名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

多喜義彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

多喜義彦のプロフィール

多喜義彦、たき・よしひこ。日本の経営者、発明家。「システム・インテグレーション」社長。技術顧問として数多くの精密部品メーカーに新商品開発・知財戦略の指導を行った。著書に『ものづくり無敵の法則 鉄人が説く開発のこころ 』『価格競争なきものづくり』『「開放特許」で儲ける法』『超利益の材料は足元にある』ほか。

多喜義彦の名言 一覧

基礎研究的な開発に投資できない企業が増え、研究したとしても、薄っぺらになりがち。よって、短期的な成果をあげる必要のない長期的スパンで研究に打ち込める、ある意味浮世離れした環境のほうが、じっくりと研究に打ち込み深く耕すことができるはず。


わが国はもはや自動化・少量化の技術を駆使した大量生産方式で利益を出せなくなりました。それは中国など新興工業国がそのコスト競争力を武器に世界の工場としてのイニシアチブを握っているからです。にもかかわらず、いまだに過去の手法にこだわってしまう。そうした企業は、開発すべき新しい商品のコンセプトを私が提案しても、「前例がないから」とろくに考えもせずに却下するのです。その社内には独創的なアイデアを持ち、それを商品化したい連中が大勢いるけれど、彼らはほとんど閑職に追いやられているのが実情です。


日本企業のアイデアカが枯渇した最大の理由は、大量生産時代に功を奏したモノづくりの平準化によって、企業が尖ったものをつくるのを避けるようになったことです。


多喜義彦の経歴・略歴

多喜義彦、たき・よしひこ。日本の経営者、発明家。「システム・インテグレーション」社長。技術顧問として数多くの精密部品メーカーに新商品開発・知財戦略の指導を行った。著書に『ものづくり無敵の法則 鉄人が説く開発のこころ 』『価格競争なきものづくり』『「開放特許」で儲ける法』『超利益の材料は足元にある』ほか。

他の記事も読んでみる

久保田崇

フォトリーディングとは、単に本を速く読む技術であるだけでなく、応用すれば「物事の本質を圧倒的に速くつかむ力」を育むことができます。その力は、仕事に役立つのはもちろん、語学などの勉強や、趣味の向上などにも生かせるはずです。気負わずに「スマホにすごく便利なアプリを入れる」ぐらいの気分で、ぜひ取り組んでみてください。


稲盛和夫

禅の世界では、座禅を組むことと一生懸命に仕事をすることは同じです。妄想雑念を振り払い、ひとつのことに打ち込み、働く。その中でこそ、人格、魂が磨かれると教えているのです。生涯を農村復興に捧げた二宮尊徳があそこまで人格を高められたのも、なるほどそのためだったのかと。


小泉光臣

買収によるシナジーがどれだけ取れるかということを明確にする必要があります。シナジー計算が中途半端なものは、目的がはっきりしていないということです。緻密というより、時間をかなりかけます。それも弊社は外部に計算を頼まず、あくまで自前で算出します。


長谷部誠

いま僕はサッカー選手としての死と向き合っているんですよ。


白井一幸

パニックから抜け出す、冷静な思考を取り戻すのは難しくありません。例えば追い込まれた打者であれば、「この場面でやるべきことは何だ?」「狙い球はどうする?」「打球方向は?」と自問を始めた瞬間に思考は動き出します。緊張はそのままに、頭を動かせばいいのです。


川西勝三

私にとって還暦とは第二の誕生日です。ここから人生すべての活動のベクトルをさらに上昇させて、来世のスタートポイントを底上げしていこうと考えています。60歳からが人生の華です。いままで培ってきたことを土台に、万年青年で人生の生きざまに挑戦していきたい。


鈴木徹哉(経営者)

事故があった時によく、「不測の事態が起きた」という言葉を耳にしますが、それは結局、「薄々気づいていながら、やってはいけないことをやっていた」というケースが多いと思います。不測の事態と言っても、自分たちのミス、人為的なミスだったりします。そうしたミスは、「こうして防ごう」と思っても、なかなか防げません。ミスを防ぐために何かをするのではなく、逆に、やってはいけないこと、「○○だけはしない」という指針と、それを実践し続けるための手法が必要になります。


鷲田小彌太

仕事をするときだって、どんな人も結局のところ一人なんですよ。チームワークといっても一人ずつが歯車なんだから。一人の力を強くしていかないと、チームで力を発揮するなんてできないんでないかな。


林高生

一発勝負だけでなく、ノウハウを少しずつ貯めて、ビジネスを育てるという風土と努力があってこそ、安定した息の長い企業であり続けることができる。


今泉嘉久

ロケーションは重要です。これまでプラスの本社は東京都文京区の音羽という住宅地にありました。それが港区の虎ノ門というビジネス街に移っただけで、社員の意識も大きく変わりました。


河合雅司

我々は、自分の年齢に重ねて物事を考えがちです。でも、誰もがいずれは高齢者になります。「20年後の高齢者は誰だろうか?」「この時代の社会の担い手は?」と想像力を働かせることが重要なのです。それにより、今何をすべきか、次世代に向けて今からどのような種をまくべきか、今の子供たちがどう生きていくかが見えてくるはず。現在の中高生へのメッセージとして、この本(『未来年表 人口減少日本でこれから起きること』)を送りたいという気持ちもありました。


永野毅

過去何度も我々も経営危機というのがあったんですけれども、その都度、危機を乗り越えてこられたのはお客様や地域社会との信頼を一つひとつ築きあげてきているからです。