の盛り付けや食器のあしらい、お店の雰囲気、サービス、そして、周りのお客さんの様子や会話、服装などを意識して観察することが必要です。良いものを知ることで、正しい判断基準は養われていくのです。こうした場に慣れることで、テーブルマナーを守りながら、ゆったりと会話を楽しむ余裕も備わってきます。


接待のために使うお店を判断するうえで、内装や立地、価格、人気度などは、ごく表面的な要素と考えてください。これだけでは、お店の格までは判断できません。それよりももっとさりげない部分――たとえば、フレンチやイタリアンならば、よく磨かれたシルバーのカトラリー(ナイフやフォークなどの食卓用金物)やクリスタル製のグラスを使い、日本料理ならば掛け軸や生け花にも季節を感じさせるあしらいがなされている――など細部に至るまで配慮の行き届いた店を見分ける目が必要です。


相手に喜ばれるいい接待をするには、それなりの用意周到さが必要です。その準備段階として、「場慣れ力」と「リサーチカ」、そして「教養力」を日頃から鍛えておきましょう。


接待は日常の仕事の枠を越えた場で「ともにいい時間を過ごす」ことに意義があります。それによって相手と心を通わせて、仕事を円滑に進めるための地ならしができるのです。


接待を終わらせるタイミングは、相手にゆだねず、こちらが仕切り役となってさりげなく締めていきましょう。


大久保直子の経歴・略歴

大久保直子、おおくぼ・なおこ。日本のマナーコンサルタント。東京出身。学習院大学法学部卒業後、BMW東京に入社。同社で6年半営業を経験したのち、スペインの陶磁器メーカー日本法人「リヤドロ・ジャパン」、人材派遣会社、社員教育・研修会社を経て独立。ビジネスマナーなどについて教えている。著書に『オトナのたしなみ接待・おつきあい入門』ほか。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

中間管理職は、上からの情報を自分の言葉で噛み砕き、部下に組織の進むべき方向性を示しつつ、下の情報を取捨選択したうえで、優先順位をつけて上に伝える。もめ事を裁く父性と同時に、温かく見守り励ます母性も発揮する。そうすることで、組織内のコミュニケーションがよくなります。


大島康朋

10年ほど前、物流部門のトラックにGPS車両動態管理システムを導入しました。ドライバーの仕事ぶりはオフィスにいては見えませんから、システムを通じて客観的に評価したいと思ったんです。自己アピールの上手な者だけが、上手いこと生きていけるような会社にはしません。それに人間なら、「ついアイドリングを止めなかった」「効率の悪い運転をしてしまった」ということがあるでしょう。システムを使えばドライバーを人間の弱さや間違いから守ってやれるんです。


川島永嗣

体験するって大事だと思うんです。外国人と交流する場に参加したり、海外を旅したりする実体験が、英語を話せればいいなという漠然とした思いから、「話したい」「いろんな文化や考え方を知りたい」という強い欲求に変わるんだ思います。


辻野晃一郎

40代にもなると腰が重くなりがちですが、人に聞いたり、本や雑誌を通じて情報収集したりするだけではなく、ときには体当たりで知識を吸収することです。


守安功

私は常に興味の対象が変わっていくタイプです。技術者になったときも、プログラムがすごく好きだったというわけではなく、それを使って新しいサービスをやっていくことに興味がありました。ひとつのことを続けているとつまらなくなるし、色々なことをやってみたいのです。


石田淳(コンサルタント)

褒めるとは不足行動(やるべきなのにやっていない不足している行動)を促し、叱るとは過剰行動(やるべきではないのにやっている過剰な行動)を抑制することを指します。押さえておくべきポイントは、不足行動は誘惑に弱いということです。たとえば、営業マンが勤務中に喫茶店で居眠りをするのは、不足行動を邪魔するライバル行動であり、過剰行動です。よって、人は褒めるだけでは目標に到達しづらく、適度に叱ることで過剰行動を抑える必要があるのです。両者をバランスよく使うことで、目標達成までのスピードは速くなるといっていいでしょう。


梶原しげる

相手への関心や気遣い、好意を示していくのが大人の会話の入り口です。


柴田英寿

まずは小さな成功を目指しましょう。すぐに取り組めて、容易に稼げる手段を選ばないと、副収入への第一歩は踏み出せません。ネットビジネスのような少ない元手から資金を育て、不動産投資のような長期的な継続収入につなげるのが理想のモデルだと私は考えています。


城谷直彦

サラリーマンを辞めようと考え始めた頃、SAPというドイツの会社が日本に進出してきたんです。彼らが持っているソフトウェアの設計書を見ると、これが実に素晴らしい。ここまで完成度の高いパッケージはないだろうと考えて、これを扱いたいということで会社に企画書を書いて提出したんです。しかし、ドイツの訳の分からない会社の商品を扱うわけにはいかないといって、私の企画書は却下されました。それならもう自分でやろう。自分たちで独立した方が手っ取り早いということで独立したんです。


蓑宮武夫

人脈づくりで一番効果的だったのはやはり、お礼状でしたね。手まめであることは人脈づくりにとても有効ですし、何よりお金もかかりません。


大山健太郎

社員に伝えたいことはたくさんあります。ですが、あまり多くのことを話そうとしても、焦点がぼやけてしまいます。聞くほうも、話のポイントがつかみにくいでしょう。あれもこれもはやめて、テーマを二つくらいに絞るようにしています。


坂根正弘

過去に隠していたバッドニュースはなかなか上がってきません。ですから、「今回は許すから、すべて話してくれ」と言って、バッドニュースを吸い上げるようにした。今では、取締役会でもバッドニュースを最初に報告することが徹底されています。それは何より、隠蔽がダメなのだということを徹底させるためなのです。