多田荘一郎の名言

多田荘一郎のプロフィール

多田荘一郎、ただ・そういちろう。日本の経営者。「GEヘルスケア・ジャパン」社長CEO(最高経営責任者)。兵庫県出身。法政大学経営学部卒業後、日本ゲートウェイ、日本ベクトン・ディッキンソン、ボストン・サイエンティフィックジャパン専務執行役員などを経てGEヘルスケア・ジャパン社長に就任。

多田荘一郎の名言 一覧

先の見えない時代、様々な強みを持つ社員の力を存分に発揮できなければイノベーションは起こせない。多様性が大事。


トップの身の丈が組織の限界を作る。これは多くの事業再生を手掛ける中で私が感じた危機感。


現場に意志決定の権限を委譲した結果、「医療機器をウェブで販売してはどうか」など画期的なアイデアが出てくるようになりました。組織の文化を変えた結果、2年で業界ナンバーワンに躍進できました。


まず意思決定のスピードを速めるため、予算を顧客に近い現場に分割して預け、意思決定の権限も委譲しました。さらに現場から新規事業アイデアを募り、採用は全員の投票で決めました。現場の「想像力」と「創造性」を引き出すためです。


多田荘一郎の経歴・略歴

多田荘一郎、ただ・そういちろう。日本の経営者。「GEヘルスケア・ジャパン」社長CEO(最高経営責任者)。兵庫県出身。法政大学経営学部卒業後、日本ゲートウェイ、日本ベクトン・ディッキンソン、ボストン・サイエンティフィックジャパン専務執行役員などを経てGEヘルスケア・ジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

キャメル・ヤマモト

会社で「余る人」になる人には、「顧客不在の専門家」「女性を使えない中年男性」などいくつかの共通点がありますが、典型的なのが「忙しく走り回って、いつも空回りする人」です。


草開千仁

2003年にNTTドコモさんのiモード向けに開始した、桜の開花予測を提供し始めたときのことです。開花予想は天気予報以上に難しい。ユーザーから「予報と違う」との声が、証拠写真と併せてどんどん送られてくるのです。それをホームページで公開したところ、いつの間にかそのリアルタイムの情報が、我々の予測情報と同じくらいのページビューになったのです。最初は正直、「わざわざ送ってこなくていいよ」と感じていました。しかし、予測も重要だけど、いまどうなっているかという情報がすごく有効な情報だということに気づいたんです。これは台風の予測でも同じで、試してみるとサポーター(一般の情報提供者)からたくさんの情報が届くのです。


岩田彰一郎

理想像から逆算すればいまはまだ3合目ですが、頂上がどこにあるかはわかってきた。あらゆる情報をオープンにし、これまでにない魅力的なECを作っていきたい。


松井道夫

どうすれば自分が一所懸命やらなくても達成できるか、そういった仕組みを作るのが君の仕事だ。(覚書き|中間管理職に言った言葉)


ケリー・マクゴニガル

意志を短期間で劇的に強くする秘訣、それは「呼吸の速度を遅くする」こと。呼吸の回数を1分間につき6回から4回にすることです。最初に普段の自分が1分間で何回呼吸するか数えてみます。それからゆっくり吐くことに集中して呼吸を遅くして回数を減らすようにしますその際に呼吸を止めてはいけません最初から1分間で4回までにできなくてもいいのです。12回以下にできれば確実に心拍変動が上昇し、ストレスに強くなり、意志力の保有力が増えることが明らかになっています。これなら今すぐ、わずか1分間で始められるわけですから誰でもできるのではないでしょうか。


芝本裕子

「自分は何が得意か」「自分は何が苦手か」ということを見極め、「何を人に任せられるか」「何を任せた方がいいか」ということを、常に考えながら仕事をすることが重要です。


田川博己

リスクマネジメントの基本は、いかにリスクを察知して迅速に判断するかということです。


戸倉敏夫

シチズンのブランドは太陽電池の技術を中核に、ブレずに中価格帯をやっていく。ブランドにはそれぞれに適した価格帯がある。背伸びをすると、すぐに売れなくなる。


石坂敬一

音楽は非常に広がりのある芸術で、その背景には伝説や民話、言葉などの様々な要素が詰まっている。こうした研究をした上でビートルズの音楽を聴いてみると、彼らのインスピレーションや深い一面が理解できるような気がしました。


森秀明

新しいアイデアをゼロベースで生み出そうとするから行き詰まる。重要なのは「何かを組み合わせて新しいものができないか」という発想です。


吉田たかよし

ストレスは心の領域ですが、心は脳の働きで生み出されるもの。脳に悪いことは心にも悪いもの。


バラク・オバマ

いま教育をどうしていくかと各界のリーダーが決めていくことこそが、今後続く世代を取り巻く世界を形作っていくことになる。


内藤剛志

そのころ(大学時代)は、役者というよりプロデュースをするとか、「どっちかというと自分は裏方のほうだろうな」と思っていたんですけど、どっちにしても、もう少し芝居の勉強をしたほうがいいだろうって思って、文学座に入ったんです。3、4000人の応募があって、通ったのは50人もいなかった。いま思うと、よく受かったなと思うけど、当時は「こうしよう」と思ったら、落ちることなんかを考える余裕もなく(笑)、ただがむしゃらに走り抜けていくっていう感じでした。


安中千絵

疲れやすい人の食事にはいくつかの要因がありますが、よくあるのが「栄養バランスの偏り」です。「疲れには○○が効く」という話をよく聞きますが、それだけとっていてもあまり意味はありません。どんな栄養素も単独で機能するわけではなく、いわば「チームプレイ」だからです。バランス良くとらないと、せっかく身体にとり込んでもうまく使うことができません。それが疲れやすさの原因にもなるわけです。


田中優子(江戸文化研究者)

自分の意見を持って、それを発信して、みずから選び、決定し、行動していく。もちろん、その過程では、他者の自由も尊重しなくてはいけません。自由とはそうした「活動」を伴うものだと思うのです。


ページの先頭へ