名言DB

9413 人 / 110706 名言

大久保治仁の名言

twitter Facebook はてブ

大久保治仁のプロフィール

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

大久保治仁の名言 一覧

私が企業再生でまず取り組むことは現場の第一線で働く社員の意識改革です。もっと言えば、現場の管理職に当たる人の意識を変えなければなりません。


マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと。


経営者と同じように、コンサルタントにも「覚悟」と「志」が必要不可欠。


コンサルタントの中には、優秀な大学を卒業したり、MBAを取得したからといって、現場に足を運ばない人もいます。しかし、これは間違っています。現場に行って、そこで働く社員を鼓舞し、前向きにさせることが本来の仕事なのです。


何が原因でうまくいかないのか。どうすれば生産性が上がるのか。現場の社員と膝詰めで対話を行う。中には「コンサルタントに何が分かる!」と罵詈雑言を浴びせる人もいます。しかし「原因は分かっているんですよね。では、それをやってみましょうよ」。この当事者意識の植え付けが大事なのです。


大久保治仁の経歴・略歴

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

他の記事も読んでみる

野口吉昭

小さな前進すらできず、後退してしまったときは失敗を隠しましょう。たとえばダイエットをしているのに今日は体重が増えていると感じたら、体重計に乗りません。後退したことを人に言うのも避けた方がいいでしょう。他人の失敗は、負のオーラを持った人の大好物です。よってたかって「それ見たことか」とネガティブな発想を刷り込もうとします。


チャールズ・ディケンズ

今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の盗人だからだ。


古屋一樹

何事もお客様視点で考えるDNAは変えてはいけない。一方で、今までは何でも鈴木(敏文)さんのジャッジで決まることが多く、了解をもらうのに時間がかかっていた。経営のスピード感は数倍高まったと感じる。


カール・ジムロック

昨日行ったことを明日になって後悔しないように、神は今日、良い忠告を人々に与えてくれる。


原匡史

全体像をきちんと理解することで、求められるサービスを知ることができる。本当に役に立つ提案ができるようになる。


冨山和彦

倒産を恥とする考えは捨てるべきです。ドイツでは経営者が経営不振に陥っているのに、それを隠したまま数多くの会社と取引を続ける行為は詐欺と見なされます。経営者が早めに手だてを打たなければ、従業員や取引先、金融機関など幅広い関係者に迷惑を掛けてしまうのです。


三枝利行

東急という名前がすでにブランドになってしまったので、ある意味、仕事の話は外から来るわけですよ。中に籠っているだけでもそれなりに仕事になってしまう。でも、事業を拡大していくためにはやっぱり外に出て、新しい情報に触れるとか、未知の人と出会ったりすることが大切なのです。そういうことをやらないと会社は大きくなっていかないし、組織を革新することもできません。だから、社内のルールをぶち壊せといつも言っているのですけどね。


本田圭佑

人生が成功だったか失敗だったかという評価は、死んだ後に、残された人たちが下すものだと思う。だったら、後悔のないように全力で生きることしか、自分にはできないんですよね。


升田幸三

アマチュアは駒を動かしただけなんです。「指した」ということとは別のことですよ。


後藤卓也(花王)

リーダーは自分の頭で考えて理解し、相手を納得させる力がなければいけません。


武地実

他社のロボットは朝、目覚ましでピピピとアラームを鳴らしてユーザーを起こすと思います。便利さを求めるならそれでいい。でも「Gatebox」」は、かわいさにこだわっています。たとえばピピピの代わりに「起きてくれないとイタズラしちゃうぞ」といったり、それでも起きないと怒りだしたり。僕らはそういった人間らしさを追求している。そこが大きな違いです。


大谷將夫

みなさんが自分自身を変えてください。今日から変わってください。いますぐ変わってください。
【覚書き|社長就任時に社員に対して言った言葉】


小林陽太郎

いま、リーダーに問われるのは、経済性と社会性、人間性を両立させる判断力と決断力です。


安壇美緒

学生時代から、短期のアルバイトも含め、私はいろんな職場を経験してきました。どこを見ても大変だったし、どこを見てもいいところがあった。ただ当然のことですが、人ってそれぞれ考え方も価値観も違う。だから集まると、どうしても疲れることが出てきてしまう。良くないケースに嵌ってしまうと、特定の人に攻撃のベクトルが向いたり、思いっきり割を喰う人が出てきたり。登場人物には、私自身がこれまで仕事場で見てきたものも反映されています。


佐々木常夫

なぜ経営者が本気で残業の撲滅に取り組まないかというと、社員を目いっぱい働かせた方が成果が挙がると信じているからです。いまは社員に長時間労働を強いると、逆にデメリットの方が大きいのにそれがわかっていないのです。