名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

多田荘一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

多田荘一郎のプロフィール

多田荘一郎、ただ・そういちろう。日本の経営者。「GEヘルスケア・ジャパン」社長CEO(最高経営責任者)。兵庫県出身。法政大学経営学部卒業後、日本ゲートウェイ、日本ベクトン・ディッキンソン、ボストン・サイエンティフィックジャパン専務執行役員などを経てGEヘルスケア・ジャパン社長に就任。

多田荘一郎の名言 一覧

先の見えない時代、様々な強みを持つ社員の力を存分に発揮できなければイノベーションは起こせない。多様性が大事。


トップの身の丈が組織の限界を作る。これは多くの事業再生を手掛ける中で私が感じた危機感。


現場に意志決定の権限を委譲した結果、「医療機器をウェブで販売してはどうか」など画期的なアイデアが出てくるようになりました。組織の文化を変えた結果、2年で業界ナンバーワンに躍進できました。


まず意思決定のスピードを速めるため、予算を顧客に近い現場に分割して預け、意思決定の権限も委譲しました。さらに現場から新規事業アイデアを募り、採用は全員の投票で決めました。現場の「想像力」と「創造性」を引き出すためです。


多田荘一郎の経歴・略歴

多田荘一郎、ただ・そういちろう。日本の経営者。「GEヘルスケア・ジャパン」社長CEO(最高経営責任者)。兵庫県出身。法政大学経営学部卒業後、日本ゲートウェイ、日本ベクトン・ディッキンソン、ボストン・サイエンティフィックジャパン専務執行役員などを経てGEヘルスケア・ジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

和地孝

定年を控えたベテランたちをモラルアップさせるのは非常にむずかしい。あれこれ考えた末、テルモの研究所に併設されている運動場で、参加者全員を走らせました。私を含め役員も、一緒に走りました。走りの次は綱引き。皆、「この年になって綱引きなんて冗談じゃない」と言っています。ところが、営業部門と工場、工場と開発部門というように、ふだん対立しがちな部署のメンバーを組み合わせてチームをつくると、お互いに対抗意識が働くのか、一生懸命に綱を引くようになります。競技が終わると、皆でキャンプファイアーを囲み、お酒を飲みました。翌日は、NHKの番組『プロジェクトX』で用いられていた曲(中島みゆき「地上の星」)を流しながら、彼らが入社してから今までのテルモの歴史をスライドで見せました。「今のテルモの業績は、きみたちが築き上げてきたんだ」と話すと、感極まって涙を流す者も少なからずいました。そのあとで私がレクチャーをすると、「自分はもう定年間際だから」と冷めていた彼らも、真剣に話を聴くようになります。


枡野俊明

人の心を育むのは普段の生活態度にほかならない。


岡崎嘉平太

貯蓄をすることは単にお金を貯めるだけにとどまらない。貯蓄の実践から生まれた感動的な話を数多く聞きましたが、それらに共通しているのは、「貯金の額の大きさ」よりも、「家庭のなごやかさ、地域社会の融和と協力が貯蓄という行為を通じてもたらされたこと」の方を心底から喜んでいるという点です。


ウォルト・ディズニー

私たちは前進を続け、新しい扉を開き、新たなことをなし遂げていく。なぜなら、好奇心旺盛だからだ。好奇心があればいつだって新たな道に導かれる。


岩井克人

異分野の方々との交流会に参加していて、文化人類学者の山口昌男さんから「何か発表してほしい」と頼まれました。題材に悩んでいたときに、たまたま思いついたのが『ヴェニスの商人』だったのです。あらためて読み返して驚きました。私が解明しようとしていた貨幣の基本的な構造、さらに資本主義の基本的な構造を、当時のシェイクスピアが解き明かしていたんです。最初に読んだのは経済学部の学生時代です。日本でも有名ですし、高校生の演劇にもなるような作品です。そのときは100%文学作品として楽しく読みました。しかし、そこに資本主義とか貨幣論の理屈が埋め込まれている。などとは、まったく考えもしませんでした。鉱山の中に埋まっていた金やダイヤモンドを見つけて掘り出したような感覚がしました。それが『ヴェニスの商人の資本論』という、経済学と文学作品をつなげるような作品になったのです。


山下泰裕

私はまだまだ未熟な人間です。金メダルなんて四半世紀も前のことで、今はただのオッサン(笑)。慢心せずに、もっともっと自分を磨いていきたい。


横山光昭

「老後不安」という言葉もそうですが、メディアで目にする言葉や断片的な知識に振り回されている方がとても多い気がします。例えば「iDeCO(イデコ)」とか「つみたてNISA」も「税金が安くなる」と聞いて飛び付く人がいます。それぞれいい制度ですが、誰にとってもいいとは限りません。


山口信博

相手の存在との間にはインタラクティブな関係性がある。


新将命

日本には「三人寄れば文殊(もんじゅ)の知恵」ということわざがあるが、英語にも「Two heads are better than one.(二つの頭はひとつの頭に勝る)」という言葉がある。二と三の違いはあるが、洋の東西を問わず、同じことをいっている。大企業であっても、中堅、中小企業であっても、基本的には全員経営が望ましい姿である。


持田昌典

ただ勝てばいいわけではなく、「勝つということは、お客様に貢献してお客様が我々を評価することである」といった目的を明確にし、チームでしっかりと共有することが大切。


長谷部健(政治家)

自分はマジョリティの一人のつもりでいるとしても、視点を変えればマイノリティの一人かもしれません。なのにマジョリティ側にいると、とかくマイノリティ側のことが分からないもの。


柴田健一(経営者)

会社員時代は朝6時に起きて、7時には会社近くの喫茶店に到着。2時間はたっぷり自分のために時間を使うことで、やりたいことを実現してきました。
【覚書き|柴田氏はMBAと米国公認会計士を独学で取得した】