名言DB

9419 人 / 110788 名言

大久保嘉人の名言

twitter Facebook はてブ

大久保嘉人のプロフィール

大久保嘉人、おおくぼ・よしと。日本のプロサッカー選手(FW)。福岡県出身。小学3年でサッカーを本格的に開始。国見高校に進学し、インターハイ、高校選手権で得点王を獲得。卒業後、セレッソ大阪に入団。スペイン・RCDマヨルカ、ヴィッセル神戸、ドイツ・VfLヴォルフスブルク、川崎フロンターレ、FC東京で活躍。

大久保嘉人の名言 一覧

ゴール前では、いつもシュートを打つことを考えています。打ったら何かが起こる可能性がある。


不調の時期は、よくチームメイトと話します。言いたいことがあって溜めてるのは、自分にもよくないし、チームにもよくない。だから、ご飯食べに行って、思ったことを言い合う。そうすればスッキリした感じで、試合中もお互いに気持ちを理解してプレーできます。


若い頃は、自分が思ったことをその場で言っていました。そこでいわないと、次に同じチャンスが来たときに、また同じ流れになって、ボールが来ないですからね。チームのためにも言わなきゃと思ったんです。


また外すんじゃないかと思いながら打ったって絶対にダメ。最初外したから、次は大事に行こう、なんて萎縮したら、逆にミスにつながります。それで、また慎重にと考えてミスする。その連続で、ああ今日は点が取れなかったなあ、で終わったら意味がない。


シュートミスして入らなくても、きっと次は入るだろうと信じて、気持ちを切り替えてプレーします。こういうときもあるさ、と忘れて、大丈夫だと思いながら。そうでなければ思いっきりいけない。


もちろん、シュートを外すことも多いですよ。瞬間的には落ち込みます。何でアレを外したんだとか、簡単なシュートだったのに、とかね。でも、悔やんでいてもしょうがない。引きずっていたら後のプレーに影響が出るので、そこは開き直りますね。


気持ちの問題は大きいですよ。マジョルカのデビュー戦で相手DFとの接触で右足を怪我してしまいました。骨が見えるぐらい。でも、まだ開始5分でしたから。そこで交代して終わりは嫌だったので、応急処置でプレーをし続けたんです。痛みはすごかったんですが、逆にその痛さがデビュー戦の緊張をやわらげてくれましたね。


サッカー選手として大きいほうではないので、デカくて、体のゴッツイ外国籍選手とぶつかる瞬間は怖いですよ。でも、吹っ飛ばされると思っても、タイミングやぶつかる箇所によっては負けないんですね。こっちは小さいけど、足とか腰にぶつかれば、相手はバランスを崩す。そのタイミングでボールを奪います。行くと決めたら、あとは勇気。


大久保嘉人の経歴・略歴

大久保嘉人、おおくぼ・よしと。日本のプロサッカー選手(FW)。福岡県出身。小学3年でサッカーを本格的に開始。国見高校に進学し、インターハイ、高校選手権で得点王を獲得。卒業後、セレッソ大阪に入団。スペイン・RCDマヨルカ、ヴィッセル神戸、ドイツ・VfLヴォルフスブルク、川崎フロンターレ、FC東京で活躍。

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

自分の興味や利益のためだけではなく、より大きな視点でグループの中での自分の役割を捉えれば、本当の意味での貢献を妨げている「性質(たち)」のいくつかを克服できるようになります。そしてその時、あなたは言葉によってだけではなく、その態度によって周囲から認められるようになるでしょう。


松尾泰一郎

戦国時代の城は、外敵よりも内部の敵、つまり場内の武士が士気旺盛で、一致団結しているときは、なかなか落ちない。しかし、その団結が緩んだり、場内に不和が起こるとき、崩壊してしまう。全社員の一致団結によって丸紅の防衛を図らなければならない。全員が他人事視せず、お互いの不平不満を捨てて裸になり、一枚岩になってもらいたい。


川邊健太郎

以前から、時間がある限り社外の人と交流する時間を作るようにしています。人から直接聞いた「一次情報」に勝るものはないからです。


安渕聖司

ほとんどのケースは、「引き返せる決定」のはず。「引き返せる決定」なら、悩まずに、どんどん決めてしまっていいと思います。間違っていたとしても、あとから直せば良いからです。スマートフォンのアプリが発売後に何度もアップデートされるように、今は、世の中自体が「早く出して、ダメならあとで直せばOK」という手法に変わってきていますからね。この世の終わりになるような決定は、会社員の仕事にはほとんどありません。


日野原重明

ものすごく忙しい。健康のために睡眠をたっぷりとり、三食きちんと食べて、適度に運動するなんていうことは私には到底できない。絵に描いた餅です。本業の医療、病院経営の仕事のほかに、物書きをしたり、1日18時間ぐらい働いています。それでも私は毎日が爽快なんです。老いて弱った体と、不規則で過密なスケジュールにうまく適応して精一杯生きる。それが私の生き方上手です。


冨山和彦

得てして日本人は、何とか家や何々会社のようなムラ組織に入ってしまうと、ムラの空気を読んでそこに合わせるという行動原理になりがちです。


高橋がなり

よく「運が悪くて事故っちゃった」って言っている人がいるけれど、それは偶然ではなく必然だと思うんだ。たとえば、一時停止を1万回も無視したとする。そのうち、タイミング悪く1回衝突してしまったとしたら、それは確率1万分の1の偶然ではなく、必然的に起こったことなんだ。


小泉文明

目標を「やめる」という選択も私はアリだと思います。逆説的ですが、1~2か月で「やめよう」「やめたい」と思うのであれば、しょせん、その程度の目標だったということでしょう。本当にやらなければならない目標の場合、人は必死になってやるはずですから。最後までやり通せなかったことではなく、「目標設定をミスった」ことが最も反省すべき点ですね。


夏野剛

人に尋ねて聞いた通りにやる、というのを繰り返すだけでは、問題を解決する力が育たないと思うんです。もちろん、ズルズルと先送りするよりは尋ねた方がいいですが、若いうちに自分で考えを出す方法を身につけておくことも必要でしょう。


桜井博志

今では、「酒造りは、専門家が作った『手本書』を参考にすればできる」とさえ思っています。重要なのは「手本書に載っているデータ」をどう再現するか。だから、「数値管理の徹底」が必要なのです。