名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

夏目誠(精神科医)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

夏目誠(精神科医)のプロフィール

夏目誠、なつめ・まこと。日本の精神科医。「大阪樟蔭女子大学」教授。奈良県立医科大学卒業後、大阪府立公衆衛生研究所精神衛生部長心得、こころの総合健康センター部長などを経て大阪樟蔭女子大学教授。また、日本産業精神保健学会常任理事、日本産業ストレス学会理事長を務めた。著書に『気づき力で変化をキャッチ―ちょっと先読むメンタルヘルス』『「スマイル仮面」症候群―ほんとうの笑顔のとりもどし方』。

夏目誠(精神科医)の名言 一覧

最もストレス耐性がある人は「いつどこでも寝られる人」。それぐらい睡眠は大事。


メンタルの病などの深刻な状況をもたらす危険性があるストレスの状態は3つあります。「過剰」「継続」「繰り返し」です。問題はストレスが過剰なまま、継続したり、繰り返したりなど引きずることにある。


自律神経などが乱れて、体の弱い部分にストレス反応が表れるのが「注意報(第1段階)」だとしたら、気分の落ち込みや不眠が続くなどの心的ストレス反応は「警報(第2段階)」。メンタルの病が目の前に迫っていると警戒すべきです。


ストレスは常に悪者で、不要な存在だと思っている人がいるかもしれませんが、それは誤解です。ストレスの概念を提唱したカナダの医学者ハンス・セリエ博士は、ストレスを次のように例えました。「ストレスは人生のスパイスだ」と。スパイスの過剰摂取は健康に良くないが、一方でそれを全く使わない料理なんて食べられたものではありません。スパイスが料理にアクセントや変化をつけるのに欠かせないように、ストレスもまた刺激ある人生に送るために、なくてはならない存在なのです。


夏目誠(精神科医)の経歴・略歴

夏目誠、なつめ・まこと。日本の精神科医。「大阪樟蔭女子大学」教授。奈良県立医科大学卒業後、大阪府立公衆衛生研究所精神衛生部長心得、こころの総合健康センター部長などを経て大阪樟蔭女子大学教授。また、日本産業精神保健学会常任理事、日本産業ストレス学会理事長を務めた。著書に『気づき力で変化をキャッチ―ちょっと先読むメンタルヘルス』『「スマイル仮面」症候群―ほんとうの笑顔のとりもどし方』。

他の記事も読んでみる

バラク・オバマ

私たちが議論するのは、私たちの自由の印です。自分たちが何かを主張しているまさにその時、遠い国々の人たちは、大事な問題について言い争うチャンスのために戦い、投票する権利のために命をかけている。それは決して忘れてはなりません。


須田将啓

圧倒的に稼ぐだけではなく、新しい企業を創っていくことも大切で、稼いでいる会社は人類の進化に貢献すべきだと言うのが自分の信念です。


三宅占二

海外展開の遅れた日本のビールメーカーは、ビールも清涼飲料も両方つくれることが強みです。採算面からいえば酒類専業の方がいいですが、我々は出遅れた分、成長をとるのか利益率の絶対値をとるのか、常に選ばざるを得ません。


石川善樹

同情は相手の感情に引きずられて、こちらまでネガティブになることがあるのに対して、思いやりや共感は相手の境遇を理解したうえでポジティブに思考できる。この思いやりの力が高いと、たとえばミスした部下にもいい励まし方ができるし、自分のメンタルもダメージを受けづらいのです。


竹内義晴(人材育成コンサルタント)

感謝しようなどと大上段に構えなくとも、小さなことでも「ありがとう」と声をかけ合うことで一体感が生まれれば、自ずと感謝する心が生まれ、それがさらなる一体感につながる。


土合朋宏

私はマーケティング畑一筋でしたが、新しい仕事の提案をするたびに、「手強い相手」が必ずといっていいほど現れました(笑)。「前例がない」「社内のどこかと競合する」ことばかりだったからです。けれども、それを避けていては、仕事にならない。発想を逆転させて、彼らと積極的に仕事をする方法を、試行錯誤の末に導き出したのです。


山田淳

いままで、登山業界は初心者に不親切すぎました。「道具」「情報」「きっかけ」。この3点のミスマッチが、何度も訪れた登山ブームが長続きしなかった一因だと思います。特に、「道具」については一式すべて買うとなると10万円近くかかってしまいます。ですが、富士山の登山にはそこまで多額の装備は必要ない。レンタルすれば1万4000円くらいに抑えられます。道具の知識がないから軽装で山に登ってしまう人が出てきてしまうんです。


御立尚資

アメリカのビジネススクールに行ったとき、生まれて初めて勉強が楽しいと思った。本当に面白いときが来るから、そのとき、必死で勉強すればいい。


堀江貴文

営業をすればものは必ず売れます。テクニックはいりません。良く営業テクニック集みたいな本がありますよね。名刺はこう使えとか、携帯電話の使い方とかそういった類のもの。しかし、そういう細かいことはじつはどうでもいいのです。もっとシンプルに考えて、一つ二つのことを実践すればいい。それは気合と根性です。気合と根性でものを一個売ってみてください。ものが一個でも売れた瞬間に人間は変わります。そこからすべてが始まるのです。


冨田和成

人を雇うことは、他人の時間を買って、その時給より大きな収益を上げてもらうことでお金が増えていく「仕組み」そのものです。最近ではクラウドソーシングの普及によって、時間単位で、誰でも簡単に人を雇うことができる時代になりました。


高田明(ジャパネットたかた)

危機が自分への試練だと思えば何にも辛くない。それに向かって行っているうちにいつの間にか乗り越えている自分がいる。


おかざき真里

(『阿・吽』の)1巻から2巻にかけては物語のほとんどが山中で展開していたので、だったら樹を描くことを極めてやろうと、一時期は葉っぱの写真ばかりを撮ってひたすら練習してました。葉っぱって、気温や湿度とかによって全然違う顔を見せてくれるので、挑戦しがいがありました。