名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保哲夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保哲夫のプロフィール

大久保哲夫、おおくぼ・てつお。日本の経営者。「三井住友トラスト・ホールディングス」社長。東京大学法学部卒業後、住友信託銀行に入社。執行役員業務部長、本店支配人、常務、三井住友トラスト・ホールディングス常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

大久保哲夫の名言 一覧

必要なのはバランスシートの大きさではなく、その中身をより収益性の高いものに入れ替えること。


信託銀行のビジネスは、お客様の人生に併走する長い付き合いになります。お客様から信用、信頼される存在でなければなりません。それが自身の存在意義にもつながると考えています。


大久保哲夫の経歴・略歴

大久保哲夫、おおくぼ・てつお。日本の経営者。「三井住友トラスト・ホールディングス」社長。東京大学法学部卒業後、住友信託銀行に入社。執行役員業務部長、本店支配人、常務、三井住友トラスト・ホールディングス常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

遠藤憲一

ドラマの『湯けむりスナイパー』で主演を務めたんですが、撮影現場で、(大根仁)監督から自分の演技を全否定されたんです。ひとつセリフを言えば「間が違う」とか「もう少しゆっくり」とか、顔をやわらかくとかね。「ウイッス」ってひと言だけでも何度もやり直しです。最終的には自分がわからない部分で「オッケー」ですよ。でも、僕は監督を信じようと思いました。この作品のドラマ化を7年間温めてきた監督ですからね。


鈴木敏文

時代の変化について、これからどうなるかは僕だってわからない。要は、変化をずっと見ていて、正確にそれを把握できるかということ。


岸良裕司

主張が対立していても相手の本当の要望は何かを考えていると、共通の目的があることに気づきます。ここまで来たら、その共通の目的を達成し、双方の要望を満たす方法を全員で考えるのです。共通目的があるのだから、必ず解決策が導き出される。


中沢孝夫

規模もコストも本当に「少しずつ」スタートさせることは賢明。にっちもさっちもいかなくなってから新しいチャレンジに取り掛かっても、トライ&エラーを吸収する余裕がないからだ。


舛成孝二

ギャグとコメディの境目も微妙なんですけど、ギャグって暴力的に笑いを取るんですよ。コメディっていうのは、クスクスという感じの笑でもいいんですよね。この次にこれが来るのかなと予想してもらいながら、笑いに持っていく。だから、笑いに段取りがある。そういうのをきっちりできればいいなと思ってやりました。


藤原洋

クラウド時代だからクラウドサービスを提供しようという単純な考え方では、価格競争力のある巨大企業には勝てません。だから、より付加価値の高いサービスを構築する必要がある。


藤田晋

見えない報酬とは、会社から表彰されたり、上司から褒められたり、人から感謝されたりした「うれしい経験」。見えない報酬を大事にする上司は、マネジメント能力に優れています。「褒める」「ねぎらう」「励ます」ことを大切にし、創意工夫を凝らして部下のやる気を引き出します。このような上司は、「最高の上司」と言っていいでしょう。部下のやる気が高まれば、仕事の質や効率が上がります。それが成果につながれば、コストをかけずに新たな収益を上げたのと同じです。ですから、これらの視点を持っていなかったり、軽視している上司は、マネジメントに手を抜いていると思われても仕方がないでしょう。


筒井義信

私どもは社内で女性や若手を中心とした提案活動を進めていますが、とくに意識しているのは、提案活動を単なる提案レベルで終わらせないことです。提案の中で具体化ができそうなものがあれば、経営計画に組み込んで経営戦略として実行していく。このスタンスを続けることで、女性人材の高度化が進み、本当の意味で女性が活躍する土台ができるのだと思います。


内藤剛志

徹夜で撮影でも苦にならないし、まだまだ飽きないというか、いつまでたっても撮影の現場は楽しいですから、「趣味は仕事」と言っていいんじゃないでしょうか。だって、仕事をおろそかにして、遊んでいるほうが僕にとっては恐ろしいんですよ。ゴルフもしませんけど、多分、遊んでいるときのほうが心臓がドキドキするんじゃないかな。それより、まともに仕事と対峙しているほうが安心というか、ホッとしますから。


上土達哉

私の転機は、大学の建築学科から人材サービスのインテリジェンス(のちのパーソルキャリア)に入社したことです。「人に快適な空間や環境を提供するサービス」に携わりたいと、当初はデベロッパーや商社を中心に就職活動をしていました。しかし当時、私はバーでアルバイトをしていたのですが、その時の仲間がインテリジェンスを受けていて、私も受けたところ入社することになりました。ただ、最終的にどういう判断基準で入社したかと言えば、自分自身が成長できそうだと感じたこと、「意志」のある会社だと感じたこと、そして業界と企業に社会性と成長性があると感じたことです。これら三つを満たしているHR(人材)サービスって何だろう? という興味が湧いてきました。


三井悠加

戦後の浮世絵は、一部の風景画を除き、過去の作品の復刻版しか出ていない状況でした。でも、復刻版をつくるだけでは業界が廃れて、技術が継承されなくなってしまう。浮世絵は元の絵を描く絵師、版木を彫る彫師、色を載せる摺師といった職人さんによる総合芸術。職人さんが食べていける環境をつくりたくて、新作に取り組み始めました。


田中淳子(人材教育コンサルタント)

多くの企業で研修をしてきましたが、マネジメントがうまい人ほど「ありがとう」をうまく使っています。