名言DB

9425 人 / 110833 名言

多喜義彦の名言

twitter Facebook はてブ

多喜義彦のプロフィール

多喜義彦、たき・よしひこ。日本の経営者、発明家。「システム・インテグレーション」社長。技術顧問として数多くの精密部品メーカーに新商品開発・知財戦略の指導を行った。著書に『ものづくり無敵の法則 鉄人が説く開発のこころ 』『価格競争なきものづくり』『「開放特許」で儲ける法』『超利益の材料は足元にある』ほか。

多喜義彦の名言 一覧

基礎研究的な開発に投資できない企業が増え、研究したとしても、薄っぺらになりがち。よって、短期的な成果をあげる必要のない長期的スパンで研究に打ち込める、ある意味浮世離れした環境のほうが、じっくりと研究に打ち込み深く耕すことができるはず。


わが国はもはや自動化・少量化の技術を駆使した大量生産方式で利益を出せなくなりました。それは中国など新興工業国がそのコスト競争力を武器に世界の工場としてのイニシアチブを握っているからです。にもかかわらず、いまだに過去の手法にこだわってしまう。そうした企業は、開発すべき新しい商品のコンセプトを私が提案しても、「前例がないから」とろくに考えもせずに却下するのです。その社内には独創的なアイデアを持ち、それを商品化したい連中が大勢いるけれど、彼らはほとんど閑職に追いやられているのが実情です。


日本企業のアイデアカが枯渇した最大の理由は、大量生産時代に功を奏したモノづくりの平準化によって、企業が尖ったものをつくるのを避けるようになったことです。


多喜義彦の経歴・略歴

多喜義彦、たき・よしひこ。日本の経営者、発明家。「システム・インテグレーション」社長。技術顧問として数多くの精密部品メーカーに新商品開発・知財戦略の指導を行った。著書に『ものづくり無敵の法則 鉄人が説く開発のこころ 』『価格競争なきものづくり』『「開放特許」で儲ける法』『超利益の材料は足元にある』ほか。

他の記事も読んでみる

野村克也

素振りはつまらないし、回数を基準にすると続かない。私がこの単純作業を継続できたのは、振ったときのブッという振幅音に興味を持ったから。ミートポイントで力を爆発させるようなスイングができたときは、この音が短い。そして、この短い音を出すためには、力を抜いていないとダメだということに気がついた。これがおもしろくて、1時間、2時間はすぐに過ぎていきました。


岩瀬賢治

ウェディング事業の成長には、「結婚しよう」と決める前から、いかにお客様や地域との接点を作れるかが重要だと考えます。そこで、結婚式のない平日、施設を有効活用して短編映画の上映会をしたり、お子様を含めた家族写真の撮影会を行うなど、日常生活での顧客接点を増やしています。


柳川範之

本来は、「勉強しておけばよかった」と本当に感じたときに、勉強すべきなのではないか。必要性や関心のない若者が無理やり勉強し、単位を取って卒業するのに比べて、そのほうがはるかにやる気が出るし、理解度も高まるはず。


吉田栄作

子供の頃は、周りの家庭より経済的に少し出遅れていたのがコンプレックスでした。高校生で俳優を目指したのも、「早く成功して、欲しいものは自分で手に入れるんだ」という思いが強かったからです。でも、20代で実際にある程度のお金を手にした時、それほど満足感は得られなかった。それで一時休業して渡米したんですね。それ以降は、むしろお金にはあまり執着しなくなりました。


松本晃(経営者)

朝は効率が上がる貴重な時間帯。「1日の仕事は、重要かつ緊急なことから始める」。これはビジネスで成果を出す鉄則。


稲垣浩之

事業者選びのポイントの一つは、その会社がどんな実績を持っていて、どこにどれだけの人員を割いているか。例えば、物件の運営管理を行う部門のスタッフが充実していれば、迅速で質の高い対応が期待できる。入居者募集やクレーム対応などの差は、収益の差となって表れます。


福嶋覚

営業会議は、企画会議などと違い「売上」というビジネスの根源の部分を改善していくことが目的である。だからこそ、各営業マンが自分では解決できそうもない課題を皆で共有し、解決へのヒントを探り出すのだ。営業マンを責めることが目的ではなく、顧客を攻めることに向かうべきなのだということを、とくにリーダーは忘れてはならない。責めることがメインになっている会議は、時間を浪費しているだけだ。


ちきりん

元が同じ情報でも、100人いれば100通りの思考ができる。個人にとっても、企業にとっても、そこが勝負のしどころ。


村井満

録画映像を見て拍手する人は、なかなかいない。再現性がないものに対して、人間の感情は動く。


鈴木孝博

新商品が長らく登場しないと、価格競争だけが頼りになり、社員も自信がなくなります。新商品はそれ自体がビジネスを盛り上げるだけでなく、組織の活性化にもつながります。社員の本気度が高まり、取引先の見る目も変わってきます。