名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大串哲史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大串哲史のプロフィール

大串哲史、おおくし・てつふみ。日本の経営者、理容師。理美容店などを展開する「オオクシ」、「サロンネクスト」社長。父から理容店を引き継ぎ、POSデータ活用によって事業を拡大させた。経済産業省推進IT経営百選「最優秀賞」、中小企業IT経営力大賞「経済産業大臣賞」ほか多くの起業家賞を受賞。

大串哲史の名言 一覧

経営に数字を活用し始めるときは「数字は粗探しの道具ではなく、みんなの努力を結果につなげるための道具」ということを理解してもらうことが、何よりも重要です。


人は数字では動かず、情で動きます。


数字は、個人の仕事を改善するうえでも、会社の経営を改善するうえでも有益なもの。だからこそ、数字を出す側には責任があると私は考えています。たとえば、「あなたは女性客のリピート率が低い」とだけ指摘されて、やる気を出す人はいませんよね。そうではなく、「男性客のリピート率は素晴らしい。女性客のリピート率も上げられればさらにいい。そのためには、こういう方法があるよ」と言われれば、「やってみよう」となるでしょう。データを使って問題点を指摘するのなら、改善策も一緒に伝えなければなりません。


以前は私とスタッフとで、よく言い合いになったものです。あるとき思ったのは、自分と社員の考え方のベースが違うのではないかということです。データを出しているといっても、社員の多くは自分の数字しか見ていない。こっちは全部見ている。見ている量と、目線の高さを合わせていけば、同じ判断をしてくれるんじゃないか。そういう仮説を立てたのです。それ以来、数字をさらに徹底して公開するようにしました。個人の給与額以外はすべて共有する。さらに、会議もすべて議事録に起こして、パートさんまで、全員に配る。経営計画も同様。加えて、私の考えをまとめたフィロソフィーというものを、朝礼や終礼で読んでもらうようにしました。そこには、「掃除はなぜしなければいけないのか」といった基本的なところから、経営理念、わが社のビジョンまでが書いてあります。これを5年くらい続けると、スタッフとの言い合いはピタリとなくなりました。経営者のような視点で考えてくれる人材がたくさん出てきたのです。今では店長をはじめとして、私より経営者として立派な方がいっぱいいます。


POSデータは重要な気づきを与えてくれるものですが、ある意味では魔物です。組織の目的が明確になっていて、みんなで組織を良くしようという思いを共有できているなら、数字は大いに役に立ちます。しかし、組織の人間関係が悪いと、数字はとたんに粗探しの道具になってしまう。「あいつは自分より結果を出していないじゃないか」といった攻撃の道具になってしまうのです。


自分の店舗にPOSシステムを導入しました。すると、とんでもないことがわかりました。POSシステムでは、スタッフの情報も管理しています。そのデータから、私が大きな勘違いをしていたことに気づいたのです。当時、私の店には色白で太ったAさんというスタッフと、色黒で精悍な風貌のBさんというスタッフがいました。私はそれまで、Aさんをよく叱っていました。きびきびした動きのBさんに比べると、仕事が遅く、何事にもモタモタしていると感じていたからです。ところが、POSデータを見ると、ほぼ毎日、AさんのほうがBさんよりも多くのお客様を担当していたのです。私はAさんに謝り、大いに反省しました。自分の主観にとらわれて、間違った評価をしていた。働いているときに自分が納得できなかった評価を、自分でもやってしまっていた、と。そのことに、POSデータが気づかせてくれたのです。


当社に11期連続2桁成長をもたらした原動力のひとつが、POSシステムを使った情報の管理・分析・活用であることは確かです。ただ、当社はひたすらデータを重視し、数字を重視する会社かといえば、そんなことはありません。実は、どこよりも情を大切にしている会社でもあるのです。


大串哲史の経歴・略歴

大串哲史、おおくし・てつふみ。日本の経営者、理容師。理美容店などを展開する「オオクシ」、「サロンネクスト」社長。父から理容店を引き継ぎ、POSデータ活用によって事業を拡大させた。経済産業省推進IT経営百選「最優秀賞」、中小企業IT経営力大賞「経済産業大臣賞」ほか多くの起業家賞を受賞。

他の記事も読んでみる

藤井聡

自分の損得ばかりを考えて行動する利己主義者は、正直者を出し抜いて一時的には得をします。しかし、長い目で見れば必ず損をする運命にあります。


和田秀樹

世の中にはやってもいないのに物事を諦めてしまう人が少なくない。これではどんなことも成し遂げることはできない。そういう人は、人生を豊かにすることができない生き方をしていると言ってもいいだろう。やってみたけど駄目だったということで物事を諦めてしまう人もいる。何もやらない人に比べればずっといいと思うが、諦めてしまうというのは非常にもったいない選択である。


吉田徹(政治学者)

リーダーシップを発揮する前提として、それについていく人々のフォロワーシップがあるんです。フォロワーの要求とリーダーの応答から成り立つアクションがリーダーシップなのです。リーダーシップが発揮できるかどうかは、我々の側にも責任がある。


大野龍隆

昨年、子会社や事業部といった組織の数を今までの2倍にしました。小さな単位で各部門に経営を任せることで、ベンチャー気質にあふれつつも、戦略思考を併せ持つ社員をたくさん育てるのが狙いです。私が全体を束ね、戦う企業体を作っていきます。


中村邦夫

製造業の将来を語るとき、必ず話題に上るのが、若い世代にニートやフリーターと呼ばれる人々が増えている問題です。ものづくりの基礎は人材です。働けない若者、働く意欲を持たない若者が増え続ければ、ものづくりの土台は根底から崩されることになるだろう。しかし私は、この問題についてそれほど悲観していないし、改めて人づくりに取り組むいいきっかけになるとさえ思っています。


千本倖生

KDDIは対ドコモ、対ソフトバンク、そして新たに現れてきたMVNO(仮想移動体通信事業者)など競争相手が増えていく中で、CVC(大企業が設立したベンチャーキャピタル)を通じて、非通信系とも言うべき領域を強化しようとしています。実際、KDDIは今年4月までにAI、IoTなど44社のベンチャー企業に出資しています。KDDIがうまく投資できている理由は、プロのベンチャー・キャピタルである「グローバル・ブレイン」とパートナーを組んだことです。両社が立ち上げた「KDDIオープンイノベーションファンド」は、1号、2号ファンドの運用総額か50億円で、今年4月には今後5年で約200億円の投資を行う予定の3号ファンドの設立も発表しました。KDDIは単にCVCを自前でやるのではなく、いいパートナーを探し、大胆に任せるという仕組みをつくったことで成功したのです。


木皿泉(妻鹿年季子)

実感と考えが一致するまで考える。生きてるって感じとか、オリジナリティってそういうことじゃないかな。


山下孝一

新しい支部を出す場合は、事務所を借りるための家賃もありますが、何千万円も掛かりません。だから良いなと思ったら出します。すごく身軽です。駄目だと思ったらやめる。


榊原健太郎

誰もやりたがらないことを率先してやっていれば自然と人が集まります。仕事に限らず、飲み会の幹事やトイレ掃除であっても、自ら実行する姿勢を見せることで、自ずと声を掛けてくれる人、いざという時に助けになる人と繋がります。


横田雅俊

私が見てきたトップセールスはみな、「何事もやり切る」意志があります。たとえば事前準備が大事だと知ると、多くの人は最初の数回だけしっかりと事前準備をして、その後は「時間がないから」「もっと先にやるべきことがあるから」という言い訳で手を抜いてしまったりする。それに対してトップセールスは、どんなクライアントに対しても確実に事前準備を実施します。特定のクライアントに2倍の事前準備をするより、すべてのクライアントの事前準備を「やり切る」継続性と一貫性こそが、トップセールスの条件なのです。


坂本光司

個人の成長の総和が会社の成長。まずは社員一人ひとりが「あの人でないと」と言われる高付加価値の人材になるように努力すること。


一瀬邦夫

「いきなり!ステーキ」は20年かかって達成した目標ともいえますが、まわり道をしたとは思っていません。失敗も含めて、いろいろな経験を経てきたからこそ、たどり着くことができたんですよ。