名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大串卓矢の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大串卓矢のプロフィール

大串卓矢、おおぐし・たくや。日本の経営者、公認会計士。「スマートエナジー」社長。東京都出身。東京大学農学部卒業後、中央青山監査法人を経て独立。スマートエナジーを設立。そのほか、公認会計士協会排出量取引等専門部会部会長などを務めた。

大串卓矢の名言 一覧

実現しないと言われたが、確信があったので平気だった。


友人と月1回集まり、植林のNGO活動に参加していたのですが、経済観念の薄い人が多く、それでは本当の意味で環境問題は解決できない。会計士として環境問題を見る重要性を再認識しました。


CO2排出権は当時の仕事とは関係ない分野でしたが、これからの時代に必要と感じた。独学して、会社に専門部署をつくることも提案。セミナーを開き、社外の方にも重要性を呼びかけました。それがいまに結びついています。


最初は直接電話し、講演をさせてほしいと頼みました。聴講者は5人程度。話力を鍛えるにはちょうどいい。話すと自分の考えも整理され、訓練だと思って毎週講演を続けました。


京都議定書に排出権取引の構想が盛り込まれました。金をからませたこの仕組みこそ、最も現実的な温暖化抑止策だと確信。取引市場ができれば参入者が増え、投資も膨らむ。するとさらに温暖化抑止が進みます。経済と環境の利害が一致する世界ではじめての仕組みです。早くから手を付ければ、投資顧問・運用ビジネスやCO2の測定・認定業などあらゆる側面で他人よりアドバンスが取れるのも魅力。絶対に仕事にしたいと思いました。他に話す人もいないので、唯一の排出権取引専門家として業界では有名に。企業のセミナーに呼ばれたり、専門書出版の依頼も来るようになりました。


大串卓矢の経歴・略歴

大串卓矢、おおぐし・たくや。日本の経営者、公認会計士。「スマートエナジー」社長。東京都出身。東京大学農学部卒業後、中央青山監査法人を経て独立。スマートエナジーを設立。そのほか、公認会計士協会排出量取引等専門部会部会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

どんなに有能なビジネススキルを持っていても、会社の業績に貢献していても、「挑まない社員」はいらない。困難は必ず解決できる。社員は「挑む」プロセスを楽しんでほしいし、そこで成長してほしい。会社も結果ではなくプロセスを見ている。


佐藤優

その仕事がモノになるかどうかは才能云々の前に、「本当に好き」であるかどうかも重要。「好き」という時点で、すでに才能や適性があるのだと思う。


中川政七・13代目(中川淳)

実は、あまり大きな声では言えませんが、家業に入った当時は工芸品にさして興味はなかったんです。事業を通じて深く知るようになってから、好きになりましたが。自分のような方が増えるよう、工芸品との接点をどんどん広げていきたい。


金丸恭文

実効のスピードは遅くとも、やるべきことをやっていく他はない。


石田退三

人生は真剣勝負の連続である。


松本利明(コンサルタント)

優秀なリーダーは組織の中に存在する。しかし、現在の組織変革活動においては、複数のプロジェクトが同時に進んでおり、すべてのプロジェクトに優秀なリーダーを配属する余裕がなくなる。そうなると、エースの補欠までプロジェクトをリードしなくてはならなくなる。


樋口泰行

この人となら一緒に働ける、一肌脱ごうと思ってもらうことが大事。


野村修也

「敵は内側にいる」可能性がある。従業員の不満が多い会社では、社内の情報が故意に漏洩されるようなこともある。


鈴木篤(経営者)

今までの商慣習にとらわれず、変化を目指すべき。


山本亮二郎

そもそも起業するということは正気の沙汰ではない。本当に凄まじいことです。本気でなかったらできる仕事ではない。だから応援したくなる。


北尾吉孝

私はカバンを持っていません。代わりに愛用しているのが、自社の紙袋。「歩く広告塔」になっています(笑)。軽いうえに、違う大きさの袋を重ねると隙間をコンパートメントに使うことができます。すぐに使う書類としばらく置いておく物とに分けて整理でき、破れたら破れた部分のみ交換できるので重宝しています。


小宮山宏

助手たちから研究室の運営についてクチバシを突っ込まれると、私だって腹が立ちます。でも、そこで一喝した途端、次から彼らは重要な情報を私の耳に入れなくなるでしょう。そでは私が裸の王様になってしまうので困るのです。腹が立ってもそれを表面に出さない。つまりは怒らないことにしているんです。