名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保彦左衛門の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保彦左衛門のプロフィール

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

大久保彦左衛門の名言 一覧

電光朝露、石火のごとくなる夢の世に、なんと人生を送ろうとも、名誉より大切なものはない。人は一代、名は末代と心得るべし。


大久保彦左衛門の経歴・略歴

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

他の記事も読んでみる

北尾トロ

いまハマっているのはピロシキ。あるとき、夜中に突然「ピロシキ」って単語が頭に浮かんで、笑いが止まらなくなっちゃって。翌日「そうだ、ピロシキを食べよう」と思ったら、これがなかなか売ってない。「どうなってんだ?」と思ったのが最初のきっかけでした。それに、僕が住んでる松本は観光都市のわりに食べ物の名物が少ない。長野県にはおやきがあるので、松本の食材をピロシキに詰めて「まつもとピロシキ」として売り出せば、名物ができちゃうんじゃないかと思って。「これは大変なことになってきたぞ!」ってワクワクしました。


大久保幸夫

仕事などで普段関わらない人との関係を新たにつくろうとしたり、できるだけ多くの人とつながっていようとすることは、仕事の成果をあげるうえで非常に重要となります。単なる意思疎通のみにとどまらず、コミュニケーションの場そのものを探し出したり、自ら作り上げようとする意識が強いかどうかが重要です。


伊藤雅俊(味の素)

新しい価値のある商品をつくりだし、新たな市場に頭を下げて飛び込み、その価値をわかってもらってお代をいただく。突き詰めるところ、我々の仕事とは、新しい価値創造と開拓者精神なのです。もちろん失敗もありますが、それを全社で共有して明日への糧にし、成功に結び付けていけばいいのです。


太田肇

満足感をもって仕事をしてもらうには、自分の名前で仕事をさせるといいでしょう。企画書にクレジットを入れるのはもちろん、誰のアイデアか、誰の意見か、誰が取り組んだ作業かを明確にするよう会社の仕組みとして制度化するのです。現在はそれが曖昧すぎるケースが多く、「上司が手柄を横取りした」「自分のアイデアが採用されたのに評価に反映されない」など、いらぬ不満を引き起こしているのです。


橋本治

こちらができるのは、吐きだせるものはいっぺんに吐きだしてしまうことです。私が『窯変源氏物語』を書いたときでいえば、光源氏の全盛期の桜を各段階で、ピークの美しさを表現するのだから、ともう桜の美しさについてのボキャブラリーはすべて出しつくしてしまっていいという覚悟で臨みました。それで実際に出し尽くしてしまって、そのあとにも、桜の描写は出てきたのですが、そうなったらまた別のボキャブラリーが出てきました。そんなふうに、何らかの形で吸収しておいたものは出そうとすれば出てくるので、まずは持っているものを惜しげもなく使い切ってしまった方が楽なのではないでしょうか。みんな、そういうところで妙にケチなんだけど、下手にストックをとっておいても自分自身の二番煎じでしか生きていけなくなってしまうと思います。


西岡壱誠

本の要約は、やり慣れていない人にとってはハードルが高いかもしれません。ですが、要約しようと試みること自体が、実はとても効果があります。というのも、要約は読者が自分で情報を整理し、短文にまとめ直すという能動的な動きを必要とする点で「アウトプット」です。「あとでアウトプットしなきゃ」と思いながら読むだけで、自然と本の内容が頭に入りやすくなります。つまり、「要約しよう」と思うだけでも、本の読み方が変わってくるのです。ぜひ実践してみてください。


山本昌(山本昌広)

悪いときに諦めないことが大切。僕も、「このままじゃ終われない」と思ってやってきました。僕、しつこいんですよ。


松井忠三

仕組みの中で1番重要なのは情報の共有化です。一人ひとりが知識を持って頑張っても、企業としての力にはなりません。


幸田真音

悩み、苦しみ、失敗したことは、自分の貴重な財産として蓄積できるようになる。


奥島孝康

痛い目に遭いながら人生を学べ。


加留部淳

豊田通商らしさとは、現場で知恵を出して汗をかきながら、当社ならではの付加価値を提供すること。


香山リカ(精神科医)

ヘタな商法に安易に手を出すのは危険です。「君には才能がある」とか「君にならできる」なんて甘い言葉をささやきつつ近づいて、悪徳商法の罠にかけようとする人もいますから。自己評価が下がっているときは、とくに注意が必要です。