名言DB

9419 人 / 110788 名言

夏目誠(精神科医)の名言

twitter Facebook はてブ

夏目誠(精神科医)のプロフィール

夏目誠、なつめ・まこと。日本の精神科医。「大阪樟蔭女子大学」教授。奈良県立医科大学卒業後、大阪府立公衆衛生研究所精神衛生部長心得、こころの総合健康センター部長などを経て大阪樟蔭女子大学教授。また、日本産業精神保健学会常任理事、日本産業ストレス学会理事長を務めた。著書に『気づき力で変化をキャッチ―ちょっと先読むメンタルヘルス』『「スマイル仮面」症候群―ほんとうの笑顔のとりもどし方』。

夏目誠(精神科医)の名言 一覧

最もストレス耐性がある人は「いつどこでも寝られる人」。それぐらい睡眠は大事。


メンタルの病などの深刻な状況をもたらす危険性があるストレスの状態は3つあります。「過剰」「継続」「繰り返し」です。問題はストレスが過剰なまま、継続したり、繰り返したりなど引きずることにある。


自律神経などが乱れて、体の弱い部分にストレス反応が表れるのが「注意報(第1段階)」だとしたら、気分の落ち込みや不眠が続くなどの心的ストレス反応は「警報(第2段階)」。メンタルの病が目の前に迫っていると警戒すべきです。


ストレスは常に悪者で、不要な存在だと思っている人がいるかもしれませんが、それは誤解です。ストレスの概念を提唱したカナダの医学者ハンス・セリエ博士は、ストレスを次のように例えました。「ストレスは人生のスパイスだ」と。スパイスの過剰摂取は健康に良くないが、一方でそれを全く使わない料理なんて食べられたものではありません。スパイスが料理にアクセントや変化をつけるのに欠かせないように、ストレスもまた刺激ある人生に送るために、なくてはならない存在なのです。


夏目誠(精神科医)の経歴・略歴

夏目誠、なつめ・まこと。日本の精神科医。「大阪樟蔭女子大学」教授。奈良県立医科大学卒業後、大阪府立公衆衛生研究所精神衛生部長心得、こころの総合健康センター部長などを経て大阪樟蔭女子大学教授。また、日本産業精神保健学会常任理事、日本産業ストレス学会理事長を務めた。著書に『気づき力で変化をキャッチ―ちょっと先読むメンタルヘルス』『「スマイル仮面」症候群―ほんとうの笑顔のとりもどし方』。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

課長として最初に任されたのが、商品企画課でした。商品企画課長は、営業や開発から上がる様々な意見を調整するのが仕事の1つです。しかし、商品企画会議で様々な意見を集約しようとすると、最後には「平均点より少し上の、面白みに欠ける商品」に決まってしまう、ということが、たびたびありました。この経験から、「最初に犠牲にするものを決める」ことの大切さを学びました。


丸山輝

社員全員が財務諸表を見られるようにしています。労務管理責任者以上が参加する毎月の取締役会の議事録、グループごとに全員で決める予算や経費、全社員の給与や手当などもすべて「見える化」されています。グループごとの社員一人当たりの粗利益も社内で共有化しているので、-人ひとりがその数字に納得し、責任を持って仕事を進めています。


星野佳路

私自身は、目標に何を据えるかより、達成するための戦略と、それをやり抜くことの方が大事だと思っています。とくに仕事はスポーツと違い、時間が来れば試合終了とはならないからです。できるまでやり続ければいいのです。そしてプロセスは、楽しくなければ続きません。


シェイクスピア

嫉妬とは、自分ではらんで自分勝手に生まれる化け物なのです。


池田義博

人間は忘れる生き物なので時間が経つと徐々に記憶は薄れていきます。定着させたい記憶は「回数」を重ねること。その極意は「薄く、多く」です。つまり、英単語100個を4時間で覚えるとしたら、1日で4時間かけて覚えるよりも、1日1時間ずつ4日間で覚えるほうが長期的な記憶として定着しやすいのです。


入山章栄

ビジネスの不確実性が高まっており、それに対応するため、企業が不断のイノベーションを迫られています。そのために必要なのは既存の知と知を組み合わせ、新しい知を生み出すことと、その知を深掘りすることです。


村岡恵理

私たちは仕事を通して人間づくりをしていると考えます。結果が思わしくなかったり、人間関係に悩まされたり、様々な運、不運があったとしても、全ては人間を磨くための過程ととらえ、最終的にどういう人間になりたいか、豊かな人生とは何か、考えてみるのも決して悪いことではありません。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)

人間というのは誰もが、なにか特別なこと、サムシングスペシャルに関わりたい、という願望を持っている。


中村俊輔

高いパフォーマンスを出すことができるのは、いつも自分に刺激を与えているからね。単純に、もっとすごいプレーをしたい。メッシみたいなドリブルは無理にしても、向上意欲はまだ湧き出ているから。Jリーグに戻っても、俺の挑戦は続いている。自分と戦えるかどうかだよね。


林修

私は、初対面の人に会うときは、一期一会だという覚悟で臨みます。とりあえず会いに来ましたみたいな感覚では最初から負けてますよ。いまは、どこも生き残りを賭けた戦場です。第一印象で失敗したら、2度目はない。その覚悟があれば、話し方は変わり、相手の受ける印象も変わります。