名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

夢枕獏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

夢枕獏のプロフィール

夢枕獏、ゆめまくら・ばく。日本の小説家、エッセイスト。神奈川県出身。東海大学文学部日本文学科卒業後、数々の職業を経て『カエルの死』でデビュー。幅広いジャンルを執筆。日本SF大賞、星雲賞日本長編部門、柴田錬三郎賞、泉鏡花文学賞、舟橋聖一文学賞、吉川英治文学賞など数々の賞を受賞。

夢枕獏の名言 一覧

売れない本もたくさん書いています。ヒットは出したいけれど、売れそうだと狙って書くことはしません。好きなことで売れなきゃ諦めもつくけど、そうじゃなきゃ虚しいだけでしょ。


どんな仕事でも同じだと思いますが、「一生この仕事をやる」と決めた瞬間に、スランプは怖くなくなる。なぜなら、一生書くと決めたら、不調は通り過ぎていく車窓の風景のようなものだから。


当然、35年も小説を書いていると、いわゆるスランプも何度かありましたよ。そこで、書くことを止めればおしまいですが、続けていけば永遠に続くスランプはないと気づいた。


なんとなく字を書いていたら一冊になりましたということはない。本を書こうと思い、言葉を埋めていった人だけが完結させることができる。


初めての本のあとがきに「この本は絶対に面白い」と書いた。言った以上は後に引けない。てっぺんめがけて登るしかないわけです。


年間スケジュールは釣りと格闘技観戦から埋まります。ほかにもカヌーや陶芸、旅行などたくさんの趣味が仕事に生きています。


30代は「原稿のために、死なないものから削る」と覚悟を決めた時期でした。まずは着替えをやめました。次は風呂に入ることをやめ、最後に残ったのは寝ることと食うこと。それ以外は全部、原稿という毎日でした。


僕が30代で得たのは、地力ですね。筋肉で言えば、足腰にブレない筋力がついたのかなと思います。限界まで書き、ぶっ倒れるという経験もして、むりやり身体で覚えたものが、40代、50代を越えていくための支えになった。


僕は、アントニオ猪木の、「いつでもどこでも誰とでも戦う」という台詞が好きなんです。だから、依頼のあったものは全部やった。取りかかるのを延ばした仕事はありますし、「入院したので枚数を減らしてもらえないだろうか」と頼んだこともあります。でも、原稿を落としたことも、依頼そのものを断ったことはありません。逃げないこと。嘘をつかないこと。これが仕事の基本。


月800枚ペースの毎日には30代の後半で終わりがきました。体が持たなかったんです。ある時、東海道線の戸塚駅で倒れてしまった。救急車が呼ばれ、病院に運んでもらい、即入院。それでも、その夜は病院で点滴を受けながら原稿を書いた。ベッドの上で妙な満足感があったのを覚えていますね。「倒れるまで仕事、起き上がれなくなるまで遊ぶ、だな。俺は限界までやった。ここまでならやっていい。ここから先がレッドゾーンなんだな」と。


これは後々、いろいろな編集者から聞かされたことですが、「長く残る作家には死にそうになるくらい書く時期がある」と。僕の場合は、30代半ばから40代が完全にその時期でした。本当に時間が足りなくなり、最後の最後に削ったのは睡眠時間です。当時、よくやっていたのは、10分寝て、30分か1時間書き、また10分横になるという繰り返し。不思議なもので、ちょっと寝ると、しばらく持つんですよね。


初めての本が出るとなった時、ようやく、これはエラいことになったと思った。小松左京さんや筒井康隆さん、平井和正さんといった作家が先を歩いていて、自分の本も同じ棚に並ぶのだ、と。俺のが一番ダメじゃないかって。怖くなりましたね。「誰が読むんだ、俺の本」と思った。そんな時、たまたま買った本のあとがきで、著者が「あなたは運がいい。なぜなら、この本を手に取って、これを今、読んでいるからだ」と自分を褒めていたんですね。その頃の本のあとがきは謙虚な内容がほとんどでしたから驚きました。「すごいな」と思う一方で、僕も腹をくくろうと決めた。自分はこれまでも、この先も小説を書き続けるのだから、怖がっていても仕方がない、と。


スランプに直面している時は苦しいですが、しのぐ方法はあるんです。僕の場合は、10年、20年と続けている長編小説が多いので、とにかく将棋で言えば悪手を打たないようにしています。数か月続くスランプの間は、主人公に物語を大きく動かすような決断をさせない。具体的に言えば、ベッドシーンや格闘シーン、食事のシーンをネチネチと書く。つまり、物語の構造に影響を及ぼさないシーンを積み重ね、しかも、そこをいかに面白く書くか。そうやってスランプを抜け出してみると、自分の力が増していることに気付く。筋肉の量が増えている。大切なのは、質を落とさずにいかにしのぎきるか。止めれば、そこでおしまいですから。


初めての単行本『猫弾きのオルオラネ』を出してから3年ほどは、読者から届いたファンレターにすべて手書きで返事をするくらい時間があったんですね。ところが、初版1万部で出版された『幻獣少年キマイラ』がすぐに増刷を重ね、その後、26年かけて完結することになる『魔獣狩り』の第1作も大ヒットとなって、状況ががらりと変わっていきました。次々と連載や書き下ろしの注文が入る一方で、自分が月に原稿用紙にして何枚書くことができるのか。限界がわからない。こちらには「断ったら次に仕事がこないのではないか」という心配があり、とにかく引き受けた。すると、ある月の注文はついに200枚に。これが書けてしまったんですね。それで翌月、さらに注文を引き受けた。そして、知らない間に月の枚数は日を追うごとに増えていっちゃったんです。その結果、気づいたら月に800枚の原稿を書くという日々に突入していて、約束を果たすには、死なないものから削るしかありませんでした。


夢枕獏の経歴・略歴

夢枕獏、ゆめまくら・ばく。日本の小説家、エッセイスト。神奈川県出身。東海大学文学部日本文学科卒業後、数々の職業を経て『カエルの死』でデビュー。幅広いジャンルを執筆。日本SF大賞、星雲賞日本長編部門、柴田錬三郎賞、泉鏡花文学賞、舟橋聖一文学賞、吉川英治文学賞など数々の賞を受賞。

他の記事も読んでみる

平松守彦

焼酎なんて赤坂に営業所を持つようになったし、クルマエビの会社も日本一になりました。小さな地域でも熱心に取り組めば、「ローカルにしてグローバル」になるんです。


岡野原大輔

常に学び続けられるような人が望ましい。研究開発はその特性上、うまくいかないことが多い。多少失敗してもへこたれずに、リスクをとってでも作りたいものがあるという情熱を持った人が求められている。


林望

お金がないことを悲観することはありません。自分の生き方を再評価する大チャンスだと思えばいいのです。ただし、ライフスタイルの点検は必ず自分で行うことです。酒やタバコでも、人から言われて直るものではありません。自分で気づき、猛省し、実践する。すると必ず身になるのだと思います。


川端克宜

お客様が「良かったな」と感じ、「もう一度買いたい」と思うことができるような商品をいかに出し続けていくかが重要。


孫正義

数字で考えるのではなく、数字を感じるレベルに達しなさい。


ヒデ(お笑い芸人)

テレビと舞台のお笑いでは違いがあることに気づきました。少しでも尺が長いとカット。あるいは観覧に来たお客さんを爆笑させても、カメラの向こうの老若男女の視聴者にウケないと判断されたら、やっぱり採用されません。とにかくテレビで求められるお笑いを提供しなきゃいけない。それまで鍛えたお笑いは、自分で延々とドリブルを見せる感じでしたが、ひとりで長くボールを持たずに、すぐパスを回すことを意識しました。サッカーに例えるとそういう感じです。トークではMCから振られたら、コメントをコンパクトに返すと。


古出眞敏

最近注力している給与サポート保険。就業不能になった際に給付金が受け取れる商品で、病気の治療は終わったけれど、その後も働けないというリスクに対応しました。これまでカバーされていなかった分野ですが、自分らしく生活を続けるためには必要な保険だと判断し、販売しています。


葛西紀明

手帳には毎年目標を書き込んでいます。大事なのは、できるだけリアルに書くことです。たとえば、「この大会で何位に入る。すると、これだけの賞金が手に入るので、そのお金で新しいテレビを買う」といったことまで書き込んでいます。実際に先日、賞金でテレビを買いましたよ。書くことによって目標は「計画」に変わり、モチベーションがアップします。すると、ちゃんと思い描いたように叶っていく傾向があるのです。


中村慎市郎

システムを考えるときは、私たちの生活になくてはならない家に置き換えてみると、非常にわかりやすくなります。基幹システムとは家そのもので、これがないと不自由ですが、家の形態によって住み方が制限されてしまいます。システムを構築してしまうと、どのように業務を進めるのか大枠が限定されていまうので、将来の展望をしっかり見据えて判断する必要があります。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

知識を獲得するには、やっぱり深い体験が重要です。


鈴木英智佳

だじゃれとは、同音異義語や、音が似た言葉をかけあわせる言葉遊びのこと。日本語は、他の外国語と比べて母音数が少ないため同音異義語が生まれやすく、だじゃれに適した言語でもあります。「ご縁がありますように」と、お賽銭に5円玉を選ぶのも一種のだじゃれですし、万葉集にかけ言葉が登場することから考えても、だじゃれは日本人のDNAにしみ込んでいると言えるでしょう。


千本倖生

起業は9割が苦労。喜びは1割しかない。それでも、世のためになる事業であれば、挑戦する意義は非常に大きい。