名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大久保佳代子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保佳代子のプロフィール

大久保佳代子、おおくぼ・かよこ。日本のタレント。愛知県出身。千葉大学文学部文学科卒業。お笑いコンビ「オアシズ」としてデビュー。バラエティ番組、テレビドラマなどで活躍。

大久保佳代子の名言 一覧

出演する番組一つひとつを大切にして、かなりエネルギーをかけて臨みました。「この番組では、自分は何を求められているんだろう?」というのを、一生懸命探していましたね。今、私を多く使っていただいているのは、求められていることを「尻軽」にやれるからなんだと思います。自分で言うのもなんですが(笑)。


前のめりになって、「よし、これを言ってやる!」と思っているとスベることが多い。それよりも、流れに乗っかって、ヘラヘラとゆるく構えているほうがウケるんです。同じように、目標を立てるのではなく、その場その場に対応していくのが、私にとっての成果を出す方法ですね。


失敗はいまだにします。うまくタイミングをつかめなかったり、トークがスベったり、とっさにうまく返せなかったりして、落ち込むことはあります。そんなときは、次の仕事で取り戻すしかありません。


まだ何もやっていないし、このままで終わるはずがない。そんな根拠のない自信を持っていたんです。だから、「二足のわらじを履いて苦労したね」とよく言われるのですが、全然そんなことはありませんでした。会社とお笑いとの両方に逃げ道があるから、むしろラクでした。


大久保佳代子の経歴・略歴

大久保佳代子、おおくぼ・かよこ。日本のタレント。愛知県出身。千葉大学文学部文学科卒業。お笑いコンビ「オアシズ」としてデビュー。バラエティ番組、テレビドラマなどで活躍。

他の記事も読んでみる

岩崎辰之

私が常に心に置いているのは「人生有限、可能性は無限、限界は自分」という言葉です。人生は限られていますから、無限に広がる可能性を掴みにいかなければなりません。その限界線を引いてしまうのは自分だということです。その自分に打ち勝つことができるかどうかが問われます。これはフィロソフィーというほど大げさではありませんが、私と会社の行動原理になっています。


岩瀬昌美

グローバルエリートたちは、ずっと勉強しています。MBAの復習に加えて新たな知識を貪欲に吸収している。私も月最低10冊は本を読みます。朝はロサンゼルス・タイムズを読み、夜は日経新聞電子版やプレジデントを読んで日本の経済情報を仕入れる。私を含め、グローバルエリートにとって新たな情報を仕入れることはあまりにも常識なのです。


坂根正弘

コマツの場合、競争相手は世界一の建設機械メーカーである米キャタピラー社である。アメリカという国に存在している彼らの強さ、弱さを見たときに、少なくともものづくりの部分で、我々が彼らに負ける要素は少ない。だが、その一方で、いわゆるトップダウンのリーダーシップという点やホワイトカラーの生産性では負ける恐れがある、というのが私の分析だ。逆に、そこさえしっかりすれば鬼に金棒である。


マハトマ・ガンジー

不幸は私たちに与えられた試練である。この試練を乗り越えたとき、すべてはきっと好転する。そう信じて、辛抱強く耐え抜こう。耐え抜いたとき、あなたはとてつもない力を手にしていることだろう。


金澤悦子

お子さんのいる父親に、お勧めしたいのがPTA。近年、保護者の父親が有志で結成する「おやじの会」も増えているので、地元で開催していたらぜひ覗いてほしい。想像もしなかった職業や役職の人が一人の父親として参加していて、新しい世界が広がることうけあいである。


エドワード・ギボン

風波はつねに優秀な航海者に味方する。


中尾清(経営者)

中国法人社長就任当初、現地スタッフは他人のせい、顧客のせいにして弁明する傾向が見られましたが、「自分の仕事にプライドを持て」と口を酸っぱくして注意すると、次第にわかってくれました。


柳井正

海外ではナイーブでは生きていけない。反対に、相手の気持ちが分からないとダメ。そのバランス感覚を経験や交渉によって培っていかないといけない。


秋山咲恵

ゴールから逆算していくやり方は、経営コンサルタント時代にかなり鍛えられました。コンサルティングの仕事は、「大きなビジョンを描き、それに近づけるために、どのようにギャップを埋めていくか」が基本です。つらくて泣きながら仕事をしたこともありますが、いま思うと、そのおかげで身についたものは大きかったですね。
【覚書き|外資系コンサルティング会社アンダーセン・コンサルティング勤務時代を振り返っての発言】


岡敦

デカルトの日常的な行動ルールは、森の中で道に迷った旅人の比喩で説明されていますよね。簡単に言えば、道に迷ったら、止まったりうろうろせずに一方向に突進せよと。僕は若い頃、自分を優柔不断だと思っていたので、「そうか、悩むより、決めた方向へどんどん進んじゃえばいいのか」と自分に言い聞かせました。


澤上篤人

投資の勉強はむしろ、絶対にやってはいけない。投資なんて、安く買って高く売るだけのこと。暴落相場などで、多くの投資家が真っ青になって売っている時なら、安いに決まっている。そこで買っておけば、安く買えるじゃない。逆に、この2~3か月のように多くの投資家が買おう買おうと強気になっている時は、もう相当に高いと考えよう。だったら少しずつ売っていけばいい。考えてみようよ。真っ青になって売り逃げに走るのも、最近のようにガンガン強気で買おうとしているのも、皆投資の勉強をしてきた人たちだよ。機関投資家も同じこと。難しい理論を振りかざして運用のプロとか言っているが、彼らは暴落相場では買えない。それでいて、株価が上昇してくるにつれて、「持たざるリスクを感じて」高値を横並びで買ってくるのだ。何とも下手な投資家集団だが、中途半端に勉強すると、ああなるのよ。


ジャック・マー(馬雲)

私は、ビジネスは楽しくて、笑顔をもたらすものでなければならないと思っています。すべての人に楽しく、笑顔で仕事をしてほしいと願っています。