名言DB

9412 人 / 110637 名言

外尾悦郎の名言

twitter Facebook はてブ

外尾悦郎のプロフィール

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

外尾悦郎の名言 一覧

伝承すべきは、その本質です。


私は見るべき方向を示し、仲間を信じるだけです。


職人とは、ものづくりの本質に気付き技術が高まってゆく瞬間に幸せを感じるものです。


必要であれば異文化さえも、伝統の中に吹き込む新風として取り込む。自信を持って一歩踏み出す勇気があれば、日本はものづくりで世界を良い方向へと変えられるはずです。


グローバル化の波を受け、日本人の意識は外に向かいがちですが、自分たちの中にある大切なものに気付き、それを持って異文化と対時することが、グローバル化の第一歩だと思います。


サグラダ・ファミリア教会をつくるということは、それをつくりながら自分自身をつくることです。何をつくるべきか、どうつくるべきか、愛情を持ってそれを追求し続けることで技が磨かれ、自分が成長していくことを実感する。


私の仕事場の扉には「まず初めに愛情があり、そして技術がある」というガウディの言葉を掲げています。伝統だけを守っていてはその本質を守ることはできない。時代ごとに愛を持って新風をそこに吹き込んでいく努力を続けることで、いつしか伝統の上に築き上げた高みに立っていることに気付く。


どんな時代にも職人たちの現場には、技術やその伝統を守らなければ自分たちの価値がなくなってしまうのではないかという不安が存在します。しかし、なぜガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残さなかったのかを考えると、伝統を守ることや技術の伝承が大切なのではなく、時代ごとに人々への深い愛情を表現していくことが、この壮大な建築物をつくり続ける目的なのだということが理解できます。


ガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残しておらず、模型や弟子たちが作成した資料などもほとんどスペイン内戦で消失し、わずかな資料を頼りにガウディの設計構想を推測するといった形で建設が進められています。構想のヒントを探るために誰もがガウディばかりを見ている中で、異邦人である私はもがき苦しみながら1つの答えを見出しました。それは「ガウディが見ていた方向を見よう」とすることです。彼が見ていた方向とは、自然への深い志向です。日本人が厳しい自然との共生の中で長い年月をかけて手に入れた知恵や心構えを、彼は一生のうちに理解し、その大切な教えをサグラダ・ファミリア教会という教会建築を通して人々に伝えようとした。それを感じ取ることができたことが、私の仕事の質やレベルを一気に高め、評価されたのだと思います。


外尾悦郎の経歴・略歴

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

他の記事も読んでみる

酒巻久

技術的なことはもう若い人にはついていけないけれど、特許や契約といった法務関係の問題なら、私の方がはるかに経験も知識もあるので、困ったことがあれば時間の許す限り相談に乗っています。


林成之

一流のスポーツ選手は簡単に手の届く目標に向かってコツコツと努力などしません。常に高い目標を掲げて、目の前のことに全力投球しているからこそ、まだ足りないと口にするのです。


上釜健宏

部品の品質をもう一度問い直す必要がある。そのためには、自前でやらないと問題点を把握できない。


所ジョージ

「CM入ります」とか「○○のコーナーへ」というカンペならわかりますよ。でも、最近は、その場面で言うべきセリフが全部書いてあるカンペを出すスタッフもいるんだよ。あなたが教師で、私は生徒かって言いたくなる。たしかにラクだよ。極端な話をすれば、台本を覚えないままでスタジオに入っても、スタッフの出すカンペを読んでいるだけで、収録を終えるタレントもいるかもしれない。私なら、そんな仕事の仕方をしたら、楽屋に帰ってから落ち込むなあ。「あれ、今日の仕事は文章を読んだだけだった」なんてね。絶対に嫌ですよ。芸能は、見ている人に何かを届ける仕事だと思うんです。その「何か」は自分自身が生み出したものでなければ、面白くないでしょう。スタッフの書いた文字をただ読むだけでは、クリエイティブな部分がまったくない。


池田弘(経営者)

組織が30名程度の時は、困った顔をしている社員がいたら飲みに行って頑張れと元気づけもできましたが、50名ぐらいになるとそれができなくなってくる。その時に、組織をどうしていくべきか、試行錯誤しました。そのとき、自分が個別に伝えてきた理念を文章化する必要があると感じ、今のNSGグループの理念の原型ができたんです。


山田進太郎

メルカリはインターネットを使ったCtoC取引に将来性を感じたからこそ始めたサービスですから、市場は大きくなると思っていました。ただ、事業の拡大とともに思い描いていた以上にサービスの広がりが出てきましたね。やればやるほど、「あ、こういうこともできるんだ」と、可能性が広がり続けています。CtoCという事業領域を選んだのは、ある意味、ラッキーでした。


竹中平蔵

何かを成し遂げるために必要なもののひとつはパッション。あふれ出るような情熱。そういうものがなければ、周りの人を説得することはできない。


中西浩太

短期的に何をやりたいかは多くの人が分かっていますが、5年後、10年後となると具体的にイメージできない人もいます。丁寧に話を聞きながら本質的な部分を掘り起こしていくのです。言い換えると、一緒にキャリアビジョンを作っていくことを心掛けています。転職希望者の将来を本気になって考えるのが我々の使命であり、それが本当のキャリアコンサルティングだと自負しています。


弘兼憲史

情報がものすごいスピードで流れ、溢れている時代です。同時に情報は、日々更新されていくものでもあります。極端な話、今日得た情報は、明日には価値のない情報かもしれない。だから僕は、仕事のために利用した情報は、どんどん頭から捨てていくように意識しています。必要な情報は必要な時にあれば十分。


稲盛和夫

錐(きり)は力を先端の一点に凝集させることで効率よく目的を達成する道具です。その力の源は集中力です。錐のようにすべての意識や神経を一つの目的に集中すれば、誰もが必ずことをなしうるはず。


藤田耕司(経営コンサルタント)

経営の引き継ぎのタイミングは会社が持続的に成長を続けるためにとても重要。まずは「何年何月何日に辞める」と具体的に決めておく必要がある。そのうえで、後継者を決めて、社長として必要な経験も積ませ、社内体制を整えるなど、自分がいなくなった時のために全力を尽くしておかなければならない。


箭内道彦

ギャップといってしまうとちょっとズルいのですが、ちゃんとした人がちゃんと考えていても驚かないじゃないですか。でも、こういう格好をしている人間がちょっといいことを言うと、「意外とよく考えているんだな」と一気に評価が上がります。モヒカンの男の子がちゃんと挨拶できたりすると、それだけで「いい奴だなぁ」と感じてしまうのと同じです。


平井伯昌

明確な目的意識を持てるか否かも大きい。レベルに関係なく、明確な目標があるほど集中力は増し、意志のある泳ぎができる。


ムーギー・キム(金武貴)

「待ち合わせ時間を守る」という凡事を習慣化できていない人は、仕事全般において人から信頼されず、「仕事のできない人」になりがち。「あの人は約束の時間にはいつも遅れるけど、仕事は素晴らしくできるよね」という人を、私は寡聞にして知らない。


おかざき真里

誰かと触れあうことで人は初めて他人との境界線を認識し、同時に自分の存在を確かなものとして実感できるのではないか。折に触れて重なり合う手を描いているのは、そんな思いがあるからかもしれません。