名言DB

9413 人 / 110706 名言

夏目誠(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

夏目誠(経営者)のプロフィール

夏目誠、なつめ・まこと。日本の経営者。JR東日本リテールネット(旧キヨスク)社長。東京大学法学部卒業後、国鉄に入職。国鉄民営化後、総務部総務課長、総合企画本部経営管理部長、常務、総合企画本部副部長、副社長を経て、日本キヨスク社長に就任。その後、商号変更でJR東日本リテールネットの初代社長となる。

夏目誠(経営者)の名言 一覧

小売業の競争力の源泉は人材ですから、海外や外部の研修にも派遣します。PB(プライベートブランド)商品や、新業態の開発も勉強になりますから、若手社員にどんどん任せるようにしています。


CS(顧客満足)は、一朝一夕に効果の出るものではありません。しかしこの一年間で、接客に関するクレームは約2割減少し、お褒めの言葉は倍増しました。社員の意識は確実に変わってきています。


CS(顧客満足)を向上させることは、お客様に選ばれる店になるということです。だからCSが向上すれば売上が伸び、会社も発展していきます。またCSの取り組みは笑顔やあいさつを大事にしますから、職場が楽しく活気づき、従業員の定着率もよくなってきます。CSの向上こそ、企業価値を高める王道なのです。


夏目誠(経営者)の経歴・略歴

夏目誠、なつめ・まこと。日本の経営者。JR東日本リテールネット(旧キヨスク)社長。東京大学法学部卒業後、国鉄に入職。国鉄民営化後、総務部総務課長、総合企画本部経営管理部長、常務、総合企画本部副部長、副社長を経て、日本キヨスク社長に就任。その後、商号変更でJR東日本リテールネットの初代社長となる。

他の記事も読んでみる

シルベスター・スタローン

私は中学時代、先生たちから、一番電気椅子送りになりそうな生徒だと言われていた。


田中稔一

世界の価値観は激変し、環境やエネルギーといった新たな分野が注目され、多くの企業がその新分野に注力している。そういった乱世の中では、3年ぐらいで成果をあげないと間に合いません。いまはそんなスピード感が求められているように思います。


佐藤弘志

人のために汗をかき、愚直に努力する人間が評価される。この企業風土が揺らがなければ、我々の会社も揺らぐことはないと思っています。


村尾隆介

「生活が悪いのは会社のせい」「業績が悪いのは国のせい」と、なんでも責任を自分以外に転嫁しがちな時代ですが、そこを「すべては自分の責任」「この仕事を通じて、自分は人間として成長できる」「仕事が面白くなければ、人生そのものが面白くないのと同じ」と発想できる人じゃないと、この先、ずっと不安を抱えながらの生活をすることになってしまいます。「ファンがいる会社」「ファンがいる人」って、僕が知る限り、いろんなことを「人のせい」にしたりしていません。


佐々木常夫

鈍感力は人生を生き抜くうえで欠かせないと思います。他人に何をされても気にしない。失敗してもいちいち気に病まない。他人と自分を比較して悩まない。そうした「鈍さ」が、些細なことで揺るがない強さにつながるのです。


土屋義彦

私は伊豆の下田で育ったんですが、たまたま私の通っていた旧制中学の近くに、吉田松陰が潜んでいたんです。それで吉田松陰に影響を受けたんです。彼の偉いところは他人を恨むのではなく、自らの学問が足りなかったために、幕府を説得できなかった、と自らを反省して死んでいくんです。


井深大

人がやったというニュースだけで日本では同じものがすぐにできるという不思議な性質がある。これはそれをつくるだけの技術力は十分持っていながら、これを思い切って企業化しようという勇気に欠けていることを証明しているようだ。すべての分野で日本の技術力に自信を持ち、思い切った決断を下せるようになったときこそ真の日本の暁は訪れるだろう。


和田完二

心身ともに私はへばっていたらしい。昭和27年5月。意識を失って国立病院に入った。どん底にあって、私は人の心の美しさと温かさを知った。


林文子

横浜市長になって、市の職員の仕事の進め方についてまず感じたのは、相手の立場になって考えるという基本ができていないことでした。これでは、市民の皆様と同じ目線に立つことができず、市の職員として為すべきことも見えてきません。ですから私は、会議の際でも、庁舎内で誰かとすれ違う際でも、職員一人ひとりに声を掛けるようにしました。相手の立場を思いやり、相手の気持ちに寄り添うことで、共感力というものを肌で感じてもらおうとしたのです。


安永竜夫

心の準備もしていなかったので心底驚いた。しかし託された以上は、社長職をきっちり務めようと思い、その場で腹を括った。
【覚え書き|社内序列32人抜きで社長に指名された時を振り返っての発言】


佐田展隆

若者に対してオーダースーツの良さを広めていかなければ、業界として次の展望が開けない。だからこそ、既成スーツ量販店に対抗してオーダースーツを若者向けに販売できる小売店が必要でした。そうした小売店が無いならば、自分で作るしかないと考えたのです。


三毛兼承

(頭取就任要請は)あまりにも突然だったので、正直、葛藤する時間もありませんでした。でもこれまでにも、非連続のアサインメントを与えられることが多かった。12年前にMUFGが誕生した時は、ニューヨークに赴任していたのに突然呼び戻され、事務局をやることになりました。4年前に国際部門担当になったら、いきなりタイに行ってアユタヤ銀行買収をやってくれと言われ、そのままタイに住んでいます。そのプロジェクトが終わったら、アメリカの新体制をつくるためにアメリカに飛び、といった具合です。このように想定外の仕事をさせられたことが何度もあるので、ある意味、想定外慣れしているのかもしれません。


津川雅彦(マキノ雅彦)

人は真似をして成長するもの。自分だけでやっていると思ってたらダメ。


森田隼人(シャボン玉石けん)

当社の洗濯石けんは柔軟剤を使わなくてもふんわりと仕上がります。正しい情報を伝えていくという側面からは、合成洗剤はせめて妊娠授乳期間中は使用しないなど、世の中に訴え続けていきたい。お客様を大切にし、同じくらい社員を大切にして、生き生きと働ける組織づくりをしていくことが今後の目標です。


松井正(経営者)

人間社会には、いろいろなことがありますが、どんなに美辞麗句を並べ立てても、誠実さには勝てません。これは社会人生活を送る中で強く感じてきました。