名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保佳代子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保佳代子のプロフィール

大久保佳代子、おおくぼ・かよこ。日本のタレント。愛知県出身。千葉大学文学部文学科卒業。お笑いコンビ「オアシズ」としてデビュー。バラエティ番組、テレビドラマなどで活躍。

大久保佳代子の名言 一覧

出演する番組一つひとつを大切にして、かなりエネルギーをかけて臨みました。「この番組では、自分は何を求められているんだろう?」というのを、一生懸命探していましたね。今、私を多く使っていただいているのは、求められていることを「尻軽」にやれるからなんだと思います。自分で言うのもなんですが(笑)。


前のめりになって、「よし、これを言ってやる!」と思っているとスベることが多い。それよりも、流れに乗っかって、ヘラヘラとゆるく構えているほうがウケるんです。同じように、目標を立てるのではなく、その場その場に対応していくのが、私にとっての成果を出す方法ですね。


失敗はいまだにします。うまくタイミングをつかめなかったり、トークがスベったり、とっさにうまく返せなかったりして、落ち込むことはあります。そんなときは、次の仕事で取り戻すしかありません。


まだ何もやっていないし、このままで終わるはずがない。そんな根拠のない自信を持っていたんです。だから、「二足のわらじを履いて苦労したね」とよく言われるのですが、全然そんなことはありませんでした。会社とお笑いとの両方に逃げ道があるから、むしろラクでした。


大久保佳代子の経歴・略歴

大久保佳代子、おおくぼ・かよこ。日本のタレント。愛知県出身。千葉大学文学部文学科卒業。お笑いコンビ「オアシズ」としてデビュー。バラエティ番組、テレビドラマなどで活躍。

他の記事も読んでみる

森見登美彦

僕の場合、計算して「こうあるべき」みたいなものを組み立てていっても、そうはならないんです。「たまたまそのときはそういう風になっちゃった」みたいな形でいい。だから「もういっぺん同じ材料を集めて同じ方法論で組み立ててみたらどうか」みたいな作品は、僕にとってはあまり書く意味がないんです。そもそもデビュー作の『太陽の塔』からして偶然できたものだし、その後も毎回手探りで、ああでもないこうでもないとやっているうちに無理矢理できているわけですよ(笑)。


富田純弘

どのような環境の変化があっても、会社経営は「人」が全てです。「全従業員の物心両面の幸福を追求し、人類の健康と生活に役立ちへ地域社会および世界に貢献する」というのが当社の理念です。


佐々木常夫

私は昔から、上司や部下の誕生日をすべて手帳に書き込んでいます。そして当日になったら、「おめでとう」と声をかけるのです。すると相手は、「私の誕生日を覚えているなんて」と感激して、こちらに好感を持ってくれるようになる。何十人分もの誕生日を手帳に書いて忘れずに声をかけるのは、なかなか大変な作業です。でも、その努力は必ず報われる。人間関係は努力があってこそ培われるものだということを肝に銘じるべきです。


堀切功章

革新をどう起こしていくかが一番の課題。革新なきところに伝統はつながっていかない。そして、その革新を起こすにはやはり挑戦を続けなければいけない。


一瀬邦夫

予想外のこと、反省すべきことはいっぱいありますが、そこから立ち直ったことが誇りです。絶対に負けない、倒産はさせないというエネルギーがわいてきました。ピンチの後には必ずチャンスが訪れます。


中村扇雀・3代目

芝居で得たものが人生に繋がるというのはまさにその通りだと思いますよ。今日僕が持ってきた『世阿弥のことば一○○選』はタイトル通り世阿弥の言葉を集めた本だけど、舞台上に限らず、人生全体に応用できる言葉がたくさんあります。たとえば「離見の見」は、演者が客観的な目線で、あらゆる方向から自身の演技を見る意識を指す言葉だけど、人として大切なことをも教えてくれています。人間って、生きている限り、自分の顔は鏡を通してしか見られない。直接見ることは絶対にできないんだよね。ということは、他人様が見ているの方がたぶん本当の姿である。つまり、みんなが「扇雀とはああいう人間だ」と考えている扇雀像こそ、本当の自分であるということに気づかないといけない。そんな意味も含んでいると思うんです。


豊田圭一

自分がやらなくてもいい仕事は、部下に振ってしまっていいのです。だらだらと抱え込んだままにしてしまったり、期待される結果を出せない方が、よほど周囲に迷惑がかかります。


松井忠三

トップにふさわしい人を見定める際に私が重視するのは、未来を予測する力と本質を見抜く目です。社会の変化を見通せる経営者ほど、的確な判断ができるでしょう。


福川伸次

重要なのが「温故創新」です。これはわたしの造語ですが「古きを温(た)ずねて新しきを創る」。つまり、過去の知を組み合わせて、新しいものを創っていく。


重松大輔

妻はサイバーエージェントのベンチャーキャピタル部門にいました。いまは別の会社にジョインして、ベンチャーキャピタリストとして働いています。家にプロの投資家がいるので、壁打ちを繰り返してビジネスプランを磨いていきました。


松本洋(コンサルタント)

他人のせいという発想からは決して成長は望めない。


遠藤信博

会社は働く人にとって社会貢献の場で、継続することが重要です。それには、市場が要求する変化を我々が常に感知し、価値を創造し続けないといけません。市場の変化をくみ取りながら、どう貢献していくかを考えていく。このプロセスが文化として社内に根づくか。ここが大切なところです。