名言DB

9413 人 / 110706 名言

大久保彦左衛門の名言

twitter Facebook はてブ

大久保彦左衛門のプロフィール

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

大久保彦左衛門の名言 一覧

電光朝露、石火のごとくなる夢の世に、なんと人生を送ろうとも、名誉より大切なものはない。人は一代、名は末代と心得るべし。


大久保彦左衛門の経歴・略歴

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

他の記事も読んでみる

田原総一朗

世の中は、正解のない問題の方が圧倒的に多い。正解のない問題にどう対処するのか。さらにいうと、自分でどうやって問題を見つけるのか。そこに焦点を当てる教育をして欲しい。


小川賢太郎

人材育成について創業以来の私の基本的な考えとしては、会社ができることというのは人が育つ土壌をつくることです。「人が人を育てる」という言葉は非常に耳あたりが良いですが、私は違うと思います。会社が何もしないのかと言えば、そうではありません。会社をつくるということは人が育つ土壌をつくるということです。社員が育つ土壌をつくることこそが会社の役割ではないかと思うのです。まさにインフラです。


ひろゆき(西村博之)

知り合いに子供ができたとき、「バカに育ってほしい」と言ったんです。頭がよいと苦労が多いですから。いま、僕が考えている日本の危惧とかって、どうでもいいことじゃないですか。考えたところで何もできないし。そうであれば、美味しい食事をして、一日寝ている方が、幸せだと思うんです。


吉川廣和

飲みの席で「こうすべきだ!」と吠える人もいるけど、だったら昼間、職場でやり抜けよと言いたい。何事もやり抜くことが大事。


鳥原隆志

「緊急度も重要度も低い仕事」は、とりあえず3週間ほど様子を見て、やらなくても問題ないようだったら、タスクから完全に外してしまっても大丈夫。


湯本貴和

ボノボは群れ同士や同じ群れの中で、オス同士が対立することはめったに見られません。チンパンジーはオスが威張っていて、全てのオスのランクは全てのメスより上。一方、ボノボの場合はメスの序列が高いこともあります。ボノボはメス同士の団結が強く、これらがチンパンジーに比べて融和的な性格をもたらしているのかもしれません。


松井利夫

気がついたら三流経営者になっていました。三流経営者から脱皮して本物の経営者にならればと思い、必死で勉強を始め、さまざまなセミナーや研修にも参加しました。
【覚書き|アルプス技研創業10年目頃を振り返っての発言】


中村天風

私が教える積極精神というのは、消極というものに相対した積極でなくして、「絶対的な積極」のことなんです。心がその対象なり相手というものに、けっしてとらわれていない状態、これが絶対的な気持ちというんです。何ものにもとらわれていない、心に雑念とか妄念とか、あるいは感情的ないろいろな恐れとか、そういうものが一切ない状態。けっして張り合おうとか、対抗しようとか、打ち負かそうとか、負けまいといったような、そういう気持ちでない、もう一段高いところにある気持ち、境地、これが絶対的な積極なんです。


山村幸広

ある社員が新しいコンテンツの企画を提示してきたとします。でも、それが新しい会社の方向性とズレていると感じたら、「たとえこれで多くのユーザーが集まったとしても、私は評価しないよ。新しいエキサイトにはそぐわない」と、何度でもやり直しを命じました。全部の社員が見ている前で、幹部社員と私が事業内容を巡って、問答を繰り返したこともありました。
【覚書き|エキサイトを規模拡大から利益重視に、顧客層も広く浅くから絞り込み戦略に大幅に方向転換したときを振り返っての発言】


柵山正樹

入社6年目に米国企業との交換留学に参加した。1年間だが、貴重な経験だった。選抜された技術者4人で渡米したものの、滞在先はバラバラで研修も一人ぼっち。次第に度胸もすわっていった。今にして思えば、商談などで外国人と接しても動じないのは、異文化に飛び込むチャンスを若い頃に与えてくれたからだと感謝している。


西成活裕

残業を減らすためにすぐにできることは、残業の5W1Hを洗い出すことです。「誰が、何を、いつ、どこで、なぜ」残業したのかを徹底して調べて、「どのように」改善できるかを考えます。たとえば、ある職員に残業の理由を聞いたら、「教授から問い合わせの電話が入って、対応に時間がかかってしまった」という。続けて、「なぜ問い合わせがきたのか」と聞くと、「書類の記入方法がわからないといわれた」と。では、なぜ記入方法がわからなかったのか。それは「書類のフォーマットがわかりにくいから」です。だったら、その書類を改善すればいい。


山口照美

「発想」とは、まったくの白紙状態から新しいものを創出することではありません。既存のものから出発して、新しいアイデアは生まれるのです。


松本大

川下ではなく川上の情報を得るために、大勢の人とコミュニケーションをとらなければならないとは思っていない。むしろ数人規模のコアな友人、知人のグループを持つだけのほうが役立つことが多い。もしグループの中に目当ての専門家がいなくても、知人の伝手(つて)を辿って別の専門家を紹介してもらえばいい。


塚越寛

人件費はコストではなく、会社の目的そのものだ。従業員に人件費を支払い、幸せになってもらうことこそ、会社が存在する大きな理由だ。人件費をコストと位置づけること自体が間違っている。


豊田圭一

最初から完璧にできなくても大いに結構。足りない部分を周囲と補い合ってこそ、ものごとは前に進むのです。