名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

夏目誠(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

夏目誠(経営者)のプロフィール

夏目誠、なつめ・まこと。日本の経営者。JR東日本リテールネット(旧キヨスク)社長。東京大学法学部卒業後、国鉄に入職。国鉄民営化後、総務部総務課長、総合企画本部経営管理部長、常務、総合企画本部副部長、副社長を経て、日本キヨスク社長に就任。その後、商号変更でJR東日本リテールネットの初代社長となる。

夏目誠(経営者)の名言 一覧

小売業の競争力の源泉は人材ですから、海外や外部の研修にも派遣します。PB(プライベートブランド)商品や、新業態の開発も勉強になりますから、若手社員にどんどん任せるようにしています。


CS(顧客満足)は、一朝一夕に効果の出るものではありません。しかしこの一年間で、接客に関するクレームは約2割減少し、お褒めの言葉は倍増しました。社員の意識は確実に変わってきています。


CS(顧客満足)を向上させることは、お客様に選ばれる店になるということです。だからCSが向上すれば売上が伸び、会社も発展していきます。またCSの取り組みは笑顔やあいさつを大事にしますから、職場が楽しく活気づき、従業員の定着率もよくなってきます。CSの向上こそ、企業価値を高める王道なのです。


夏目誠(経営者)の経歴・略歴

夏目誠、なつめ・まこと。日本の経営者。JR東日本リテールネット(旧キヨスク)社長。東京大学法学部卒業後、国鉄に入職。国鉄民営化後、総務部総務課長、総合企画本部経営管理部長、常務、総合企画本部副部長、副社長を経て、日本キヨスク社長に就任。その後、商号変更でJR東日本リテールネットの初代社長となる。

他の記事も読んでみる

齋藤薫

私の記事づくりの特徴は……たぶん、女性誌をたいして好きではなかったところから来ています。それまでの女性誌によくあったダラダラと長く続く記事は読むのが面倒だから、と、小見出しをたくさん立てることにしたんです。小見出しの中の短文はひと息で読んでもらって、斜め読みできるものにしよう、斜め読みできる女性誌のほうが楽しいだろう、と。


名越康文

運動不足になると、「こらえ性」がなくなるんです。イライラする原因はこれが大きい。イライラ解消には体を動かすことが一番。


關昭太郎(関昭太郎)

私は証券会社でも大学でも、改革と革新のために自分の志と情熱、ビジョンを惜しみなく投入してきました。その間、様々な方々との出会いや貴重な体験を通じて、その人たちが持っているイデオロギーで人を判断することはできないという人間学というか、人間哲学を学ぶことができました。このような経験は、わたしの人生に大変大きな勇気と英知を与えてくれました。


嶋田毅

数字だからといって正しいと思わないこと。人の「意図」が入っている場合があるので、それを読み解く必要もあります。われわれは、数字を見る際に、データを集める、加工して表やグラフをつくるなど、あらゆる段階で必ず人の「意図」が入っているということを忘れがちです。サンプルの集め方に恣意性があったり、アンケートの方法も各社で違うことがあります。


鈴木喬(経営者)

最初からイエスというお客様などいません。だから僕は、相手にノーと言われた瞬間に、「よし、ここからがスタートだ!」とスイッチが入る。そして、ノーを覆すためのアイデアがいくらでも湧いてくる。


大隅良典

世相かもしれませんが、若者も元気がない印象です。大学が就職のための予備校になっている。研究室を選ぶ際も、研究内容より出身の先輩たちの就職先という情報が重視される。与えられた研究テーマはちゃんとこなすのだけど、そこから何かを自ら見つけ出すことがとても苦手になっている。もちろん全員ではありませんが、論文になるかどうかが最大の関心なんです。研究は継続性が求められるので、担い手が抜けるのは深刻な問題です。もっとも、若者が全面的に悪いわけではありません。効率性を重視する社会がそういう若者を生み出している。


大串亜由美

交渉は足し引きで考えるゼロサムゲームではない。お互いに意見を出し合い、かけ算で良い結果を目指すのが交渉。


豊竹呂太夫・6代目

私は70歳を間近にして文楽の型が何となく分かってきました。型とは老若男女や正義漢か悪漢など登場人物の姿に合った語り口のことです。この基本ができて細かい感情を表せるようになるのです。この世界に入った頃から「感情勝負になれば自分の本領が発揮できるのでは?」と漠然と考えていました。70歳になって、その時が来ました。続けてきたからこそ到達できる境地があるんですね。


坪田信貴

勉強の本来の目的とは自分自身の成長です。「できなかったことができるようになる」つまり、バツだった問題にマルがもらえるようになることや、アイデア創出や仕事上の課題といった「答えのない問題」を解決すること。問題のハードルを自ら下げることで、「自分のできの悪さを隠すクセ」を社会に入った後も引きずると、「ビジネスマンの成長」は著しく阻まれることになります。


出川哲朗

僕が大御所だなんて1ミリも思ったことはない。理想は「永遠の若手芸人」。「おまえはバカだな」といじられて笑ってもらうのが好きなんで。


徳重徹

テラモーターズのやり方は、一般の企業からすれば、「クレイジー」に見える部分もたくさんあると思います。ただ、我々は大きな目標をことあるごとに表明している一方で、足下のビジネスは手堅くやっています。スピード感とともに、こうした実行力は大事にしたい。


福嶋康博

よく「思いつきで行動するな」と言われますが、そんなことはなく、事業企画の多くは思いつきが起点となります。議論や理屈を突き詰めていっても、良い企画はなかなか出てきません。大切なのは、流行りよりも思いつきなのです。