名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保政彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保政彦のプロフィール

大久保政彦、おおくぼ・まさひこ。プラクティカル・ビジネス・コーチング マネージャー。「プログレス・コンサルティング」代表。東京都出身。文教大学人間科学部教育学専修卒業。自動車販売会社、人材育成会社などを経て「プログレス・コンサルティング」代表。

大久保政彦の名言 一覧

常日頃、ちょっとしたことを「これは何だろう?」「なぜここにあるんだろう?」と常に意識するようになれば、例えばたまたま相手が身につけている衣服やバッグ、時計を見るだけで会話のきっかけになることもあるわけです。


お客様の自宅は情報の宝庫です。以前、私の部下が伺ったあるお客様の自宅の庭にはバラが咲いていました。応対に出た奥様に、「きれいですね。お手入れ大変でしょう」と言ったんです。ガーデニングをするのは大体奥さんだし、バラの手入れはものすごく手間がかかる。ちょっときつくて難しい奥様でしたが、「あなた、若いのによく気付くわね」と、部下側との間にあった壁を崩すきっかけになりました。


若い人は本当に雑談が苦手ですね。例えばお客様の自宅を訪問して「今日はこの話で伺ったんですが、すみません。お水を一杯いただいて落ち着かせてください」なんていうのが雑談じゃないですか。すべてがビジネスマターになってしまうから、終始緊張するのだと思いますね。


会話のきっかけをつくるネタの多寡は、観察力というか、普段どれだけ物事に目を配って情報を集めているかで決まると思います。例えば、駅に向かう道すがらどんな人とすれ違ったか。街中にどんな建物や像が立っているか。「ああ、ありましたね」と返ってくる人と、「そんなのありましたっけ?」と首を傾げる人。営業マンでいえば、経験上、前者のほうが間違いなく腕がいいですね。


まず相手が乗ってくる話題を探ります。そのために、まず質問を投げかけます。そこで、相手の答えに対して「共感」することが大事です。軽いものであれば頷きや感嘆などを、あるいは驚きの言葉や褒め言葉、関心を示す言葉を返します。同意できないことでも、否定や反論をせずに「なるほど……」「そういうことなんですね」と曖昧な頷きを返して、相手がさらに話しやすいように持っていきます。そして、そこからさらに深掘りする質問を投げかけるのです。そうすれば、苦手だと思っていた人の意外な一面が見えてきて、境遇、趣味などで自分との共通項が見つかれば、自分への相手の認識が「身近な人」に一変し、コミュニケーションが取りやすくなります。この間、所要時間はせいぜい1~2分。大切なのは「共感」と「深掘りの質問」です。


会話の場所はいつでも選べるわけではないし、担当者情報を仕入れるルートがあるとは限りません。そんなときに使える汎用性の高いネタを、すぐに覚えやすいようシンプルに絞り込んだ言葉があります。「きにしいたけ」がそれ。「き」は季節、「に」はニュース、「し」は趣味、「い」は衣装、「た」は食べ物、「け」は健康。この頭文字を6つ並べたものです。もっと長いのもありますが、覚えづらいので、まず「木に椎茸」と覚えてください。全部同じようにネタを持って話せなくとも、6つのうち1つ、2つ自分で得意分野を決めてもいいでしょう。


話す場所が選べるなら、情報収集がしやすい取引先の拠点やお客様の自宅で会話するほうがずっといい。お客様のより深いところに接しようとしたら、店頭は非常に不利です。初来店のお客様など、極めて限られた情報だけで会話を組み立てなければなりません。一方、お客様の自宅はネタの宝庫。個人のお客様ならその方の趣味など、法人の取引先であれば何かの表彰状や自社・他社の取扱商品がわかるようなものが置いてあるはずです。


大久保政彦の経歴・略歴

大久保政彦、おおくぼ・まさひこ。プラクティカル・ビジネス・コーチング マネージャー。「プログレス・コンサルティング」代表。東京都出身。文教大学人間科学部教育学専修卒業。自動車販売会社、人材育成会社などを経て「プログレス・コンサルティング」代表。

他の記事も読んでみる

山田五郎

今は地図だけじゃなく、すべてが「点の情報」になってきています。デジタルなネット環境というのは基本的にオンデマンドですから、自分がほしい情報にピンポイントでたどり着ける。その便利さと引き替えに、ルートを考えたり寄り道したり迷ったりする、いわば過程を楽しむ機会が減っているのだとしたら、もったいないなと思います。


平山夢明

大人の男とは、失敗しても人のせいにしないヤツかな。それと上手くいかないからって、いつまでも寝転がっていないこと。そりゃ人間だから悔しかったり、悲しかったり、腹が立ったりはあるんだけど、自分でケリをつけられるのが大人の男だと思う。でないと同じことの繰り返しだからね。


高田純次

歳を取ると頭の回転が鈍くなる。自分を追い詰めていかないとネタが出てこないのよ。


池上彰

大切なのは、基礎的な情報をきちんと押さえておくこと。たとえば、タリバンのことを取り上げるなら、イスラム教のことは避けて通れない。そこで、コーランを読むところから始めてみました。一度、身に付けた基礎は別のニュースの解説でも役立ちますし、全体像が見えるから「かいつまんで説明すると」と言えるわけです。


徳重徹

実質的な需要をいかに見つけるかが重要。これさえ見つけられれば、あとは市場に望まれる商品を、従来の25%以下の価格で売り出す努力をするのみです。


加藤俊徳

子供たちがやるべきことは、「学校の成績をあげるために、勉強しなさい!」に従うのではなく、「自分の夢や目標を達成するためにその時の脳で精いっぱい考えて、自分で自分の脳を成長させること」ではないかと思う。周りの大人からのアドバイスや教育が子供の成長には欠かせません。これらのアドバイスの中に、「自分の脳の育て方」が入ることは早過ぎることではない。


鈴木茂晴

利益だけが企業の目的ではないけど、水や空気と同じで、生きていくためには、利益は絶対に必要。要は利益を出して、たくさんの人をきちんと雇用するということが重要。


野村文吾

私はこれまでの取り組みを通じて、会社を立て直すためのステップを学びました。まずは社内で危機感を共有すること。次に、売り上げの増加につながるアイデアをお客様から集めて、積極的に採用すること。


長本吉斉

効率的にTOEICの学習を進めるには、「目標のスコアを達成するために必要のない部分は思い切って捨てる」という判断も必要。TOEICは990点満点なので、目標が600点なら、約4割の問題は捨てていい計算になります。基本的にTOEICの問題は後半になるにつれて難易度が上がるので、たとえば「リーディングの最後の読解問題は捨てる」などと決め、それ以外の問題の正解率を上げるために時間を使ったほうが効率的ということです。


加来耕三

「非常の才」を見抜く場合、上の者の才も問われます。自分と同じ才能なら分かりやすいですが、異才を見抜けるというのは、よほど度量のある人でなければなりません。


美崎栄一郎

何も予定を入れない時間をあらかじめ確保するといい。その時間は急に振られた仕事をさばくために使います。サラリーマンの場合、急な仕事を頼まれることは多いもの。じつはここにチャンスがある。やり遂げることで、評価を上げることができます。でもスケジュールが詰まっていると断らざるをえない。それだともったいないですよね。


中村久三

技術者たちの考えが正しければ、そのときは素直に誤りを認めて、正しい方向に修正すればいいのです。指示命令型で「上司に従え」とやると、出てくるアイデアにはどうしても限界があります。