名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

外尾悦郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

外尾悦郎のプロフィール

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

外尾悦郎の名言 一覧

伝承すべきは、その本質です。


私は見るべき方向を示し、仲間を信じるだけです。


職人とは、ものづくりの本質に気付き技術が高まってゆく瞬間に幸せを感じるものです。


必要であれば異文化さえも、伝統の中に吹き込む新風として取り込む。自信を持って一歩踏み出す勇気があれば、日本はものづくりで世界を良い方向へと変えられるはずです。


グローバル化の波を受け、日本人の意識は外に向かいがちですが、自分たちの中にある大切なものに気付き、それを持って異文化と対時することが、グローバル化の第一歩だと思います。


サグラダ・ファミリア教会をつくるということは、それをつくりながら自分自身をつくることです。何をつくるべきか、どうつくるべきか、愛情を持ってそれを追求し続けることで技が磨かれ、自分が成長していくことを実感する。


私の仕事場の扉には「まず初めに愛情があり、そして技術がある」というガウディの言葉を掲げています。伝統だけを守っていてはその本質を守ることはできない。時代ごとに愛を持って新風をそこに吹き込んでいく努力を続けることで、いつしか伝統の上に築き上げた高みに立っていることに気付く。


どんな時代にも職人たちの現場には、技術やその伝統を守らなければ自分たちの価値がなくなってしまうのではないかという不安が存在します。しかし、なぜガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残さなかったのかを考えると、伝統を守ることや技術の伝承が大切なのではなく、時代ごとに人々への深い愛情を表現していくことが、この壮大な建築物をつくり続ける目的なのだということが理解できます。


ガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残しておらず、模型や弟子たちが作成した資料などもほとんどスペイン内戦で消失し、わずかな資料を頼りにガウディの設計構想を推測するといった形で建設が進められています。構想のヒントを探るために誰もがガウディばかりを見ている中で、異邦人である私はもがき苦しみながら1つの答えを見出しました。それは「ガウディが見ていた方向を見よう」とすることです。彼が見ていた方向とは、自然への深い志向です。日本人が厳しい自然との共生の中で長い年月をかけて手に入れた知恵や心構えを、彼は一生のうちに理解し、その大切な教えをサグラダ・ファミリア教会という教会建築を通して人々に伝えようとした。それを感じ取ることができたことが、私の仕事の質やレベルを一気に高め、評価されたのだと思います。


外尾悦郎の経歴・略歴

外尾悦郎、そとお・えつろう。日本人彫刻家。バルセロナのサグラダ・ファミリア教会主任彫刻家。福岡県出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。同大学非常勤講師を経て、バルセロナに渡りガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる。バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家となった。著書に『バルセロナ石彫り修行』『バルセロナにおいでよ』『ガウディの伝言』ほか。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

40代からの仕事は、人に任せる、人を育てることで成果を出す能力が求められる。優れたスキルを持っていても、人の協力なしに大きな成果は出せません。人が力を貸すかどうかは、最終的にその人の魅力(徳)にかかる。そうなれるよう自分を磨くことです。


江上治

世の中を見ていると、特に若い人たちの働き方を見ていると、「何か、すごいことをしないといけないと思っていないか」とつくづく感じる。しかし、この考えは捨てなければならない。そうでないと、逆に成功から遠ざかる一方になるだろう。


熊谷亮丸

価値観が多様化し、世界の潮流は統合から分散へと向かっている。これまでは「金を稼げるかどうか」が非常に重要な位置を占めていました。しかし、30年後には稼ぐことより、満足感を得ることに対するプライオリティが高まっている可能性もあります。短期的にはお金にならなくとも、「やりたいこと」を優先する。世界的な潮流もこうした姿勢が重視されつつあることは認識しておく必要があります。


浅川芳裕

農業関係のGDPでは、「日本は世界5位の大国」です。先進国では米国に次ぐ2位。フランスは6位で、オーストラリアは15位です。これまで日本農業は内需依存で発展してきました。逆に言えば、外需を取り込めば成長の「伸びしろ」は大きいということです。


大井川和彦

国内市場が縮小する中では農産物輸出を本格化させなければいけませんが、海外で売るにはトップブランドでなければ相手にしてもらえないという事情もあります。「この程度でいいや」ではなく、「もっと上を目指す」「世界に出る」という意識に変えていくことが重要なんですよ。


稲垣えみ子

世の中のほとんどの人は、自由という単語は知っているけれど、本当に自由とはどういうことかをご存じないんじゃないでしょうか。私もそうでした。自由というのは、お金をたくさん使えて、何でも欲しいものが手に入ることだと思っていた。でも全く逆だったんです。つまり、「手に入れる」ことじゃなくて「なくてもやっていける」ことが自由だった。


松本晃(経営者)

「失敗はどんどんすべし」と伝えています。課長が失敗して潰れた会社なんてありませんよ。それよりも、彼らが失敗から学んで成長し、自分の頭で考えられるようになることが重要。


金子和斗志

新卒の場合、当社には約2000名の応募者があります。1次試験から絞り込んで6次、場合によっては7次面接まで行います。それだけ回数を重ねるのは、ミスマッチを避けたいからです。回数も多いのですが、一回当たりの面接時間もたっぷりとります。


小池修一郎

同じことを繰り返していれば安心ですが、いつしかパターン化してしまう。たとえ厳しくても、自己破壊と創造を繰り返し、常に自分をリニューアルしなければと肝に銘じています。


和田秀樹

毎日、働くのに精一杯で、時間がないという人もいるでしょう。でも、ほんの小さなことから取り組めばいいんです。通勤電車の中や寝る前など、1日5分や10分でもいい。将来への勉強ができませんか? 1ページでも2ページでも、集中して本を読む気があるかどうかです。


松橋良紀

どんなビジネスも最初は苦労があります。肝心なのは、その我慢がいつ終わるのか、我慢の先にどんなビジョンがあるのか。人間はいつ終わるかわからない苦労には耐えられません。


藤原弘治

間接部門を含めた業務の生産性が上がれば、収益構造も変わるでしょう。銀行はメーカーなどの一般企業と比べてまだまだ遅れている。異業種の社外取締役から知見を得る機会も増えました。意見を上手に取り入れて生産性を高めたい。