名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保博司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保博司のプロフィール

大久保博司、おおくぼ・ひろし。ベアリングメーカー「NTN」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部商学科卒業後、エヌ・テー・エヌ東洋ベアリング(のちのNTN)に入社。執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

大久保博司の名言 一覧

『トランスフォーマー』というアメリカ映画がある。車やトラックが合体して巨大なロボットになっていくという斬新な物語だが、私が考えているのはあのイメージ。ベアリングメーカーとして培ってきた幅広いリソースを組み合わせることでトランスフォームして、何か面白い形の会社にしたいんです。


たしかにベアリング製造という分野で国内2位に甘んじていることは意識している。しかし当社だけでなく他社の動向を見ても、主戦場はもはやベアリングの国内順位ではなくなってきている。


風車の大型ベアリングをつくってきたことで風車の技術が蓄えられたため、小型風車を手掛ける構想が持ち上がった。今のところほかに成功しているところもなく、私たちがやればリードできるのではないかと考えた。


ベアリングとドライブシャフトの2つで100年間事業を継続してきたが、それだけでは次の100年はない。それだけでは面白くない。次の100年を見据えて、新しいことをいろいろとやっているんです。


皆さん大きな誤解をしている。たしかにEVではベアリングの点数は少なくなる。だが当社を支えている2つの柱――世界シェア1位のハブベアリングと2位のドライブシャフトは、EVでも使用される部品であり需要は変わらない。しかも新興国では今後もエンジン車の生産台数が激増する見込みで、ハブベアリングの需要はさらに増す。また新興国ではエンジン車のFF(前輪駆動)化が進んでおり、ドライブシャフトの需要は激増する。どちらにしても当社の主力製品の需要はなくなるどころか、ますます増える。私は、EVシフトは逆にチャンスだと思っている。


大久保博司の経歴・略歴

大久保博司、おおくぼ・ひろし。ベアリングメーカー「NTN」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学商学部商学科卒業後、エヌ・テー・エヌ東洋ベアリング(のちのNTN)に入社。執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐伯弘文

多くの企業経営者は少子高齢化による労働力不足を懸念し「移民が必要だ」と話しますが、そんなのは目先の利益しか考えていない証拠です。移民を受け入れた欧州はテロが増え、治安は悪化し、今では多くの人が移民に反対しています。多くの経営者は安い労働力を確保できればいいのです。移民によって、国や地域にどんな影響が広がるかなど考えていないでしょう。人口が増え続けることはいいことだという思い込みを切り替える必要があります。欧州で生活環境がいいとされているデンマークの人口は約570万人です。やり方次第で少ない人口でもいい生活はできています。国力は国の大きさや人口ではありません。文化力や民度、治安から決まるのです。


コシノジュンコ

パリの人たちに本格的な着物を見せたいと思ったのは5年前。その間、館長が3人代わり、今回、ようやく実現しました。これも思いを口にしたことから始まっています。大琳派展の時も、これだと思ったらすぐに相談する。それで物事はスタートします。


坂根正弘

非正規の仕組みに頼らざるをえないからこそ、正規と非正規との格差を縮めていかなきゃいけない。うちは契約が終わったときには慰労金を出したり、「再就職のための支援金・休暇」を付与しています。


松下幸之助

何年働こうがその会社が腰かけだと思っている限りは、何も身に付かない。だけど3カ月であっても、丁稚になりきる。毎日そういう気持ちでやれば、得るものは大きい。


田坂広志

私自身は、書店で時間を過ごすとき、様々なジャンルの本のコーナーを見て回ります。時代の最先端のテーマは何か、いま多くの人が興味を持っているテーマは何か、古いテーマの新たな切り口は何かなど、考えながら回ります。すると、書店を出るころには、いろいろな物語が心の中に生まれてきます。


北島素幸

いくら有名店のノウハウを知っていても、あるいは高度な技術を身につけていてもだよ、予算や機材や人材に限りのある自分の店でそれをやるには、かなりの工夫が要るの。料理を自分のものにするというのはそういうことで、自分の店でやれなければ意味がないんだよね。


吉見範一

これだけ多くの人が喜んでくれているということを知らせるため、できるだけ多くの「お客様の声」を集めるといいでしょう。そして、「これ、お客様と同じことを言っていませんか?」と質問していけば、相手の課題やニーズを引き出すことができます。


小池百合子

父は「新しいところや高いところに突き進まなければ後退あるのみ」「皆と同じことをしていたら安心だけど、奈落に落ちるときも皆一緒。だから自分で這い上がれ」とも言いました。今の私に繋がっている、ありがたい教えです。


野本弘文

今でも母の教えが根付いているなと感じることがあります。それは母が言った「人を使うということは、人に使われるということなのよ」という言葉です。たとえ社長であっても課長時代はあった。その社長が、かつて課長として上司に提案をするとき、どういった想いで提案したか必ず覚えているもの。だから、想いを伝えれば必ず分かってくれる。


羽田孜

平和の中で繁栄を築いてきた日本は、まず、平和のためにはあらゆる努力をしますよ。日本は様々な国とのつながりがありますから、世界との調整役というのが日本の務めでしょう。


村上龍

友人や恋人は、作ろうと思って作れるものではないし、探そうと思って探せるものでもありません。「出会う」ものです。まず一つ一つの出会いを大切にすることからはじめてはどうでしょうか。


伊藤與朗

うちは初島クラブのように破たんしたリゾートを相次いで再生してきました。経験から言えば、再生とはビジネスモデルをガラリと変えることです。まず、社員の質の低下は絶対に避ける必要があります。悪い期間が長すぎると、本業が劣化してどうにもならなくなります。再生事業は生ものを扱うわけですから、この点でも悠長に構えず、危機感を持って事に当たらないと間に合いません。