大久保佳代子の名言

大久保佳代子のプロフィール

大久保佳代子、おおくぼ・かよこ。日本のタレント。愛知県出身。千葉大学文学部文学科卒業。お笑いコンビ「オアシズ」としてデビュー。バラエティ番組、テレビドラマなどで活躍。

大久保佳代子の名言 一覧

出演する番組一つひとつを大切にして、かなりエネルギーをかけて臨みました。「この番組では、自分は何を求められているんだろう?」というのを、一生懸命探していましたね。今、私を多く使っていただいているのは、求められていることを「尻軽」にやれるからなんだと思います。自分で言うのもなんですが(笑)。


前のめりになって、「よし、これを言ってやる!」と思っているとスベることが多い。それよりも、流れに乗っかって、ヘラヘラとゆるく構えているほうがウケるんです。同じように、目標を立てるのではなく、その場その場に対応していくのが、私にとっての成果を出す方法ですね。


失敗はいまだにします。うまくタイミングをつかめなかったり、トークがスベったり、とっさにうまく返せなかったりして、落ち込むことはあります。そんなときは、次の仕事で取り戻すしかありません。


まだ何もやっていないし、このままで終わるはずがない。そんな根拠のない自信を持っていたんです。だから、「二足のわらじを履いて苦労したね」とよく言われるのですが、全然そんなことはありませんでした。会社とお笑いとの両方に逃げ道があるから、むしろラクでした。


大久保佳代子の経歴・略歴

大久保佳代子、おおくぼ・かよこ。日本のタレント。愛知県出身。千葉大学文学部文学科卒業。お笑いコンビ「オアシズ」としてデビュー。バラエティ番組、テレビドラマなどで活躍。

他の記事も読んでみる

田原祐子

お客様には最初から「最大パッケージ」を示しておくことも重要です。たとえばパソコンが欲しいというお客様に対して、プリンタやデジカメがあればもっと楽しく便利になることを最初から伝えておきます。つまり、最終ゴールがプリンタやデジカメも含めた最大パッケージになるのです。そうすることでパソコンを買って終わりではなく、継続してお客様になってもらえるのです。


辻慎吾

東京都内のエリア間競争を議論する前に、少子高齢化が進む日本の中で全体のパイをどう拡大していくのかを考えないといけない。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

広告活動をする資金的余裕がないという人もいるだろう。しかしこれは逆だ。広告活動を「しない」余裕などない。農家が種をまいたら寝ている間にトウモロコシやジャガイモが育つ。広告も同じだ。自分が寝たり、食事したり、お客としゃべっている間に、広告は何千人もの人々に読まれているのだ。


田中和彦

人脈は、過去の仕事を通じて苦楽を共にした仲間こそが最も有力なコネクションとなります。しばらく連絡が途絶えていた人にコンタクトをとり、積極的に会いに行くなどしてみれば、思わぬチャンスが巡ってくることもあるでしょう。実際、転職の約半分は、公募ではなく個人的な人脈から発生するケースです。


飯田泰之

リスクのないところに収益はありません。自身が許容できるリスク、つまりは、いくらまでならば損をしても構わないかを見極めた資産形成を行なう必要がある。


フランシス・ベーコン

おのおのは自分の運命の作り手ではないが、自分の才能の作り手ではある。


永井浩二(経営者)

あるとき先輩が「所詮、俺たちは後ろ向きでは生きていけない人間の集まりなんだ」と話したことが印象に残っています。どんなに困難な局面でも、絶対に最後まで諦めない。逆風でも何とかして前に進む。これが野村のDNA。いまこそ気の緩みがないよう、引き締めていきたいと思います。


杉浦敏介

組織機構が定着しすぎると、どうしても日々の業務運営がイージーな方に走る。


酒巻久

身近な人間に対する観察眼を磨くことは、会社以外の人物や社会全般の動向を観察し、判断する目を磨くことにもつながります。


栗山年弘

高付加価値製品を創出し続けることが、持続的に成長していく上で必要です。ただし、第4次産業革命により技術・開発競争は激化し、1社ですべてを開発することには限界があります。このため他社との技術提携やアライアンスなども進めています。


松下幸之助

松下が値段を決めるのではなく、市場でお客さんが値段を決める。


チャールズ・シュワブ(金融)

成功にもっとも良い場所は、今の自分がいる場所である。


安部修仁

数字は最も重要なコミュニケーションの道具です。言葉だけを伝えると、まったく逆の解釈をされるといったことがしょっちゅう起こってしまいます。ですから、個々の役割を明確にするためには、数字で目標を伝えることが不可欠です。


堀場厚

当社のような研究開発型企業が世界市場で戦っていくには、ユニークな技術を常に開発している状態をキープしておかなければなりません。しかし、残念ながら、日本人スタッフだけでこれを続けていくことは難しい。そこでグローバルな視点から海外企業と業務提携し、そして買収していくというかたちで事業の拡大を図ってきました。


佐野陽光

どんなにやりたいことをやって欲しいもの全て手に入れたとしても、周りの人たちが苦笑いだったらやっぱり嫌。


ページの先頭へ