名言DB

9413 人 / 110706 名言

大久保尚武(積水化学工業)の名言

twitter Facebook はてブ

大久保尚武(積水化学工業)のプロフィール

大久保尚武、おおくぼ・なおたけ。日本の経営者。積水化学工業会長。北海道出身。東京大学法学部卒業後、積水化学工業に入社。綜合開発室長、取締役、テクノマテリアル事業本部長、常務、専務、副社長などを経て社長・会長に就任。学生時代にローマ五輪ボート競技日本代表として出場した経験があり、日本ボート協会会長も務めた経営者。

大久保尚武(積水化学工業)の名言 一覧

ボートが教えてくれたのが、「敵と戦うより自分を鍛えよ」ということです。敵に勝とうとする前に、自分たちを鍛え上げることが必要です。
【覚書き|東大ボート部に所属していた当時を振り返っての発言】


社長に就任してから組織図も変えました。社長を一番下に置き、一番上に営業所を持ってきました。顧客の声はまず営業所に入り、次いで工場や事業部に来ます。本社や社長に届くのは最後。そうした情報の流れを組織図に反映させたわけです。主役は現場ということを伝えたかったんですね。


「勝とうと思わなければ勝てない」。これは企業経営にも通じます。個々の社員や組織が自ら目標やテーマを設定し、取り組んでもらえるようにする。これが経営者の腕の見せどころです。


東大では自己研鎖のためにボート部に入ろうと決めてはいたものの、五輪出場など考えたこともありませんでした。入部してからもレースでは負けてばかり。自信を失いかけていた2年生のある時、コーチが「来年のオリンピックを狙うぞ」と言い出し、その気になったのです。人間というのは目標があると、やるべきことが見えてきます。朝から晩まで猛練習をこなしただけでなく、当時の日本では前例がなかった最先端の運動生理学を練習メニューに取り入れました。その効果もあり、3年生と2年生が中心の若いクルーが実業団に勝ち、五輪出場権を得たのです。


最近はインターネットで世界中のあらゆる情報が簡単に入手できてしまうので、つい情報に振り回されてしまいがちです。でも強い集団にするには、毎日のひとつひとつの仕事で5cm先に進むことを徹底した方がいい。外部環境や競合他社より、内部に目を向け、磨き上げる。それこそが勝利への最短ルートと言えるでしょう。


「彼を知る」以上に「己を知る」ことは難しい。失敗の原因と責任がはっきりしますから、決断のプロセスや根拠を明らかにすることは経営者にとって勇気のいる行為です。ただ、経営判断についてオープンにして、社内での議論を呼び起こすことで、私の考えを周囲がどのように見ているのかを知ることができます。それが私にとって己を知る方法となっています。


経営者は日々、多くの事項に対してその場での決断を求められます。後から検証するとまったく間違った判断だったかもしれません。私は重大な経営判断を下した際には、その都度イントラネットで「このような考えでこの決断を下しました」と社員に説明するようにしています。


世の中は「時代を動かす大きなうねり」と「日々起こる小さな波」との組み合わせで動くものだと考えています。無数の情報の波の中にひそむ大きなうねりを見抜き、企業戦略を描いてゆく。それこそが経営トップの仕事なのです。


経営者の大事な役割は、時代の流れを見誤らないことです。情報収集というと新聞やテレビ、インターネットといった情報源が思い浮かぶかもしれません。しかし、もっと重要なものは顧客の声や職場の雰囲気といった現場で得られる情報です。もちろん、そうした情報収集のためには自ら現場におもむくことが欠かせません。


弊社では事業を進めて行くべきか否かの判断基準として、「際立ち」という言葉を使っています。事業自体に独自性・技術優位性はあるか。単に「よそがやっているから」という理由で参入した事業からは撤退し、際立ちのある事業に特化するのです。


この戦いは勝てるものなのか。勝てないとすれば、どこに戦いの場を求めるのか。その判断にこそ、経営者の大きな役割があると考えています。


社名の「積水」とは、古代中国の思想家・孫武の作とされる『孫子』の一節「勝者の民を戦わしむるや、積水を千尋の谷に決するがごときは、形なり」にちなんだものです。世界中で広く読まれているフランシス・ワンの『孫子』では、積水の一節について「チャンスを逃さず一気に勝つためには、着々と水を積み上げていくような事前の準備が大事である」との解釈を示しています。


大久保尚武(積水化学工業)の経歴・略歴

大久保尚武、おおくぼ・なおたけ。日本の経営者。積水化学工業会長。北海道出身。東京大学法学部卒業後、積水化学工業に入社。綜合開発室長、取締役、テクノマテリアル事業本部長、常務、専務、副社長などを経て社長・会長に就任。学生時代にローマ五輪ボート競技日本代表として出場した経験があり、日本ボート協会会長も務めた経営者。

他の記事も読んでみる

松﨑暁(松崎暁)

海外事業の基盤を整備し、拡大して次の人にバトンタッチするのが私の役割です。


飯村久美

節約するときにまずお小遣いを増やすことで、お金に対する価値基準がハッキリします。自分が主導権を持って使えるお金なので、何に使ったら満足できるか真剣に考えるでしょう。そんなに欲しくないものを買ったり、気が乗らない飲み会に行ったり、何となくお金を使うことは確実に減るはずです。


山田敏夫

OEMのみをしている工場は、たとえフルラインが回っていても利益が出ないという状況です。しかも、OEMは発注元の一存でなくなるかもしれない仕事。工場を持って固定費を抱えながら、誰かの一存をあてにせざるを得ないのではとても不安定です。そう考えると、これから日本の工場が生き残るためには、自社ブランドを作っていくことが重要。そのためのお手伝いをするのが当社の仕事だと私は考えています。


ジャック・マー(馬雲)

何もなく成功する経営者はほとんどいない。成功に繋がる過程の一部として失敗があるのだと思います。


長榮周作(長栄周作)

リーダーは会社のトップとしてではなく、人間として尊敬されなくてはならない。それには普段の言動が重要です。部下が挨拶しても知らんぷりでは、「なんやこの人」と思われてしまいます。


徳重徹

日本人はすぐに「ダメだ」と言うところがあります。そうではなくて、「なぜダメなのか?」「こうしたら良くなるのではないか?」といったように、実行する方向で考えるとどうなのか、という考え方をするべきです。そのためには、現場に行っていろいろと調べたり、聞いたりすればいいのです。すぐに諦めていては可能性が小さくなってしまいます。


シラー

新しいものは古いものの敵である。したがって、新時代はいつも旧時代から犯罪視される。


弘兼憲史

僕はこれまで一度も描くのをやめたいと思ったことはありません。単純に絵を描くことが大好きなのかもしれません。それを実感したのは、子供が小さかったころ、家族で行ったハワイ旅行ですね。リゾート地で1週間だらりと過ごす。最高の休暇かもしれませんが、僕は絵が描きたくて、描きたくて、気づいたらボールペンを片手に、ベッドサイドのメモパッドに向かっている自分を発見しました。そして、帰国後、仕事部屋の机に座って、原稿用紙に向かい、ペンを握っているときに一番の安らぎを感じたんです。


土田雅人

入社以来、営業一筋です。売るものは変わっても、仕事の基本は変わりません。営業は私の天職だと思っています。


柳井正

異業種の人のほうが、この業界の常識にとらわれずに、「なぜだろう」「どうしてだろう」と原理原則から取り組むことができる。同業種だと、「こうなっているのが当たり前」と見なして、無理・無駄の存在する現状を肯定しながら進もうとする。改革には現状否定が欠かせない。


スペンサー・ジョンソン

私は、自分と自分の行動が馬鹿馬鹿しく思えるようになったとたん変わりはじめたのだ。自分が変わるには、自らの愚かさをあざ笑うことだ。そうすれば見切りをつけ、前進することができるのだ。


杉浦誠司

インターネットを使えば欲しい情報はすぐ手に入る時代だからこそ、「自分で感じて、考える」時間を大切にしてほしい。


齋藤茂(経営者)

トーセを立ち上げてから、しばらくは仕事が大変でした。しかし、設立から13年間、退社した人がいなかった。そして、平和になってくると退社する人間が出てきた。仕事が山積みで眠れないのもイヤですけど、社員が辞めるのはもっと精神的に堪えます。そのとき、「なんでうちみたいなアットホームな優良企業を辞めるんだろう」「アットホームだからダメなのか」と自問自答しました。気がついたのは、人間には目標ややり甲斐が必要だということ。それを演出するのに上場は手っ取り早い。そこで上場の趣旨の文書を書いて、京都のお店の2階に幹部を集めて、上場すると宣言しました。


小宮一慶

朝の時間や、午前中の頭がクリアな時間に、本をじっくり精読します。本質的な思考や教養を深めることで、仕事に対する新しい視点も得られる。私にとってはなくてはならない勉強なのです。


坂根正弘

かつて多くの業界で各企業はそれぞれ特色あるテーマの研究開発をしてきましたが、今はどの会社も同じことをやっています。その結果、価格競争に陥り、付加価値の高い商品を出しても、価格が上がらないようになった。だから、従業員や取引先への分配も増えないのです。この状況を打破するためにも、民間が率先して「ダントツ」を掲げ、選択と集中を徹底しないといけない。