名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保治仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保治仁のプロフィール

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

大久保治仁の名言 一覧

私が企業再生でまず取り組むことは現場の第一線で働く社員の意識改革です。もっと言えば、現場の管理職に当たる人の意識を変えなければなりません。


マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと。


経営者と同じように、コンサルタントにも「覚悟」と「志」が必要不可欠。


コンサルタントの中には、優秀な大学を卒業したり、MBAを取得したからといって、現場に足を運ばない人もいます。しかし、これは間違っています。現場に行って、そこで働く社員を鼓舞し、前向きにさせることが本来の仕事なのです。


何が原因でうまくいかないのか。どうすれば生産性が上がるのか。現場の社員と膝詰めで対話を行う。中には「コンサルタントに何が分かる!」と罵詈雑言を浴びせる人もいます。しかし「原因は分かっているんですよね。では、それをやってみましょうよ」。この当事者意識の植え付けが大事なのです。


大久保治仁の経歴・略歴

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

他の記事も読んでみる

伊藤博(経営者)

全体が完成しなくてもまずはスタートをする。そうすれば進化させて、いいサービスに仕上げていける。


アルフレッド・アドラー

変われないのではない。変わらないという決断を自分でしているだけだ。


田口一成

途中で投げ出さずに修正しながら続けていけば、必ず成功する。


森泉知行

私は、判断を間違えることよりも、判断を先延ばしにして何もしないことの方が、問題だと思っています。大きなビジネスチャンスを逃してしまう可能性があるからです。


佐藤大和

あれもこれもと欲張ると、結局何も記憶に残らないという残念な事態を招きます。そこで、日頃から自分の具体的な「売り」を一つ用意しておくこと。名刺に得意分野や資格を書いておくと親切でしょう。


森川亮

成果につなげるにはしつこく努力することが大事。1~2回で諦める人は他の部署や会社に移っても、恐らく同じ結果になります。


田中角栄

できることはやる。できないことはやらない。しかし、すべての責任はこのわしが背負う。


野坂英吾

起業を志しても学生時代に出来ることは限られていますから、野球のキャプテンをしたり、学園祭の実行委員長をして、「リーダーとは何ぞや」を学びました。50人くらいの仲間を集めて皆が一つの目標に向かって取り組んでいくことを学べた経験が今でも活きています。


佐治信忠

「来年春に出します」というので、私は「冬でもいいからすぐ出せ」と命じて12月に発売しました。当時、新製品を冬に出すビールメーカーはありませんでしたが、いいものなら業界の慣例に従う必要はなく、早く出したほうがいい。先行することが大事です。
【覚書き|発泡酒を開発し売り出したときを振り返っての発言】


宮坂学

さらに上を求めて挑戦し続けている。目標をアップデートすれば、新たな世界が開ける。


益本康男

リスクをとって将来へチャレンジするのが幹部の役割。


藤村忠弘

企業の成長ポテンシャルは、常識で考えれば誰にでもわかる。メーカーならその会社の製品を購入したいか。サービスの会社なら、それを利用したいか。さらにその会社で働きたいか。消費者や会社員の目線で考えればいい。多くの人に受け入れられて、業績が伸びていきそうな会社かどうかがおのずと分かる。