大久保哲夫の名言

大久保哲夫のプロフィール

大久保哲夫、おおくぼ・てつお。日本の経営者。「三井住友トラスト・ホールディングス」社長。東京大学法学部卒業後、住友信託銀行に入社。執行役員業務部長、本店支配人、常務、三井住友トラスト・ホールディングス常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

大久保哲夫の名言 一覧

必要なのはバランスシートの大きさではなく、その中身をより収益性の高いものに入れ替えること。


信託銀行のビジネスは、お客様の人生に併走する長い付き合いになります。お客様から信用、信頼される存在でなければなりません。それが自身の存在意義にもつながると考えています。


大久保哲夫の経歴・略歴

大久保哲夫、おおくぼ・てつお。日本の経営者。「三井住友トラスト・ホールディングス」社長。東京大学法学部卒業後、住友信託銀行に入社。執行役員業務部長、本店支配人、常務、三井住友トラスト・ホールディングス常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

グレッグ・ピーターズ

日本人は価値のあるものには対価を払う人たちだと確信している。だから我々は、提供するコンテンツが価値あるものだと皆さんに伝える必要がある。ネットフリックスでしか観られない、しかしどうしても観たいと思ってもらえるコンテンツを我々は提供できる。


松田昌士

経営陣と現場が直接、言いたいことをぶつけ合うことが大切です。この対話が少しでもズレると、そこに異常事態が起きてしまう。


宮本恒靖

ドイツワールドカップの最終予選を戦っている時、チームの調子が悪かったので、選手だけでミーティングを開いたことがあったんです。三浦淳寛さんからワールドカップへの想いを聞いていましたので、その気持ちの部分をみんなに話してもらいました。「アブダビの夜」と言われるエピソードです。技術や戦術の前に、自分たちの原点である、サッカーを始めた頃や、ワールドカップに対する憧れについて話し合ったんですよ。それまで、わだかまりやうまくいかないこともあったんですが、サッカーへの想いという点は皆同じですからね、そこに戻ることで心をひとつにできました。


高須武男

バンダイとナムコの経営統合のときに中村(雅哉)さんには、持ち株会社で代表権を持つのは1人だけにすべきだと提案しました。ツートップでは社員はまとまりません。中村さんは当初はノーコメントでしたが、最終的には私をトップにしてくれました。その決断には、本当に感謝しています。


村上太一

実際の仕事の現場では何かのアイデアが生まれた際、その発想が生まれた理由を数字に置き換えることを幾度も求められます。右脳での発想を数値や言葉でロジカルに伝える――創業時のメンバーを見ていても、それを求められる中で自然と成長していった仲間が多いように思います。


前川孝雄

叱る必要がある状況とは、問題が顕在化しているのに、本人がその問題点を認識しておらず、トラブルが起きているとき。できる上司は、その前にいかに問題が起きないようすませるかを考えています。裁量は与えても途中経過を報告させ、部下に様々な魅力的な問いかけをすることで、どうすれば問題が起きるのを防げるかを途中で本人に気づかせているわけです。「叱らずして気づかせる」のが本当にできる上司です。


ロバート・ホーマッツ

自由貿易の話が出ると、新たに競争にさらされるであろう人たちが必ず不平を言います。しかし、正しい対応は試練に立ち向かい、自分たちがいかに競争力を増すことができるかを考えること。


スティーブ・ジョブズ

自分たちの製品を知らずに、どうやってお客に勧めるというんだい?
【覚書き|経営危機のアップルに呼び戻されたときの発言。当時の開発陣に製品の利点やターゲット客について尋ねたが誰も答えられなかった。その後、15製品の商品ラインナップを4製品に絞ることとなる】


藤本秀朗

社外から採用した人材で本当に使えるのは10人や20人に一人だが、社外から素晴らしい人材が一人入ってくると、それまでぬるま湯に浸かっていたかのような状態だったプロパー(前から板従業員)が目を覚ます。そのため、ヘッドハンティングの会社に依頼し、社外からよさそうな人を呼んでくるということも積極的に行なった。


尾賀真城

本を読むときはじっくり、少しずつ、あまり負担にならないように読んでいます。「読まなきゃいけない」というのではなくて、自分の読みたいところを読みたいときにじっくり読む。義務感で読むと資料になっちゃいますよね。


藤井康男(龍角散)

技術集約や知識集約の度合いが高まるにつれ、働く時間が長ければ成果が上がるという図式はとうに崩れている。問題を絶えず追及する人間にとって、オフ・ビジネスの時にひらめきを見出す例が多い。


小林宏治

変化を肯定し、これに先手を打ってダイナミックに行動する。世の中は刻々と変わっている。企業だけが安定を求めることはできません。強いて安定を求めると時代についていけなくなり倒産します。(小林宏治、こばやしこうじ、日本電気(現NEC)社長・会長、日本工学アカデミー会長、勲一等旭日大綬章受賞者、NEC中興の祖と評される、コンピューターと半導体を主軸に事業を展開)


脇若英治

語学能力は、トレーディング能力と同じく、なかば先天的な要素もありますが、1か国語をマスターすれば、あとは努力次第で他言語の修得も容易です。とにかく英語は、基礎中の基礎です。


黒田如水(黒田官兵衛)

乱世に文を捨てる人は、軍の道理を悟らないから、制法が定まらず、国家の仕置に私心が多く、家人や国民を愛する術がないから、人の恨みが多い。血気の勇だけで、仁義の道がないから、士卒に敬慕の念が欠け、忠義の志が薄くなるから、たとえいったん軍に勝つことがあっても、後には必ず亡びるものである。


谷口義晴

現在世の中に無いものを具現化するには、歩くしかありません。現場へ出向き、自らの五感で確実な情報をつかむ。その情報を元に、次の世代の企画をプランニングするのです。


ページの先頭へ