名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

多部田憲彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

多部田憲彦のプロフィール

多部田憲彦、たべた・のりひこ。日本の図解改善士。光ファイバー製造メーカーを経て日産自動車に入社。図解による問題解決法を教えた。著書に『誰でもデキる人に見える 図解de仕事術』。

多部田憲彦の名言 一覧

志、スキル、アウトプット(具体的な方法)を明らかにすることで、自分の本質が見えてくる。


大切なのは、業務を改善して実行した結果、パフォーマンスがどうなったのか測定・評価をきちんとすること。この結果を踏まえたうえで改めて改善の措置を講じる必要がある。


社会人2年目、タイの工場に赴任しました。私の任務は、現地の工場の業務改善。ところが私はタイ語がまったくしゃべれないし、社員さんは英語が話せない。経験やカンどころか、言葉にすら頼れない状態で、スタートしたのです。こうなると、図や絵に描いて仕事をするしか方法がなかった。業務のムダを図にしたところ、理解してくれて、それまで手つかずのコストの改善に、多くのタイ人が積極的に取り組んでくれ、50%もコスト削減を達成できたのです。


多部田憲彦の経歴・略歴

多部田憲彦、たべた・のりひこ。日本の図解改善士。光ファイバー製造メーカーを経て日産自動車に入社。図解による問題解決法を教えた。著書に『誰でもデキる人に見える 図解de仕事術』。

他の記事も読んでみる

井上康生

自分が経験した苦しい思いは、指導者として選手たちに伝えなければいけない。それは成功談以上に伝えないといけない。


並木裕太

僕は影響を受けやすいので、新聞や本を読むと、人の意見を自分の意見のように勘違いしてオリジナルの発想ができなくなる。みんなが思いつくことを自分が思いついて新しい発明をしたような気になることはしたくないんです。知っている情報を増やしていろいろなことに詳しくなる「情報屋」になることと、オリジナルのアイデアを生むことは僕の中ではトレードオフになると思っています。


鈴木喬(経営者)

独裁はいけないかもしれないけれど、独断専行の部分がないと経営はうまく回らない。怖れられるぐらいでないと、改革なんてできない。


箭内道彦

ギャップといってしまうとちょっとズルいのですが、ちゃんとした人がちゃんと考えていても驚かないじゃないですか。でも、こういう格好をしている人間がちょっといいことを言うと、「意外とよく考えているんだな」と一気に評価が上がります。モヒカンの男の子がちゃんと挨拶できたりすると、それだけで「いい奴だなぁ」と感じてしまうのと同じです。


新浪剛史

私は人間とは「感情の動物」だと考えています。人間は誰しも、臆病になったり、調子に乗ったりする。そうした感情を抑えて、理性や倫理を重んじるために、どんな仕組みをつくるか。集団のなかに秩序や規律をどうつくるかが大切です。


田中里沙

我々がどんな人材を輩出したいのかを明らかにし、それを常に発信することで、大学院の存在価値を高めていきたい。


安東邦彦

「未来の客」をどれだけつくれるかが重要。断られた客にも情報を送り続けていたら、2、3年後に「あなたから買いたい」と、客のほうから声がかかるケースは山のようにあるんです。大事にしなければならないのは、売る側の都合ではなく、買う側のタイミング。その戦い方がわかっていれば、出会った人の数だけチャンスは広がっていくんです。


北條一浩

書店を、「本を買う」目的以外で活用したいと思ったら、まずは大型書店で「普段行かないフロア」に行ってみることから始めましょう。絵本や児童書から、専門外の学術書まで、守備範囲外の本が並ぶ場に身を置くだけでも刺激になり、新しい出合いの可能性が広がります。


深谷紘一

きちんと反省し、現場のチェック体制などを見直していきたいと思います。基本の徹底ができているかどうか、採算改善を強く意識しすぎて現場が我慢しすぎている部分がないかどうか、それから、社外工の人たちに任せていい部分と、トレーニングを受けた社員がやらなければいけない部分とが混在していないかどうかなどです。そのあたりをしっかりと評価しなおさなければいけない。


北大路欣也

易しいことを一生懸命やることが、将来、難しい仕事へとつながっていく。


伊佐山元

そこは発想を変えるべきです。逆にシリコンバレーに東京をつくってしまえばいい。税金を使ってどんどん人を送り込んでもいいし、私たちのようなやり方で人を送ってもいい。そこで吸収したものを日本に持ち帰ってもらえば、日本にとっても有益です。
【覚え書き|東京にシリコンバレーのような場所をつくるのは無理だろうかと問われての言葉】


宗次徳二

毎朝5時に起きて会社に一番乗りし、お客様が意見やクレームを書き込んでくれたハガキに目を通す。出張に行けば深夜営業の店を見てまわる。私は店長などが気にしないような細かな点が気になって仕方がない。飲食店の経営はわずかなことの積み重ねです。それが60点なのか70点なのか。その違いが店の格差になる。重箱の隅をつつくような仕事が私の役割でした。