大久保治仁の名言

大久保治仁のプロフィール

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

大久保治仁の名言 一覧

私が企業再生でまず取り組むことは現場の第一線で働く社員の意識改革です。もっと言えば、現場の管理職に当たる人の意識を変えなければなりません。


マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと。


経営者と同じように、コンサルタントにも「覚悟」と「志」が必要不可欠。


コンサルタントの中には、優秀な大学を卒業したり、MBAを取得したからといって、現場に足を運ばない人もいます。しかし、これは間違っています。現場に行って、そこで働く社員を鼓舞し、前向きにさせることが本来の仕事なのです。


何が原因でうまくいかないのか。どうすれば生産性が上がるのか。現場の社員と膝詰めで対話を行う。中には「コンサルタントに何が分かる!」と罵詈雑言を浴びせる人もいます。しかし「原因は分かっているんですよね。では、それをやってみましょうよ」。この当事者意識の植え付けが大事なのです。


大久保治仁の経歴・略歴

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

他の記事も読んでみる

ヘレン・ケラー

結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。


新井平伊

長年お酒を飲んでいる人は4、50代になると、ど忘れをよくするようになることが知られています。これはお酒の量や回数を減らすとかなり回復します。


柿山丈博

一番厳しかったのは大学卒業時に会社を設立した時のこと。様々な可能性をよく考えたかったので、たくさんの経営者の方に話を聞いて回りましたが、全員が全員違うことを言うわけです。結局自分で決めなきゃいけないと理解して、自分で会社を運営することを選んだわけですが、当然資金が必要になる。そのために走り回ったのは相当な試練でしたね。当時は大分痩せました。


竹田和平

僕も半世紀近く経営者をしてきたから言えることですが、本当に確実なのは、いま現在、会社がどのような状況にあるかという点だけです。将来のことなど誰にも分かりません。だから僕は直近の会社の状況を見て投資しているのです。


細谷英二

会議では、事前に位置づけを明確にしておくことが重要です。会議といっても、方針決定の会議、情報共有化の会議、ときには不満をガス抜きする会議もあります。議論するのにあたって、幹の部分を決めておかないと、往々にして情緒的な枝葉の話で論理転換してしまいます。


上野和典

アイデアを2本出せと言われて、2本しか考えない人の案が良かったということはほとんどありません。良い案を出す人は、その良い案1、2本の裏で100本は考えているはず。その作業を通して、発想力そのものが鍛えられていく。


ジム・ホワイトハースト

「これは集団的な不服従だ」と思わず妻に言ったよ。でも、今から振り返れば、目的をしっかり説明しない私に問題があった。

【覚え書き|レッドハットに来た当初、部下との行き違いを経験して】


久野康成

欲求が明確でないときは、やりたいことは何かを明らかにしなくてはいけません。やりたいことが明確になれば、それを実現するための問題点や課題も見つかり、解決策を提案することができるようになります。


藤田晋

大学生の頃は、ベンチャー経営者はあこがれの職業ではありませんでした。豪邸や高級外車を自慢している怪しげな経営者が多かったし、メディアも面白がってそういう人を扱っていた時代。それより電通やリクルートのような会社がカッコイイ存在であり、大学生の目には経営者はただのおじさんにしか見えなかった。そこで、みんなの憧れの存在になる会社をつくるという方向に頭を切り替えました。


樋野興夫

最後の5年間が一番大切ですよ。いつ死ぬかは誰にもわからないので、今日も明日も「最後の5年間」。死期が迫っているかに関係なく、「明日死んでもいい」という気持ちで生きられているかが肝心。


成毛眞

本を読まない人がSNSにうつつを抜かしている間に、できる人は着々と本を読んで教養を高めている。


松下幸之助

感謝の心が高まれば高まるほど、それに比例して幸福感が高まっていく。


御手洗冨士夫

柱となる大きな事業を育成するためには10年単位の時間が必要。


齋藤嘉則

実際に取り組んでみて成功する確率が高い解決策を、筋のいい結論といいます。結論の筋を良くするには、アクションに結びつく結論を出すという強い意志と、問題を構造的に考え続ける努力が必要です。


原田泳幸

会社が権限をもって人を振り回しているだけの会社では人は育ちません。一方、社員も自分のキャリアを考えて、どんどん手を挙げていかなくてはいけない。


ページの先頭へ