名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

夏目誠(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

夏目誠(経営者)のプロフィール

夏目誠、なつめ・まこと。日本の経営者。JR東日本リテールネット(旧キヨスク)社長。東京大学法学部卒業後、国鉄に入職。国鉄民営化後、総務部総務課長、総合企画本部経営管理部長、常務、総合企画本部副部長、副社長を経て、日本キヨスク社長に就任。その後、商号変更でJR東日本リテールネットの初代社長となる。

夏目誠(経営者)の名言 一覧

小売業の競争力の源泉は人材ですから、海外や外部の研修にも派遣します。PB(プライベートブランド)商品や、新業態の開発も勉強になりますから、若手社員にどんどん任せるようにしています。


CS(顧客満足)は、一朝一夕に効果の出るものではありません。しかしこの一年間で、接客に関するクレームは約2割減少し、お褒めの言葉は倍増しました。社員の意識は確実に変わってきています。


CS(顧客満足)を向上させることは、お客様に選ばれる店になるということです。だからCSが向上すれば売上が伸び、会社も発展していきます。またCSの取り組みは笑顔やあいさつを大事にしますから、職場が楽しく活気づき、従業員の定着率もよくなってきます。CSの向上こそ、企業価値を高める王道なのです。


夏目誠(経営者)の経歴・略歴

夏目誠、なつめ・まこと。日本の経営者。JR東日本リテールネット(旧キヨスク)社長。東京大学法学部卒業後、国鉄に入職。国鉄民営化後、総務部総務課長、総合企画本部経営管理部長、常務、総合企画本部副部長、副社長を経て、日本キヨスク社長に就任。その後、商号変更でJR東日本リテールネットの初代社長となる。

他の記事も読んでみる

石坂典子

環境を変えていくのは、教育でしか変えられない。環境イコール教育である、というところから、環境教育に携わっていこうって決めた。


菊川剛

社長方針として社内に向けて常々言っているのは「スピード最優先」ということです。あらゆることをスピード最優先で進める。意思決定はもちろんのこと、技術開発、商品開発においてもスピード最優先。他社の新製品を後追いしているようでは話にならない。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

社員にはもっと意欲的に働いてほしい。そこでチャンスをどんどん与えています。本人が希望すれば、海外の展示会で商品を仕入れる大役にも抜擢します。本人は責任を感じ、一生懸命売ろうとしますから。


大倉忠司

世襲をしないと明言しています。同族企業を否定しているわけではありません。私の場合は最初から全国チェーンをめざしたので、社員全員が喜んで働き、また平等に社長になれる機会のある会社にしようと思ったまでです。スタッフ全員、皆の会社という意識で進んできました。「世襲をしない」と決めたことで、会社は自分のものではなく社会のものだと思えるようになったことは、私自身にとって大きな意味があったと思います。


北尾吉孝

運は自分で開いていくことができるという観点にまず立つ。運にはうまく運ぶための法則がある。ひとつは善きことを考え行うこと。これは因果の法則です。善因をつくれば善果が生まれ、悪因をつくれば悪果が生まれる。自分の経験でもこの法則はある。


冨安徳久

松下幸之助さんは「松下電器は人を作っている会社」と仰っていましたが、私たちの場合は、「人間らしい人を作っている会社」です。そのために死と向き合う葬儀を生業としています。たまたま企業という形をとっていますが、私たちは人として理解しておくべき考え方を伝えているのです。


冨山和彦

労働生産性が低いということは、改善の余地が大きいということ。当たり前のことを当たり前にやるだけで、高い成果を出せる可能性がある。


鳥羽博道

同じような学歴、性格を有する同期入社の社員たちの間に、入社後数年すると大きな差が生じてくることがある。それはやはり、どれだけ自己を高めていきたいかという各人の願望の強さの差によるものだろう。人間というのは本来、その人が成長を願うのであれば、いつまでも成長し続けることができるものだと思う。


倉本圭造

短所の裏側にしか、本当の長所はない。


菊地敬一

一部のお客さんがめっちゃ喜んでくれたらそれでいいかなと。まぁ賛同者が100人くらいいれば採算は合うなとソロバンはじいて 最初の店を名古屋でつくったんです。そしたら、100人どころか意外といた!(笑)。


森山眞弓

様々な役割を「重圧」とは受け止めず、新たな体験やポストを面白がりながら仕事をこなしていく。そうした姿勢が「森山になら任せられる」との評価につながっていったのではないでしょうか。


藤田寛之

自分は目の前の目標に対して階段を一段、一段、着実に登っていく作業をしているだけ。スーパースターと呼ばれる人は、そこで二段、三段、ぽんぽんっと上がっていくことができるわけです。でも、飛ばした段の分だけ、けがをしたり、疲れて立ち止まったりということもあるんでしょう。自分は一段一段、彼らよりも時間はかかったけれど、気づけばこの年で自分でも知らない、上まで上り詰めていた。十段先のものを想像するのではなく、一歩一歩。