名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

外尾悦郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

外尾悦郎のプロフィール

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

外尾悦郎の名言 一覧

伝承すべきは、その本質です。


私は見るべき方向を示し、仲間を信じるだけです。


職人とは、ものづくりの本質に気付き技術が高まってゆく瞬間に幸せを感じるものです。


必要であれば異文化さえも、伝統の中に吹き込む新風として取り込む。自信を持って一歩踏み出す勇気があれば、日本はものづくりで世界を良い方向へと変えられるはずです。


グローバル化の波を受け、日本人の意識は外に向かいがちですが、自分たちの中にある大切なものに気付き、それを持って異文化と対時することが、グローバル化の第一歩だと思います。


サグラダ・ファミリア教会をつくるということは、それをつくりながら自分自身をつくることです。何をつくるべきか、どうつくるべきか、愛情を持ってそれを追求し続けることで技が磨かれ、自分が成長していくことを実感する。


私の仕事場の扉には「まず初めに愛情があり、そして技術がある」というガウディの言葉を掲げています。伝統だけを守っていてはその本質を守ることはできない。時代ごとに愛を持って新風をそこに吹き込んでいく努力を続けることで、いつしか伝統の上に築き上げた高みに立っていることに気付く。


どんな時代にも職人たちの現場には、技術やその伝統を守らなければ自分たちの価値がなくなってしまうのではないかという不安が存在します。しかし、なぜガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残さなかったのかを考えると、伝統を守ることや技術の伝承が大切なのではなく、時代ごとに人々への深い愛情を表現していくことが、この壮大な建築物をつくり続ける目的なのだということが理解できます。


ガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残しておらず、模型や弟子たちが作成した資料などもほとんどスペイン内戦で消失し、わずかな資料を頼りにガウディの設計構想を推測するといった形で建設が進められています。構想のヒントを探るために誰もがガウディばかりを見ている中で、異邦人である私はもがき苦しみながら1つの答えを見出しました。それは「ガウディが見ていた方向を見よう」とすることです。彼が見ていた方向とは、自然への深い志向です。日本人が厳しい自然との共生の中で長い年月をかけて手に入れた知恵や心構えを、彼は一生のうちに理解し、その大切な教えをサグラダ・ファミリア教会という教会建築を通して人々に伝えようとした。それを感じ取ることができたことが、私の仕事の質やレベルを一気に高め、評価されたのだと思います。


外尾悦郎の経歴・略歴

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

他の記事も読んでみる

是枝伸彦

いつまでもリスクをとらないで安全志向に凝り固まっていると、そのうち日本全体がジリ貧になることは目に見えている。


入山章栄

正解はわからなくても、決断をしなくてはいけません。そこで必要になるのが思考の軸。羅針盤みたいなもので、目的地に一番早くたどりつく方法を教えてはくれないけれど、最善の航路を描くためには不可欠ですよね。それをつくるためにも、経営学を学ぶ価値はあります。


三森久実(三森久實)

私は大人気の定食屋を作った先代を非常に尊敬していたので、突然亡くなったことが非常にショックでした。先代は私を子供の頃から随分可愛がってくれました。その恩返しに先代が残した定食屋を継ごうと私は強く思ったのです。でも当時のお店はおじさんたちや若い学生が通う昔ながらの定食屋であまり良いイメージはなかった。それが悔しくてね。だから新しい定食屋を創造して大きくして全国に広めたいと思いました。その想いが今に続く原点にあります。


琴坂将広

規模を問わず、どの企業も、世界的な価値連鎖の中での自社のポジションを考えるべきです。ハイテク素材メーカーの信越化学工業や電子部品メーカーの村田製作所などのように、自らの強みを活かしながら、別の強みを持つ世界中の企業と連携する、柔軟な合従連衡の推進が重要となります。


鈴木尚広

盗塁はコンマ1秒を争う世界。でも、足の速さはあまり関係ありません。「ここで走る」と自分のカンを頼りに走るだけです。以前は、配球やカウント別の成功率などの様々なデータや、投手のクセなど相手を研究していました。それを頭に入れ、盗塁のタイミングを図っていましたが、うまくいかなかったんです。数字や相手を気にするだけで、自分の体やメンタルがおろそかになっていた。データに頼る分、直感が働かない原因を自分で作っていたんです。試合中は、ベンチで自分がどうスタートを切るかのイメトレ。そうやって、「自分」に意識を向けていると、塁上では、余計なことを考えず体が勝手に反応して、直感でスタートが切れるように。相手がどうだとか、成功しなければでなく、自分自身の準備がしっかりできていれば、自信が持て、勝負に臨めるようになりました。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

我々の独自ノウハウの最大のものは具体的には、苦情対応なんですね。ものすごい数の苦情、お叱りを受けますけど、それを商品企画につなげたり、サービスの改善につなげるということを日々やっています。


池谷裕二

直感のもとになるのは「方法記憶」です。自転車に乗るときは体中の筋肉を使いますが、あまりに動きが複雑で、それを意識するのは困難です。しかし、実際は方法記憶として無意識の脳が記憶しているため、筋肉の動きを意識しなくても自転車に乗れます。直感もこれと同じで、意識はできなくても、無意識の脳が膨大な処理をして答えを導いてくれるのです。直感は、経験を積めば積むほど精度が増します。なんとなく浮かんだアイデアを上手く説明できずに窮することもあるかもしれませんが、キャリアを積んだビジネスマンなら選択に自信を持つべきです。


河﨑秋子(河崎秋子)

祖父母などから聞いてみると、(北海道)開拓時代の話というのは本当に壮絶なものが多いんです。自力で山野に根を張り、生活の営みを続けるというのはすごいことだったのだなと。そんな喜びや悲しみも、意識して残さなければ「なかったこと」として上書きされてしまう。それはとんでもない損失だと思います。これからも埋もれた過去を掘り起こして、光を当てて育てられたらいいなと考えています。


ナポレオン

あの子がどんな人から教えられても、もし心に善に対する愛が燃えていなければ何の役にも立つまい。この聖火のみが偉大な仕事を成しうるのだ。
【覚書き|あの子とは息子のこと】


西野裕

人員削減の対象となる人に対して、これまでの仕事を否定するようなことを言ってはいけません。数年前のミスをほじくりかえしたり、仕事への貢献度が低いなどといったことをいまさら話したところで、感情的に納得できません。相手はこれまでの自分の人生を否定されているように感じ、揉める原因となります。情報漏えいやマスコミへのリーク、訴訟、ユニオンへの駆け込み、逆恨みや、最悪の場合自殺行為に及ぶ可能性もあります。


前川孝雄

「巻き込み力」を鍛えるのが、部内調整なのです。例として、部の飲み会の幹事を任されたとしましょう。まず、多くの人に参加してもらえるよう働きかける時点で、人を巻き込む力が鍛えられます。また、参加者の希望を汲んでよりよい飲み会にするためには、様々な人とコミュニケーションをとることが求められます。その課程で「A部長は○○社のビールが好き」「B課長とC課長は折り合いが悪い」など、たくさんの情報が集まってくるでしょう。それぞれの立場に配慮し、皆が楽しめる飲み会を開催できる人は、人を巻き込む力を持っていると考えられます。


古市幸雄

目標は精神論だけで達成できるものではありません。お金と時間、この2つを集中投資してこそ、達成が可能なのです。