名言DB

9429 人 / 110879 名言

多部田憲彦の名言

twitter Facebook はてブ

多部田憲彦のプロフィール

多部田憲彦、たべた・のりひこ。日本の図解改善士。光ファイバー製造メーカーを経て日産自動車に入社。図解による問題解決法を教えた。著書に『誰でもデキる人に見える 図解de仕事術』。

多部田憲彦の名言 一覧

志、スキル、アウトプット(具体的な方法)を明らかにすることで、自分の本質が見えてくる。


大切なのは、業務を改善して実行した結果、パフォーマンスがどうなったのか測定・評価をきちんとすること。この結果を踏まえたうえで改めて改善の措置を講じる必要がある。


社会人2年目、タイの工場に赴任しました。私の任務は、現地の工場の業務改善。ところが私はタイ語がまったくしゃべれないし、社員さんは英語が話せない。経験やカンどころか、言葉にすら頼れない状態で、スタートしたのです。こうなると、図や絵に描いて仕事をするしか方法がなかった。業務のムダを図にしたところ、理解してくれて、それまで手つかずのコストの改善に、多くのタイ人が積極的に取り組んでくれ、50%もコスト削減を達成できたのです。


多部田憲彦の経歴・略歴

多部田憲彦、たべた・のりひこ。日本の図解改善士。光ファイバー製造メーカーを経て日産自動車に入社。図解による問題解決法を教えた。著書に『誰でもデキる人に見える 図解de仕事術』。

他の記事も読んでみる

南場智子

専門家に意見を聞くときに大切なことは人選です。たとえば、資産運用について学びたいときに、民間金融機関に勤める専門家を招いてしまうと、営業的なアジェンダ(工程表)を持ってくるなど、バイアスのかかった見解を聞かされる恐れがあります。


宋文洲

やっぱり人を使うのは楽しいんです。社長をやっていると、権限があるから命じればみんなが走ってくれる。でも、やめたらそうはいかないですよ。経営者の中には、それこそ死ぬ寸前まで会社に出てくる人もいますよね。どれほど人をコントロールして使いまわすのが好きなのかわかるでしょう?これは中毒なんです。大麻のようなものです。僕の場合、中毒にかかる前に大麻をやめたということですよ。
【覚書き|早期に会社の代表権を返上し引退したことについての語った言葉】


磯崎功典

「誰がやっても失敗する」と言われたホテルの支配人を任されて、何とか成功してやろうと思いました。深夜担当の副支配人や館内点検、清掃のスタッフを雇うと年間数千万円かかるので、コスト削減のために私が365日、ホテルに泊まり込んでそれらの業務を担当しました。大変でしたが、部下たちは「支配人があそこまでやるのか」「自分たちは何ができるのだろう」と考えてくれるようになって、おかげで5億円だった売上が10億円になりました。自ら率先してやることは、部下指導のうえでも重要です。


堺屋太一

「人を呼ぶ」には、まず志を立てないといけない。誰が何の目的で何をするか、志を明確にする。その次にコンセプト、何が中核か。どういう仕掛けで動かすか。優秀なブレーンが正確なコンセプトを作って、それに従って基本計画を立てる。


出雲充

ミドリムシは日射量の多い絶好の環境下でも、2割は暗い所にとどまっています。環境の急変に備えるためです。これはビジネスにも当てはまります。欲張ってOEMをやめて100%直販にすると、環境変化に対応できません。


津田秀晴

雑談上手な営業マンというと、話題が豊富で話術も巧み、自らもたくさん話していくイメージがあるかもしれませんが、一流の営業マンの多くは、あえて聞くことに重点を置いているものです。それは、相手のニーズや価値観を知り、問題解決のための提案の精度を高めるためです。


久野木和宏

自分で考えても、新しいアイデアなんてなかなか生まれません。お客さんの不満に耳を傾け、考えて、それに対応していくことで、初めてアイデアが生まれるんです。なにより、人の話を聞いているほうがラクですし、いい企画が生まれますからね。


島倉大輔

自分に商売の能力があるかどうか不安な人は、ヤフオクなどで試してみるといいでしょう。思ったように売れなければ、どうすればいいか考えることができますし、思ったように売れれば自信になります。そうやって「0」から「1」を生み出す大変さを知ることは、いいトレーニングになります。


北島義俊

新しい分野へ出ていくのはリスクもあるわけですから、それら(新規事業)を最初にやったときには、社内にも随分反対があったらしいです。それでも印刷の領域を広げていったことが、今日につながっています。


吉田秀俊

今、日本の電機メーカーは、みなさん外国メーカーに押されて大変苦戦をしています。この先、VAIOが新しい姿を見せることで、国産のブランドがまた元気になると思います。ですから、これはぜひお受けして、チャレンジしていこうという気持ちです。

【覚え書き|社長就任要請を受けた理由について】