名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保彦左衛門の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保彦左衛門のプロフィール

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

大久保彦左衛門の名言 一覧

電光朝露、石火のごとくなる夢の世に、なんと人生を送ろうとも、名誉より大切なものはない。人は一代、名は末代と心得るべし。


大久保彦左衛門の経歴・略歴

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

他の記事も読んでみる

長野智子

その気持ち、わかるわかる。でもいま、そんなに悩まなくても、人生は長いから、いつでも悩めるよ。


佐瀬守男

モットーはその仕事に100%集中するということです。ハワイの時はハワイの話しかしない。アフリカに行った時はアフリカのことしか考えない。その時に本社のことや、他との利害関係を考えたら何も出来ません。それ以外のことはシャットアウトし、その会社のことだけを考えてやり抜きます。


西野朗

全体ミーティングは午前・午後の練習後など1日に数回行い、「おまえはどう思う?」と場面ごとにすべての選手に発言をさせた。誰かが意見を言うと、ほかの選手からも「俺はこうしたい」「こういう場合、俺ならこうする」と声が挙がる。発言をさせることで、チーム皆が各選手が何を考えているのかわかるし、発言したことで主張した選手にもプレーへの責任が生まれる。チームの風通しをよくして、お互いの主張も聞き入れ、要求もしていくという雰囲気をつくるようにしていった。


ソクラテス

生きるために食べるべきであり、食べるために生きてはならない。


似鳥昭雄

環境は常に変化していますから、過去の成功は忘れ、新しい方法に切り替えていかなくてはいけません。


冨安徳久

私たちが求める仕事は、マニュアルを超えたものです。新人が先輩社員に付き添えば、「こんなにもご遺族に寄り添っているのか」と驚くことでしょう。そして自分の仕事観が当社の仕事と一致すれば、大きく成長できるはずです。なにせ「感動を生み出せる人財」となるのですからね。


髙橋和夫(高橋和夫・経営者)

東急沿線がいいよと言ってくれる世代がいる一方、あんな電車が混んで地価が高い所に住みたくないという層がいるのも事実です。東京都の東でもいいという層が増えれば我々の収益のベースがぐらつきます。ただ間違いなく若い人たちの価値観は変わっており、そういう面では次の開発をどう進めるかを考えないといけません。


澤田秀雄

なぜ難しい再生案件ばかり手掛けるのかとよく聞かれます。これについては、みんなが買収したいような案件は値段が高く、そもそもHISには持ち込まれない、というのがひとつ目の理由です。ふたつ目の理由は、「誰もできないからこそ挑戦してみたいと思うし、再生できた時の喜びも大きい」ということです。


稲盛和夫

私もこれまで、才覚あふれる経営者たちが流星のごとく現れてはやがて没落していった例を多く見てきました。彼らが没落していった理由は、「成功」という試練に耐えられず、人格、人間性、考え方などが変わってしまったからにほかなりません。そう考えると、成功を持続させる働き方として大切なのは、「無私の心で働く」ということだと思います。


ドナルド・トランプ

生きることの意味は成長にある。人生には成長の証がなければならない。


細谷英二

りそなのトップ就任当初から「普通の会社になろう」「サービス業としての自覚を持とう」と呼びかけてきました。お客様の目線に立って改革を実行しなければ再生できないと。そのためには「世の中のいいものを謙虚に学び、とり入れていこう」と繰り返してきました。


藤岡頼光

高卒で働き出し、20代にはバイク便の会社を創業。その後、30代でイタリアバイクの輸入販売も始め、20年間バイク一色の人生。仕事では通訳をつけていたんですが、ふと、バイク好きの外国人と熱く語り合えたら楽しそう、と思いついた(笑)。それで、英語を学びたいと考えたんです。