大久保彦左衛門の名言

大久保彦左衛門のプロフィール

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

大久保彦左衛門の名言 一覧

電光朝露、石火のごとくなる夢の世に、なんと人生を送ろうとも、名誉より大切なものはない。人は一代、名は末代と心得るべし。


大久保彦左衛門の経歴・略歴

大久保忠教、おおくぼ・ただたか。戦国時代から江戸時代の武将。江戸幕府旗本、槍奉行、旗奉行。三河国上和田(のちの愛知県岡崎市)出身。17歳のとき遠江平定戦で初陣を飾る。関ヶ原の戦いでは家康本陣槍奉行を務め活躍した。その後、家康直臣の旗本となり、三河国額田に1000石を拝領。大坂夏の陣でも槍奉行として活躍。家康の死後も2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕えた。常陸国鹿島で『三河物語』を執筆しながら余生を過ごした。享年80。

他の記事も読んでみる

西山昭彦

上司も人間です。時として間違うものです。情や好き嫌いで判断してしまうこともあるでしょう。そこを会社経営や顧客の観点から指摘すれば、上司も過ちに気が付き「骨のあるヤツだ」という評価を下します。必要ならば反論し、感情的には対立しないように配慮するのです。


岩崎日出俊

投資を考えるうえで大切なのは、目的を明確にすることです。たとえば、老後資金を貯めたいなら、40歳でもまだ30年ほどありますから、ローリスク・ローリターンの投資手段でコツコツ貯めれば十分。高いリスクを取る必要はありません。


又吉直樹

人に何か言われてむかついても「むかつくわ~」だけで一日終われない。とりあえず今日やるべきことはやろう、じゃないと明日もむかつくから。


大貫卓也

いままでのシャンプー・パッケージで、一度見たら忘れられないような、そんなパッケージってなかったと思うんです。今回は、パッケージだけですべてのメッセージ・コミュニケーションが完結するくらいのパッケージでなくてはいけない、と最初から考えていました。
【覚書き|資生堂TSUBAKIの商品コンセプトづくりからパッケージデザイン、広告まで携わったことについて語った言葉】


来島達夫

ルールがどうこうではなく、今の枠組みの中でも裁量を持ってできることはある。


川端克宜

お客様が「良かったな」と感じ、「もう一度買いたい」と思うことができるような商品をいかに出し続けていくかが重要。


阿部俊則

少子高齢化で日本のマーケットは期待できないから海外へ行くということではなくて、当社にとって日本でやるべきことはまだまだたくさんあります。被災地を何度も訪れ、私たちは求められているんだということをあらためて感じました。


稲盛和夫

日本経済が低迷した大きな理由の一つとして、不撓不屈の精神が欠けてきていたからではないか。


大木優紀

バラエティ番組「くりぃむナントカ」にアシスタントとして出演させていただいたこと。これは、私にとって、ものすごく大きな転機になりました。肩の力を抜いて、仕事を楽しんでいるからこそ、良い仕事ができる。私はまだまだですが、その大切さを、この番組を通じて教えていただいた気がします。


重光昭夫(辛東彬)

経済が伸びるところ、伸びそうなところに賭けていくことが重要ではないでしょうか。縮小する市場で永続的に成長していくのは難しいですから。


古田敦也

データを集めて傾向を探ることも含めて、相手の思考を考察していくと、勝てない相手にも勝つことができるんです。


高島宏平(髙島宏平)

「やればいいこと」「できたらいいこと」の選択肢は常に無数にあります。しかし経営資源や時間は限られており、そのすべてを実践することはできません。経営者は、10万ある選択肢のうちいくつかを残して、残りの9万9000以上の可能性を切り捨てるような判断をしなければなりません。


山本晴義

私は、心身ともに健康的な生活は、運動、労働、睡眠、休養、食事、会話をバランスよくとることによって成り立つと考えています。しかし多くの人は、平日は労働と睡眠だけの生活になっているのが現実です。仕事しかない毎日だと、人の心は枯れていきます。


茂木克己

時代に適した業態を考え、商品を開発し、会社をより良い方向へ導いていくことが、トップの務めであり、代々の経営者に課せられた役目です。当社ではすでに昭和30年代から多角化、国際化戦略を展開し、超しょうゆ路線や海外工場の建設などを行っている。また、社内に醸造科学研究所や、食品開発研究所、生物化学研究所を作り、21世紀へ向けた新しいライフサイエンスの提案にも力を入れています。


瀬戸健

昨年はまったくといっていいほど攻めてはいないんです。お客様の満足度を上げきるため、これまで当たり前としてやってきたことに、徹底して向き合った1年でした。


ページの先頭へ