名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

大久保彦左衛門の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保彦左衛門のプロフィール

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

大久保彦左衛門の名言 一覧

電光朝露、石火のごとくなる夢の世に、なんと人生を送ろうとも、名誉より大切なものはない。人は一代、名は末代と心得るべし。


大久保彦左衛門の経歴・略歴

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

他の記事も読んでみる

福本伸行

『アカギ』や『カイジ』はギャンブルマンガだけど、お金を描いているわけじゃないんです。極限の勝負の中に見える人間の真理みたいなものを描いているつもりです。ただ「お金ってすごく残酷だよね」と伝えたい意識は、少しあるかな。持っているお金の価値が、そのままその人の存在価値につながって見られる時がある。お金はそんな恐ろしさと面白さを持っているんですよね。


神津里季生

最近は生産性の向上とはいかに人を減らすか、という誤解が横行しています。そうではなく、経営者と労働者が力を合わせて、世の中に商品やサービスなどより高い付加価値をつけたものを送り出す。そしてそれに見合う対価を得る。これが生産性向上の基本中の基本です。


古賀慶

私は科捜研にいましたけど、あくまでも警察職員だったという意識が強いんです。自分の中で警察職員というのは正義のヒーローで、犯罪者を追い詰める立場にいたことはすごくやりがいにもつながった。


田中仁(経営者)

人が考えた通りに上手く運ぶ事はないので、判断する際に勘は必要。


テリー伊藤

40歳になったとき、そこから先をどう進んで行くのか。それが、人生というマラソンレースの勝負を大きく左右する。


ダン・ケネディー

自分の知識や専門技能をタダでくれてやろうなどと、決して考えてはいけない。ビジネスの世界では、自分のアイデアや情報や利益を守るために、そして自分の知識と専門技能に対して少しでも高い料金を得るために最大限の努力をしなければならない。


高橋理一郎

豊かさが進み、フロンティアが減少し、「夢を持て」と言われても難しい時代なのは事実でしょう。しかし、課題がゼロになったわけではない。環境問題などもあります。若い人には「社会と隔絶したところに自分があるわけではない」ということを、よく考えて欲しい。


柳井正

グローバルはローカルだし、ローカルはグローバルである。グローバルを前提に、この二つが共存するのが望ましい。この二つが共存しない限り、我が社に未来はない。


高野研一

英国や米国などのいわゆるアングロサクソンの世界では、「ビジョン型」と「育成型」の管理職が多い傾向がある。部下の専門性が高く、雇用も流動的な環境では、双方向のコミュニケーションを通じてリーダーがビジョンを示さなくては組織がまとまらないためだ。そのため米国などでは、管理職は年齢に関係なくビジョンを示すことが求められる。


ひろゆき(西村博之)

需要と供給のバランスがわりと重視される世界なので、そこさえ押さえておけば、この先どういった方向に行くかは結構読めると思うんですよ。


鳥居祐一

高級ホテルに集まる一流の人たちの身だしなみを真似るだけでも意識が変わります。アメリカには「Fake it till you make it」ということわざがあります。直訳すると「成るまで偽れ」。成功者のように振る舞うことで成功に導かれるのです。


児島惠美子

薬剤師国家試験の予備校を立ち上げたのは、私自身が国家試験に失敗したから。まさに人生のターニングポイントでした。合格するだろうと勝手ながら思っていたので、相当なショックでした。ただ、本当につらかったのはその後です。実はすでに薬局の内定をもらっており、1年間、働きながら勉強を続けたのですが、資格を持たない私にできる仕事は限られています。常に「針のむしろ」状態です。友人たちも気を使って誰も声をかけてくれず、それがまた私にはつらいことでした。翌年、無事に合格するも、「こんな思いを誰にもさせたくない!」と、薬局を辞めて教育の世界へ入りました。