名言DB

9419 人 / 110788 名言

大串哲史の名言

twitter Facebook はてブ

大串哲史のプロフィール

大串哲史、おおくし・てつふみ。日本の経営者、理容師。理美容店などを展開する「オオクシ」、「サロンネクスト」社長。父から理容店を引き継ぎ、POSデータ活用によって事業を拡大させた。経済産業省推進IT経営百選「最優秀賞」、中小企業IT経営力大賞「経済産業大臣賞」ほか多くの起業家賞を受賞。

大串哲史の名言 一覧

経営に数字を活用し始めるときは「数字は粗探しの道具ではなく、みんなの努力を結果につなげるための道具」ということを理解してもらうことが、何よりも重要です。


人は数字では動かず、情で動きます。


数字は、個人の仕事を改善するうえでも、会社の経営を改善するうえでも有益なもの。だからこそ、数字を出す側には責任があると私は考えています。たとえば、「あなたは女性客のリピート率が低い」とだけ指摘されて、やる気を出す人はいませんよね。そうではなく、「男性客のリピート率は素晴らしい。女性客のリピート率も上げられればさらにいい。そのためには、こういう方法があるよ」と言われれば、「やってみよう」となるでしょう。データを使って問題点を指摘するのなら、改善策も一緒に伝えなければなりません。


以前は私とスタッフとで、よく言い合いになったものです。あるとき思ったのは、自分と社員の考え方のベースが違うのではないかということです。データを出しているといっても、社員の多くは自分の数字しか見ていない。こっちは全部見ている。見ている量と、目線の高さを合わせていけば、同じ判断をしてくれるんじゃないか。そういう仮説を立てたのです。それ以来、数字をさらに徹底して公開するようにしました。個人の給与額以外はすべて共有する。さらに、会議もすべて議事録に起こして、パートさんまで、全員に配る。経営計画も同様。加えて、私の考えをまとめたフィロソフィーというものを、朝礼や終礼で読んでもらうようにしました。そこには、「掃除はなぜしなければいけないのか」といった基本的なところから、経営理念、わが社のビジョンまでが書いてあります。これを5年くらい続けると、スタッフとの言い合いはピタリとなくなりました。経営者のような視点で考えてくれる人材がたくさん出てきたのです。今では店長をはじめとして、私より経営者として立派な方がいっぱいいます。


POSデータは重要な気づきを与えてくれるものですが、ある意味では魔物です。組織の目的が明確になっていて、みんなで組織を良くしようという思いを共有できているなら、数字は大いに役に立ちます。しかし、組織の人間関係が悪いと、数字はとたんに粗探しの道具になってしまう。「あいつは自分より結果を出していないじゃないか」といった攻撃の道具になってしまうのです。


自分の店舗にPOSシステムを導入しました。すると、とんでもないことがわかりました。POSシステムでは、スタッフの情報も管理しています。そのデータから、私が大きな勘違いをしていたことに気づいたのです。当時、私の店には色白で太ったAさんというスタッフと、色黒で精悍な風貌のBさんというスタッフがいました。私はそれまで、Aさんをよく叱っていました。きびきびした動きのBさんに比べると、仕事が遅く、何事にもモタモタしていると感じていたからです。ところが、POSデータを見ると、ほぼ毎日、AさんのほうがBさんよりも多くのお客様を担当していたのです。私はAさんに謝り、大いに反省しました。自分の主観にとらわれて、間違った評価をしていた。働いているときに自分が納得できなかった評価を、自分でもやってしまっていた、と。そのことに、POSデータが気づかせてくれたのです。


当社に11期連続2桁成長をもたらした原動力のひとつが、POSシステムを使った情報の管理・分析・活用であることは確かです。ただ、当社はひたすらデータを重視し、数字を重視する会社かといえば、そんなことはありません。実は、どこよりも情を大切にしている会社でもあるのです。


大串哲史の経歴・略歴

大串哲史、おおくし・てつふみ。日本の経営者、理容師。理美容店などを展開する「オオクシ」、「サロンネクスト」社長。父から理容店を引き継ぎ、POSデータ活用によって事業を拡大させた。経済産業省推進IT経営百選「最優秀賞」、中小企業IT経営力大賞「経済産業大臣賞」ほか多くの起業家賞を受賞。

他の記事も読んでみる

平野岳史

結局、売れる営業マンは、お客様に「この営業マンは自分と相性が合う」と思わせるのが、非常に巧みなんです。「相性が合うこと」をもう少し具体的にいうと、「その相手の存在が心地よい」ということですね。話すスピードや間合い、声のトーン……。これらの波長が合う人を、人は心地よいと思うものです。


為末大

僕も銅メダルを獲ったらゆっくりできるかなと思っていたら、「次は金メダルを獲らなければ」という話になって、「これは参ったな」と思いました。「金メダルを目指します」と口ではいいながらも、自分の実力は察していますから、どこかでそれを否定している自分がいる。そこで、金メダルという「山頂」をモチベーションにするのではなく、その山頂へと登るためにいま頑張るモチベーションをどこから得るかを考えるようにしました。そのために、生きる意味についてなど、自分なりに納得がいくまで考えました。


小池龍之介(小池龍照)

狂信的な方や、かたくなさだけでは瞑想も成長しない。ユーモアは仏教でも不可欠です(笑)。


櫛田健児

町工場の技術のグローバル展開のようなものは、もちろん急速なリターンが得られるわけではないのですが、欧米のメーカーから見ると日本の町工場の技術力に興味がある。一方で町工場の人々にはグローバルな機会についての絵が見えているわけではない。ここをつなげる人が登場すると面白くなるわけです。


小山昇

市場に聞いた結果、まったく売れずに失敗することもあるでしょう。でも、失敗したら軌道修正すればいいじゃないですか。いち早く失敗すれば、やり直しにも早く取り掛かれます。


井上雄一

どうしても眠れないときは寝床を離れてリラックスし、本当に眠くなってから寝床へ行くようにしてください。眠れないと思い込むと、よけいに不安が高じて眠れなくなります。


安藤俊介

私たちの持つ価値観は、正解も不正解もない。自分にとっては「メールの返事は1日で返す」が正解でも、人によっては「3日ぐらいは大丈夫」が正解かもしれません。「あの人なりのものさし」を許容できれば、人生はずいぶんラクになる。


永守重信

タバコは吸わないし、40代のころに飲酒もやめた。観光にも美食にも縁がない。正直にいうと日々の激務の中で「こんな人生でいいのか?」と自問することもなくはない。だが、一代でこれだけの規模へ会社を引っ張り上げるには、個人的な楽しみを封じてでも、必死に働きつづける必要があったのだ。


飯田亮

失敗を繰り返し、知恵と努力で克服してこそ、前へ一歩進める。


藤田晋

情熱や熱意は、アイデア実現のために難解な課題に立ち向かったり、出来上がったものを辛抱強く改善し続けていくには欠かせないものですが、企画を提案する段階ではむしろ邪魔。間違いを起こすだけです。