名言DB

9419 人 / 110788 名言

外尾悦郎の名言

twitter Facebook はてブ

外尾悦郎のプロフィール

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

外尾悦郎の名言 一覧

伝承すべきは、その本質です。


私は見るべき方向を示し、仲間を信じるだけです。


職人とは、ものづくりの本質に気付き技術が高まってゆく瞬間に幸せを感じるものです。


必要であれば異文化さえも、伝統の中に吹き込む新風として取り込む。自信を持って一歩踏み出す勇気があれば、日本はものづくりで世界を良い方向へと変えられるはずです。


グローバル化の波を受け、日本人の意識は外に向かいがちですが、自分たちの中にある大切なものに気付き、それを持って異文化と対時することが、グローバル化の第一歩だと思います。


サグラダ・ファミリア教会をつくるということは、それをつくりながら自分自身をつくることです。何をつくるべきか、どうつくるべきか、愛情を持ってそれを追求し続けることで技が磨かれ、自分が成長していくことを実感する。


私の仕事場の扉には「まず初めに愛情があり、そして技術がある」というガウディの言葉を掲げています。伝統だけを守っていてはその本質を守ることはできない。時代ごとに愛を持って新風をそこに吹き込んでいく努力を続けることで、いつしか伝統の上に築き上げた高みに立っていることに気付く。


どんな時代にも職人たちの現場には、技術やその伝統を守らなければ自分たちの価値がなくなってしまうのではないかという不安が存在します。しかし、なぜガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残さなかったのかを考えると、伝統を守ることや技術の伝承が大切なのではなく、時代ごとに人々への深い愛情を表現していくことが、この壮大な建築物をつくり続ける目的なのだということが理解できます。


ガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残しておらず、模型や弟子たちが作成した資料などもほとんどスペイン内戦で消失し、わずかな資料を頼りにガウディの設計構想を推測するといった形で建設が進められています。構想のヒントを探るために誰もがガウディばかりを見ている中で、異邦人である私はもがき苦しみながら1つの答えを見出しました。それは「ガウディが見ていた方向を見よう」とすることです。彼が見ていた方向とは、自然への深い志向です。日本人が厳しい自然との共生の中で長い年月をかけて手に入れた知恵や心構えを、彼は一生のうちに理解し、その大切な教えをサグラダ・ファミリア教会という教会建築を通して人々に伝えようとした。それを感じ取ることができたことが、私の仕事の質やレベルを一気に高め、評価されたのだと思います。


外尾悦郎の経歴・略歴

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

他の記事も読んでみる

出口治明

人生は、考え方次第です。今は雨でも、そのうち晴れるからラッキーだと考えられるかどうか。半分は資質ですが、もう半分は適応力です。賢い人が必ずしも生き残るわけではありません。社会は常に変化している。大事なのは、運を呼ぶ力と適応力でしょう。


上西京一郎

私どもは装置産業でコストがかかりますが、ハードの更新はやはり続けるしかありません。毎年の予算でも固定費の部分はかなり高いので、数字を見ると「もっとどうにかならないかな」という気持ちは正直あります。多少苦しい時期も当然ありますけれども、それでもやり続けるということです。


松本秀幸

会議の前に、目的や得たい結果を決め、シミュレーションしましょう。話がズレたと感じたら「本題に戻りましょう」「○○について確認させてください」などという常套句を、さし挟みましょう。


ジミー大西

エジソンの言葉で、「99%の努力と1%のひらめき」やって、いうのがあるんですけど、あれは誰かが英訳間違えてるんと違いますか? 僕は「99%の遊び心と1%のひらめき」やと思うんですよ。僕は楽しんだと思いますよ。失敗して、失敗することを楽しんでいたと思いますよ。


北尾吉孝

誠実とは、嘘をつかないとか約束を守るといったことだけなのでしょうか。私は自分の意見や立場を明確にすることも含まれていると思っています。日和見主義やグレーな意思表示は不誠実なことだと思うのです。


菅原勇一郎

土日を含めてトータルで自分のコンディションをコントロールし、常に高いパフォーマンスを発揮できるように努めるのがプロフェッショナルであり、職人です。もちろん飲んだりすることも大切ですが、生活のバランスを壊さない範囲が条件。そういう日ごろの肉体的精神的なコンディションを整えること、自己管理のうまさは職人的な人材に共通していますね。


ハワード・シュルツ

ビジネスは単なるゼロサムゲームではない。このことを自覚できない経営者が増えている。社員の利益を図ることはコストが増え利益が減るどころか、経営者が予想もしなかったような大企業に発展するための強力な活性剤になることを自覚する必要がある。


浜田宏

私が会社を去っても成長が続く体制を整えることが使命。


富田純正

海外研修は毎年テーマを決めて出掛けています。ロンドンはEU離脱でどう変わったかとか、ブダペストは予想外に難民も見かけず、治安が良かったし、アテネでは店舗もレストランも賑わっていて経済不安は感じられませんし、バルセロナ市民は、カタルーニャの独立を報道以上に望んでいるようでした。そうした現地事情は、行ってみないと分からない。現地でレンタカーを借りて史跡などを廻り、見聞を広めることで、接客の際の自信にもつながるはずです。


川上徹也(コピーライター)

特にスピーチでは「内容」や「表現」を意識しすぎて「目的」を忘れがちです。そこさえ決まれば、中身は自然と見えてきます。