名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

多部未華子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

多部未華子のプロフィール

多部未華子、たべ・みかこ。日本の女優。東京都出身。東京女子大学卒業。映画、テレビドラマ、CMなどで活躍。ブルーリボン賞新人賞、エランドール賞新人賞を受賞。

多部未華子の名言 一覧

日々を過ごす中での人との関わりから感じたことが、いまをつくっている。


周りに甘えられる時は甘えればいいし、つらい時はつらいと言えばいい。そう気づいたら、すっと楽になった。


美味しいものを食べて、カラオケに。楽しく歌って発散してからよく寝る。起きたら、わりと大丈夫です(笑)。
【覚え書き|ストレス解消法について】


何か困ったとき、とりあえず一人で考えます。周りに相談しないで、とことん一人でミーティングします。場所はお風呂の中とか、本当に一人になれるところで。


多部未華子の経歴・略歴

多部未華子、たべ・みかこ。日本の女優。東京都出身。東京女子大学卒業。映画、テレビドラマ、CMなどで活躍。ブルーリボン賞新人賞、エランドール賞新人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

古川裕倫

上司に勝とうとしてはいけない。会社に属している以上、部下が上司に従う指揮系統は、組織の「原理原則」として変えられない。


伊藤喜之

バカキャラを前面に出したら、ちょっとしたことが好評価されるようになり、「なんだ、じつは頭いいじゃん!」とよく言われるようになりました。以前はバカがコンプレックスでひたすら隠していましたが、ウリにしたら逆にバカにされなくなったんです。


関山和秀

研究室のメンバーと飲んでいるときに、たまたま虫の話になりました。化石を見ていただくとわかるのですが、じつは虫は4億年前ぐらいから形が変わっていません。ゴキブリはずっとゴキブリの形をしているし、トンボはずっとトンボです。ということは、虫はそれ以上進化する必要がない洗練された生き物だと考えることもできます。虫が洗練された生き物だとしたら、虫が使っているテクノロジーもじつはものすごくて、産業用に活かせるかもしれないという話で盛り上がったんです。どうせなら一番強い虫を研究したいという話になりました。一般的に最強と言われているのはスズメバチ。でも、そのスズメバチを捕食する虫もいる。それがクモです。あるメンバーは、クモの糸はジャンボジェットをつかまえられるくらいに強いという。そんな素材を大量生産できたら、すごいじゃないですか。
【覚え書き|クモの糸を研究し始めたきっかけを振り返っての発言】


ムーギー・キム(金武貴)

社会全体の生産性向上のために重要なのは、時代遅れの規制の数々を理解すること。広く薄く全員に行き渡る便益より、一部の人に深く影響する既得権益の方が政治家に大きな力を持つのが世の常である。しかし、社会のあらゆる分野に潜む既得権益を守る規制を理解しないことには、これらの呪縛から解き放たれ、社会の生産性向上を望むことなど不可能。


日向野幹也

フィードバックをするうえで注意したいのは、評価と混同しないこと。相手の人格や業績を評価するものではなく、あくまでもリーダーシップスキルを高めるために行うものだということを、あらかじめ明確にしておくことが大切。


水野和敏

昨今は社員に対する投資という責務を果たさない経営者が「私の若い時はこうだった。だから、従業員にもそうあってほしい」などと一方的なことを言っている。従業員を育てる努力をせず、「何で君は育たないんだ」と言うのは筋違いですよ。


齋藤純一(政治学者)

基本的に制度にも人にも依存し、生活を送るのが人として当たり前の姿だ。依存しながらも他者から支配されない、言いなりにならないように、自律の条件を作っていくことが社会保障の役割だ。自分の感じていること、思っていることを表明できるような自律の保障こそが重要なのだ。


土岐泰之

最先端のテクノロジー、時代の流れ、現場の要望。この3つが揃っているから今のビジネスがある。


ケリー・マクゴニガル

目標を達成する途中で手ごわい課題にぶち当たったら、「人に助けを求めること」が重要。自分自身の努力だけでゴールにたどり着くのは、非常に難しいのですから。周囲の助言やフィードバックなどのサポートを得られれば、ゴールしやすくなります。


大朏時久

我々の良さは「上司が何を言おうが、お客様が欲しい商品をがむしゃらに作り続ける姿勢」を全社員が持っていることです。


佐藤達郎

働いて、人に認めてもらい、尊敬されるのは、人間にとって大切。会社でそれらを実現できないとツラくなります。それでもガマンして会社にしがみつくのか。納得できないなら、アクションを起こすべきでしょう。


新海誠

アニメーションづくりは、コミュニケーションの堆積なんです。どうやってスタッフとやりとりをしているかっていう痕跡が、たとえば原画にある指示書きのメモなど、(新海誠展の)展示物の至る所にある。「なにとぞよろしくおねがいします」の後にエクスクラメーション・マーク(!)がいくつあるかで、そのスタッフと僕との関係性が透けて見えると思うんですよ。