名言DB

9425 人 / 110833 名言

大久保博司の名言

twitter Facebook はてブ

大久保博司のプロフィール

大久保博司、おおくぼ・ひろし。ベアリングメーカー「NTN」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部商学科卒業後、エヌ・テー・エヌ東洋ベアリング(のちのNTN)に入社。執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

大久保博司の名言 一覧

『トランスフォーマー』というアメリカ映画がある。車やトラックが合体して巨大なロボットになっていくという斬新な物語だが、私が考えているのはあのイメージ。ベアリングメーカーとして培ってきた幅広いリソースを組み合わせることでトランスフォームして、何か面白い形の会社にしたいんです。


たしかにベアリング製造という分野で国内2位に甘んじていることは意識している。しかし当社だけでなく他社の動向を見ても、主戦場はもはやベアリングの国内順位ではなくなってきている。


風車の大型ベアリングをつくってきたことで風車の技術が蓄えられたため、小型風車を手掛ける構想が持ち上がった。今のところほかに成功しているところもなく、私たちがやればリードできるのではないかと考えた。


ベアリングとドライブシャフトの2つで100年間事業を継続してきたが、それだけでは次の100年はない。それだけでは面白くない。次の100年を見据えて、新しいことをいろいろとやっているんです。


皆さん大きな誤解をしている。たしかにEVではベアリングの点数は少なくなる。だが当社を支えている2つの柱――世界シェア1位のハブベアリングと2位のドライブシャフトは、EVでも使用される部品であり需要は変わらない。しかも新興国では今後もエンジン車の生産台数が激増する見込みで、ハブベアリングの需要はさらに増す。また新興国ではエンジン車のFF(前輪駆動)化が進んでおり、ドライブシャフトの需要は激増する。どちらにしても当社の主力製品の需要はなくなるどころか、ますます増える。私は、EVシフトは逆にチャンスだと思っている。


大久保博司の経歴・略歴

大久保博司、おおくぼ・ひろし。ベアリングメーカー「NTN」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部商学科卒業後、エヌ・テー・エヌ東洋ベアリング(のちのNTN)に入社。執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岡本太郎

生涯を通じて、瞬間瞬間の危険に賭けるのが真の人間の在り方だと思う。


松井忠三

課題解決のための目標と取り組みは、本質的なものでなくては意味がありません。そして退路を断つことで、是が非でもそれに取り組まなくてはならないという危機意識が生まれるのだと思います。


河上和雄

「他人の芝生は青く見えるんだ」って、割り切ってしまえば楽になりますよ。その青い芝生を持っている人だって、実はほかの人の芝生を美しいと思っているんですから。


佐々木圭吾

入園者数が伸び悩んでいた旭山動物園では、入園者に動物園のファンになってもらうために、飼育員自身が檻の前で動物について解説するガイドを始めたのです。すると、入園者の反応に直接触れられるようになり、入園者にもっと喜んでもらえるような理想の展示方法を考え、そのスケッチを描くようになります。やがて、そのスケッチが一つずつ実現し、理想の動物園へと変わっていきました。


松本晃(経営者)

生産性の高い働き方をするうえで最も大切なことは、ビジネスパーソンとしての能力を上げることです。野球選手が試合でヒットを打つために素振りをするように、ビジネスパーソンも成長するためには勉強をおろそかにしてはいけません。日々の鍛錬が大切です。


佐々木正悟

「やるべき仕事」の中身もよく吟味してみてください。すると、「今はやるべきだが、将来的にはやりたくないこと」が見えてくることがある。これを徐々にやらなくてもいい状況にしていきましょう。私にとっての「やりたくないこと」は、連載記事の執筆と他人が主宰するセミナーへのゲスト参加でした。数年かけて減らし、今は「やるべき」かつ「やりたい」仕事に集中できています。


瀧本哲史

教養には確かに威力があるが、即効性はない。米アップルの創業者スティーブ・ジョブズが「リベラルアーツとテクノロジーの交差点」との表現で示した通り、教養の有無で、アップルのような企業で創造的に働くか、その下請け工場で疲弊するか、人生が分かれる。


佐野陽光

家族、子供と起業は相性がいいですよ。それまでは経営はトントンならいいと思っていましたが、そんな甘いものじゃない。子供のオムツって高くて、1枚27円もするんです。それを買うためには利益の目標を数値化しなければなりません。漠然としていた事業計画が明確になり、クックパッドの前進につながりました。


田中和彦

人脈は、過去の仕事を通じて苦楽を共にした仲間こそが最も有力なコネクションとなります。しばらく連絡が途絶えていた人にコンタクトをとり、積極的に会いに行くなどしてみれば、思わぬチャンスが巡ってくることもあるでしょう。実際、転職の約半分は、公募ではなく個人的な人脈から発生するケースです。


桜井章一

自分に降りかかってきた困難や課題に対しては、あえて飛び込む覚悟を持つことで、活路を見いだせることもあるはず。