名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

外村仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

外村仁のプロフィール

外村仁、ほかむら・ひとし。日本の経営者。エバーノート日本法人会長。熊本県出身。東京大学工学部卒業後、米国系戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーを経て、アップルコンピューターに入社。米国アップルでマーケティング本部長などを務めた。フランスのINSEAD、スイス国際経営大学院でMBAを取得。シリコンバレーでストリーミング技術のジェネリック・メディアを創業・売却、創業間もないスタートアップ企業のアドバイザーなどを経てエバーノート日本法人会長に就任。そのほか、シリコンバレー日本人起業家ネットワーク(SVJEN)の初代代表などを務めた。

外村仁の名言 一覧

「グローバルな仕事」といっても、結局は自分を相手に信頼してもらうことが何よりも大事。


うまく伝えるのは経営者の仕事。下手だと株主から訴えられるとなれば、真剣にやる人は増えるはず。


日本の一番の問題は、経営者が自分の責任で言おうとしないこと。


シリコンバレーの企業の多くは、社員をただの労働力じゃなく、共に働く仲間として見ています。働く人を会社が助けてあげれば、企業も自然に助けてもらえるという関係が暗黙のうちに成立するんですね。ここに、いまのシリコンバレーの活力の本質がある気がします。


個人をモチベートして、ハッピーにして、やる気を引き出せるかどうかが、会社の成長を左右します。


自分が主体的に仕事に参加した人は、結果的に長時間労働になってもそれほど疲れないじゃないですか。そんな社員を多く抱えられる組織が、これからの競争を勝ち抜くと思います。


組織は結局、そこで働く人のモチベーションに行き着くと思います。ならば、それをどうやって喚起するかが重要な課題です。会社のために、気持ちよく、モーレツに働いてくれる社員をいかに作るかが、事業の成否を分けます。


管理会計的に考えるとダメでしょうね。損して得取れではないですが、最終的に成し遂げたいものは何かを考え、それを達成するためにいくらか余計にお金を使うのが本来の姿です。当たり前と言えば当たり前なんだけど、現実には、古参の企業ではなかなか実践できていません。


従業員がオフィスを抜けてしまうよりも、仕事以外の無駄な時間を会社が取り除いてあげる方が、トータルとしては生産性が高まります。その分、1行でも多くコードを書いてほしい。


経営的な視点で見ると、結果的に効率的なんです。例えば、無料の社員食堂。社員全員の食費を負担していますから、一見コストがかかりそうに見えます。しかし、米国は日本のようにオフィスビルを出るとすぐに食事ができる場所がありませんから、駐車場まで歩いてクルマに乗ってとやっていると、すぐに1時間以上取られてしまうわけですね。だったら、食事を無料にしてでも会社の中で済ませてもらい、時間を効率的に使ってもらった方が、会社から見ればはるかに生産性を高められます。社食を無料にすれば、お金を管理する決済事務も不要ですし、レジ打ちの人を雇う人件費も不要です。出張理容店や歯医者、クリーニングやオイル交換も基本は同じ理由です。


優秀な人材を集めるためには、経営者の魅力や、共感できる理念が前提ですが、良い会社はどこもしっかり持っています。そのうえでの競争となったときに、働きやすい環境を提供することが、重要になっているということでしょう。


もちろんお金はとても重要な要素です。給料やストックオプションが優秀な人材を採用するうえで欠かせないのはいまも変わっていません。しかし、それだけでは違いを出すのが難しくなってきたのです。仮に給料を10%上げたとしても、エンジニアにとっては恐らく1%ほどの違いにしか、見えないと思います。それだけ売り手市場であるということです。であるなら、お金以外の面で、「この会社にいてよかった」「この会社は俺を大事にしてくれる」「同じ条件だったらここで働きたい」と感じてもらえる環境を用意しなければ、優秀な人材は残りません。


無制限の有給休暇や、年に1回旅行に補助金を出す制度も話題になりました。これも、なるべくストレスレベルを下げ、その分クリエーティブな仕事をしてほしいという会社からのメッセージなんです。


昨年、エバーノートは新しい本社に移転したのですが、その際にオフィス設計を見直して、社員同士がなるべく顔を合わせて会話できるような仕組みを随所に盛り込みました。これも、いかに働きやすい環境を作って、新しい発想ややる気を引き出すかという考えから導き出した1つの方法です。


「英語の点数を上げたい」という気持ちが先にあったのではない。世界の人と話して、友達になることが楽しかった。そのツールとして、英語があっただけ。


「海外のラジオを聞きたい。外国の人と話したい」とやりたいことを続けていたら、いつの間にか、比較的滑らかで英語らしく聞こえる発音ができるようになっていた。


プレゼンと手品の本質は、実は同じ。アテンションコントロールにある。手品では仕込みしている時に、別の部分を見せる。何を見せ、何を隠すか。それによって聴衆の注目をコントロールする。プレゼンも同じ。


日本の経営者がジョブズのようにプレゼンできない理由は、商品への思い入れが少ないこともある。多くの人は発表直前まで製品を使っていない。ジョブズがすごいのは開発から入って、自分も使っている。だからデモも上手。


外村仁の経歴・略歴

外村仁、ほかむら・ひとし。日本の経営者。エバーノート日本法人会長。熊本県出身。東京大学工学部卒業後、米国系戦略コンサルティング会社ベイン&カンパニーを経て、アップルコンピューターに入社。米国アップルでマーケティング本部長などを務めた。フランスのINSEAD、スイス国際経営大学院でMBAを取得。シリコンバレーでストリーミング技術のジェネリック・メディアを創業・売却、創業間もないスタートアップ企業のアドバイザーなどを経てエバーノート日本法人会長に就任。そのほか、シリコンバレー日本人起業家ネットワーク(SVJEN)の初代代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

横田雅俊

部下の体験をナレッジ化(知識化)して横展開できる仕組みがある組織は、継続的アプローチの重要性やその方法論が比較的早く定着していく。逆に、ナレッジが個人の中にとどまっている組織は、新しい価値観や方法論がまわりに伝わりにくく、組織レベルではなかなか改革が進んでいかない。


ロバート・キヨサキ

成功した人と同じ事をするのは難しいことではない。学校の成績はパッとしなかったのに、社会に出たらみるみるうちに成功して裕福になった人がこれほど多いのは、裕福になるために「何をすべきか」の部分が単純なものだからだ。金持ちになるのに学校に行く必要はない。「何をすべきか」の部分は、ロケット工学のような難解なものではないのだ。


松本幸夫

その人が心からやりたいと思って残業に打ち込んでいるのなら問題はないのですが、決してそうではなく、たんにそれが習慣になってしまっている人も多いように思われます。必要だから残業をするというよりも、「毎朝8時の電車に乗る」というのと同じ感覚で、「毎晩10時までは働いて帰る」といったパターンが身体に染みついてしまっているのです。


坂本勇人

ピンチのときには、自分の所に飛んでこいって気持ちで守っています。


上西京一郎

日本のマーケットはアメリカよりも小さいので、よりきめ細かなサービスを提供して何回も来ていただくことが大切。


平野敦士カール

最後に勝負を決めるのは、ビジネスにかける当事者の「情熱」です。私は「同志化」と呼んでいますが、参加者全員が情熱や想いを共有し、会社という枠を超えてプロジェクトを推進することが信頼関係構築の鉄則です。


田中角栄

政治家、リーダーというものは、最後は51%は公に奉ずるべき、私情は49%に止めておくべきだ。公六分で決断した場合、仮に失敗しても逆風をかわすことができる。私情優先では、同情の生まれる余地はない。


町田勝彦

人の育成はコミュニケーションから始まる。経営陣も含めて社員同士、コミュニケーションがうまくとれなければ社内のベクトルは一致しない。会社が方向性を一つにして進むには、全員が一体感を持つことが重要なのだ。そのためにはリーダーは、具体的な目標を示さなければならない。ごまかしたり、人を介して伝えたりせず、わかりやすい言葉で自分の思っていること、考えていること、夢などを率直に語ることが大切だ。


ヴィットーリオ・アルフィエーリ

死のうとするよりも、生きようとすることの方が、ずっと勇気を必要とする試みだ。勇気の試練は死ぬことではなく、生きることだ。


堤真一

「追われている」という意識は、実は自分にも常にあります。仕事が続けば続くほど、「これでいいのか」「ちゃんとできているのか」と。20代、30代はがむしゃらに頑張ってきましたが、キャリアを積んで40代になった頃、苦しさが増してきました。自分自身としっかり向き合えるようになってからが逆につらかったのです。


阿刀田高

私たちは、仕事であれば無理をしてでも予定を合わせるのに、最も大事な、たとえば学生時代の仲間とただ会って食事をするというようなことにはさほどの努力を払わない。従って、良い出会いはますます間遠になっていく。「今日は本当に楽しかった。また会おう」その言葉に万感の思いを込めることで、気持ちを伝えたい。


山本文緒

人は何事かを成すために生きてるんじゃない。何も成さなくてもいいのだ。自分の一生なんて好きに使えばいいのだ。