名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大久保嘉人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保嘉人のプロフィール

大久保嘉人、おおくぼ・よしと。日本のプロサッカー選手(FW)。福岡県出身。小学3年でサッカーを本格的に開始。国見高校に進学し、インターハイ、高校選手権で得点王を獲得。卒業後、セレッソ大阪に入団。スペイン・RCDマヨルカ、ヴィッセル神戸、ドイツ・VfLヴォルフスブルク、川崎フロンターレ、FC東京で活躍。

大久保嘉人の名言 一覧

ゴール前では、いつもシュートを打つことを考えています。打ったら何かが起こる可能性がある。


不調の時期は、よくチームメイトと話します。言いたいことがあって溜めてるのは、自分にもよくないし、チームにもよくない。だから、ご飯食べに行って、思ったことを言い合う。そうすればスッキリした感じで、試合中もお互いに気持ちを理解してプレーできます。


若い頃は、自分が思ったことをその場で言っていました。そこでいわないと、次に同じチャンスが来たときに、また同じ流れになって、ボールが来ないですからね。チームのためにも言わなきゃと思ったんです。


また外すんじゃないかと思いながら打ったって絶対にダメ。最初外したから、次は大事に行こう、なんて萎縮したら、逆にミスにつながります。それで、また慎重にと考えてミスする。その連続で、ああ今日は点が取れなかったなあ、で終わったら意味がない。


シュートミスして入らなくても、きっと次は入るだろうと信じて、気持ちを切り替えてプレーします。こういうときもあるさ、と忘れて、大丈夫だと思いながら。そうでなければ思いっきりいけない。


もちろん、シュートを外すことも多いですよ。瞬間的には落ち込みます。何でアレを外したんだとか、簡単なシュートだったのに、とかね。でも、悔やんでいてもしょうがない。引きずっていたら後のプレーに影響が出るので、そこは開き直りますね。


気持ちの問題は大きいですよ。マジョルカのデビュー戦で相手DFとの接触で右足を怪我してしまいました。骨が見えるぐらい。でも、まだ開始5分でしたから。そこで交代して終わりは嫌だったので、応急処置でプレーをし続けたんです。痛みはすごかったんですが、逆にその痛さがデビュー戦の緊張をやわらげてくれましたね。


サッカー選手として大きいほうではないので、デカくて、体のゴッツイ外国籍選手とぶつかる瞬間は怖いですよ。でも、吹っ飛ばされると思っても、タイミングやぶつかる箇所によっては負けないんですね。こっちは小さいけど、足とか腰にぶつかれば、相手はバランスを崩す。そのタイミングでボールを奪います。行くと決めたら、あとは勇気。


大久保嘉人の経歴・略歴

大久保嘉人、おおくぼ・よしと。日本のプロサッカー選手(FW)。福岡県出身。小学3年でサッカーを本格的に開始。国見高校に進学し、インターハイ、高校選手権で得点王を獲得。卒業後、セレッソ大阪に入団。スペイン・RCDマヨルカ、ヴィッセル神戸、ドイツ・VfLヴォルフスブルク、川崎フロンターレ、FC東京で活躍。

他の記事も読んでみる

小出伸一

利益追求型モデルではなく、社会に貢献するために何をしなければいけないか、本気で議論する時間も設けています。


山口絵理子

私は自分をリーダーだとは思っていません。ただ、女性の従業員も多くなる中、この人たちはどうやってお母さんになり、家庭を持つのだろうと考えます。働くことと生きることの境界線をなくせるようなライフスタイル、それを示さなければいけないのだろうと漠然と思っています。「ここまでは仕事、ここから先は家庭」みたいなやり方では当社はやっていけないし、これからの日本もやっていけないはずです。


宮戸直輝

月に何度か昼食に行ったついでに高島屋や三越を上から下まで歩いたりして、時間を過ごすことがあります。サボっているわけではありません(笑)。ただ好奇心というのか、おいしい蕎麦を食べられてよかったとか、三越で面白い人を見かけたとか、決められた時間通りパソコンの前に座って仕事をしているのとは、違う発想が湧いてくるはずです。仕事でもプライベートでも、ちょっとした遊び心がある人や、心に余裕のある生活を送れる人の方が、いい仕事ができるのではないでしょうか。


鎌田浩毅

思いついたところから書いて断片をつくれば、あとから繋ぎ合わせて編集することも可能です。私もよく外出中に携帯電話で思いつきを打ち込み、PCに転送しています。あとでメールをコピー&ペーストすれば、もう文章作成の大部分は終わってしまいます。


宮本雄二

在外邦人の安全を最後まで守るためには、日本のこと、そして任地のことを詳しく知る必要があります。そのための勉強には多くの努力を払いました。


ダン・ケネディー

私は近道が大好きだ。何ごとも簡単にできるに越したことはない。私も怠け者は好きではない。何もせずに何かを得ようという人間は大嫌いだ。勤労の尊さもわかっている。だが、すぐそばにエレベーターがあるのにわざわざ自分の足で山に登っても特別な勲章には値しない。


吉越浩一郎

朝早く出社して、誰もいない静かなオフィスで集中して仕事に取り組んだ結果、いつもより仕事がはかどったという経験が、誰でも一度や二度はあるはずです。仕事は、本来そういう状態でやるべきものです。そのまま8時間働けば、いま以上の仕事を楽にこなせること請け合いです。


豊田喜一郎

誰もあまりやらないこと、やり難いことをものにしてみせることに人生の面白みがある。


宮嶋茂樹

不肖・宮嶋、無宗教である。死んだら人間も物体になるだけだ。電源を切ったカーナビと同じである。目に見えないものなど信じない。これは医者と同じくらい死者を見てきた私の実感である。私の死後に残るものは、無数のフィルムと何冊かの書籍。それもやがては色あせ、紙はボロボロになり、私を知る友人たちが世を去れば、私のことなどきれいに忘れ去られてゆくであろう。


泉谷直木

同じ商品でも、新しい飲み方を提案すれば、需要を掘り起こせる。


阿部祐二

僕の行動の根底にあるのは、「日々を漠然と過ごしたくない」ということ。だから、ムダな時間は一切作りたくない。


西多昌規

睡眠について、「眠れない」「日中、異常な眠気に襲われる」といった症状が出てきたら要注意です。食欲については、体重が減っていくのがまず心配です。割合としては少ないですが、急激に体重が増えるのもメンタル面から来る過食の可能性があります。睡眠と体重に加えて、「仕事で凡ミスが多くなる」「上司や部下にキレてしまう」といったシグナルがあるようなら、ぜひ一度、精神科を受診してみることをお勧めします。