名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

外尾悦郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

外尾悦郎のプロフィール

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

外尾悦郎の名言 一覧

伝承すべきは、その本質です。


私は見るべき方向を示し、仲間を信じるだけです。


職人とは、ものづくりの本質に気付き技術が高まってゆく瞬間に幸せを感じるものです。


必要であれば異文化さえも、伝統の中に吹き込む新風として取り込む。自信を持って一歩踏み出す勇気があれば、日本はものづくりで世界を良い方向へと変えられるはずです。


グローバル化の波を受け、日本人の意識は外に向かいがちですが、自分たちの中にある大切なものに気付き、それを持って異文化と対時することが、グローバル化の第一歩だと思います。


サグラダ・ファミリア教会をつくるということは、それをつくりながら自分自身をつくることです。何をつくるべきか、どうつくるべきか、愛情を持ってそれを追求し続けることで技が磨かれ、自分が成長していくことを実感する。


私の仕事場の扉には「まず初めに愛情があり、そして技術がある」というガウディの言葉を掲げています。伝統だけを守っていてはその本質を守ることはできない。時代ごとに愛を持って新風をそこに吹き込んでいく努力を続けることで、いつしか伝統の上に築き上げた高みに立っていることに気付く。


どんな時代にも職人たちの現場には、技術やその伝統を守らなければ自分たちの価値がなくなってしまうのではないかという不安が存在します。しかし、なぜガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残さなかったのかを考えると、伝統を守ることや技術の伝承が大切なのではなく、時代ごとに人々への深い愛情を表現していくことが、この壮大な建築物をつくり続ける目的なのだということが理解できます。


ガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残しておらず、模型や弟子たちが作成した資料などもほとんどスペイン内戦で消失し、わずかな資料を頼りにガウディの設計構想を推測するといった形で建設が進められています。構想のヒントを探るために誰もがガウディばかりを見ている中で、異邦人である私はもがき苦しみながら1つの答えを見出しました。それは「ガウディが見ていた方向を見よう」とすることです。彼が見ていた方向とは、自然への深い志向です。日本人が厳しい自然との共生の中で長い年月をかけて手に入れた知恵や心構えを、彼は一生のうちに理解し、その大切な教えをサグラダ・ファミリア教会という教会建築を通して人々に伝えようとした。それを感じ取ることができたことが、私の仕事の質やレベルを一気に高め、評価されたのだと思います。


外尾悦郎の経歴・略歴

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

他の記事も読んでみる

森川亮

会社がどうなろうと、いつでもスカウトされるぐらいのスキルや能力を持った方がいい。別の会社から声がかかる個人になる。あるいは独立起業できる個人になる。そのためには、自分に価値がないといけない。そして、攻めなければ、自分の価値を高めることはできないのです。大きな結果を出して、周りから評価される価値を生むことが、人生100年時代を生き抜く方法でしょう。


佐藤栄作(政治家)

人間は口は一つ、耳は二つだ。まず、人の話を聞け。人間関係をうまくやるコツだ。


鈴木茂晴

今、時代小説が好きでよく読んでいます。この歳になると、日本という国の歴史は世界でも有数の豊かさだと感じます。ところが、学校教育では暗記一辺倒になっていて、歴史が面白くない。これはもったいない。子供のうちから歴史を楽しめるような環境、本を手に取れるようにしてあげたいですね。


渡瀬謙

こちらが「教えてください」という姿勢でいると、相手の方が話す状態になります。営業マンがお客様の話にしっかりと耳を傾けていれば、お客様はどんどん気持ちがよくなり、ガードも緩んできます。そうするうちにポロリと本音が聞けることもあるでしょう。こちらから話さなくてもいいので、緊張せずにすむはずです。


熊倉貞武

50年近くに及ぶ会社人生の経験から言うと、世の中は自分が心配するほど悪くはならないし、自分が期待するほどよくもならないものです。こう思っていた方が何か起きても慌てずに済むし、やたらと高い期待を抱くこともないでしょう。


糸井重里

僕は、商品や物販もモノの形をしたコンテンツだと考えています。書籍は紙を買っているわけではなく、中身や内容を買っています。すべてのものが楽しむためのコンテンツなのです。


安田善次郎

勤倹貯蓄を遂行することは、人生の必要事項であり、また成功を得るための一手段である。


上野和典

熱意といっても、自分の考えを押し付けるような、独りよがりはダメです。「お客様をどう満足させるのか」という発想からスタートしていなければ、ヒットする商品は作れません。


川口淳一郎

先生に言われた通りに頑張る。教科書通りの勉強ばかりする。そうした良い子からは新しいことに挑む挑戦者は生まれない。世界初は生まれない。「学ぶプロ」になっちゃダメ。


阿部観

どれだけビジネスモデルがよかろうと、やはり人次第。対応の悪いコンビニに行かなくなるのと同じ。近くに別のがあるのならそっちに行こうとなってしまう。


青野慶久

自分でスケジュールを管理している理由は、仮に秘書に任せたとしても、結局は私のところに聞きにきて、そこで判断することになるわけじゃないですか。そのやりとりにかける時間や労力が無駄だと思うんです。だからいまだに、自分でやりくりしています。


土肥公仁

ラジオのリスナーはいつも決まった時間に同じ声で情報を聞きたいという中高年層が多いと言われています。いわば「マンネリ番組」こそが、リスナーのニーズなのです。実際、首都圏のレーティング調査で近年、トップを続けているのは長寿番組が多いことで知られるTBSラジオです。