名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大久保一彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大久保一彦のプロフィール

大久保一彦、おおくぼ・かずひこ。日本のフードコンサルタント。神奈川県出身。東京地方裁判所に勤務したのち、飲食業界に入る。複数の飲食店チェーンに勤務したのちフードコンサルタントとして独立。食べログレビュアー「ジェームズ大久保」の名でも知られている。著書に『善の循環経営』『行列のできるダントツ飲食店の秘密』『行列ができる店はどこが違うのか』『繁盛力 女性リピーターが収益を呼び込む』ほか。

大久保一彦の名言 一覧

単に売れればいいという経営をしていれば、行き着く先は安売り競争しかありません。そうなると、たとえ競争に勝っても疲弊するだけで、利益はほとんど出ません。


デフレが続いたこれまでは「安い店」が話題の中心でしたが、これからはお客さんに「値段以上の喜びを提供できる店」こそ支持されていくでしょう。


お客さんを育てていくと、お客さんは次第に、よりいいものを試してみたくなります。そうなれば、「これがお勧めです」などと売り込まなくても、自然と客単価は上がっていきます。


理念経営の場合は、店とお客さんをつなぐのは「エンゲージメントの共有」です。安いからではなく、理念に共感した人がその店を選ぶので、安売り競争は起こりません。むしろ多少高くても、そこに理念に基づく付加価値があるとわかってもらえれば、お客さんは喜んでお金を払ってくれるのです。また、そういうお客さんは継続的に来店しますし、さらに新しいお客さんを連れてくるなどしますから、自ずと経営も安定することになります。


大久保一彦の経歴・略歴

大久保一彦、おおくぼ・かずひこ。日本のフードコンサルタント。神奈川県出身。東京地方裁判所に勤務したのち、飲食業界に入る。複数の飲食店チェーンに勤務したのちフードコンサルタントとして独立。食べログレビュアー「ジェームズ大久保」の名でも知られている。著書に『善の循環経営』『行列のできるダントツ飲食店の秘密』『行列ができる店はどこが違うのか』『繁盛力 女性リピーターが収益を呼び込む』ほか。

他の記事も読んでみる

中山均

考えてみると、私は世にも幸福な男かもしれない。三男一女の父だが、そのうち次男を戦争で失った以外は、みんなよき息子、よき娘で、それぞれよき家庭を営んでいる。子供たちがこうも見事に育ったのは言うまでもなく私の力ではない。私にそんな力や才能のあろうはずがない。なにを隠そう、みんな女房玉恵の丹精のたまものである。


上川隆也

子供たちってウソ偽りなく目の前の芝居を表情で評価してくれるんですよ。つまらなければ、そっぽを向いて体育館中を走り回るし、面白ければ目をキラキラ輝かせるしね。子供たちの興味を惹きつけたまま、終幕まで持って行けたときの快感が癖になるというか、忘れられなくなったのかもしれませんね。冒険という表現が綺麗だけど、生まれて初めて未知の世界に踏み出したような感覚でした。なにせ行ったこともない土地で子供相手に自分をさらけ出すわけですから。

【覚え書き|学生時代、児童劇団にバイトとして参加したときを振り返って】


ジョージ・ソロス

成功すれば、人々は自分の考えに興味を示してくれるはずだ。


橋本孝之

コンピュータシステムを購入したいというお客様の倉庫を尋ねたときのことです。倉庫はまるで整頓されておらず、グチャクチャでした。システムを入れても、とても管理できないような状況です。一時の売上を考えれば、効果を十分に発揮できなくてもシステムを売ってしまった方がいい。でも将来、お互いに必ず後悔します。お客様には、「大変申し訳ないのですが、作業着ではなく、背広を着て作業できるような倉庫にしてから、コンピュータを入れましょう」と提案しました。


松井順一

ミスを仕事の糧にするためには、自らミスを認め、解決しようとするマインドを高めることが重要。上司は、部下がその意識を高められるように、ミスの解決プロセスに応じてどのようなサポートが必要なのかを「カウンセリングマインド」の態度で確認して、的を射たフォローを。


安田善次郎

金を増やすだけで減らさぬのを世間ではやっかむのかもしれぬが、実は自分は少しでも増やし、少しでも多くし、それをできるだけ効果的に使おうと苦心しているのであって、いまにして金儲けがやめられぬのも、その志が大きいからである。


小林弘幸

目の前のことに集中できなかったり、なんとなく「いつも何かに追われている」ような気がしている人は、放ったままにしてある小さな仕事や雑事を、一度すべて整理してみてください。


箭内道彦

僕にとっては、手ぶらとか、引き出しがないという状態こそが大切。その方が新鮮にいろいろなことを考えられますから。


村尾信尚

きちんとチームプレーができる人には、愚直で誠実な人が多いようん位思います。


小林喜光

何でも定量的に把握し、決めていくことが必要。


松橋良紀

別れ際は誰だって、どうしても気がゆるむ場面。でも、逆を言えば、相手もまた気をゆるす瞬間だと言えるわけです。ここでどう振る舞うかが、大きく結果を変える。


笠井伸啓

技術的な優位性を維持するために、当社では売上高の15%以上を研究開発投資に回しています。比率こそほぼ一定ですが、事業の伸びに伴って投資の絶対額も伸びており、そうした圧倒的な技術開発力こそが他社に対する競争力の源泉になっています。